ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2014年に“ノーベル賞級の快挙”とも言われたSTAP細胞を発見したとして注目を浴びた小保方晴子さん(36)の近況を12月25日発売の週刊新潮(2020年1月2・9日号)が伝えている。

    同誌によると19年の初めころから同棲をはじめ、今は都内の洋菓子店で働いているという。

    雨の日はお気に入りの「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の傘やレインブーツで通勤しているそうだ。

    b


    驚くのは小保方さんが働いている洋菓子店の評判だ。

    スイーツ好きの間では「一生に一度は食べてみたい」と言われるほどの超有名店なのだ。

    かつてはスイーツを買い求める客で長蛇の列が当たり前という状態だったが、高級住宅街の中にあることもあり、数年前から完全予約制になった。

    2020年1月の営業日数は週末限定のたった7日間。

    激レア度が増して予約困難の状況になっている。

     
    こちらの店の名物商品はたくさんあるが、サクッとした生地に濃厚な卵とバニラのクリームが入ったシュークリームが定番。

    直径18cmのモンブランケーキが7000円近くするなど決して安くはないが、食べた人のほとんどがリピーターになるといわれている。

    「地元でも愛されているお店です。
    売り場面積は4坪ほどで、外観はガラス張りのため、通りすがりに店内をのぞくことができます。
    小保方さんに似た女性が働き始めたのは2カ月前くらいからでしょうか。
    ある常連さんが『私、パティシエとしていろいろな店で修行を重ねてきたんですよ』と彼女に自己紹介されたと言っていました。
    驚いたその常連さんは冗談で『え? 理化学研究所でSTAP細胞を作製していたんじゃないんですか?』と聞き返そうとしましたが、さすがに失礼だと思ってやめたそうです」(地元住民)

     
    知名度の高い小保方さんが働き始めたことで、ますます絶品スイーツが入手困難になりそうだ。


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/266939

    所長見解:買いに行くか・・・

    【【元リケジョ】オボちゃんのケーキ屋さんの評判がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    林眞須美さんって結局無罪なのか? 

    d


    死刑囚・林眞須美の夫「21年目の告白」 和歌山毒物混入カレー事件
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191022-01614643-sspa-soci

    所長見解:そうなんちゃうん・・・

    【【あの人は今】和歌山・毒カレー事件の林眞須美は無罪説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【事件後初告白】清原和博さんYouTube初登場!…薬物の恐さと息子の支え、逮捕前後の心境について全て語る。

    k


    ・逮捕当日、取り調べ

    ・禁断症状について


    ・出所後に報道を見たか


    ・注目されること


    ・依存者グループの会合


    ・1年間引きこもり生活


    ・3月5日の母の死、息子との再会


    ・野球をしたことさえ後悔、うつ病


    ・甲子園

     
    ※動画がコチラ

    片岡篤史チャンネル

    所長見解:目つき・・・
    【【初告白】清原和博さんYouTubeで薬物事件について全て語った件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アニメ業界コワ過ぎ…10代少女わいせつ『ガイナックス』社長の鬼畜手口


    声優志望の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁は12月5日、アニメ制作会社『ガイナックス』の社長・巻智博容疑者を準強制わいせつ容疑で逮捕した。

    巻容疑者は、今年2月6日から23日にかけて計4回、10代の少女に対して「芸能人として撮られるための訓練だ」と言って裸の写真を撮影。

    さらに「足がむくんでいるからマッサージをする」などと言い、身体を触った疑いが持たれている。

    少女が2月に、警視庁に被害を届け出ていた。


    「巻容疑者は声優やアニソン歌手を夢見る青年に対してワークショップを開催しています。
    受講料は3000円で定員は50名ほどだったようです。
    応募資格は15歳から30歳でプロ・アマ問わず、プロダクションに所属していない人を優先していたといいますが、ここで自分の気に入った少女を物色していたようですね。
    他に被害者がいる可能性も高く、警視庁も裏取りに走っています」(全国紙社会部記者)


    ワークショップの説明には《声優、アニソン歌手などを目指す人たち必見の講座になります》などと書かれており、アニメ業界を夢見る少女にとっては3000円という受講料も魅力的に映ったに違いない。

    y


    アイドル業界よりエグい声優業界の闇


    一方で、もともと声優業界はトップに一部の有名声優が君臨しており、業界的にもかなりの〝闇〟を抱えているという声もある。

    かつて声優をしていたというS子さん(25歳)が、内情を語る。

    「声優業界は完全なヒエラルキー構造になっていて、トップ声優の意向で動いています。
    何の経験もない素人がワークショップを受けたからどうなるような、ナマやさしい世界ではありません。
    にもかかわらず、日本全国から少年少女が声優を目指して集まってくるんですよ。

    よく芸能界の〝枕営業〟が話題になりますが、正直、アイドル業界よりエグいと思いますね。
    現場を知って逃げ出した少女はゴマンといますよ。
    現在、そこそこ名の知れた声優さんは多かれ少なかれ、そんな業界の風習を乗り切ってきた人ばかりだと思います」


    ガイナックスといえば、過去に元代表取締役だった岡田斗司夫氏のスキャンダルも記憶に新しい。

    「2015年に岡田氏が女性80人と交際していたことが週刊誌に暴露されました。
    岡田氏自作の〝愛人リスト〟がネット上に流出し、炎上騒ぎに発展しています。

    女性を細かくランク付けし、『「若い子は騙して抱いて、終わったら捨てろ」というのが僕の中の法則』などとも記しており、女性から〝鬼畜過ぎる〟と批判が殺到しました」(週刊誌記者)


    https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_101718/

    所長見解:そうなんやろね・・・
    【【閲覧注意】アイドル業界よりエグいと言われる声優業界の闇がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    保釈・国母被告を独占撮! 報道陣ケムに巻きガッツポーズ


    反省どころか、保釈後もヤンチャぶりは変わらなかった。

    国際郵便で大麻を密輸した大麻取締法違反などの罪で起訴されたバンクーバー五輪日本代表のプロスノーボーダー・国母和宏被告(31)が、3日に保釈保証金300万円を納付し、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

    タクシーに乗り込み、報道陣の前を猛スピードで走り去った同被告だったが、追跡した本紙はその後、都内某所でレンタカーに乗り換える場面を独占キャッチ。

    この写真が国母被告の今の心境を物語っている!?


    k


    湾岸署前には、この日朝から報道陣が集まり始めた。

    保釈保証金納付の一報が午後2時すぎに流れ、午後4時ごろ、カメラマンや記者らの数は50人以上に。

    事件を起こした有名人が保釈や釈放となって報道陣の前に出てくるお約束の場所、正面玄関前でみな待機した。

    ところが午後4時半、女性警官が署内から走り出てきて、国母被告を裏口から出すと大声でアナウンス。

    慌てた報道陣は一斉に裏口へダッシュし、カメラの場所取り合戦で現場は物々しい雰囲気に。

    そして午後4時38分、黒塗りの一般タクシーが同署の地下へ入った。

    タクシーが地上に出てきたのは同46分。

    警察署の敷地内にもかかわらず、国母被告からの指示なのか、地下のスロープからものすごいスピードで現れ、一般道へ出るカーブでも速度を緩めない。

    ほんの数秒で報道陣の前から走り去った。

    運転席の真後ろに座る国母被告は、カーキ色の帽子をかぶり、真っ黒なサングラス姿。

    運転手をガードする防犯用のアクリル板に貼られたシールが邪魔し、その顔はほとんど見えず、口ひげをたくわえているのが確認できたぐらいだった。

    その後、国母被告を乗せた黒塗りタクシーは、猛スピードで首都高に入った。

    本紙はこれを追跡。

    レインボーブリッジを渡っている間、国母被告はやたらオーバーな身ぶり手ぶりで、同乗する友人にいろいろと何か説明するのが確認できた。

    午後5時すぎ、タクシーは首都高から直接入れる都内某地下駐車場に滑り込んだ。

    本紙カメラマンが追い付いたとき、国母被告らは料金の支払いか領収書か何かをめぐり、運転手と問答している最中だった。

    5分ほどたって車から出てきた2人は、後ろのトランクから荷物を取り出すと歩きだし、そこで待機していた別のレンタカーに乗り換えた。

    そのとき撮ったのがこの本紙独占の衝撃「入れ墨写真」だ。

    2人は肩を組みながら歩き、国母被告は右手で拳をつくりカメラに向かってガッツポーズ。

    その表情はサングラスでうかがい知ることができなかったが、隣の友人にいたっては口を大きく開け、笑っているような、おどけた表情を見せた。

    威嚇する感じではないものの、落ち込んでいたり、深く反省しているようには見えない。

    11月6日の逮捕から続いた長い勾留生活を終えた、あるいは報道陣をケムに巻いた、一種の達成感を表現しているかのようだ。


    国母被告といえば、2010年のバンクーバー五輪出場時のドレッドヘア、鼻ピアス、腰パン姿で一躍時の人に。

    各方面から「五輪選手としてふさわしくない」と批判が上がると、会見で「ちっ、うるせーなぁ。反省してま~す」と言い放ち、火に油を注いだ。

    (後略、全文はソースで)


    東スポweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000004-tospoweb-spo


    友人(右)と肩を組みカメラマンにポーズをとる国母被告
    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/12/42822c0f236dfd0a41f995be15303db2.jpg 

    所長見解:さすがやね・・・

    【【スクープ撮】保釈されたスノーボード・国母被告、報道陣ケムに巻きガッツポーズがコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ