事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    no title


    東京 世田谷区で一家4人が殺害された事件は、未解決のまま今月末で18年がたとうとしています。

    警視庁は、今は状況が変わってしまった現場周辺の様子を3D動画で初めて再現するとともに、犯人が凶器の滑り止めに使ったとみられるハンカチの特殊な使用方法を動画で公開しました。

    平成12年の大みそか、東京・世田谷区の住宅で会社員の宮沢みきおさん(当時44)、妻の泰子さん(当時41)、長女で小学2年生だったにいなちゃん(当時8)、長男の礼くん(当時6)の一家4人が殺害されているのが見つかりました。

    事件から18年がたとうとする中、周辺の住宅が取り壊されるなど現場の状況が変わってしまったことから、警視庁は当時の状況を再現した3D動画をホームページで公開しました。

    動画は当時の写真や映像を基に作られ、今は取り壊された南側の住宅や、近くの公園にあった遊具などが当時のままに再現されています。

    また現場には、凶器の包丁と中央に切り込みが入ったハンカチが残されていましたが、警視庁は包丁の柄をハンカチで袋状に包んで滑り止めに使ったとみていて、初めて動画で公開しました。

    警視庁によりますと、似たような使い方は、工事現場でドライバーを使う際や、中国の水産加工業などで行われているということです。

    警視庁は情報の提供を呼びかけていて、成城警察署の捜査本部、03-3482-0110で受け付けています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181214/k10011746961000.html


    所長見解:つかまらんな・・・

    【【凶悪事件】世田谷一家殺害事件18年 現場周辺を再現した3D動画公開の結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の前頭・貴ノ岩が、付け人で三段目力士の貴大将に暴力を振るった問題が波紋を広げている。

    貴ノ岩は自身の暴力問題を受けて、12月7日、引退する意向を固めたことが分かった。

    昨年10月の元横綱・日馬富士による暴力事件で被害者になっていたにもかかわらず、自分が弟弟子に暴力を振るっていたのだから、もはや貴ノ岩には同情の余地もないのは明らかだ。

    今回の暴力問題について、元親方の花田光司氏は、スポーツ紙の取材に対して「あんなことしちゃったらね。言語道断でしょ」と言葉少なくコメントしたが、ネット上からは「親方の教育が悪かったとしか思えない」「貴ノ岩には同情できないけど、貴乃花親方にもかなり責任があると思う」「貴ノ岩の自覚が足りないのは、協会や親方の責任でしょ」など、もはや他人事のように装う花田氏に批判が集まっている。

    「花田氏が多くを語らないのは、すでに相撲協会を退職している自分には関係ないという意思表示でしょうね。
    もっとも、貴乃花部屋では昔から暴力沙汰が頻繁に起きており、花田氏自身も弟子に手を上げたことがあるくらいです。
    今さら元弟子の暴力事件について、コメントする立場にないとも言えるでしょう」(スポーツ紙記者)

    t


    相撲界の暴力体質を批判していたはずだが…

    大相撲九州場所で幕内最年少で初優勝を飾った小結・貴景勝は、自身を鍛えてくれた元貴乃花親方に感謝の思いを伝えたという。

    しかし、世間から見れば、貴景勝の優勝は自分のおかげだが、貴ノ岩の暴力事件は関係ないという花田氏の態度は受け入れがたいのではないだろうか。

    「貴ノ岩が引退を決意したのは、モンゴルの家族を考えてのこともあるでしょうね。
    そもそもモンゴルでは英雄的存在の日馬富士を提訴したことで、貴ノ岩の家族は猛バッシングを浴びていました。
    そのあまりにも酷い嫌がらせに、貴ノ岩が提訴を取り下げたのは記憶に新しいところ。
    にもかかわらず、今度は自分が暴力事件を起こしていたのですから、家族がさらなる批判を浴びるのは間違いありません。
    協会からの処分が下る前に、自ら身を引いたのは懸命だったかもしれません」(同・記者)

    貴ノ岩については、かつて貴乃花部屋に所属していた元力士が、エアガンで後輩力士を撃っていたことや、何度も暴力行為を行っていたことを暴露している。

    また、当時の貴乃花親方が弟子を殴りつけ、出血する姿も目撃されている。

    今となっては、貴乃花部屋自体に暴力が蔓延していたのは間違いないが、それを許していた花田氏の責任は相撲協会を辞めたからといって、決して消えることはないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1603644/

    所長見解:もうね・・・

    【【元貴乃花親方】貴ノ岩事件に『無関係』の態度を取る、花田光司氏の人間性問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京都府中市の路上で、現金約3億円が輸送車ごと偽の白バイ警官に持ち去られた「3億円事件」の発生から、10日で50年となる。

    窃盗事件として捜査され、迷宮入りしたまま1975年に時効が成立した。

    現在の価値で30億円ともされる被害額の大きさや、大胆不敵な犯行手口は社会に強烈なインパクトを与え、数々の小説や映画、マンガの題材にされてきた。

    この事件を発生当初から時効まで取材した元読売新聞記者に、当時の捜査の内幕や、一部で本命視された「警官の息子犯人説」などについて聞いた。


    犯人がなぜか“ヒーロー”に

    事件は1968年12月10日朝に発生した。

    東芝府中工場で働く従業員のボーナス2億9434万1500円を運搬していた日本信託銀行国分寺支店の現金輸送車(ニッサンセドリック)が、東京都府中市の府中刑務所の塀沿いの通りで、“白バイ”に乗って現れた男に停車を命じられた。

    制服姿で白いヘルメットをかぶった男は「支店長宅が爆破された。この車にも爆弾が仕掛けてあるかもしれない」と言い、運転手ら4人を車から降ろした後、輸送車の下に潜り込むと、「ダイナマイトだ。逃げろ」と叫んだ。

    車の下から煙が上がり、4人が避難すると、男は輸送車を乗っ取って逃走。

    約1.3キロ北の史跡に隠しておいたトヨタカローラに3億円の入った三つのジュラルミンケースを積み替え、走り去った。

    輸送車の下から出た煙は、発炎筒によるものだった。

    カローラは約4か月後、さらに北東に約5キロ離れた小金井市内の団地駐車場で発見された。

    ジュラルミンケースは車内に残されていたが、現金は消えていた。

    この車は事件直後に乗り捨てられていたことが、その後の捜査でわかった。

    白バイ警官を装った男の言葉を、輸送車の銀行員らが信じたのは布石があったからだ。

    事件の4日前、この支店に「300万円を女子事務員に持たせろ。言うことを聞かないと爆破する」という脅迫状が届いていた。

    一方で、奪われたボーナスは、翌日には無事、工場の従業員たちに支給された。

    銀行の損失は保険で賄われ、保険会社も別の保険会社と再保険を結び、さらにその保険会社が海外の保険会社と再保険契約を交わしていた。

    結局、被害額は海外の損保が負担したため、後に誤認逮捕などの問題も起きたが、発生当初は“国内では誰も損をしなかった事件”とも呼ばれた。

    事件発生当時、読売新聞の八王子支局員だった田中正人さん(76)は、大学を出たばかりの新人記者としてこの大ニュースに遭遇した。

    取材者にとっても世間にとっても、まさに未曾有の事態だった。 

    「偽白バイ、逃走用と何台もの車両を使い分けた手口は当時の日本では例がなく、強烈な印象を残した。
    銃器も刃物も使わず、車を駆使して巨額の現金を奪ったうえに、被害額が保険で賄われて損した人が国内ではいなかったことから、犯人をヒーロー視するような雰囲気さえあった」

    3


    大量の遺留品…犯人逮捕に「楽観ムード」

    読売新聞は発生当日、府中市内の通信部(家屋兼事務所)に取材拠点を置いた。

    田中さんはその日からここに泊り込み、捜査本部の置かれた警視庁府中署に通う毎日となった。 

    「通信部には本社から社会部の記者が大挙して取材しにきて、火事場のような騒ぎだった。ただ、偽の白バイには大量の遺留品があり、盗まれた現金輸送車もその日のうちに見つかったことで、捜査員の中には物証を一つ一つたどっていけば、犯人はすぐに見つかるという楽観ムードがあった。
    取材する記者も同じだった。
    むしろ我々は『いつ犯人が逮捕されてもおかしくはない。
    他社にそれを抜かれたら(先に報道されたら)クビ』というプレッシャーがあった。
    発生から1週間はほとんど寝られなかった」

    「楽観ムード」を象徴するとして、田中さんはあるエピソードを挙げる。

    事件発生直後の記者会見で、盗まれた500円札の番号2000枚分を捜査本部が公表したのだ。 

    「会見場でメモを取りながら、『えー、それ言っちゃうの』と驚いた。
    3億円のうちの100万円分だから、犯人がこれを知ったら、その札を使わないか、処分してしまうだろうと」 

    田中さんが危惧した通り、捜査は難航を極めることになる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00010000-yomonline-soci 


    所長見解:すごいよな・・・

    【【昭和の大事件】3億円事件、警官の息子犯人説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)などに問われたモーニング娘。元メンバー・吉澤ひとみ被告(33)。

    その判決公判が11月30日に東京地裁で行われ、懲役2年・執行猶予5年(求刑2年)の判決が言い渡された。

    各メディアの報道によると、吉澤被告はグレーのスーツに白いシャツと黒いパンプス姿で出廷したという。

    公判直前には本誌がデパ地下でおつまみになるような食材を買いあさる姿を報じていたが、現場でも変化が見られたという。

    「保釈時よりも、かなりやつれた様子でした。
    お酒は別として、おそらくまともな食事はとっていないのではないのでしょうか」(傍聴した記者)

    これまでの報道をまとめると、吉澤被告は前夜にかなりの量を飲酒。

    にもかかわらず9月6日早朝、酒気帯び状態で乗用車を運転。

    法定速度を約20km超える時速86kmで、赤信号を無視して交差点に進入。

    横断中だった男女2人に軽傷を負わせながらも、救護措置を取らず現場から走り去っていた。

    公判には情状証人として夫が出廷したというが、気になる事実関係は明かされないままだったという。

    「情状証人もかかわず、夫は吉澤被告が事件後も飲酒していることを暴露。
    結果、裁判官への心証はマイナスになってしまったと思われます。
    夫は吉澤被告といっしょに飲酒をしていたといいますが、なぜ翌朝運転するのを止めてタクシーで行かせなかったのか。
    公判では、そのことが明らかにならないままだったそうです。
    運転を止めなかった夫の責任も大きいはずですが……」(芸能デスク)

    公判では今後、運転する意思がないことを明言したという吉澤被告。

    その思いが揺るがなければ、同じ過ちは犯さないはずだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00010003-jisin-ent


    no title


    所長見解:離婚か?・・・

    【【懲役2年・執行猶予5年】吉澤ひとみ被告の判決で触れられなかった気になる事実関係がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われた元「モーニング娘。」メンバーで現在は芸能界を引退した吉澤ひとみ被告(33)の初公判(佐藤卓生裁判官)が29日、東京地裁で開かれた。吉澤被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑した。

    起訴状によると、吉澤被告は東京都中野区で9月6日朝、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、時速86キロで赤信号を無視して交差点に進入。

    横断歩道を歩行中の男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとされる。

    入廷した吉澤被告は逮捕時よりも、さらにやつれた表情。

    起訴内容について「間違いありません」と認めた。職業については「無職ですか?」の問いに「はい」と答えた。

    弁護士からは被害者2人との示談書が提出された。

    証人尋問には吉澤被告の夫が出廷。

    弁護人質問では、同被告の飲酒の事実を知りながら、仕事に向かわせたことに対しては、
    夫は「私の認識が甘く、睡眠を取れば(お酒が残らないと)。ただただ後悔しています」と述べた。

    検察側から現在の飲酒量を問われると「急激に減っています」と述べ、さらに検察側から「全く飲んでいないということではない?」と問われると「そうです。急激に減っています」と答えた。

    y


    被告人質問では、同被告は現場から立ち去ったことには「気が動転していた」と述べ、繰り返し、被害者への反省の言葉を述べた。

    検察側から、同被告が運転免許取得から4年程度で交通違反3回、事故2回の事実について聞かれると、同被告は「(交通法規への)意識が十分ではなかった思います」と述べた。

    免許再取得の資格を得るにまで9年かかるが、同被告は「再取得するつもりはありません」。

    事故車が警察から還付されれば「処分します」と答えた。

    最後に裁判官から「(繰り返し述べていた)甘えとは?」と問われると、同被告は「お酒の飲み方、社会人としての意識のなさ、気の緩みだと思います」と答えた。

    判決はこの日と同じ法廷で30日午前11時から言い渡される。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1205017/


    所長見解:執行猶予か・・・

    【【これはすごい】吉澤ひとみ「(飲酒量)急激に減っています」 検察「全くではなく?」 「そうです。急激に減っています」 ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ