二世タレント

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元貴乃花親方と、その元妻の河野景子さんの長男・花田優一氏が正式に離婚を発表した。


    花田氏はブログに、

    《この度、花田優一は離婚致しましたことをご報告申し上げます。
    関係者各位の皆様、応援頂いております皆様にご迷惑おかけしてしまい大変申し訳ございません。
    未熟者ではございますが、今後とも精進して参りますのでご教授いただければ幸いです》

    と報告しているが、離婚日や理由などの詳細は明かさなかった。

    花田氏の離婚理由は、不倫やマザコンなどいろいろといわれている。

    『デイリー新潮』の記事によると、今年2月25日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に花田氏が出演したときの回が、夫婦の亀裂を決定的にしたという。

    その回で花田氏が紹介した『花田優一の自宅』が、自分が住んでいる家とは全く違っていたことが理由だったとか。

    元妻はこれまで信じ続けていた夫が、自分が全く知らない家を持っていることにショックを受け、夫を信じられなくなったと報じられた。

    花田氏の離婚には、ネット上でも「予想通り。元奥さんは新しい人生を歩んでください」「優一さんには問題がいろいろありますね」と非難ごうごうだ。

    no title


    親父はアレだけど本業は凄かった

    花田氏は、自称「靴職人」として活動しているが、こちらも評判がガタ落ち中。

    父の元貴乃花親方は「テレビ出てる場合じゃない」と、職人でありながらテレビに出まくる花田氏に苦言を呈していたが、12月13日放送の『ゴゴスマ~GOGO! Smile!』(TBS系)でも、フリーアナウンサーの吉川美代子が否定的な意見を述べた。

    吉川は、東京で“本当に”有名で売れっ子な靴職人の知人がいるとし、その人は40代半ばで「やっと私は靴職人です」と言えるようになったらしい。

    一方、花田氏はわずか3年の修行で靴職人だと自称している。

    さらに、花田氏の靴を見たその靴職人は「英国の靴の学校の1年生は、みんなこの程度作ってます」と答えたそうだ。

    所属していた芸能事務所から解雇され、靴職人としての未熟な腕がバレ、妻にも見捨てられた花田氏。

    もはや、親に泣きつくしかないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1612774/


    所長見解:そうね・・・

    【【貴乃花息子】花田優一の靴は「1年生レベル」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    木村拓哉(46)と工藤静香(48)の次女でモデルのkoki,(15)が自身のインスタグラムを更新し、ストリート雑誌の表紙を初めて務めることを告知、その写真を公開した。

    koki,は14日に自身のインスタグラムを更新し、27日発売の「NYLON JAPAN」(カエルム刊)の表紙画像を投稿した。

    koki,はこれまで見せてこなかったピンクの服と帽子を身にまとい、薔薇をくわえるという斬新な姿を披露している。

    koki,は同誌において、愛犬との2ショットやCHANELのクルーズコレクションや最新メイクをまとった姿を披露する予定で、初めてのストリート誌への登場に世間は沸き立っている。

    こうしたkoki,の投稿を受けてネット上ではさまざまな反応が噴出した。


    「沢尻エリカに似てる」

    「なんていうか。黒い沢尻エリカ」

    「こんな感じの方が年相応でいいと思う。ハイブランドは全然良さを引き出せてなくて両成敗な感じだもの。しばらくはシャネルもブルガリも勝手にプライベートでどうぞ」

    「口元の法令線は静香似?」

    「普通に魅力ある子だと思うよ もちろんキムタクの娘って事も込みで 本当に売り出し方間違えたし、母親がしゃしゃり過ぎ」

    「いつもより全然良いと思う!!?最初からこんな雰囲気でやればよかったのに」

    「表紙しかやらない病気なの?」

    「そうか!この子には透明感が無いんだ!!!?こんな若いのに!!」

    「このピンクは似合わないけど、可愛いよ!」

    「ストリート系のほうがいいじゃん。モード系は無理がありすぎる」


    これまでのモード系一辺倒からストリート誌にも活躍の幅を広げたkoki,。

    その注目度は高まる一方のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1612513/

    所長見解:お腹いっぱい・・・

    【【キムタク娘】koki,、ストリート誌初登場がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「彼女の存在は、学校内でも有名ですよ。
    ”キムタクの長女”というのももちろんですが、それ以上に超実力派のフルート奏者として、です。
    しかもルックスは親譲りでスタイルも抜群。
    校内で歩いているだけで、イヤでも目立ってしまいます」(長女の知人)

    木村拓哉(46)と工藤静香(48)の次女・Koki,(15)が衝撃の芸能界デビューを果たしてから半年。

    それを追うように現在、にわかにキムタク長女の動向に注目が集まっている。

    no title


    長女の楽器演奏者としての才能と美貌から、音楽関係者を中心にして”デビュー待望論”が巻き起こっているのだ。

    キムタクの長女はインターナショナルスクールを経て、都内にある超名門音楽学校の管楽器専門科に通う現役女子高生。

    幼少期からフルートの英才教育を受け、年に数人しか入学できない狭き門をくぐった、まさに”金の卵”だ。

    「彼女の実力は折り紙付きです。
    小学生のときには、大手楽器店『山野楽器』主催のコンクールで最優秀賞を獲っている。
    今年8月にも、学生コンクールの最高峰『全日本学生音楽コンクール』で予選を勝ち抜き、10月の東京大会本選に出場しました。
    全国大会には惜しくも選出されませんでしたが、まだ17歳で伸び代もあります。
    ウチの学校は、基本的に芸能活動を禁止している。
    当面は表立った動きがなくても、卒業後はプロとしてデビューする可能性は十分にあるでしょう」(前出・知人)

    フルートの腕はホンモノで、ルックスもピカイチ。

    しかも両親はキムタクと工藤静香となれば、音楽関係者が色めき立つのも当然の話だろう。

    「実際、高校卒業のタイミングで彼女を獲得しようと、複数のレコード会社がいまから目をつけています。
    次女のKoki,もそうですが、木村家では娘のプロモーションに関しては静香さんが担当している。
    長女の芸能界デビューを狙うなら、まずは母親の説得からです」(レコード会社関係者)

    次女のKoki,は先月『エル・ガール ライジングスター賞』を受賞するなど、相変わらず一挙手一投足が注目を集めている。

    この状況で長女までもが鳴り物入りでデビューすることになれば、話題性はバツグン。

    ’19年も、キムタクファミリーが芸能界の話題の中心となることは間違いなさそうだ。


    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181214-00010000-friday-ent

    所長見解:ごり押し・・・

    【【木村家の一族】キムタク長女も芸能界デビューってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    父親・元貴乃花親方に続いて、息子で靴職人の花田優一が正式に離婚したと12月12日に配信された「デイリー新潮」が伝えた。

    h


    「花田優一といえば、今年9月に“板野友美似の謎の美女”と密会していたところを週刊誌『フライデー』に撮られていますが、そもそもの亀裂が生じたのは、遡ること7カ月前の2月に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)だったというのです。
    この放送では、花田が実の妹たちと一緒にお風呂に入ったりキスしていることを告白。
    妻との出会いを語る際に『コイツ嫁かなって思った』と話すなど、彼のギョロっとした目つきと相まって、視聴者から相当なバッシングを浴びる内容となりました」(テレビ誌ライター)

    そして、その放送を見た元妻が最も衝撃を受けたのが“花田優一の自宅公開”だったのだという。

    「同誌の取材によると、番組内で“自宅”として公開されたものが、自分が住んでいる家と全く違ったそうです。
    しかし、自分が知りもしない家を夫が持っていたという事実にショックを受けたことが、信頼関係を崩す決定的なものになったのだとか」(前出・テレビ誌ライター)

    母親の河野景子からは深すぎる愛を注がれて、血のつながった妹たちとは常軌を逸した愛情表現。

    一方で、妻を“コイツ”と呼び、その妻の知らぬところで家を持ち、謎の美女とも密会。

    そして、職人と呼ぶにはあまりに短い修行期間でのメディア出演…

    視聴者が抱いた“違和感”は、全くもって“的確”だったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1607704/


    所長見解:怪しいよね・・・

    【【これはヤバい】花田優一の元妻「テレビで紹介された家がウチじゃない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「これは卒婚です」。

    離婚が発覚した直後、元貴乃花親方(46)は、スポーツ紙の取材にそう強調した。

    が、そのウラには、元妻・河野景子さん(54)に男の影を疑う苦悩も。

    時を同じくして、タレント長男からも「離婚報告」が届いていた。

    k


    ひと月以上も隠されていた離婚が表に出たのは、11月26日のこと。

    折しも元弟子の貴景勝が劇的な初優勝を決めた翌日だった。

    2人は1995年、貴乃花が綱を張っていた時代に結婚した。

    以来、彼は力士、また親方として幾度も危機があったものの、その都度乗り越えてきたが、
    「離婚の直接のキッカケは、親方が9月末、相撲協会を退職したことです」と語るのは、経緯を知る部屋の元後援者だ。

    「8名の弟子を預かっていた親方が突然、協会を離れると発表した。
    しかも、驚くべきことにこれを景子さんに相談していなかったんです」

    これでは景子さんが怒るのも当然だろう。

    「そもそも、景子さんはここ数年、夫と距離を置いていました」と元後援者が続ける。

    「直情径行な言動を繰り返しては周囲と軋轢を生む夫に愛想が尽きていたんです。
    親方は普段、部屋に寝泊まりしていましたが、景子さんはまだ学生の2人の娘さんの通学の便を理由に五反田の家に住み、時々部屋に通うという生活を続けていた。
    とりわけ最近は、パーティーなど公式な行事には顔を出し、おかみさん然と振る舞うものの、部屋そのものには寄り付かなかった。
    親方の身の回りは荒れ放題だったそうです」

    事実上の“別居”状態だったのだ。

    が、景子さんが決定的なところに踏み切らなかったのは、彼が理事長になる目があったから。

    「理事長夫人になる夢を見ていました」(同)

    夫の出世こそが夫婦を繋ぎとめる唯一の縁。

    が、そこに来ての仰天の退職、そして「事後報告」に、もう愛想も全て尽きた、ということなのである。

    一方の元親方にも“事情”があった。

    もともと姉さん女房に惚れっ放しの元親方だったが、ここに来て、“変化”が生じていたという。

    「この夏頃でしょうか。
    親方がしきりに“協会でも孤独ですが、家でも一人ですよ……”とこぼすようになったんです」

    と言うのは、元親方の知人。

    「そうかと思えば、周囲に“景子に親しい男がいるんじゃないか”“知っていますか”と嗅ぎまわるようになった。
    別に具体的な証拠があるワケではないので、単に親方の勘繰りだったんでしょうが、思い込みの激しい人ですから、信じ込んでしまって……」

    暴挙に出るには、かような背景があったのである。

    「加えて子どもの将来についてもミゾが生まれていました。
    長男の優一クンは、靴職人として働く一方、タレントとしても活動してきましたが、親方はこれに反対。
    地道に働いてほしいと願っていました。
    が、景子さんは逆で、息子を芸能事務所に紹介してしまったほど。
    優一クンもお母さんべったりで、親方は娘も含めた家族全体から浮いた存在でした。
    優一クンは周囲に“あんな奴、父でも何でもない”と公言していたほどです」(同)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00552772-shincho-ent

    所長見解:あらら・・・

    【【貴乃花元妻】河野景子さんに男の影 ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ