中止

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    東京五輪中止は決定的! 

    組織委への出向者は帰り始め、スポンサーも撤退を検討中


    東京五輪の中止はもはや決定的になってきた。

    国や組織委が唯一の頼みとしている新型コロナウイルスのワクチンだが、来年の開催までに世界中に行き渡らせることは難しいことが鮮明になりつつある。

     
    コロナは今なお世界中で猛威をふるっている。

    日本でも緊急事態宣言終了後の7月から全国で感染者が急激に増加しており、各種の世論調査で来年の五輪開催を支持する割合は2割程度という数字に。

    すでに東京五輪は、国民の支持を失っているのだ。

    今回はその断末魔ぶりにスポットを当てよう。


    p


    現場は中止を望むが、森喜朗会長は神頼み

    組織委の森喜朗会長は7月23日、デイリースポーツのインタビューで「中止はまったく考えていない。
    毎日神に祈るような気持ちだ」と発言。

    現場の責任者が、もはや神頼みになっていることを世間に拡散してしまった。

    神頼みというのも酷いが、そこまで追い詰められているのに撤退戦略を考えていないとは、2兆円以上の国費を投入する事業の責任者としてあり得ない姿勢だろう。


     
    だがその少し前、組織委の内部から「現場はすでに開催出来ないと諦めているが、組織委内では中止という言葉はタブーになっているので、世論がもっと(中止へ)盛り上がって欲しい」という内部告発が7月10日付の東京スポーツに掲載されて話題を呼んでいたのだ。


     
    実は筆者も、組織委内部の複数の方々から、現場はすでに来年開催は無理という意見が大勢を占めているが、理事・役員以上のクラスが聞く耳を持たず、開催に固執しているという情報を得ている。

    理事達は毎月100万円以上の報酬を得ているので、このまま永遠に延期になってくれた方が良いと考えているのではないか。


     
    その証拠に、組織委副会長の遠藤利明元文科相などは「開催の可否決定は来年3月以降でいい」などと言いだしている。

    だがそこにはそれを正当化する現実的材料も無く、説得力はゼロだ。

    来年3月26日から再び聖火リレーが予定されているが、それを途中で中断するなど愚の骨頂であるから、3月以降の判断など絶対にありえない。



    合理的な判断期限は10月

    では現実的な可否判断はいつなのか。

    税金の無駄遣いを無くすためにも、私は一日でも早い方が良いと思うが、現実的には、以前IOCのコーツ調整委員長が言及した、今年の10月頃ではと考える。

    その理由を複数の角度から解説しよう。

     
    まずアスリートの立場で考えると、多くの競技で最終予選を行わなければならない。

    そして五輪クラスのトップアスリート達の予選ともなれば、少なくとも半年以上前には日程と場所が決定している。

    アスリート達はそれに向かって自分を追い込んでいくのであり、体調を調整するために最低半年以上は必要だ、と語る選手達は多い。


     
    つまり、10月になっても半年先の予選日程が組めないほどコロナ禍が継続しているようなら予選すら組めないし、その後の五輪開催などもちろん無理と言うことになる。

    またその頃になれば、世界中の選手達や選手会から五輪中止要請がIOCに集まり、大きな圧力となるだろう。


     
    また、最後の頼みの綱であるワクチン開発が間に合うかどうかも、10月頃になれば向こう半年先程度の予定がはっきりしてくる。

    現状でもすでに絶望的だが、それがより明確になってくるのが10月ということだ。



    スポンサーも撤退を計画中

    商業五輪を支える最重要パーツがスポンサー企業だが、こちらにも暗雲が立ちこめている。

    延期に伴う経費増加を補うため組織委はスポンサー各社に対し追加費用の拠出を依頼しているが、コロナ禍でほぼ全ての業種が甚大な損失を被る中、はいそうですかと気軽に応じる企業はない。

    それどころか、7月22日付の日刊ゲンダイでは数社が撤退を計画中と報じられているから、まさに泣き面に蜂である。

    それが現実となれば甚大なイメージダウンとなるから、組織委としてはタダでも良いから続けて欲しいところだろう。



    https://wezz-y.com/archives/79969

    所長見解:そうなるか・・・

    【【悲報】東京オリンピック中止は決定的ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本田翼、発熱で生配信イベントを延期 現在の体調明かす


    女優の本田翼が9日、微熱のため出演を予定していた生配信イベント「本田翼の#みんなでまんが 生放送@ニコニコネット超会議2020夏」を延期することがわかった。

    同日、イベント公式サイトと、本田のInstagramにて発表された。


    t


    ◆本田翼、微熱で生配信イベントを延期

    イベント公式サイトは、19時から予定していた同イベントに関し「出演者に微熱があるため、大事をとって延期をいたします。
    今後の予定につきましては、追ってお知らせいたします」と公表。

    「楽しみにしていただいた皆さま、申し訳ありません」とした。


    また、この日15時頃にはInstagramストーリーズにて、イベント出演を告知していた本田。

    18時すぎに再びストーリーズを更新し、自身の発熱を報告しつつ「私自身元気なのですが微熱があるので 大事をとって延期させて頂くことになりました。
    日時が決まりましたら、またご連絡させて頂きます。
    よろしくお願いします」と、現在の体調などを説明した。


    さらに、「個人的にもすごく、 楽しみにしていたイベントなので 悔しいです」と無念の思いを吐露。

    「振替日が決まり次第 すぐにご連絡します!!!」とファンに呼びかけた。 


    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0809/mod_200809_1689015717.html

    所長見解:コロったん?・・・

    【【悲報】本田翼さん、発熱した模様 ←コレって・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「小泉さんは2年近く前から劇場を押さえ、この舞台に熱意を見せていました。
    ずっと『続行すべきか』と悩んでいたのですが、頭金を支払う期日がきたタイミングで泣く泣く中止することにしたそうです……」(舞台関係者)


    最近、政治的発言を行うようになったとして注目されている小泉今日子(54)。

    実は本業でも、大きな方向転換をしていたという。

    今年10月に東京・下北沢の本多劇場で行う予定だった舞台をお蔵入りにすると決めたのだ。

    舞台関係者が続ける。

    「2年前に所属事務所から独立し、株式会社明後日を設立。
    当面の女優業をセーブし、舞台や映画のプロデュース業に打ち込んできました。
    そんな彼女が特に楽しみにしてきたのが、今回の舞台でした。
    原作は、直木賞作家・大島真寿美さんの『ピエタ』。
    9年前の作品ですが、彼女が読売新聞の書評欄でも紹介するほどのお気に入り。
    出演者も自ら口説いて回っていたと聞きました。

    公演は2週間を予定していたそうです。
    本多劇場は客席数が約390席で、チケットは平均7千円ほど。
    1日2公演だとすれば、最大で7千万円以上の売り上げになっていたはずです。
    人気女優の作品ですから売れ残ることはなく、満員御礼になると期待されていました。
    それらが、すべて消えてしまったのです」


    k


    なぜ、それほどの興行を断念することにしたのか。

    そこには、新型コロナウイルスの影響があったようだ。

    「公演を行うためには、多額の費用がかかります。
    劇場代はもちろんのこと、照明などの機材費も必要になってきます。
    さらには、スタッフの人件費や出演者へのギャラも。
    チケット代の半分ほどが、そうした支払いへと消えていくこともあります。
    小泉さんは舞台技術にいろいろな工夫をしようとしていたので、費用は通常以上にかかっていたと思います。

    いっぽう新型コロナへの感染防止対策のため、劇場では客席の間隔を広く開けることが求められることになりました。
    そうなると客席を大幅に減らさなければならず、満員御礼でも赤字になってしまう可能性が出てくるのです。
    だから、彼女も中止せざるを得なかったようです。

    小泉さんはギリギリまで、野田秀樹さん(64)や渡辺えりさん(65)などに相談していたと聞いています。
    特に渡辺さんとは文化芸術復興基金の早期創設を目指すプロジェクト
    『#WeNeedCulture』をともに進め、コロナ禍で苦境に立たされている映画・舞台・ライブなどへの支援を訴えてきましたからね。
    しかし政府は休業要請をしておきながら、まともな補償もしてくれませんでした……」


    それでも彼女は、完全には諦めていないという。

    「周囲には『配信でもやりたい。来年以降に必ずやる!』と言っているそうです。
    もし彼女がクラウドファンディングなどで募集をかければ、すぐに資金は集まるはず。
    この舞台が日の目を見るのも、そう遠くないかもしれません」


    苦渋の決断を下した小泉。

    その悔しさをバネに、早くも次のステージへと向かっているようだ。


    「女性自身」
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1870519/ 


    ▼写真
    https://img.jisin.jp/uploads/2020/06/koizumi_kyoko_1_line_tw.jpg 

    https://img.jisin.jp/uploads/2019/12/furikaeri_koizumi_kyoko2_1_line_tw.jpg 

    所長見解:それでやね・・・
    【【激怒】小泉今日子さん、舞台がお蔵入りで損失7千万円ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    緊急事態宣言解除を3日後に控えた5月22日、小池百合子都知事(67)は五輪代表選手の練習施設『ナショナルトレーニングセンター』に言及。

    早期に再開したいと述べた。

    だが、現実は甘くない。

    五輪の準備作業を統括するIOC(国際オリンピック委員会)のコーツ調整委員長は5月21日付の豪紙『オーストラリアン』で「新型コロナウイルスの感染が収束しない限り、東京五輪の開催はありえない」と警告。

    今年10月ごろに開催可否を判断する、とクギを刺した。

    感染者170万人、死者10万人を出しているアメリカの見立てはさらに厳しい。

    本誌は米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートを入手。

    そこには、こんな一文があった。


    「東京五輪は中止が決定している」


    p


    その根拠は以下の通りだ。

    ●多くの国が代表選手の再選考のための大会を開催する余裕も時間もない

    ●’21年は各国、財政の建て直しが最優先

    ●ワクチンができたとしても、世界中に行き渡るだけの量を確保することは困難。
    注射器や瓶の確保も間に合わない

    ●アフリカや中南米などの医療後進国はまだ第1波の真っ只中で収束が見えない


    こうした事情を勘案し、件(くだん)の企業は「東京五輪関連の予約をすべてキャンセルした」とレポートを結んでいた。

    ちなみにこの企業は、今年、五輪延期が発表される数週間前にも同様のレポートを作成。

    いち早く対策を練っていた。


    米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレイテッド』のクリストファー・ウォルシュ記者も「五輪中止」を否定しない。

    「強行開催したとして、無観客に近い形になるでしょう。
    そんな大会に莫大な資金を出すスポンサーがどれだけいるのか。
    実際、新型コロナで多くの選手が企業のサポートを失っています。
    練習環境に不平等が生じているのもフェアではない。
    これらの理由で、複数のIOC関係者が『中止すべき』と主張しています」


    長年、アメリカの代表選手や関係者の移動を担ってきたスポンサー企業のひとつ、ユナイテッド航空は1月~3月の決算で1800億円もの赤字を計上した。

    「延期を受けて各スポンサー企業は再契約を迫られていますが、難航しています。
    大減益のなか、ビジネスとしての旨味も宣伝効果も薄い東京五輪にカネを出す意味を測りかねているのです。
    中止になってほしい、というのがホンネでしょう」(在米ジャーナリストの伊吹太歩氏)


    「五輪ファースト」は日本だけなのだ。



    『FRIDAY』2020年6月12日号
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d3033ea3ee2fb2467baf672105dd4128f2e211d

    所長見解:そうなるか・・・

    【【悲報】東京オリンピック中止決定の衝撃文書がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    週刊フライデーが(6月12日号)が安倍政権の帰趨を占う衝撃的な記事を掲載した。
     
    来年7月に延期された東京五輪が、実はすでに中止とすることで決定済みであるというのだ。
     
    そのことを示す極秘情報を週刊フライデーが入手したというのだ。
     
    すなわち、米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートの「東京五輪は中止が決定している」という一文が見つかったというのだ。

    t


    中止の理由は次の通りとなっているというのだ。
     
    ①多くの国が代表選手を再選考するための大会を開催する余裕も時間もない
     
    ②来年は各国ともに財政立て直しが最優先される
     
    ③ワクチンができたとしても世界中に行き渡るだけの量を確保することは困難
     
    ④アフリカや中南米などの医療後進国はまだ第一波の真っただ中でこれからが大変
     
    いずれももっともな理由だ。
     

    私がこのスクープ記事を知って直感的に思ったのは、実はこの情報は安倍政権も知っていて、もはや無理だと観念した上で、自らの任期を引き延ばすために強がりを言っているのではないかということだ。


    http://kenpo9.com/archives/6735


    ▼写真
    https://i.imgur.com/crRpPHY.jpg

    所長見解:マジか・・・

    【【極秘情報】東京オリンピック、すでに中止が決定済み説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ