乃木坂46

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『AKB48』の公式ライバルとして発足した『乃木坂46』に続き、『坂道シリーズ』第2弾として2015年に結成された『欅坂46』。

    爆発的な勢いで一気に大躍進を遂げたが、安定している「乃木坂」と比較すると、その勢いには早くも「陰りが見え始めている」との声も聞こえている。

    今年8月、「欅坂」の1期生として活躍してきた主力メンバーの今泉佑唯が、同グループからの卒業を発表。

    11月4日には最後の握手会を終えて正式に離脱したが、卒業後初の登場となったグラビア誌『blt graph.』では、卒業が不本意であったかのようなインタビュー回答をしたことで物議を醸した。

    また、16日にはグループ公式サイトが、活動休止中だった主力メンバー志田愛佳の卒業を発表。

    さらに、この卒業はたった3行の簡素な短い文章で告示され、明らかに“何かがあった”ことをニオわせていた。

    このように、グループ結成からわずか3年で“すきま風”が吹き荒れる状態と化しているのだ。

    k


    ワンマン体制が崩壊の原因?

    一方の「乃木坂」はというと、最初に主力メンバーが卒業したのは、2011年の結成から5年が経過した2016年。

    この年に深川麻衣が卒業し、以降、17年に橋本奈々未、18年に生駒里奈、19年に西野七瀬(予定)と毎年主力が卒業する形に。

    しかし、どれも長期間活動した後の“円満”な形な上、タイミングを見計らったかのように1人1人丁寧に卒業。

    「欅坂」の雑な卒業とは明らかに異なる。

    ともに秋元康氏のプロデュースで動き出した両グループだが、なぜ両者はここまで対象的な状況にあるのだろうか。

    そこには、グループにおける個人格差が関係しているようだ。

    「『欅坂』は結成時から“エース”として平手友梨奈を過度に神格化し、現在に至るまで“平手一強体制”を敷いています。

    にもかかわらず、平手は握手会を突然ドタキャンするなど自由な行動が目立ち、他のメンバーは公の場で暗に批判するほどギスギスとしていました。

    一方、『乃木坂』は当初こそ生駒のワンマン体制だったものの、他のメンバーも個人で人気を獲得。

    楽曲でもそれぞれにスポットライトが当てられており、メンバー間の格差もさほど大きくありません。

    今は白石麻衣が目立っていますが、ほかのメンバーとは良好な関係を築いています」(アイドル評論家)

    来月には第3弾の『吉本坂46』がデビューを控え、さらには第4弾の始動もウワサされている「坂道シリーズ」。

    果たして「欅坂」の反省を生かすことはできるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1582794/


    所長見解:そうなんやね・・・

    【【坂道シリーズ】「欅坂46」←崩壊「乃木坂46」←安定www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「広末涼子は2人いらないんですがねぇ~」と、現場の声が聞こえてくる。

    それほどに広末に似せようとしている市來玲奈アナ(22)がイタイ!

    『乃木坂46』の元メンバーで日本テレビの新人、市來ナに、注目が集まっている。

    “広末涼子似”というウリがある一方、「あまりにも広末を意識しすぎ」と失笑を買っているのだ。

    「今、日本テレビは水卜麻美アナ(31)に続く女子アナがいない状態です。

    水卜アナは“ぽっちゃりアナ”というブランドを作りましたが、すでに飽きられ気味。

    そこで、市來アナに白羽の矢が立ったのです」(女子アナライター)


    ただ、市來アナには黒歴史が多くある。

    彼女は、早稲田大学本庄高校時代に『乃木坂46』の1期生に合格。

    1stシングル『ぐるぐるカーテン』の選抜メンバーにも選ばれている。

    「高校時代は、それなりの人気でした。

    その後、内部進学で早稲田大学に入学。

    でも、大学に入った直後の6月に乃木坂の卒業を発表し、翌月には辞めている。

    表向きの理由は『学業に専念するため』。

    でも内部進学の上に、入学直後に勉強のためにやめるというのはおかしな話と、疑問の声も多く上がりました」(同)

    その裏には、こんな噂も。

    「乃木坂時代は当然、交際は御法度ですが、市來アナは大学に入る前後に、ファンの学生と懇意になり交際に発展。

    ○○写真が流出したことで、乃木坂を追われたというのです」(同)


    さらに大きな問題は、その後。

    彼女は『乃木坂46』を卒業したにもかかわらず、ちゃっかりと芸能プロに所属。

    再び、活動を始めたことから学業専念が嘘だったことがバレてしまった。

    「市來アナは社交ダンスが得意で、大学2年生の時にTBS系『金曜日のスマイルたちへ』に出演。

    その際、同局の山本匠晃アナとペアを組んで競技会で優勝。

    そのままテレビ出演を続ける予定が、いつの間にか消えてしまった。

    もともと、彼女は女子アナ志望。

    テレビ局への就活のため、収拾がつかなくなって逃げたんです」(TBS関係者)

    そんな彼女は、10月より有働由美子がMCを務める『news zero』に出演中。

    広末似を前面に押し出し、看板アナになろうと必死だ。

    「雰囲気が似ているのは確か。

    ただ、過剰なまでに“アヒル口”をやったりする作りキャラには、視聴者も辟易しているはず」(芸能プロ関係者)

    早稲田大学出身(中退)で男ぐせの悪さ、お騒がせなのは、昔の広末と激似だ。

    no title

    https://wjn.jp/article/detail/6696696/


    所長見解:これ・・・

    【【元・乃木坂46】市來玲奈アナ「広末は2人いらない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『乃木坂46』の人気メンバー、西野七瀬と秋元真夏の間に発覚した“因縁エピソード”が、ファンの間で物議を醸している。

    このエピソードが明かされたのは、11月11日深夜放送のグループ冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)でのこと。

    この日の放送では最新シングルのヒット祈願ロケを行い、本作をもってグループを卒業する西野が思い出の地を巡礼していった。

    企画で西野と秋元は『横浜アリーナ』に立ち寄り、2人で一緒に写った「忘れられない」という写真を公開。

    ここで2人のエピソードトークが展開されることになり、秋元が学業優先のため、1期生ながらシングル4枚目からの活動となった過去を振り返り始めた。

    他のメンバーより出遅れたにもかかわらず、同曲ではいきなり選抜の主要ポジションに抜擢された秋元。

    しかし、もともと同ポジションにいた西野は“玉突き人事的”にはじき出される格好となり、これをよく思わなかった西野は、秋元と口を利かなくなったという。

    n


    美談扱いの演出にファンが発狂

    2人の険悪ムードは1年以上にも及んだが、ここ『横浜アリーナ』での結成2周年記念ライブを機に、わだかまりが解消。

    西野が「真夏おかえり、一緒にがんばろう」と発したことで、2人は現在まで続く友好関係を築き上げたのだ。

    この騒動を、涙ながらの“感動エピソード”として西野は語ったが、ファンからはすぐに「ただのイジメだろ」との批判が噴出。

    また、これを美談として扱っている番組の姿勢も疑問視されることになり、ネット上には、

    《美談にしているけど、ほんとのイジメだよ》

    《嫉妬で無視して、その仲直りを美談扱いって…》

    《西野やファンは美談にしてるが、真夏が大人の対応だっただけ。1年も無視されるなんて許せないよ》

    《真夏の性格が仏レベルだから許された話。普通なら耐えきれずに辞めてるかブチギレてる》

    《そもそも怒りを真夏にぶつけた西野が元凶。運営が悪いだけで、真夏には一切非がない》

    などの意見が上がっている。

    当人同士にとっては成長と絆のエピソードでも、秋元のオタクにとっては“永遠に許せない”恨みごとになってしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1570485/

    所長見解:そんなもんやろ・・・

    【【不仲因縁】「乃木坂46」内でいじめ横行問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ハロウィンの喧騒のさなか、小池百合子都知事がメーテルのコスプレをしてイベントに出ていた。トホホ、というしかないが、いま最も小池都知事に近いと私が勝手に思っているのが、日本テレビの新人アナ・市來玲奈である。

    幼少の頃から競技ダンスで頭角を現し、日本代表選手に。
    その後乃木坂46に在籍し選抜メンバー入りを重ねながらも、学業に専念すると卒業。
    しかし芸能活動は続けながら、TBSの看板番組「中居正広の金曜日のスマたちへ(現在は「金曜日のスマイルたちへ」)」の社交ダンスコーナーで一躍有名となった。
    そして今はキー局の女子アナ、という華々しい経歴の持ち主だ。

    しかし、彼女を小池都知事に重ねる理由はキャリアの輝かしさだけではない。
    野心のありようが、という点なのである。
    おそらく両者とも、自分が「センター」になること、しかもその期間をいかに長くするかに人生の重きを置いてきたのではないか。

    r


    ダンスの日本代表から国民的アイドル、有名番組の企画で全国区に顔を売ってキー局アナへ、というチヤホヤ街道を進み続けるバイタリティと胆力。
    元アイドルや元モデルというアナウンサーは多いものの、政界の渡り鳥と揶揄された小池都知事どころか、芸能界の上澄みを渡り鳥のように生きる市來アナの野心は相当なものだ。

    実際に局アナ内定報道後の「金スマ」では、市來からは何の釈明もないまま番組を去った、という内容が放送された。
    他局に内定した女性への悪意ある編集と見ることもできるが、彼女への批判は相当あったとされている。
    本人は事前にTBS側含めて相談をしていた、というブログも書いていたようだが、それこそ真相は闇の中だ。
    とはいえ、勝てば官軍といったけろっとした風情で、新人ながら「行列のできる法律相談所」や、「news zero」など看板番組に抜擢された引きは強い。
    華麗な過去を踏み台に、手にしたキー局アナウンサーという立場は絶対に手放さないと言わんばかりの前のめりの笑顔には、燃え続ける上昇志向をつい探してしまう。

    >>2以降に続きます


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00551194-shincho-ent


    所長見解:乃木坂だったのか・・・

    【【行列に抜擢】元・乃木坂46の市來玲奈アナの野心がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    乃木坂46、欅坂46のいわゆる「坂道シリーズ」の勢いに最近押され気味だったAKB48グループに復権の兆しが出てきた。

    それを物語るのが、ユーチューブに公開されたミュージックビデオ(MV)の再生回数。

    関係者によると、公開から24時間の再生回数を調べたところ、新曲「NO WAY MAN」(11月28日発売)が約139万回に到達。
    今年公開されたMVと比較してみると、3月の「ジャーバージャ」約43万回、5月の「Teacher Teacher」約56万回、9月の「センチメンタルトレイン」約96万回と1作ごとに着実に数字を伸ばしている。
    今作の再生回数は前作比150%増だ。

    乃木坂を見てみると、新曲「帰り道は遠回りしたくなる」(11月発売)が約124万回。
    AKBとしては最近ライバルの影に隠れがちな印象が強かっただけに、運営関係者は「勢いが復活してきた」と手応えを口にする。

    28日に千秋楽を迎えるメンバー出演の舞台「マジムリ学園」はのべ1万2000人を動員。
    関係者の間では予想以上の動員数だったといい、こうしたところにも勢いが出てきている。

    no title

    好調な要因として大きいのが、宮脇咲良(20)ら主力クラスまで参加して話題になった韓国のオーディション番組「プロデュース48」だ。
    K―POPファンの日本人や外国人にもAKBが認知されるようになった。

    「NO WAY MAN」では宮脇がセンターを務めるなど同番組で活躍した9人が選抜入り。
    公開中のMVのコメント欄も日本語のほか英語、韓国語、中国語と国際色豊かで「前作には見られなかった傾向。
    プロデュース48の影響が出ている」とレコード会社関係者は分析した。

    ファン層にも変化が出てきた。
    イベントで男性ファンの比率が高かったが、運営側は「コンサートや握手会に女性が目立つようになった。日本のK―POPファンにも興味を持ってもらえるようになったのではないか」と説明。
    「女性ファッション誌がアイドルを起用することを嫌がらなくなったことで、アイドルの露出が増えたことも大きい」という指摘もある。

    プロデュース48のオーディションから選ばれた日韓12人組ガールズグループ「IZ*ONE(アイズワン)」もデビュー前からインターネット上の熱量が高い。
    29日にデビューすれば話題になることは必至だ。
    AKBグループからは宮脇、矢吹奈子(17)、本田仁美(17)の3人が2年半にわたって「アイズワン」の活動に専念。
    AKB側にとって痛手になると思われていたが、3人がAKBグループへの入り口になって新規ファンを呼び込んでいきそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000060-spnannex-ent

    【MV full】NO WAY MAN / AKB48[公式]
    https://www.youtube.com/watch?v=yMb0BLDlOwo



    所長見解:どうだか・・・

    【【打倒坂道】AKB48が復活気味の理由www 】の続きを読む

    このページのトップヘ