ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    中山秀征

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント、今田耕司(52)が30日放送の日本テレビ系「アナザースカイ」(金曜後11・0)に出演。

    かねてからうわさにあった、タレントの中山秀征(51)との確執について語った。

    番組冒頭、中山がフランスバーを訪れ、スタジオの今田と飲み交わすワインを購入。

    その中で、「かつては本当にライバルというか、お互い闘ったけど今となっては良い思い出。懐かしい味。和解の一杯」と店主にイメージを伝え、ワインを選んだ。

    VTRを見たスタジオの中条あやみ(21)は、今田に「何があったんですか?」と無邪気に質問。

    今田は笑いながら「あったのよ」と応じ、「僕が一方的に銃を乱射していた。東京のお笑い界に、ダウンタウンさんに持たされた銃を乱射していた」と説明。

    中山との間に確執があったことを告白した。

    今田と中山が20代のときに共演したバラエティ番組を鑑賞。

    2人のギクシャクしたやりとりを見た今田は「全然目の奥が笑っていない」「とんでもないやつですね! あいつは」と自虐的に振り返り、笑いを誘った。

    t


    中山も当時を振り返り、

    「僕は本番始まる前にワイワイとテンション上げて、キャッキャ言いながら本番臨むんだけど、今ちゃん何やってたと思う?」

    「楽屋で電気消して、シャドーボクシングだよ」

    と暴露。

    今田は恥ずかしそうに大笑いを上げ、「それから20年ぐらい会ってなかったけど、プライベートで6年前に会いまして」と、後輩芸人の仲介で和解したことを打ち明けた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15676676/
    サンケイスポーツ


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【不仲説】今田耕司、中山秀征との確執を語った結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの中山秀征(51)が11日放送のカンテレ「おかべろ」で、タレントの今田耕司(52)との確執の真相を告白した。

    n


    中山と今田はフジテレビ系の生バラエティー番組「殿様のフェロモン」(1993年)のMCとして初共演。

    「考え方が違ったわけですよ。(フジテレビから)『オールナイトフジを復活させたいから、楽しく飲みながらなんで、ワイワイやってくださいよ。女の子きゃあきゃあ言いながら』みたいな(オファーがあった)。
    『ああそうですか。楽しそうですねえ』、僕はそれで受けた。
    ところが今ちゃんには戦いだというふうに伝わってるわけですよ」と、大きな温度差があった。

    番組スタート前の決起集会から既に「誰もしゃべらないような。俺、今ちゃんにビールをついだら、『あ、大丈夫です』と断られた」というピリピリムード。
    双方と親交があるザブングルの松尾陽介(41)によれば、当時、今田がダウンタウンにあいさつに行ったところ、浜田雅功から「全員殺してこい」と、ハッパをかけられていたという。

    中山が親密さを出すために「ヒデちゃんと呼んで」と頼んだものの、今田は「なんで知らないヤツをヒデちゃんって呼ばなきゃいけないんだ」と、ずっと「中山くん」で通していたという。

    中山は「バチバチで、初めて人とこんなにうまくいかないと思ったわけ。それまで楽しくやればなんとかなると思ったけど最後の最後までならなくて。空気が悪くて、それっきり今ちゃんと会うことがなくなったわけ」と説明。
    周囲の忖度(そんたく)もあって共演NGのような関係になり、10数年会うこともなかった。

    同番組で共演していたナインティナインの岡村隆史も「すごい番組内の空気悪い。今田ちゃんと秀ちゃんもなんか空気悪い」と感じていたことを告白。

    後に今田は松尾に「今考えたら、あの当時からテレビのことを分かってたのはヒデちゃんだったな。今の自分なら理解できるけど、あの当時は全く理解できてなかった」と、反省と中山へのリスペクトを吐露。
    松尾の仲介で再会の場が設けられ、和解したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000068-dal-ent


    所長見解:そうやろね・・・

    【【不仲関係】中山秀征、今田耕司との確執の真相がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2月7日、フジテレビ系の人気番組『ウチくる!?』(日曜:12時~)が今年3月いっぱいで終了することが判明した。

    s


    『ウチくる!?』は中山秀征、中川翔子が司会をつとめ、登場するゲストの故郷や地元を訪ねるトーク番組。
    1999年の開始以降、約20年に渡り日曜の昼番組として定着してきた『ウチくる!?』はついに最終回を迎える。

    本番組はフジテレビ本体の制作ではなく、芸能プロダクションである渡辺プロダクションが制作している番組。
    そのため登場するゲストもナベプロの意向が強く出たキャスティングとなっている。

    今回の『ウチくる!?』の突然ともいえる打ち切りは、理由こそ不明だが、毎週の視聴率は2%~3%とされており、著しい視聴率の低迷が原因と思われる。

    そんななか心配されているのが、中山と同じく司会をつとめている中川翔子の今後である。

    かつては「オタクのアイドル」「ブログ女王」として絶大な人気を誇っていた中川翔子だが、近年ではあまりその活動はパッとせず、テレビのレギュラーは『ウチくる!?』が終わると、子供番組『ポケモンの家あつまる?』(テレビ東京)とAbemaTVのMCのみの非常に寂しい状態。
    かつて主軸にしていた歌手活動も2015年以降は一本もリリースできておらず、今は歌手としてのキャリアも途絶えてしまっている。

    それだけに今回の『ウチくる!?』の終了は中川翔子にとってかなりの痛手と思われる。

    現在も多くのバラエティ番組に関わる放送作家は最近の中川翔子の現状についてこう語る。

    「中川翔子さんですか? 最近のキャスティング会議ではほとんど名前は出てないですね。中川さんのオタク知識に需要があったのは10年も前で、今の時代だと既に時代遅れです。
    年齢的にもアイドルとしては呼べないし、中堅のタレントとしてもトークは全くできないので、ナベプロからよほどのプッシュがないと、こちらからは声はかけないですね」(放送作家)

    10年前はアキバ系のオタク界隈から絶大な人気を誇っていた「しょこたん」も今年で33歳。かつての彼女を推していたオタク達も今は全く別な興味へと移ってしまったようだ。

    中川翔子にとっては厳しい時代が続きそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000009-reallive-ent


    所長見解:もうね・・・
    【【番組終了】中川翔子、大ピンチってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    紳助さん「俺はさんまには勝てない」 中山秀征に漏らしたひと言…その理由は

    s


    タレントの中山秀征(50)が24日、読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」(後4・30)に出演し、芸能界を引退した島田紳助さんが「さんまには勝てない」と漏らしていたことを明かした。
    中山が「なぜ勝てないんですか」と尋ねると、紳助さんは、さんまにあって自分にはないものをあげた。

    中山は1992年にABブラザーズを解散。
    本格的にピンで仕事を始めることになった。
    関西の番組にも積極的に出演するようになり、中山は「紳助さん上岡さん、たかじんさん」と名前をあげ、「すげえ勉強になった」と振り返った。
    「東京は順番、ふられたらしゃべる。関西は台本すらない。ヨーイドン!でいっせいにしゃべり出す。そのことの説明すらない」と東西の文化の違いが役だったことを訴えた。

    特に影響を受けたのは紳助さんだったという。
    中山は「紳助さんと一番よく遊んだ。番組によく出してもらって、終わってから飲みに行った。紳助さんは出演番組の視聴率を全部書いていた」などと語った。
    ある日、紳助さんはデータを中山に見せながらこう言ったという。

    紳助さん「分かるか?おれはさんまには勝てない。同じ話をしても負ける」

    中山「どうして負けるんですか」

    紳助さん「あいつには華がある」

    MCの陣内智則は「それ、聞いたことあります」と述べた。

    紳助さんはまた、中山に「おれのライバルになるのは古舘伊知郎だ」と明かしていた。
    中山は「そのころは古舘さんはニュース番組をやってなかったけれど…」と話すとテロップが流れ、04年に「報道ステーション」を、紳助は07年「選挙特番メインキャスター」を務めるようになった。
    中山は「言ったとおりになった」と神妙な表情で話した。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/24/0010845496.shtml


    所長見解:復帰か?・・・
    【【心情吐露】島田紳助「俺はさんまには勝てない」ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの中山秀征(50)が2日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)に出演し、芸能界で長く生き続ける秘訣を明かした。

    中山はこの日、23年ぶりにCDを発売し「50歳を機に今までやり残したことをやっていこうと思った」と記念のアルバム発売への思いを明かした。

    n


    1982年のデビューから35年。
    後輩から「長くやるにはどうしたらいいんですかって聞かれる」という。
    「ブレイクしたことがないから分からない。だましだましやって30年ですから」と謙遜しながら、厳しい世界で長く生き続けた秘訣を「態度変えないってことですかね」と明かした。

    人気が出ると天狗になったり、態度が横柄になる人を見てきた。
    そういう人が人気が下がると低姿勢になる姿を目の当たりにし「態度が変わるっていうことはしたくない。好きじゃない。それだけは気をつけている」と話した。

    さらに「スゴイ人たちと一緒にやらせてもらったこと」と志村けん、上岡龍太郎氏、明石家さんま、島田紳助氏らとの出会いを挙げ「本物を若いとき、見させてもらった」と感謝し、こうした大物との出会いに刺激を受け切磋琢磨したことを明かしていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00000065-sph-ent 
    スポーツ報知 


    所長見解:たしかに長いね・・・
    【【芸能界】中山秀征生き残りの秘訣「態度を変えないってこと」…すぐに天狗で、人気下がれば低姿勢になる人を見てきたってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ