事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女の子がやらかしてしまう

    y
    ※動画がコチラ


    所長見解:やったな・・・

    【【悲報】女の子がやらかした結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    イギリスの保険サービス会社が車名別の事故率を調査、トップはプリウスだった


    j


    日本ではプリウスに限らず、車名(通称名)での事故関与率は一般に公開されていないようです。

    つまり、特定のクルマの事故率が高いという主張は、ほとんどの場合で印象論といえます。

    しかし、クルマによって事故率が異なるというのは昔から言われています。

    事故というのはクルマのメカニズムだけで起きるものではなく、むしろドライバーによる部分が大きいのですが、事故を起こしやすいドライバーが好むクルマがあるのかもしれません。

    とはいえ、保険料率というのはそうした部分も含めてリスクを計算しているわけですから料率クラスというのは、それなりに信頼できると捉えることができます。

    さて、日本では通称名別の事故関与率について公表されているデータを紹介することはできないのですが、イギリスの自動車保険サービス会社である「GoCompare.com」が2016年のイギリスにおける交通事故の傾向をまとめている「Auto Accident」というページを作っているので、その一部を紹介したいと思います。


    このデータでは2016年における通称名別の事故関与率(1万台あたりの事故件数)も公開されています。

    -----------------------------
    TOYOTA PRIUS 111 in 10,000
    CITROEN SAXO 106 in 10,000
    BMW 330D 102 in 10,000
    BMW 530D 85 in 10,000
    PEUGEOT 106 84 in 10,000
    -----------------------------

    トップはプリウスで、シトロエン・サクソとプジョー106という兄弟車がトップ5に入っています。

    また3位と4位はBMWです。

    プラットフォームを共用するPSAの兄弟車が揃っているということは、クルマの素性として事故に関与しやすい(もちろん、そういうドライバーが好みやすいという意味も含めます)
    傾向があるといえるのかもしれません。

    プリウスが事故を起こしやすいというのは、少なくともイギリスでは統計的なファクトがあるのです。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190613-10418679-carview/

    所長見解:あれま・・・

    【【やっぱり】保険会社が調べた車種別の事故率 1位はもちろんあの車ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 吉澤ひとみ「飲酒ひき逃げ」も〝今秋シレっと〟芸能界復帰計画

    違法薬物の乱用、反社勢力とのズブズブ関係など、ドン引きの事案が続く芸能界の中では、元『モーニング娘。』メンバーの各不祥事など、さして驚く話ではない。

    古くは加護亜依の喫煙騒動、グループを辞めてからのDVと妊娠問題。

    最近では〝ゴマキ〟こと後藤真希が元カレと不倫。

    夫であるA氏が元カレを相手取って330万円の損害賠償請求。

    結局、和解勧告され、金銭は生じないという恥のような訴訟結果となった。

    しかし、何と言っても吉澤ひとみに限っては、完全な犯罪者だ。

    「加護や後藤が刑事罰かというと、やはり民事訴訟の域。
    例えば未成年の喫煙は問題ですが、それで鑑別所に入るということはない。
    一方、吉澤は単なる道路交通法違反というだけでなく、飲酒運転、人身事故、ひき逃げ…など、真っ黒な〝刑法犯〟です」(司法ライター)

    吉澤の事件を振り返ると、彼女が事故を起こしたのは昨年9月のこと。

    酒酔いで自身の車を運転。

    制限速度60キロのところを86キロで走行し、赤信号で交差点に進入。

    歩行者2人にケガを負わせ逃走という、恐ろしいほどの罪を犯している。

    「懲役2年、執行猶予5年は軽過ぎるのではないかの声も出たほど。
    しかし、有名人ということで社会的制裁をすでに受けたとの判断。
    幸いにも事故に遭った被害者は軽症で、判決前に示談成立。
    本人も反省を示しているなどの点が執行猶予の理由に挙げられます」(同・ライター)

    とはいえ、通行人が軽傷だったのは不幸中の幸いであり、偶然というだけの話。

    大甘判決なのは、今もネット上にアップされている〝事故の瞬間〟映像を見れば明らかだ。さらに、

    「吉澤は2007年に、実の弟を交通事故で亡くしています。
    だから厳罰にはしなかったという同情心理も働いたのだと思います」(朝刊紙記者)

    c


    ■ 芸能人特権フル活用

    吉澤は、この事故によって「引退」をほのめかしている。

    しかし、それは怪しいという。

    「例えばタレントの坂上忍は、過去に泥酔運転で電柱に衝突。
    同乗者女性がいるのに逃げて御用となった。
    マトモにしゃべれないほどの酔いで、器物破損、現場逃走。
    そんな輩が最近、自身の司会番組『バイキング』では高齢者の免許について『もっと厳しく』など、自分を棚に上げて批判をしていますからね。
    こんな人間、テレビに出て免許を語る資格などないですよ」(芸能ライター)

    どんな大罪を犯しても、いつの時代も寛大なのが芸能界だ。

    「吉澤は、密かに芸能界復帰を画策していますよ。
    夫はIT企業の社長といいますが、吉澤の事故も影響してなのか、経営は苦しいようです。
    だから吉澤の復帰が回復の鍵にもなる。
    復帰は、事故から1年たった今年の秋といわれています」(同・ライター)

    麻薬をやっても飲酒事故でも復帰のできるのは、芸能人の特権。

    吉澤にはそれをフルに生かし、ガンバってほしいものだ。


    https://myjitsu.jp/archives/85922

    ▼画像
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2018/09/yoshizawa_hitomi.jpg 

    所長見解:無理やろ・・・
    【【飲酒ひき逃げ】元・モー娘。吉澤ひとみさん、驚愕の芸能界復帰計画がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手でタレントの森口博子が19日に自身のアメブロを更新。

    18日に行われたミニライブ&握手会『ビナウォークミュージックディライト 17周年SP』で起こったハプニングについて明かした。

    この日森口は「昨日のビナウォーク海老名でのミニライブ&握手会 たくさんのお客様にお越し頂きました 2階、3階遠~くの奥~の階段まで駆けつけてくれてとってもとっても嬉しかったです」と満員の様子を写した写真や動画を公開した。

    また「わたくしったら…ファーストステージでパンツ丸見えハプニングが!」と明かし「歌の途中で勢い良くターンをしたら…どうやらハッキリと トークの時にマネージャが慌ててかけ寄り「中身が全部見えてます!ターンしないで下さい」と注意され「ガ~ン デカパンが」とショックを受けたようだった。

    客席に確認しても「見えていたらしいです もう、大爆笑でした」とのことで「ミニスカートじゃなかったから、衣装用の見せパンツ、履いていなかったのよ まさか、そんな事になるとは 若い子の下着ならまだしも、ごめんなさいね」と謝罪した。

    m


    続けて「で、その後のセカンドステージ。見せパンツ買いに行く時間がなく でも、どうしてもターンがしたかったので(笑)ある作戦を」「何と、その日着けていたピンクの腹巻きをお尻までズリさげてガード!」と工夫してステージを乗り切ったようで「足を運んで下さったお客様、本当にありがとうございました」「いつも、スタッフの皆様 お客様に温かく迎えて頂き、幸せです」「来年も是非と言って頂き、嬉しかったです 次回は、ちゃんと見せパンツ用意いたします」と茶目っ気たっぷりにブログを締めくくった。

    これに対してファンからは

    「凄いお客さんの数ですね」
    「5年連続出演 おめでとうございます!」
    「腹巻き(ピンク)ズリ下げ作戦にも笑ってしまいました」
    「腹巻きとはナイスアイデア!さすがです」

    などのコメントが寄せられている。

    https://abematimes.com/posts/7003877

    所長見解:ええやん・・・


    【【悲報】人気女性歌手がスカートの中身全部丸見えハプニングの模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10年で3回目 交通事故で高田純次(72)が被害者とトラブル
     
    タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

    j


    事故が起きたのは4月14日。

    被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

    「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。
    『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。
    その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

    約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。

    高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。

    Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

    事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

    高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。

    その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

    高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。

    この時には、「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。

    また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突事故を起こしている。

    自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。
    高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。

    Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

    5月16日(木)発売の「週刊文春」では、事故の内容や“示談交渉”の中身、高田との一問一答などを報じる。

    また「週刊文春デジタル」では、高田の「ナッシング」音声などを公開する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00011919-bunshun-ent



    所長見解:返納やね・・・


    【【これは無責任】高田純次に当て逃げ疑惑ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ