ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:乃木坂46

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉本興業が21日、都内で、作詞家・秋元康氏(59)との共同プロジェクトとしてアイドルユニット「吉本坂46」結成を発表した。
    同氏がプロデュースするアイドルユニット「乃木坂46」「欅坂46」に続く坂道シリーズ第3弾となる。
    ソニーミュージックからメジャーデビューが決まっている。

    y


    応募資格は同社所属の芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手ら約6000人が対象。
    芸歴や性別、年齢は不問とし、ユニット芸人の個人による応募も可能とした。

    秋元氏は「この度、(吉本興業の)大崎社長のほうからお話がございまして、乃木坂46、欅坂46につづく、グループを吉本でも作りたい、ということで吉本の芸人の皆さんにご協力をいただいて、吉本坂46を作りたいと思います。
    吉本坂が、乃木坂、欅坂のように本当にあるかは分かりませんが、人気も上り坂、下り坂、いろいろあるように、きっと吉本坂にも坂があるのでしょう。
    ですから、吉本坂46、これをプロデュースしたいと思います。
    最強のグループを作りたいと思います」とコメントした。

    今後、オーディションを経てメンバーを決定。
    東京ドーム公演や、紅白歌合戦出場を目指す。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000085-sph-ent 
    スポーツ報知 


    所長見解:なぜ・・・
    【【秋元康作】「吉本坂46」結成ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
    no title


    所長見解:まあいいよ・・・
    【【検証画像】乃木坂・西野七瀬ちゃんのパイスラってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さん(25)が、出演したテレビCMの撮影時にスタッフに取った対応が、インターネット上で「ドン引き」「態度悪すぎ」などと批判が集まっている。

    乃木坂46のメンバーは、2018年2月9日に放映が始まった紳士服チェーンのテレビCMに出演。
    問題視された行動は、同社の公式YouTubeで公開されたCMのメイキング動画に収録されていた。

    n


    ■スタッフを一瞥すらせずに...

    今回、乃木坂46のメンバーが出演したCMは、はるやま商事(岡山市)が運営する紳士服チェーン「はるやま」「P.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)」のフレッシャーズキャンペーンを告知するもの。

    CMでは、白石さんをはじめとした11人のメンバーが、メンズスーツにウィッグを着用した男装姿で登場。
    男性に扮したメンバーが「イケメンすぎる」などと、グループのファンを中心に注目を集めていた。

    だが、そんなCMのメイキング映像が9日未明に「はるやま」公式YouTubeで公開されると、ネット上では、白石さんが動画の中で取ったスタッフへの態度を批判する意見が相次ぐことになった。

    問題視されたのは、メンバーが1人ずつ撮影現場に入るシーンだ。
    そこで、白石さんがスタッフからの挨拶に全く反応しなかったというのだ。

    実際に映像を確認すると、ほとんどの出演メンバーは、大きな声で「お願いします」と返したり、ペコリと頭を下げたりするなど、何らかの形で挨拶に反応している。
    しかし、白石さんはカメラを構えるスタッフの方向を一瞥すらせず、挨拶も無視してそのまま歩き去っていった。

    「挨拶もまともにできないのか」

    こうした白石さんの態度について、ツイッターやネット掲示板には、

    「半分以上普通に挨拶してない?ガン無視は白石だけか?」
    「社会人として挨拶もまともにできないのか」
    「アイドルとしてどうこうより  挨拶されて返さないってのが深刻だ な...」
    「こんな態度とるメンバーがいるのが恥ずかしい」

    といった手厳しい書き込みが続出。
    ただ一方で、グループの熱心なファンからは

    「変なタイミングに声掛けんじゃねえ」
    「単純にカメラとスタッフに気付いてないだけ」

    といった擁護意見も出ていた。

    なお、今回のメイキング映像は、公開からわずか数時間後の9日朝までに削除されている。J-CASTニュースは同日夕、はるやま商事の広報担当者に対し、動画を削除した理由などを取材で問い合わせたが、

    「現在、回答ができない状況となっております」

    とのことだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000013-jct-ent


    所長見解:そんなことないよね・・・
    【【速攻削除】乃木坂・白石麻衣、スタッフ「ガン無視動画」で炎上ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    乃木坂46・生駒里奈より「絶対に卒業させられない」メンバー

    『乃木坂46』の生駒里奈が、次に発売されるシングル曲の活動をもってグループから卒業すると1月30日に発表した。
    昨年末に22才になり、同年代が大学を卒業して社会に羽ばたくタイミングで「自分も巣立ちたい」という意思は固く、遂に“センター経験者”から初めて卒業メンバーが出ることになった。

    r


    「これまでに深川麻衣、橋本奈々未が卒業シングルでセンターを務めていますが、彼女たちは卒業を発表してからセンター曲を贈られただけなので、純然たるセンター経験者とは言えません。
    デビュー曲から5曲連続、これまで19のシングル曲のうち6曲でセンターを務めた生駒は、経験回数は西野七瀬と並んで最多です。
    しかも西野のセンター曲はほかのメンバーとのWセンターが多いのに対し、生駒はすべて単独のセンター。
    いかに秋元康総合プロデューサーから目をかけてもらっていたかが分かります」(某アイドル誌ライター)

    しかし秋元氏の寵愛は、かえって多くのアンチファンを生んでしまう。
    生駒は握手会で心ない言葉を浴びせられ、悩み、苦しんだこともあったという。
    『AKB48』グループを辞めたメンバーの大半が「握手会がつらかった」とカミングアウトしていることを見ても、そのストレスは想像をはるかに超える。

    「AKB48より後発の乃木坂46は、AKBを反面教師として握手会対策を練ってきました。
    ファンには“スケジュールの都合”としながらも、人気メンバーは自由意思で握手会への参加を決められるのです。
    握手会は個別握手券の売り上げがギャラに反映されるので、出なければギャラも出ないだけの話。
    逆に不人気メンバーは売り上げを伸ばすチャンスにもなるので、特に文句も出ません」(同・ライター)

    逆にこのことは、握手会への不参加が続けば続くほど、“卒業へのシグナル”が点灯するということだ。

    「例えば19thシングルでは生駒以外にも秋元真夏、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、松村沙友理、若月佑美らの人気メンバーが握手会を欠席。
    このうち白石、西野のツートップの卒業が間近なのは、僕らのあいだでも既成事実として受け止めています」(同・ライター)

    だが、坂道シリーズの運営が“卒業を最も警戒し、全力で止めている”メンバーは、このなかには入っていない。

    「現在、ほぼ活動休止中の『欅坂46』の平手友梨奈です。
    白石や西野の卒業は確かに痛手ですが、欅坂にとって平手の卒業はその比ではありません。影響は坂道シリーズ全体に及ぶでしょう」(同・ライター)

    https://news.nifty.com/article/entame/myjitsu/12156-42640/


    所長見解:そりゃそうだよね・・・
    【【生駒卒業】「絶対に卒業させられない」メンバーは〇〇〇ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    月刊誌『なかよし』(講談社刊)にて、1991年から連載を開始した武内直子原作の少女漫画「美少女戦士セーラームーン」。
    2017年から始動した25周年プロジェクトの一環として、乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の上演が決定した。

    n


    乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」上映決定

    原作単行本は17ヶ国語に翻訳され、アニメーションシリーズは40ヶ国以上の国で展開し、国内外で社会現象を起こした「美少女戦士セーラームーン」。

    2012年より20周年プロジェクトが始動し、原作完全版、新作アニメ、ミュージカル、商品化、ファンクラブ発足、「美少女戦士セーラームーン展」など大人の女性ファンを中心に再び盛り上がりを見せた。

    25周年プロジェクトでは、書籍、映像、ミュージカル、コラボレーション企画など様々な展開が予定。
    そのひとつとして、今回、乃木坂46とミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の夢のコラボレーションが実現した。

    乃木坂46メンバーがセーラー戦士にメイクアップ。
    どんなセーラー戦士が誕生するのか、続報に期待が寄せられる。

    TAKAHIROが“Pretty Guardian Sailor Moon”The Super Liveクリエーターに
    また、“Pretty Guardian Sailor Moon”The Super Liveは既に発表されている通り、歌×ダンス×映像ギミックでみせるパフォーマンスショーで、フランス・パリで行われる“ジャポニスム 2018”への参加が決定しているほか、今後、世界中で愛される作品にふさわしく、世界各地での公演を予定。

    そして、今までとは異なる新たなパフォーマンスショーを生み出すクリエーターに、世界に才能を認められたダンスアーティスト・TAKAHIROが決定。
    TAKAHIROは「小さい頃から大好きだった『セーラームーン』の世界に関われることがとても嬉しいです。身体能力の高い出演者や最新テクノロジーの力をお借りして、より多くの人たちから愛されるステージを創っていきたいと思います。世界中にファンがいらっしゃると思いますので、その方達にも新しい形の日本エンターテインメントとして楽しんでいただけるものをお届けいたします。楽しみにしてください」とコメントを寄せた。


    新プロジェクトも始動

    このほか、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の新プロジェクトによる公演が、2019年夏に決定。
    これまでのセラミューが新しく生まれ変わり、さらにパワーアップする。

    http://mdpr.jp/news/detail/1742627


    所長見解:大丈夫なのか・・・
    【【美女戦士】乃木坂46版ミュージカル「セーラームーン」上演決定ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ