二世タレント

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビの新入社員が話題だ。

    『週刊ポスト』(小学館)および同誌のウェブサイト「NEWSポストセブン」によれば、横浜ベイスターズで活躍した元プロ野球選手である野村弘樹氏の長男が入社したようだ。

    フジテレビの入社式は親が同席するのが通例であり、野村氏の姿もあった。

    記事では2017年に佐々木主浩氏、2018年に小宮山悟氏の息子が入社しており、3年連続でベイスターズOBが入社している。

    もともとマスコミ業界は著名人二世が多く活躍しているが、その中でもフジはかねてよりその割合が多かった。

    80年代には「楽しくなければテレビじゃない」をコンセプトに掲げ、サブカルチャー色の強いコアな深夜番組や、業界ノリを全面に押し出したバラエティ番組、トレンディドラマを多く作り出してきた。

    テレビ局のコンテンツとしてはドラマ、バラエティ、報道、スポーツなどが挙げられるが、フジテレビは前者2つの要素が強く、もともと芸能界との結びつきが強い局だったといえる。

    著名人の子息を入社させるメリットは、著名人本人と芸能プロダクションとのつながりに加え、著名人と懇意のスポンサー企業もあるため、テレビ局にとっては「おいしいお客さん」であるといえる。

    f


    フジテレビ社員の有名な著名人二世といえば、作家遠藤周作の息子の遠藤龍之介氏がいる。

    現在はフジテレビ専務取締役を務める。


    2014年に亡くなった俳優の宇津井健さんの息子の宇津井隆氏もフジテレビ社員である。

    遊び人として知られ、とんねるずや古舘伊知郎などとも親交がある。

    フジの「業界人ノリ」を代表する人物といえるだろう。


    近年でも、藤井フミヤの息子である藤井弘輝がアナウンサーとして入社したほか、陣内孝則の息子もフジテレビディレクターとして活躍中だ。

    藤井はチェッカーズとして、『夜のヒットスタジオ』などに登場し、陣内も『君の瞳をタイホする!』を始め数々のトレンディドラマに登場し、80年代から90年代にかけての黄金期フジテレビへの貢献者といえる。

    それゆえ、現在も同局とのつながりが深いのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16346624/

    所長見解:そうなるね・・・
    【【二世】フジテレビにコネ入社が続々説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本木雅弘(53)と、長男でモデルのUTA(うた)(21)の“初共演”が実現した。

    4月13日から流れているテレビCM「サントリー天然水 GREEN TEA」でのことだ。

    「メインはUTA演じる学生だが、彼が仕事中の本木をスマホで写真に撮ろうとし、気づいた本木が手を振る場面がある。
    UTAは固くなっていたそうだが、本木は『正直、恥ずかしい』と言いながらも『不思議な時間の流れ』と感慨深げでした」(放送記者)

    この父子には身内の不幸が相次いだ。

    昨年9月の樹木希林(享年75)、今年3月の内田裕也(享年79)。

    本木にとって義父母にあたる。

    「妻・内田也哉子(43)との結婚の際に婿養子に入った本木は、妻とともに葬儀を仕切り、4月3日の裕也さんの『お別れ会』では『滞りなくこの会を終えたことはある意味、奇跡だと思う』と述べていた。
    生前の希林さんに『内田家を頼む』と哀願された約束を守り、男を上げた。
    気丈に振る舞う、父親似のイケメンにして190センチの長身、UTAの姿にも注目が集まり、父子初共演はテレビ界も狙っていた」(芸能デスク)

    m


    ◇ 本木が“脱アイドル”できた理由

    本木は1982年、薬丸裕英(53)、布川敏和(53)とともに「シブがき隊」としてジャニーズ事務所からデビュー。

    だが、3人の不協和音から6年後に解散。

    本木は事務所を離れた。

    「翌年、周防正行監督の映画『ファンシイダンス』に坊主頭で主演、いち早く俳優への転身も図りつつも、92年に出場した紅白歌合戦ではコン○ームをぶら下げた衣装でパフォーマンス。
    “脱アイドル”を鮮烈に印象づけた。
    2009年『おくりびと』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞して以降は、押しも押されもせぬ大物俳優です」(同前)

    “脱アイドル”“脱ジャニーズ”の最たる成功例とも評される本木。

    「まだジャニーズが本格的に俳優に進出していない時期で、直接古巣とバッティングしない道を選んだことが奏功した。
    主演にはこだわらず、出演作を厳選。
    『日本のいちばん長い日』(15年)の昭和天皇役は出色だった。
    来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』での斎藤道三役もどんな本木カラーを出すか、注目されている」(映画関係者)
     
    迷える現役ジャニーズ勢にとって、何よりのお手本。

    https://bunshun.jp/articles/-/11559

    所長見解:そうやね・・・

    【【元シブがき隊】本木雅弘が「脱ジャニーズ」できた衝撃的すぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月23日発売のファッション誌『ViVi』(講談社)6月号の表紙について、カバーガールをモデルのKoki,が務めることが判明し、物議を醸している。

    『ViVi』といえば、11日、専属モデルの河北麻友子が同誌を卒業することを発表。

    7年以上も専属モデルを務めていたということもあり、同誌読者からは残念がる声も多く聞かれていた。

    これまで、専属モデルが卒業する際には、卒業モデルがカバーガールとなって単独表紙を飾るというパターンも多く見られていたが、河北はこれまで単独表紙を一度も飾ったことがなかったということもあり、雑誌ファンからは河北の単独表紙への期待も集まっていた。

    しかし、蓋を開けてみると、Koki,がカバーガールとして初登場。

    公式インスタグラムには、「新しい時代の幕開けを感じるオーラがすごい」「とにかくとにかく可愛かったのです」と絶賛がつづられていた。

    しかし、これについて雑誌ファンからは、

    「最後くらいまゆちゃんにしてあげて欲しかった。ViViファンとしてなんでって思いがすごいです」
    「7年間ViViを支えた、河北麻友子のことをなんだと思ってるんですか」
    「卒業号に卒業モデル起用しないの疑問しかありません」
    「コーキちゃん好きだけど今じゃない。これじゃコーキもかわいそう」
    「この投稿にも麻友子ちゃんのこと触れてないってどういうこと」

    といった批判が殺到。

    『ViVi』公式インスタグラムアカウントが炎上する事態になっている。

    k


    「また、そのほかに聞かれているのは、『芸能人か、専属はハーフのみしか表紙にしない理由はなんですか?』『ViVi専属モデルはハーフじゃないと表紙になれない縛りでもあるんですか?』という声。
    19年に入ってからは藤田ニコル、emma、トリンドル玲奈、玉城ティナ、八木アリサが表紙を務めていますが、ネームバリューのあるKoki,を除き、全員がハーフモデル。
    ここ数年、『ViVi』単独表紙はハーフモデルが務めている確率が圧倒的に高く、読者の間で溜まっていた鬱憤が爆発してしまったようです」(芸能ライター)

    インスタグラムに寄せられているコメントのほとんどが、表紙が河北ではないことに対する疑問の声。

    “不買”を宣言する声も多く寄せられており、雑誌が売れない今、『ViVi』にとって痛手になってしまうかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16329382/

    所長見解:なにかと・・・
    【【炎上中】女性誌『ViVi』、Kokiの表紙に批判が殺到している理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元貴乃花親方の貴乃花光司氏(46)と元フジテレビアナウンサー、河野景子さん(54)の長男でタレント活動も行う靴職人、花田優一氏(23)が14日放送のテレビ朝日「松之丞カレンの反省だ!」(日曜前0・35)にVTR出演。

    番組では講談師の神田松之丞(35)が花田氏の靴工房を訪れ、花田氏と対談を行った。

    松之丞は工房内の様子を伝えながら、靴のオーダーメイド料金を質問。

    花田氏は「ピンキリですが20万円~40万円の間で、革の性質や製法の手間賃で値段をすり合わせていく」と真摯に答えた。

    靴職人でありながら、積極的なメディア露出に加え、顧客からのクレームや身辺トラブルなどが次々に報じられワイドショーなどで批判の的になっている花田氏。

    松之丞が「コメンテーターみたいなやつらがさ、偉そうに金もらって批判してくるじゃん。誰に1番腹立った?」と意地悪な質問をぶつけた。

    花田氏は「僕ずっと思っていることがあって、『テレビに出てる暇があるなら靴作れ』って言うじゃないですか。
    テレビ出てるやつが全員本業じゃないでしょ」と指摘。

    t


    この回答に自身のラジオ番組で花田氏を度々イジっている松之丞は、「優一、それ誰のこと言ってる?」と苦笑いを浮かべると、花田氏は「芸人さんで漫才が本業なら、僕にそういうことを言うんだったら、テレビ出ないで漫才だけやってればいい」と主張した。

    さらに花田氏は「僕が評価されたら全員持ち上げて、駄目になったら全員批判するのが芸能界なのかなとか思っています」と冷静に持論を語った。
    https://www.sanspo.com/geino/news/20190415/geo19041510280022-n1.html



    所長見解:言っちゃった・・・
    【【激怒】靴職人・花田優一氏「芸人は漫才だけやってればいい」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Koki, 三浦大知に楽曲提供 水曜ドラマ『白衣の戦士!』挿入歌に決定

    木村拓哉・工藤静香夫妻の次女でKoki,が、自身の作曲した楽曲「片隅」を歌手・三浦大知に提供していることがわかった。

    10日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『白衣の戦士!』(毎週水曜 後10:00)の挿入歌に決定。

    モデル業とともに、母・工藤にも楽曲提供するなど作曲家としても活動するKoki,が三浦と初コラボレーションを果たす。

    k


    同ドラマは「命と戦う場所」である病院を舞台に白衣の天使ならぬ“白衣の戦士”の奮闘を描く。

    主人公は、明るく破天荒な元ヤン新米ナース・立花はるか(中条あやみ)と、34歳婚活中のがけっぷちナース・三原夏美(水川あさみ)。

    2人が仕事に恋に悪戦苦闘し、病院という「命の現場」で、笑って、泣いて、成長する、痛快ナースコメディー。

    完成した楽曲を聴き、三浦は「美しく、繊細で、深い切なさと大きな愛を感じるメロディーだなと思いました」と感想を語り、「Koki,ちゃんは真っ直ぐで芯があってとてもすてきで、今回一緒に音楽を作る事ができてすごくうれしかったです」と歓喜。

    一方、Koki,は「この度は楽曲を選んでくださり、大変感激しています。
    この楽曲はハイトーンボイスで実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いていた曲でしたので、三浦大知さんに歌っていただけて本当にうれしいです」とコメント。

    「三浦大知さんの声がとても好きなので、自分の曲に息を入れて頂き光栄です」とうれしさをにじませている。

    なお、同楽曲は三浦の25枚目のシングル「片隅/Corner」として6月12日に発売される。


    三浦大知がKoki,と初コラボ 新水曜ドラマ『白衣の戦士!』挿入歌に決定
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190410-00000304-oric-000-1-view.jpg

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000304-oric-ent

    所長見解:なんでもありやね・・・

    【【キムタク娘】Koki,さん、今度は作曲した模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ