ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今や人気タレントとなった林修先生も所属する大手予備校『東進ハイスクール』講師の板野博行容疑者が、1月8日に逮捕されていたことが分かった。

    逮捕容疑は強要未遂。

    板野容疑者は妻帯者だが、昨年暮れの12月20日、妊娠している不倫相手の30代女性を「どうしても子を産むなら、わいせつな動画をインターネット上に拡散する」などと東京都武蔵野市の路上で脅した疑いが持たれている。

    この女性は元教え子で、警視庁へ相談したため事件が発覚した。

    妻がいながら元教え子を妊娠さえ、あまつさえ中絶とリベンジポルノを迫るという悪質極まりない今回の事件。

    さすがに黙っていられなかったのか、林先生も自身のブログで事件に言及し、

    《20年近く「同僚」であったようなのですが、話しことは一度もなく、あいさつしたことがあったかどうかもはっきりしないほど、不思議に接点のない人物でした。
    それでも、内容は衝撃的であり、被害者の女性にはただただ申し訳なく思うばかりです》

    《今週末のセンター試験に臨む受講生の皆さんの動揺や影響が最小限で済むことをただ願うばかりです。
    彼らに対しても、ただ申し訳ないという思いがあるだけです》

    などと、悲痛な胸の内を明かしている。


    h


    担当授業増加で林先生がタレント活動をセーブ?

    「板野容疑者の担当科目は古文と現代文。
    特に古文では、『ゴルゴ13』にあやかった著作『古文単語ゴロ513(ゴロゴサーティーン)』がベストセラーとなっており、何世代にもわたり受験生に使われてきました。
    現代文についても、『東進』ではベースチャレンジ現代文、現代文トレーニングといった授業を担当していました」(教育ジャーナリスト)


    今回の逮捕を受け、東進側は板野容疑者との契約を解除。

    担当講座の新規受講が不可能となった他、模試解説授業の担当変更、1月から3月に予定していた特別公開授業の中止など、多くの生徒たちが影響を受けることになってしまった。


    さらに、この逮捕が、回り回って芸能界の勢力図にも影響を与えるかもしれないらしく…。

    「板野容疑者が抱えていた講座の内、模試解説授業のセンター試験問題型と特別公開授業の一部については、林先生が代理を務めることが決定しました。
    当然、林先生にとっては負担の増加にもなり、今よりさらに多忙な日々を余儀なくされる。新年度以降についてはいまだ発表がありませんが、もし4月以降も担当するとなると、この忙しさは常態化することになってしまいます。
    そうなると、責任感が強く、本業があくまで講師であることを自覚している林先生は、『生徒のために』と芸能活動をセーブする選択を取るでしょう。
    すると、今やテレビ界一の人気番組となった『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が冷や水を浴びることになる他、文化人タレントを巡る環境全体も激変するかもしれません」(芸能ライター)


    奇しくも、来年度からは大学受験の制度が一変する。

    不安を抱く新受験生にとって、林先生の講師本格復帰は〝渡りに船〟となるかも!?


    http://dailynewsonline.jp/article/2162192/

    所長見解:そうなんや・・・
    【【逮捕】林修先生がテレビから消える説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2000年代に入ってから今年で20年目を迎えました。

    この20年間いろいろな出来事がありましたが、あっという間の20年だったと感じている人も多いのではないでしょうか?

    そこで今回は、20年前の出来事と聞いて驚く2000年の出来事について探ってみました。

    2


    1位 「おっはー」が新語・流行語大賞を受賞

    2位 福山雅治の『桜坂』がヒット

    3位 サザンオールスターズの『TSUNAMI』がヒット

    4位 イチローが野手として日本人初の大リーガーに

    5位 二千円日本銀行券発行

    6位 東京ディズニーランドに「プーさんのハニーハント」がオープン

    7位 雪印乳業(食中毒事件発生 ※現:雪印メグミルク) 

    8位 世田谷一家殺害事件発生

    9位 Amazonが日本版のサイトをオープン

    10位 ソニー・コンピュータエンタテインメント(「プレイステーション2」を発売)


    https://ranking.goo.ne.jp/column/6319/?page=all

    所長見解:あったね・・・
    【【懐かしい】20年前と聞いて驚く2000年の出来事がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小保方晴子さん(36)は洋菓子店で働いていた。

    そして時おり雀荘を訪れては、フリーで打っている。

    しかし彼女が握るべきはパイではなく、フラスコや試験管ではないのか。

     
    なにせ、小保方さんのSTAP細胞は、あれだけ世間を、いや、世界を騒がせたのである。

    あらためて検証実験をしてもSTAP細胞は作製できなかったのに、「ありまぁす!」と言ったきりでは無責任きわまりない。

    いかなる事情があったとしても、だ。

     
    たしかに、彼女が2014年末に理研を退職するまで様々なことがあった。

    論文共著者の若山照彦山梨大教授との衝突。

    彼女の指導役だった理研の笹井芳樹氏の自殺。

    辞めてからも、早稲田大学から博士号を取り消されている。

     
    長い雲隠れののち、18年までに、『あの日』と『小保方晴子日記』を上梓した。

    そこには騒動のさなかの胸中や現実からの逃避行が綴られている。

    〈私の研究者の道は幕を閉じた〉という記述はあるものの、肝心の、STAP細胞の有無に関する記述はナシ。

    彼女は、“与党メディア”で都合のよい発信しかしていないのだ。

     
    そしていま、彼女は東京でひっそりと働き、趣味に興じる日々を送っている。

    もっと言えば、STAP細胞ではなく、同棲相手を見つけていた。

    パートナーと暮らす家から職場へと通い、帰っていくのである。


    o


    研究結果による決着

     
    さる事情通によると、

    「同棲をはじめたのは、19年の初めころのようです。
    お相手は、小保方さんと同じく千葉県内に実家がある男性。
    彼が都内に購入した家に彼女が移り住んだ格好ですね」

     
    小保方さんはこの家から勤務先へと向かい、以前、披露していたような割烹着姿で働く。

    そんな生活を1年ほど続けてきたわけだ。

     
    仕事帰りにスーパーで買い物をすることもある。

    近ごろ日本でも人気の、アメリカ発のスーパー「トレーダー・ジョーズ」のエコバッグを愛用しているようだ。

     
    ちなみに雨の日には、彼女のお気に入りのブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の傘やレインブーツで通勤していた。

     
    彼女が新天地を手に入れた様子が見てとれる。

    さらには、たまに寄る雀荘では同棲相手の姓で呼ばれていた。

    “事実婚”状態といってもいいかもしれない。

     
    だが、2年弱で理研から4600万円もの研究費が支給され、なによりあの騒動では人が1人亡くなっているのだ。

     
    STAP細胞がないのならないと、一度、きちんと表明すべきではなかろうか。

    それをしない限り、“元”博士として“公人”であり続けることになる。

     
    医療ガバナンス研究所の上昌広理事長が言う。

    「小保方さんはいまだに、STAP細胞がなかったとは明言していません。
    彼女の2冊は、どれだけメディアに虐げられ、信頼する人に裏切られてどれほど辛い思いをしたかに終始している。
    研究者として暖簾を出した以上、自らの思いを吐露するばかりでなく、研究結果によって決着をつけるべきです」

     
    そのあたりを訊ねるために、彼女に接触したのは昨年12月21日。

    くしくも、5年前に彼女が理研を退職したのと同じ日である。

     
    仕事を終えて洋菓子店から帰る道すがら、小保方さん、と呼びかけると、

    「え、え」と目を見開き、

    「違います、違います。え、なんですか」

     
    同棲相手の姓を出しても、

    「違います。やめてください。本当にごめんなさい」

     
    そう繰り返すと突然走り出し、雑踏に消えていった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00601189-shincho-soci 

    所長見解:なんやったんやろね・・・

    【【あの人は今】STAP細胞「小保方晴子」さん、イケメンとの同棲生活がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデルでタレントのローラ(29)が、オーストラリアで森林火災の被害が拡大していることを受け、「みんなで支えて助けあいましょう」と寄付を呼びかけた。


    環境問題に熱心なローラは5日、インスタグラムを更新し、「今オーストラリアでは干ばつなどによる異常気象で大規模な山火事が起こっています」と言及した。


    r


    続けて「シドニーでは今日気温が48.9度を記録しました。
    数ヶ月前におきたアマゾンの900,000ヘクタールを超えて今オーストラリアでは5,000,000ヘクタール以上が燃え続けています。
    この影響で野生動物の約半分が息を引き取り、NSWとクィーンランド州ではコアラの生息地の80%が焼失しました。
    この週末は各地で40度以上の熱波がさらに続くと言われています」と情報を伝え、「みんなで支えて助けあいましょう わたしのBioにも寄付先リンクを付けました」とつづった。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-01060250-nksports-ent

    所長見解:せなな・・・


    【【豪州山火事】ローラ氏「助けあいましょう」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年に不祥事を起こして謹慎したタレント

    沢尻エリカ、木下優樹菜、道端アンジェリカ、田口淳之介、田村亮、新井浩文、ピエール瀧、浦田直也


    「2019年ほど活動休止の芸能人が多い年は、過去思いつかないですね。
    2020年に彼らがどう復帰できるのか、果たして復帰に手こずるのか、芸能マスコミとしては要注目ですね」

     
    ベテラン芸能ライターがそう指摘するとおり、2019年は、皮肉を込めれば不祥事芸能人の豊作イヤーだった。

    s


    性犯罪者の復帰はアウト

    反社騒動を巻き起こしたよしもと芸人・雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、タピオカ騒動でヤンキー臭を発揮したタレントの木下優樹菜、キチンとした納税を怠ったチュートリアルの徳井義実、恐喝容疑で書類送検された、タレントの道端アンジェリカといったところは“不逮捕組”。

     
    “逮捕組”としては俳優の新井浩文、ミュージシャンのピエール瀧、女優の沢尻エリカ、歌手の田口淳之介、AAAの浦田直也といった名前が挙がる。


    「逮捕組といっても、それぞれ立場が異なる。
    強制性交容疑で実刑判決を受け現在、控訴中の新井は、復帰に甘いと言われる芸能界といえども、居場所はないでしょう。
    以前、俳優の小出恵介が未成年者と淫行したことが原因で、数か月後に所属事務所を契約解除になりましたが、性犯罪の加害者の復帰は、大手事務所が後押ししてもなかなか難しい。世間の風もいま、#Mee Too問題への関心が高まり、性犯罪により一層、厳しい目が注がれるようになった。
    2019年8月、以前、性犯罪で逮捕された高畑裕太が舞台で復帰しましたが、メディアへの復帰はできない」(前出・芸能ライター)

     
    ちなみに小出は現在、ニューヨークに住み、アクターズスクールに通っているという。

     
    性犯罪に関してはほとんど復帰アウトで、イメージ挽回の手立てはないのが実情だ。

     
    クスリに関しては、その社会復帰を見守る空気が世間にもあり、再チャンスの窓口はあることはある。

    「以前、逮捕されたASKAが歌手復帰してコンサートを行っている。
    田口は釈放後すぐに自主レーベルから新曲を配信リリースしている。
    沢尻は2020年1月末に初公判があるため、まだまだ復帰は先。
    沢尻と同じエイベックス所属のAAAの浦田はクスリ問題ではありませんが、所属事務所のエイベックス社員が、沢尻より先に復帰のメドを立てるために会議をしていますよ、と明かしていたことから、そう遠くないと思いますよ」(前出・芸能ライター)

     
    2019年10月にリリースしたAAAのシングルジャケットに映っているのは5人のメンバー。

    それがいま、オフィシャルサイトのトップに使われ、まったく違和感を覚えない。

    「本人は早めに復帰したい。
    ほかのメンバーは拒否しているわけではないが、快く思っていないメンバーもいる。
    どうすることがグループとして、会社としてプラスになるのか、微妙な調整が2019年末に話し合われたようです」(情報番組デスク)

     
    そんな中、年内の“解決”を狙ったかのように所属事務所は、浦田の謹慎処分の解除とともにAAAの脱退を表明。

    今後は引退はせずにソロとして活動するというから、復帰は間近と見られる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00016885-jprime-ent

    所長見解:もうな・・・

    【【あの人達は今】不祥事芸能人「復帰の順番」がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ