中山美穂

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    1980年代アイドルファンには今もスターの中山美穂(49)が、五十路を前にイケイケモードで仕事にまい進している。

     
    85年のデビュードラマ「毎度おさわがせします」(TBS系)で見せたランジェリー姿が脳裏に焼きつくファンもいるだろうが、ここへきて“お色気解禁”の情報も飛び込んできた。


    m

     
    中山は映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」(10月25日公開)で、脚本家の夫がいながら年下のイケメンダンサーとの不倫に走る元女優の美熟女妻を演じる。

     
    夫役の主演・松尾スズキが、不倫した妻への復讐劇を繰り広げるドタバタコメディー。

    中山演じる妻が不倫相手との写真をフェイスブックに投稿したことを、仕事仲間の女優から知らされたことで夫婦ゲンカが始まる。

    「その女優って誰?」

    「今、関係ない」

    「あなたの好きなタレ目の女優?」

    「関係ない。タレ目ではなかった」

    「2年前に噂になった巨乳の女優、あれはツリ目だったわよね、その人?」

    「違う。あれはネット住民のでっち上げだ」

     
    すると、往年のミポリンファンには衝撃的なセリフが中山の口から飛び出す。


    「どうせ私は貧乳よ!」

     
    セリフとはいえ、自虐ギャグにも取れるセリフを言い放つのだ。

     
    夫役の松尾が復讐のために妻のフェイスブック投稿についた「いいね!」ボタンの数108と同じ数だけ、女を抱いて復讐するという18禁作品。

    中山は年下のダンサーとの不倫にハマり、左腕にタトゥーまで入れてしまう。

    その不倫ベッドシーンが注目だ。

     
    2014年に作家・ミュージシャンの辻仁成氏との協議離婚が成立。

    現在15歳になった長男はフランスで辻氏と生活している。

    帰国後、中山は映画「蝶の眠り」(18年)に主演したのをはじめ、このところ精力的に活動を展開している。

     
    スクリーンだけではなく、NHKBSプレミアムドラマ「Wの悲劇」、テレビ朝日系の人気コメディードラマ「時効警察はじめました」にゲスト出演する。


    「女優以外でもドキュメント番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)のナレーター、以前は少なかったバラエティー番組にも積極的に出演するようになった。
    『激レアさんを連れてきた』(テレ朝系)にゲスト出演した際は、かつてドッキリ番組でキレて『マネジャーを3回殴った』と告白して笑いを誘ってました」(テレビ関係者)

     
    歌手としては今年6月に35周年を迎え、周年イヤーの真っただ中だ。


    「まだ発表されていませんが、12月に20年ぶりの新曲をリリースする予定で、来年3月には同じく20年ぶりの単独コンサート(東京・中野サンプラザ)も決まっています。
    往年のファンはアラフィフ~還暦世代ですが、生ミポリンは何しろ20年ぶりですから、かなりの熱狂が予想されます」(音楽関係者)

     
    アイドル当時はツッパリのイメージが強かった中山も、来年3月で50歳。

    結婚、出産、離婚を経て今もこれほど話題になるのだから、ミポリン人気、恐るべしだ。


    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1598448/

    所長見解:昔はね・・・

    【【ミポリン】中山美穂「どうせ私は貧乳よ!」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    はまり役なのか、その役しかはまらないのか……。

    R18指定の映画、「108~海馬五郎の復讐と冒険~」に中山美穂(49)が出演することが報じられた。

    劇団「大人計画」の主宰で、主演を務める松尾スズキ(56)がメガホンも取る。

    「中山は松尾の妻で、年下ダンサーと不倫をしている元女優を演じます。
    不倫相手との写真をSNSに投稿したことから物語が展開していく。
    先だって同名小説が出ており、映像化不可能と言われたほどベッドシーンのオンパレード。しかし、試写会での評判は上々です」(映画業界関係者)


    中山にとって、初のR18作品となることが話題になっているが、「実は、『また今回も年下との恋愛ですか。飽き飽きした』という声も聞こえてきているんです」(同)

    m


    業界では、中山美穂と年下男子の恋物語は、使い古されているというのだ。

    パリで年下カメラマンとの恋物語、ある時は韓国から来た留学生、また、ある時は余命わずかな青年……。

    初恋の男と親友の間に生まれた子と付き合い調教する、という役柄を演じたことも。

    「昨年のフジテレビの連ドラ『黄昏流星群』でも、娘の婚約者相手に恋をする主婦を演じています。
    今回の映画は、自ら松尾に志願して出演を勝ち取っている。
    年下男と情事に耽る役は、中山か高岡早紀の2択、というのがトレンドです」(同)

     
    キャラの確立について芸能リポーターの城下尊之氏は、中山の経歴に着目する。

    「デビュー後、中山はアイドルから女優へと階段を上り、自分で作品を選べるポジションにまでなっていました。
    が、辻仁成との結婚、芸能活動休止、そして『好きな人に出会った』という理由で子育てを辻に任せて離婚する。
    その過程で、平凡な恋愛をする役が合わなくなっていったんです」

    世界中の誰よりきっと、はまり役? 


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00563368-shincho-ent

    所長見解:もうね・・・
    【【恒例】女優・中山美穂「年下男子との恋物語」←またこれwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中山美穂(49)が、劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキ(56)が監督、脚本、主演を務める映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」(今秋公開)に出演することが15日、分かった。

    18歳未満の入場、鑑賞を禁止する「R18+」指定の作品で、中山にとって初の「R18+」作品。

    ベッドシーンなど大胆なラブシーンに挑戦した。

    b


    中山は、松尾演じる主人公の妻で元女優役。

    熱を上げる年下ダンサーとのツーショットをSNSにアップしたことで、夫が激怒することが発端。

    離婚で財産を半分取られると知った夫が、妻の投稿に寄せられた108の「いいね ! 」と同じ数だけ女性を抱き、資産を使い切ろうともくろむ物語だ。

    中山は身も心もダンサーに奪われるさまを、大人の魅力で熱演している。

    中山は、以前から親交があった松尾に、出演を自ら志願したという。

    「松尾監督がこの作品を構想中のころ、とっさに私にやらせて下さいと申し出てしまったのです」と明かした。

    中山が志願した時は、映画が実現するかどうか不明だったそうだが、昨年9月から10月にかけて撮影が行われた。

    中山は「楽しくてしかたのない現場でした。とにかく笑える内容です。そして切ない。私にやらせていただけたことに感謝しています」と現場の充実ぶりを振り返り、出来上がりに自信を見せた。

    ほかに岩井秀人、秋山菜津子、坂井真紀、堀田真由、大東駿介、土居志央梨、栗原類、LiLiCoらが出演する。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905150000459.html

    所長見解:もうね・・・

    【【悲報】あの中山美穂がR指定の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の木村拓哉が14日、中国版ツイッター『微博』で「happy birthday 拓哉」とツイート。

    この日は、妻で歌手・工藤静香の49歳の誕生日だった。

    近頃、家族ネタが解禁となった木村だが、公の場で工藤のプライベートに触れるのは異例である。

    またこの日は、夫婦の次女でモデルのKoki,が自身のインスタグラムで公開した工藤との2ショット写真が大反響を呼んだ。

    Koki,は、工藤を「スーパーママ」と称し、木村家に生を受けたことを感謝した。

    さらに、「人々が何を言おうと、どんな風に批判しようと、愛情と希望で育ててくれて、感謝でいっぱい」と、工藤に対する世間からの批判を振り払った。


    母親としてこれ以上のないプレゼントをもらった工藤は、2000年12月に木村と電撃結婚と妊娠4か月であることを発表した。

    当時、人気絶頂アイドルの結婚宣言にファンは愕然とし、日本中に衝撃が走った。

    工藤というと、1984年に『第3回ミス・セブンティーンコンテスト』に出場し、特別賞を受賞。

    同年、“セブンティーンクラブ”を結成し、85年1月にレコードデビューを果たした。

    そして1986年5月、人気番組『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)のオーディションコーナー「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に合格。

    “おニャン子クラブ”の会員番号38番となり、やがて頭角を現した。

    1987年8月放送の同番組の最終回日に発売となったシングル『禁断のテレパシー』でソロデビューへ。

    オリコン1位を記録した以後は、80年代後半から90年代後半にわたりヒット曲を連発した。

    80年代後半に最も活躍した女性アイドル4人(工藤静香、中山美穂、南野陽子、浅香唯)は“女性アイドル四天王”と呼ばれていた。

    その“アイドル四天王”の工藤と中山は、ドラマ『おヒマなら来てよネ!』(フジテレビ系)の共演をきっかけに“親友”とも言える間柄になった。

    だが、中山の恋人だった当時の人気アイドルでタレントの田原俊彦を巡って、2人の仲は“犬猿”と化してしまったのだ。

    k


    「工藤は、田原との極秘交際を中山からすでに聞いていたようだ。
    だが、中山から田原の話を聞いているうちに、工藤は田原に興味を抱いたという。
    そんな中山は、やがて工藤に対する不信感を抱くようになったそうだ」(芸能関係者)

    だが1989年、『FRIDAY』(講談社)に中山と田原の交際がスッパ抜かれ、2人は周知の仲となった。

    ところが、工藤はお構いなしに田原とのキスシーンを見せつけたり、共演した番組ではわざわざ田原の隣に座り、ちょっかいを出していたようだ。

    「この三角関係の3人が、1991年の『新春スターかくし芸大会』で共演し、番組内で工藤と田原がドラマ共演をした時のこと。
    登場してきた工藤と田原の手は固く結ばれていたそうだ。
    すると、中山は「なんで手つなぐの?」と工藤に問い詰めたという。
    だが工藤は、「トシちゃんからつないできたもん、しょうがないじゃん」と反論し、中山の怒りを買ったそうだ。
    この一件以降、2人の友情に亀裂が入ったと言われている」(芸能ライター)

    そんな2人は、その後、対照的な人生を歩むこととなる。

    工藤は田原の右に出る事務所の後輩アイドルと結婚し、2児の母親となった。

    一方、中山は2004年に作家の辻仁成と結婚。

    1児の母となるが、14年7月に離婚に至った。

    最愛の息子は辻の手に渡るのだが、中山は、離婚協議中にも関わらず、当時の恋人・渋谷慶一郎との“色ボケ”ショットを公開するなど、「子供を捨てた」というイメージを世間に根づかせた。

    交際発覚からバッシングを受け続けてきた工藤。

    だが、そんな周囲の雑音を掻き消したのは、2人の愛おしい娘であった。

    夫婦の離婚説も浮上する中、来年には結婚20周年を迎える。

    話題が尽きない木村家の今後の動向に注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1787976/

    所長見解:いろいろあるもんやね・・・
    【【男問題】工藤静香と中山美穂、不仲の理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優で歌手の中山美穂(48)が5歳年下 のロックバンド・モノラルのボーカル・Anis(アニス)と交際していることを、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。

    同誌によると、中山は同バンドのライブを見てファンになり、そこから親密な関係に発展。

    先月24日にはAnisが中山の部屋で過ごしてから飲みに出かけたという。

    ジャズバーで5時間近く過ごし、店を出ると中山は酔ったのか、足元がややおぼつかず。

    隣を歩くAnisにしなだれかかり、腕を絡ませるような場面もあった。

    ちなみにAnisは妻帯者だとか。

    同誌が中山を直撃すると、男女の関係を否定。

    Anisと家族ぐるみの親交があることを説明した。

    「中山の記事が載った同誌が発売されたのは今月1日だが、その後、まったく話題にならなかった。
    すでに女優としての中山の“商品価値”がかなり下落したことが裏付けられてしまった」(芸能記者)

    n


    中山といえば、14年に作家でミュージシャンの辻仁成氏と離婚。

    その際、長男の親権は辻が持ち、離婚直後、中山は音楽家との交際が浮上。

    不倫疑惑が浮上してしまったため、世間からバッシングを浴びてしまった時期もあった。

    昨年10月期にはヒロイン役を務めたドラマ「黄昏流星群 人生折り返し、恋をした」(フジテレビ系)が放送されたが、全話の平均視聴率は6・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

    「このところ、テレビの画質がどんどん良くなっている。
    そのため、中山はどうしてもその“老い”が目立つようになった。
    もともと演技力があったわけではなく、事務所の力で猛プッシュされていただけ。
    なので、年齢を重ねた今は苦境に立たされている」(テレビ局関係者)

    中山には、もっと話題になるような大物との交際が期待される。

    http://dailynewsonline.jp/article/1683427/

    所長見解:もうね・・・
    【【毎度おさわがせします】中山美穂の不倫デートが話題にならない理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ