ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:乙武洋匡

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    乙武洋匡氏(42才)と“新恋人”との2ショットをキャッチした。
    強い陽射しに気温が上昇し、初夏のような暖かさになった4月8日のお昼前。
    冷房が効き始めていた都内のスーパーマーケットに、乙武洋匡氏(42才)の姿があった。

    電動の車椅子に乗り、レバーを操作しながら進む姿を見て、乙武氏だと気づかない人はいない。

    さらに目を引くのは、その隣に寄り添う女性だ。
    わずかな段差でも、彼の車椅子を支えるようにサッと手を差し伸べる。
    ジーンズに黒Tシャツ、薄手のカーディガンという飾り気のないファッションだが、170cmを超す長身とフィギュアスケートの金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(15才)によく似た美貌にはハッと息をのむ。

    「最近この近所でよくおふたりをお見かけします。雨の日は女性が車椅子に傘をさされて。天気のいい日はゆっくりと時間をかけて公園を散歩されていました」(近所の住民)

    乙武氏と一緒にいる女性は3月上旬に“新恋人”と報じられたAさんだ。
    乙武氏は2016年3月に不倫が報じられ、9月に離婚。

    「報道後は落ち込んで自宅に引きこもっていましたが、2016年夏に友人の誘いでパレスチナのガザ地区での支援活動に参加。
    2017年3月からは本格的に活動を海外に移し、英ロンドンや米ニューヨーク、スイス、スリランカなどで活動してきました。
    そんな彼の身近で活動を支えてきたのがAさんです。
    乙武さんは今年3月末に帰国し、4月からはラジオのレギュラー番組を持つなど、国内での活動を活発化させますが、Aさんは同居して彼を支えるそうですよ」(ふたりを知る関係者)

    20代のAさんは大学生でありながら起業家でもあり、現在は教育系の会社の代表も務めているという。

    「父親が日本人、母親がチェコ人で、5か国語に堪能。
    ハーフということで幼い頃にいじめを受けた経験から、英会話を通じて子供たちに“世界の多様な文化”を伝える活動を始めたそうです。
    3年ほど前に知人の紹介で乙武さんの勉強会に参加したことをきっかけに、親しくなったそうです」(前出・関係者)

    乙武氏は生まれつき両腕と両脚がない先天性四肢切断で、両親がつきっきりで面倒を見てきた。
    先生や同級生の支援を受けながら学校生活を送り、早稲田大学卒業後に結婚してからは、家族やスタッフが生活全般をサポートしてきた。

    「乙武さんにとって障害は“個性”の1つでした。
    “不便ではあるが不幸ではない”とポジティブであり続けてきましたが、妻と別居、離婚してからは生活上の支障も大きく、改めてハンディキャップと向き合う日々を過ごした。
    Aさんのサポートは、乙武さんにとって不可欠なものだと実感しているでしょう。

    でも、Aさんは“自分が一方的に彼を支えている”わけではないと言います。
    物理的には彼女が支えているけれど、その他の面では彼に支えられている部分が大きいと。乙武さんも彼女の国際感覚をリスペクトしていて、“活動のパートナー”としても重要なようです」(前出・関係者)

    買い物帰りの乙武氏を直撃すると、「ご苦労さまです。そっとしておいてください」と丁寧に挨拶し、その場を後にした。
    Aさんも静かに会釈すると、乙武氏の電動車椅子にそっと寄り添った。

    「彼女のご両親もふたりの関係を認めているそうですから、真面目な交際のようです」(前出・関係者)

    新たなスタートを切った。

    女性セブン
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00000003-pseven-ent&p=1

    “新恋人”との2ショット
    no title


    所長見解:もてるよね・・・
    【【ゲスの極み乙武】乙武洋匡氏、20代新恋人と2ショットの結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    乙武氏、女子大生社長と熱愛 ザギトワ似で5か国語操る超才女

    作家の乙武洋匡氏(41)が20代の一般女性と真剣交際していることが2日、分かった。お相手は、日本人の父親とチェコ人の母親を持ち、平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ(15)に似た美女。

    乙武氏は2001年に早大時代の後輩女性と結婚。
    2男1女をもうけたが、2年前に週刊誌が不倫を報じ、16年9月に離婚。
    その後はメディアへの露出を控え、女性との交際も自粛してきたようだが、新たなパートナーのサポートを得て、活動を本格化していくことになりそうだ。

    z


    乙武氏の真剣交際が明らかになった。
    お相手は、氷上の美女・ザギトワ似というだけでなく、超才女のようだ。
    近い関係者によると、日本人の父親とチェコ人の母親を持ち、5か国語に堪能。
    大学に籍を置く現役女子大生ながら、現在は休学して教育系の会社を自ら立ち上げ、代表として活動しているという。

    端麗な容姿だけでなく、身長170センチ超の長身で際立つ存在。
    乙武氏は4年前から私塾を主宰し、社会問題などについて定期的に勉強会を行っており、そこに知人を通じて参加するようになったのが出会いのきっかけだという。
    お相手の両親も2人の交際を認めている。

    乙武氏は2001年に早大時代の1年後輩と結婚。
    2男1女をもうけたが、週刊誌に複数の女性との不倫を報じられ、16年9月に離婚。
    メディアへの露出も控え、表立った活動を自粛していたが、知見を広めるため精力的に海外を視察。
    障がい者スポーツやトランスジェンダーなどを公表している性的少数者(LGBT)の取材に取り組むなどしている。
    これまで50か国近く、最近では英国やスイス、ミャンマー、スリランカなどを訪問。
    現地で講演会を行う様子を自身のブログやフェイスブックなどでつづっている。
    こうした海外視察にも新たなパートナーが同行してサポートしているという。

    乙武氏の所属事務所はスポーツ報知の取材に「プライベートなことなので、特にお答えすることはありません」とコメント。
    不倫問題で相当なバッシングを受けた乙武氏だが、知人の1人は「本人もこれまでのことを踏まえて、しっかり考えて行動していると思いますよ」と話している。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000229-sph-ent

    所長見解:やるな・・・
    【【ゲスの極み】乙武氏、女子大生社長と熱愛ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    過去の不倫疑惑で渦中の人となったSPEEDの上原多香子(34)に仰天情報が流れている。
    3年前に夫のミュージシャン・TENNさん(享年35)が自死した裏で、イケメン俳優とダブル不倫していた疑いが持ち上がった上原。

    肉食系を超越した恋愛体質で知られるが、なんと!あの乙武洋匡氏(41)とも“ただならぬ関係”だったという話も。
    新たな疑惑を追った――。

    t


    2014年9月に夫のTENNさんに先立たれた上原には、当初こそ同情が集まっていたが、今月10日に発売された「女性セブン」で既婚のイケメン俳優・阿部力(35)とのダブル不倫が報じられると状況が一変した。
    不妊治療で子供のできない体であることが判明した夫を横目に2人は「子供作ろうね」などとメール交換。
    キス写真や“それ以上”のものまで目にしたTENNさんは、精神的に極限状態に追い込まれてしまったという。

    上原は、その阿部ともとうの昔に破局。
    今年5月に気鋭の演出家コウカズヤ氏(40)との真剣交際が報じられたが、すっかり性に奔放なイメージが定着してしまった。

    事実、上原は超恋愛体質で有名。
    過去には「DA PUMP」のISSA(38)や元ジャニーズの赤西仁(33)、堀北真希(28)と結婚した山本耕史(40)らと浮名を流した。
    本紙は酔っ払った上原が1年半ほど前に、都内バーで初老の巨漢男性とディープキスをしていたとも伝えた。

    「彼女はパッション(熱情)で動くタイプ。表に出てない男はほかにもいる」(芸能プロ幹部)

    そんななか、怪しまれているのが、こちらも昨春の“5股不倫”で大ヒンシュクを買った乙武氏というから驚き。
    現在、同氏は元妻・仁美さんから一連の不貞行為などをめぐって提訴、損害賠償請求されている。

    24日発売の「週刊新潮」によると、乙武氏は上原が結婚する2012年より前から、一緒にライブを見に行ったり、食事する間柄。
    TENNさんの自死から半年後には、時を同じくして2人はフィリピンのセブ島へ。
    帰国後、上原は一時期、同氏の自宅兼事務所のあった都内のマンションに引っ越したという。

    これだけ見ると怪しさ満点。
    ある女性タレントも匿名を条件に「7年くらい前かなぁ。業界内で『2人がデキてる』と噂になったことがあります。ラブラブな雰囲気で一緒にいたんですって。当時は信じていませんでしたが、今となっては…」と証言する。

    乙武氏はかつてミッツ・マングローブ(42)に「フェロモンがすごい。オスとしてすごい」と評されたように、アッチの方はめっぽう強い。
    酒席では「きっと異常性欲者だと思う」「他の男よりうまい自信がある」などと豪語。
    上原とはフィーリングが合いそうな気も…。

    だが、この話には続きがある。
    事情を知る人物はこう語る。

    「上原さんと乙武さんが親しいのは事実ですが、彼女がハマっていたのは乙武氏ではなく、実は彼の事務所で働く男性スタッフだといいます。
    上原さんよりも年上で、爽やかなイケメン。
    一線を越える関係だったかどうかまではわかりません。
    単に仕事やプライベートの相談をしていただけの可能性もあります」

    超恋愛体質の上原だけに、信じる信じないは、あなた次第!?

    東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13523395/


    所長見解:なんかすごいね・・・
    【【これは驚愕】上原多香子と乙武洋匡氏 、過去に「ただならぬ関係」疑惑の真相ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年3月の「週刊新潮」報道により、5人の愛人との不倫が明るみに出た乙武洋匡氏(41)。
    現在は言論活動を再開しているが、同年9月に離婚した元夫人の仁美さんが、このたび彼とその不倫相手を提訴したのだ。

    z


    仁美さんの訴状が代理人弁護士によって東京地裁に提出されたのは、8月4日のことである。
    訴状は2通あり、ひとつは精神的損害の賠償などを乙武氏に求める内容、もうひとつは不貞行為の損害賠償を乙武氏の不倫相手に求めるものだ。
    引き金となったのは、昨年11月27日の『ワイドナショー』(フジテレビ)に、乙武氏がVTR出演したことだった。

    “不倫謹慎”後に初めて地上波のテレビに登場した乙武氏は、不倫発覚から離婚に至るまでの経緯について、
    「まあ、私がしでかしたこと自体は、夫人はずっと前から知っていたことなので」
    「離れたほうが子どもたちのためっていうのが、やっぱり大きかったのかなあ……」
    などと語っていた。

    この発言に「深く傷付けられたと嘆いていました」と仁美さんの様子を明かすのは、彼女の知人である。

    「というのも、離婚する際、ふたりはその経緯については一切他言しない取り決めをしていた。
    それは『守秘義務契約』として、正式に双方間で取り交わされていたそうです」

    乙武氏は一方的に暴露する形で約束を反故にしたわけだが、その内容にも虚偽があるという。

    「離婚理由が決定的に違う。ずばり、それはモラハラとでも言うべき乙武さんの酷い態度だったんです――」(同)

    仁美さんは「週刊新潮」の取材に対し、「提訴したのは事実ですが、今、私のほうから申し上げることはありません」と答えた。


    8月9日発売の「週刊新潮」では、乙武氏の「5人不倫」の第2幕を特集。
    関係者によると「俺の面倒を見ないと、障害者虐待防止法で訴えるぞ」との発言などがあったとされる、乙武氏のモラハラの実態についても詳しく報じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170808-00528917-shincho-ent


    所長見解:泥沼化かな・・・
    【【これは泥沼】「乙武洋匡」元夫人、乙武氏と愛人を提訴ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ