ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    中森明菜

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の中森明菜(53)がまた消えた。

    明菜は体調不良のため、2010年から活動を休止し、2014年の大晦日の「紅白歌合戦」(NHK)から活動を再開したものの、2017年末のディナーショー以来、また表舞台から姿を消したまま。

    とはいえ、危ういところも明菜の魅力。

    それを広く世間に知らしめたのは、ちょうど30年前の自殺未遂事件だった。

    封印されていた「真相」に迫る。


    no title


    1989年7月11日夜、東京・六本木の自宅マンションに帰った近藤真彦(54)は全身の血が凍り付いたのではないか。

    浴室に恋人の明菜が血まみれで倒れていたのだから。


    明菜は左腕の内側を刃物で切っていた。

    近藤の自宅で命を絶とうとしたのである。

    近藤は24歳で、明菜は23歳。

    ともに人気アイドルだったので、空前の騒ぎとなった。


    「動機については当時、『所属事務所の研音との不協和音』や『家族問題』などとも言われましたが、これらは近藤へのダメージを和らげるための配慮でしょう。
    やはり理由は近藤との関係しか考えられなかった。
    当時の近藤はモテたから、いろいろな女性から秋波を送られていた。
    その中には明菜がライバル視していた松田聖子もいた。
    近藤との関係がぐらぐらと揺れ動いていることに明菜は苛立ち、不安定な状態だった」(ベテラン芸能ジャーナリスト)

    二人はともに人気者だったが、収入はCDの売り上げで勝る明菜のほうが上。

    このため、明菜は近藤が夢中だったカーレースの経費を援助していたという。

    明菜は相当、近藤に入れあげていたのである。

    ただし、近藤のほうはというと・・・。

    芸能界の恋愛に限らず、若い男女にありがちな構図だった。

    その後、事態は明菜が考えていなかっただろう方向に進む。

    幸い明菜は一命を取り留めたものの、近藤が芸能生活のピンチに立たされたのだ。

    「恋人を自殺未遂に追い込んだ男」という最悪のレッテルを貼られてしまったのである。

    自殺未遂後の明菜は休養に入ったが、近藤もまた仕事どころではなくなった。

    「明菜を復帰させなくてはならないが、近藤も活動できるようにしなくてはならない。
    このため、明菜の事務所の研音、所属レコード会社のワーナー・パイオニア、近藤が所属するジャニーズ事務所で話し合い、『明菜に記者会見をさせる』ということになった」(会見を生中継した当時のテレビ朝日関係者)

    会見日時は同じ1989年の大晦日午後10時に設定された。

    「年を越さないうちに区切りをつけてしまったほうがいい」という判断からだった。

    また、同じ時間帯の「紅白歌合戦」に一泡吹かせたいというテレ朝の思惑もあった。

    とはいえ、実はテレ朝にはほかに乗り越えなくてはならない壁があった。

    この時間帯はジャーナリスト・田原総一朗(85)が司会を務める討論番組の放送枠だったのだ。

    硬派な田原の番組が、芸能スキャンダル絡みの記者会見によって削られてしまう形になる。

    田原の了解が不可欠だった。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16756019/
    デイリー新潮

    所長見解:変な記者会見やったな・・・
    【【闇深問題】中森明菜「自殺未遂事件」封印されていた真相がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その傷は左腕の内側、手首よりも肘に近い位置にあった。

    長さ約8センチ、深さ約2センチ。

    死への決意を明確に物語る、深い傷である。

    すでにトップアイドルだった中森明菜(53)が自殺未遂騒動を引き起こしたのは1989年(平成元年)7月。

    この悲劇が当時、大いに世間の耳目を集めたのは当然の成り行きだった。

    何しろ、明菜が倒れていたのは、やはりトップアイドルだったマッチこと近藤真彦の自宅の浴室だったのだから……。

    2人が交際するようになったのは、自殺未遂騒動の数年前。

    その日もマッチの自宅では、明菜が待っているはずだった。

    が、仕事を終えた彼が自宅に電話しても誰も出ない。

    不審に思ったマッチが急行し、血の海になった浴室を目の当たりにすることになったのだ。

    無論マッチはすぐさま119番通報。

    明菜は慈恵医大病院に搬送された。

    当時、明菜が所属していた芸能事務所「研音」の社長だった花見赫(あきら)氏が語る。

    「病院にかけつけ、マスコミに漏れなければいいんだが、と思いながら社員に“マスコミ対応はどうする?”と聞くと、“もう出てます”と言う。
    病院のテレビでは早くも明菜の自殺未遂が報じられ、マスコミが集まってきていました」

    花見氏は、医師から非公式に説明を受ける際、傷の写真を見せられたという。

    「神経と血管が全部切れていて、とても深い傷でした。
    血管は1本ずつ縫って繋ぐが、神経の場合は1本ずつは無理なので、光ファイバーのように束のまま繋いで復元していく、大変な手術だったということを後で知りました」(同)

    n


    レコーディング中の異変

    明菜の自殺未遂からほどなく、花見氏は麻布警察署で事情聴取を受けた際、マネージメントのやり方について厳しい叱責を受けた。

    それまで、明菜からはマネージメントについての不満を聞いたことがなかったので、何のことやらと首を傾げるしかなかったが、

    「少し考えて、自殺未遂の本当の原因はマッチとの関係がうまくいかないことだったんだろうけど、それを言うとマッチに迷惑がかかるから、事務所のマネージメントのせいにしたんだと合点がいきました」(同)

    82年のデビューから数年間、ワーナー・パイオニアのディレクターとして明菜を担当した島田雄三氏は、

    「明菜は一本気な性格だから、近藤くんに対しても一直線に思いつめてしまったのでしょう。
    デビューからしばらくした頃、あれほど好きだと言っていたレコーディングの最中にチラッと時計を見たりして、集中出来ていない様子が見られた。
    最初は理由が分からなかったのですが、色々と周りの話を聞いて、近藤くんが原因だと分かりました」

    として、こう語る。

    「誰と付き合っているのか、といったことは普段聞いても教えてもらえないから、ハワイの海岸で寝っころがってリラックスしている時なんかに聞くんです。
    その作戦で、2人くらい教えてもらったんだけど、マッチについては絶対に言わなかったね。
    それだけ大事な存在だったんでしょう」

    マッチと離れた後も、明菜の側には常に、彼女を支える男の存在がある。

    再び表舞台に戻る時、彼女はどんな男に支えられているのだろうか。


    デイリー新潮
    https://news.goo.ne.jp/picture/entertainment/dailyshincho-554857.html


    所長見解:そんなか・・・

    【【マッチ事件】中森明菜、あの騒動から30年ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビから遠ざかって久しい歌手の中森明菜が、意味深な言葉を口にしているという。
    一部女性誌によれば、彼女は「今年は、もう無理かも」とメッセージ。
    唯一ファンが接することができた年末のディナーショーも危ぶまれているというのだ。

    「明菜は年3回、ファンクラブ会員用に会報を出すのですが、最新8月号のメッセージは絶望的なほどマイナス。
    また休業に逆戻りするのではないかという声も出ています。
    彼女は下降モードに入ると坂道落下的に悪くなる。
    会報でのメッセージは、そう思えてしまいます」(音楽ライター)

    明菜の会報は手書きでファンに送られるのも特徴だ。
    そこに個性的な字体で『さみしいねぇ…ほんとォーに…みんなに…会いたい…でも…無理かもぉー』と、今後の活動を示唆する表現がある。
    さらに『最近では…むかしの…映像とか…色んなところで…見れるでしょ!!』と、妙に寂しさを感じさせる文言を女性誌は伝えている。

    「明菜はお騒がせな人ですが、とにかくファンを大事にすることで知られる。
    だから姿を見せない分、会報で書くことがすべてなのです。
    仕事の話もなく明るい内容でないということは、今年は活動しない可能性もある。
    これまでの彼女のパターンからいっても十分あり得る話です」(同・ライター)

    n


    男性関係で“またもや”精神的ダメージか

    明菜は2016年に7年ぶりの年末ディナーショーを全国7都市10ステージを行い完売。
    そのあまりの人気ぶりから、昨年末は14都市で計18ステージに拡大し、これも即日完売。
    今年はディナーショーだけでなくNHK『紅白歌合戦』への出場も期待されていた。

    「彼女は芸能プロに所属せず、レコード会社と契約しているだけ。
    実質、個人事務所の社長であり、制作責任者でもある。
    そのため彼女が仕事をしたくなければ、それで活動休止。
    14年にはゲストながら紅白にも出演、順調に復活していた。
    また何か“つまずき”があったのかもしれません」(レコード会社関係者)


    所属先がない以上、明菜の今後は読めない。

    「レコード会社に伝わっている話では、彼女には私的マネジャーのような男性が存在。
    彼女より10歳ぐらい若い元音楽制作マンだそうです。
    同棲中で事実上のカレ氏でもある。
    ただ、この夏、金銭でモメてゴタゴタ。
    それで精神的ダメージを負ったという話も出ています。
    彼女は、これまで何度も公私混同のマネジャーを付けてトラブルになっている。
    『やはり、またか』なんです」(前出の音楽ライター)

    ディナーショーも紅白も幻で終わるのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1512519/


    所長見解:いい歌手なのにな・・・

    【【復帰不可能】中森明菜が精神的下降モードになってしまった原因・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    体調不良による芸能活動の無期限休止が発表されたのは、8年10か月も前のこと。
    往年のファンは、中森明菜の“完全復活”を待ちわびている。

    「現在も実質的には芸能活動は休止中といえる状態ですが、'16年末に7年ぶりとなるディナーショーを開催しました。

    n


    '17年末のディナーショーでは、前年より規模を拡大し、14都市で計18ステージを披露。
    チケット代は5万円という高額だったにもかかわらず即日完売。
    追加席が売り出されましたが、そちらもすぐに売り切れました」(レコード会社関係者)

    '17年のディナーショーのタイミングでは、デビュー35周年を記念するオリジナルアルバムとカバーアルバムが同時発売された。
    これを機に復活が期待されたが、「アルバムとディナーショー以外の活動は、やはりありませんでしたね……。
    チケットは争奪戦となりましたし、ディナーショーのタイミングに合わせてテレビに出演してくれたら、彼女に直接会えなかったファンも喜んだと思いますが、なかなかそこまでは難しいようでした」(同・レコード会社関係者)


    会報にファンは落胆

    年に1回のディナーショー以外で、ファンと明菜をつないでいるのは、ファンクラブ会員に向けて年に3回、不定期で発行する会報だ。

    「ページ数も少なく、最近の明菜さんの写真などもありませんが、毎回、彼女からファンに向けたメッセージが掲載されています。
    彼女の直筆を印刷したもので、すごく特徴的な字で可愛いんです(笑)。
    生歌を聴けるディナーショー以外で明菜さんの“声”を聞けるのはここだけなので、ファンは毎号楽しみにしています」(明菜ファンの女性)

    しかし、8月上旬に会員に届いた会報には、ファンを心配させ、また落胆させるメッセージが綴られていた。

    「最新号の明菜さんのメッセージは、《さみしいねぇ…ほんとォーに…みんなに…会いたい…でも…無理かもぉー》という言葉から始まっていました。
    昨年のこの時期に届いた会報には、年末のディナーショーの案内があったのですが、今年はそれがないので、彼女の言葉から考えても今年はディナーショーがないということでしょうね……。
    《最近では…むかしの…映像とか…色んなところで…見れるでしょ!!》というような言葉もあり、寂しくなりました」(同・ファンの女性)

    今年の明菜は、ディナーショーのほかにも夏に東京と神奈川でライブが計画されており、会場も仮押さえされていたという一部報道もあったが、「春までは順調な回復で夏のコンサートに冬のディナーショー開催も念頭に入れていたのですが、その後、再度体調を崩し、ディナーショー開催も危ぶまれている状態で、先行きは未定となっています」(前出・レコード会社関係者)

    今年のディナーショーなど今後の活動について、所属レコード会社に問い合わせてみたが、担当者不在のため期日までに回答は得られなかった。

    生で、もしくはテレビであの歌声を─。
    ファンの“デザイア”に、彼女が応えるのは、次はいつになるだろうか。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15190940/


    所長見解:復活してほしいね・・・

    【【あの人は今】中森明菜の絶望的メッセージがコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「今の時代なに? 4Kって。毛穴なんて全部映っちゃう。あれって脅迫でしょう(笑)。
    昔から女優ライトってあったでしょ。あんなもんじゃ足らなーい。
    絶対にムリムリムリ(笑)」

    中森明菜(52)のディナーショーは“自虐トーク”のオンパレードだった――。

    n


    2016年、7年ぶりとなるディナーショー(7都市10公演)で公の場に復帰した明菜。
    デビュー35周年となる17年は、14都市18公演。

    「昨年はワイドショーでも話題になり、本人も手応えを感じ満足していた。
    今年は自信をもって公演数を拡大。限界いっぱいまで座席を増やす会場もあった」(スポーツ紙記者)

    チケットは3万6000円から5万円とトップクラスの五木ひろしに次ぐ値段。
    それでも即日完売というのだから人気は健在だ。

    「年1度しか見られない彼女のディナーショーはプラチナチケット。
    オークションサイトでは最高13万円で取引されていた」(同前)

    しかしその割に、昨年ほどには話題は盛り上がらず。
    その理由を芸能レポーターが解説する。

    「17年は本格的な活動をスタートさせると思われたが、そういう動きもなく、年1回のディナーショーとアルバムで稼いでいくことがわかりマスコミはトーンダウン。
    ステージも前年同様に生バンドがいないカラオケで、ダンサーもなし。
    これで5万円は少し高い」

    17年12月中旬、名古屋のホテルで行われたディナーショーに小誌記者も潜入。
    約500人が詰め掛けた会場は、40~50代の男性が6割。
    グッズはバスローブ2万1000円、パンフレット5000円と高額商品が目立つ。

    午後8時。
    銀色の髪飾りに純白ドレスを纏った明菜がステージに登場。
    歓声と拍手、そして悲鳴が入り混じる中、熱唱が始まった。

    「昨年は明菜ちゃんも緊張していた。今年のほうがいい」とは全公演を追っかけている女性ファン。
    ステージを左右に動き回り、衣装チェンジではクレオパトラのような全身黄金の姿も披露。カバー曲を中心に低音から高音まで出し切り、後半は「飾りじゃないのよ涙は」「TATTOO」「ミ・アモーレ」「1/2の神話」のヒットメドレー。
    「DESIRE」では全盛期を彷彿とさせるビブラートを効かせ、声量を見せつけた。

    MC中、女性ファンにバースデーソングを歌うサプライズも。

    「今日が誕生日? 24歳? ハッピーバースデートゥーユー♪ 元気ですね。
    明日は闇ですよ(笑)。そうそういいことは続きません(笑)。頑張りましょうね。
    “24”という響きは私にとってはあまり好きじゃなーい(笑)。
    すみません! 気にしないでください」


    あの“自殺未遂騒動”にも言及
     
    明菜が自殺未遂騒動を起したのは1989年、24歳の誕生日2日前のことだった。
    自らの辛い過去も笑いにする余裕。
    ファンからの「明菜ちゃん、テレビ出て!」の声に、本音を洩らす場面もあった。

    「昔からのイメージあるでしょ私。性格が悪いとか。ワガママ言うとか。
    ……ドタキャンするとか(笑)。
    そんなイメージだから(テレビ出演の話が)来ないんです。
    『呼んでドタキャンされたらたまったもんじゃないから呼べない』って思われているみたいですよ。残念でしたね。私は全然行く気満々なんだけどね」

    予定時間を10分越えて計18曲を熱唱し、健在ぶりを示した明菜。
    ドタキャンイメージはもう“いいかげんにして~”!?

    http://bunshun.jp/articles/-/5671


    所長見解:復活してほしいよね・・・
    【【伝説歌姫】中森明菜「テレビ出演の話が来ない」ってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ