中川翔子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いけるやん

    no title

    所長見解:どしたん・・・

    【【悲報】最新の中川翔子さん画像がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手でタレントの中川翔子(34)が制服姿を公開し、ネットからさまざまな声を集めている。

    中川は5日放送のバラエティー番組『BACK TO SCHOOL!』(フジテレビ系)に出演。

    京都芸術高等学校で高校生との時間を過ごした。

    中川は放送後にインスタグラムを更新し、「Back to schoolご覧いただいた方、たくさんのメッセージありがとうございます」と番組視聴者にお礼。

    番組の中で着用した高校の制服姿やジャージ姿を披露した。

    no title

    実際の学生生活ではいじめに遭ったことなども告白している中川だが、インスタグラムでは、「中川翔子は、これからも夢の続きを走ります!」と力強くコメント。

    番組で体験した第2の学生生活を充実した時間にさせたようだった。


    このポストに中川のインスタグラムには、

    「制服姿めっちゃかわいい!」
    「ほんとの高校生みたい」

    という絶賛の声が相次いでいたが、一方ネットからは、

    「何というか痛々しい…」
    「加工がすごいな」
    「テレビの衣装だからしょうがないのかもしれないけど、無理があるよ」

    という声も寄せられてしまっていた。


    番組側が決めた衣装ではあるものの、ファンの盲目な褒めっぷりにネットからは失笑が集まってしまっていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/2184422/
    デイリーニュースオンライン

    所長見解:悪くはない・・・

    【【悲報】中川翔子、高校の制服姿を披露してみたwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    n


    父が亡くなってから起こり始めた怪奇現象

    そんな中川 勝彦さんですが、怪奇漫画や怖い話などが好きだったようで、幼い中川翔子さんにゲゲゲの鬼太郎や楳図かずおの漫画を買い与えています。

    そして中川翔子さんもまた怪奇、オカルト等が好きになっていったようです。

    そして9歳の時に父が亡くなってから、身の回りで不思議な現象が次々と起こり始めます。

    まず、父が大切にしていた懐中時計の時刻が父の亡くなった時刻で止まる、自宅にいる時に誰もいないはずの2階から足音が聞こえる、締めきった部屋で何故か髪がなびく。

    など初めは怖かったそうですが段々とそのような不思議な現象に慣れて来ていた頃のある夏の夜、自宅で眠っていると突然金縛りに。

    しばらくすると机の上のパソコンの電源が勝手に入ったのが見え、キーボードを叩く音が聞こえたそうです。

    所長見解:またあ・・・

    【【これは怖い】中川翔子「父親が亡くなった後、何故か毎晩キーボードを叩く姿を見た...」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中川翔子って昔は美人だったけど今では化粧濃いだけのおばさん

    見る影もない

    n

    所長見解:しゃあない・・・

    【【悲報】中川翔子って昔は美人だった説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさ

    23日放送の『バイキング』(フジテレビ系)にタレントの中川翔子が出演。

    過去に受けたいじめ被害を明かし、いじめで苦しむ人たちにメッセージを送った。

    いじめ、ひきこもりの経験がある中川は、最終的に学校に行かなくなった理由を明かす。


    i


    中学3年生のある日、中川の靴箱だけがいじめ加害者によってへこまされていたとのこと。

    誰がやったかはわかっていたため、同じようにやり返したところ、中川の靴が隠されてしまう。

    「自分がいじめられてる」ということを恥ずかしくて認めたくなかったものの、仕方なく教師に事情を話すことに。

    すると、「これを履いて帰りなさい」とローファを渡してくれたという。


    しかし後日、教師から「中川、早く靴代を払ってください」と靴代を請求されてしまう。

    まさかの一言に納得がいかなかった中川は、「誰が隠したか先生わかってるじゃないですか。
    私やられたほうなんですよ、靴を隠したほうに請求すべきじゃないですか」と反論するが、教師は「そうかもしれないけど、とりあえずお金払って」と業務的な態度で接してきたという。


    そこで「もう大人も信用できない。こんな学校行きたくない」「もう無理」と不登校になったようだ。


    その中で音楽や読書や絵を描くといった好きな時間を過ごしたことで「死にたい」という衝動が和らいできたとのこと。

    そして、いじめで傷ついている子供たちに「死ぬことと誰かを攻撃する以外のことならなんでもいいので生き延びてほしい」とメッセージを送った。


    また、同日、中川は自身のツイッターを更新。

    「夏休み、あと10日を切りました 十代の自殺者が一番多いのが、夏休み明けの9/1」だとし、「どうか、生き延びて 攻撃してくるような愚かな人は、他人です。
    他人のどうでもいい人生より、自分の命に時間を使って」とつづった。


    https://sirabee.com/2019/08/23/20162148955/ 

    所長見解:かわいそうに・・・

    【【悲報】中川翔子、教師にいじめを相談した結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ