ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    不祥事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    チュートリアル徳井義実さんがいま検索していそうな言葉 


    t

    所長見解:どうすんの・・・
    【【脱税芸人】チュートリアル・徳井義実さんがいま検索していそうな言葉がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫、ユーチューバー計画 年明け復帰も


    特殊詐欺グループとの間で闇営業を行った問題で吉本興業との契約を解消した雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が年明けにも仕事復帰する可能性があることが21日、分かった。

    先輩の明石家さんま(64)が主催して“激励会”を来月開催。

    関係者らを招待しており、そこがけじめの場となりそうだ。

    今後はユーチューバーデビューも計画。

    新たな一歩を踏み出すことになる。

    m


    6月に発覚した闇営業問題から4カ月。

    宮迫にとって大きな節目となる会合が開かれることになった。

    さんま主催で来月21日に都内で行われる「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」。

    テレビ局や芸能関係者、親交の深いタレントを招待予定で騒動を謝罪するとともに所信表明の場となる。

     
    テレビ局関係者によると、世間の反応も見ながら早ければ年明けにも仕事復帰が濃厚だ。

    「宮迫も問題を起こしたことを十分に反省している。
    さんまさんが、今後もお笑いをやっていきたい宮迫の思いをくんで動いたと聞いている。
    芸人としての筋肉が衰えないうちに舞台などで復帰できればと考えているようです」(芸人仲間)。

    激励会の詳細は決まっていないが“お笑い怪獣”が愛をもってダメ出しする会となりそうだ。

     
    宮迫は闇営業問題を受けて吉本を契約解消となり、その後に吉本側が処分を撤回したが謹慎状態が続いている。

    さんまは宮迫の才能を買っており、自身の個人事務所での受け入れを表明。

    吉本と最終の話し合いが済んでいないものの、現在は事実上の“明石家興業”所属。

    専属スタッフなどサポート態勢も整っている。

    激励会で正式に移籍を発表するプランも進んでいるという。

     
    その中で、宮迫が復帰で視野に入れているのはユーチューバーデビューだ。

    周囲によると「トークや料理の番組を研究している。
    謹慎中ですし時間はあるので一生懸命、何ができるか考えている」という。

    謹慎前は「アメトーーク!」など10本のレギュラーを持っていたが、テレビはスポンサーの問題もあり、すぐに戻ることは難しいとみられ新しいメディアで発信していくことを計画している。

     
    宮迫は謹慎期間中、台風被害に遭った地域に支援物資を届けたり、子供食堂を開くなど社会貢献活動を行っており今後も継続していく。

    吉本側はコンビとしての活動は認めており、復帰すれば相方・蛍原徹(51)との再出発も見えてくる。

    ネットなどでは批判の声も多いが、信頼を取り戻すため一歩ずつ実績を積み重ねていくことになる。

     
    《梶原、中田らもユーチューバー》

    吉本のユーチューバーではキングコングの梶原雄太(39)が有名だ。

    「カジサックの部屋」は140万人がチャンネルを登録。

    謹慎前に宮迫もゲストで出演しており、料理上手を生かして「だし巻き」を披露していた。

    他にはオリエンタルラジオの中田敦彦(37)が「中田敦彦のYouTube大学」を開設。

    関係者は「登録者数が100万人を超えると月額で数百万円の収入になる」と話していた。

     
    《ロンブー亮は話し合い継続》

    宮迫と同じく謹慎処分を受け、契約解消を申し出たロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)は、相方の田村淳(45)が間に入って吉本側と今後の身の振り方について話し合いを続けている。

    亮は一時体調を崩していたが回復。

    「復帰を含め、話し合いがまとまるまでまだ時間が必要」(関係者)という。

    闇営業問題では同社所属の13人の芸人が謹慎処分となり、宮迫と亮をのぞく11人が8月に処分を解かれ、仕事復帰を果たしている。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00000000-spnannex-ent 

    所長見解:どうなんやろ・・・

    【【朗報】宮迫、復帰するってよwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    明石家さんま(64)が、吉本興業から契約解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)の復帰に向けて「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」を主催することが20日、分かった。

    テレビ局員や芸能、お笑い関係者などに招待状が発送されている。

    m


    宮迫は7月19日、闇営業問題を受けて、吉本興業から契約を解消された。

    同20日にロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに会見して引退を否定。

    復帰を目指すことを明らかにしたが、いまだ謹慎が続いている状況だ。


    その後、さんまは自身の個人事務所「オフィス事務所」で受け入れることを表明。

    今月12日の毎日放送系ラジオ「ヤングタウン土曜日」では、宮迫に「お前、これからも笑わせたいのか?」と質問したことを明かした。

    その際、宮迫が「笑わせたいです」と答え、さんまは「じゃあ、仮でうちの事務所に来いよ。笑わせたかったら」と誘ったという。


    囲む会にはテレビ各局のバラエティー番組のプロデューサーらも集まるとみられ、宮迫の現場復帰を後押しすることになりそうだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17262318/

    所長見解:もうね・・・
    【【復帰へ】みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った宮迫博之氏を囲む会がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    次長課長の河本準一が、10月4日、5日の両日にかけ更新したブログで、丸坊主にしたことを明かしたのだが、これに冷ややかな声が相次いでいる。

     
    河本はまず4日に、〈あたし、河本準一 少しだけ変化します お昼の13:30頃には変化してます〉と予告し、13時30分過ぎに更新したブログで、〈あたし、少し変わりました〉と、みごとなまでの坊主頭を披露。

     
    さらに5日にもふたたび坊主頭の正面顔の写真をアップしつつ、〈この坊主 河本準一を最大限に生かすことの出来る 監督!!  オファーくれ!!〉〈履歴書に送る写真貼り付けときます!! 最初に来た人とやります なんじゃこの内容!!〉としているのだが、ネット上では〈まさか本気で映画に出たいと思ってる?〉〈芸人なんだから芸磨けよ〉など、辛辣な声が相次いだのだ。


    「河本は9月にも、電車内で高齢の女性が優先席付近に立っていたにもかかわらず、中年サラリーマンが席を譲らずにスマホのゲームを始めた光景を目にしたことをブログで報告し、《キレてる。いや、絶対許さん》《お前じゃ!代わるんわ!お前じゃ!》と、いたってまっとうな意見を綴ったのですが、《お前が言うな!》状態となっています。
    今回も、《坊主頭になったところで許されはしない》とした指摘が見られ、やはり、いまだにあの“ナマポ”騒動が残っているようです」(夕刊紙記者)


    k

     
    河本は過去、自身に十分な収入があるにもかかわらず、母親が生活保護を15年間受給していたことが発覚。

    河本がそれを促していたことが報じられ、総スカンを食らった。

    「しかし、それは7年前のこと。
    河本は不正受給分を返還し、反省の意味でボランティア活動に励みましたが、現在も世間の目は冷たく、テレビの仕事は激減のままです。
    こうした経緯は、結果的に社会の常識を逸脱した行為をし、今も謹慎状態でボランティア活動を続ける宮迫博之とも、状況が似ています。
    河本の置かれた厳しい立ち位置と同時に、宮迫の完全復帰への難しさも感じさせますね」(芸能記者)

     
    どちらも売れていた時の「油断」が、ここまで芸能生活を変えてしまうとは思ってもみなかっただろう。


    https://www.asagei.com/excerpt/134923

    所長見解:もうな・・・

    【【ナマポ】河本準一氏、あの騒動から7年経過した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    実弾入り拳銃、駅トイレ個室に置き忘れ 27歳女性巡査長


    兵庫県警は29日、地域部鉄道警察隊に所属する女性巡査長(27)が、相生市のJR相生駅構内のトイレに拳銃を置き忘れた、と発表した。

    約1時間半後に駅の利用客が見つけ、駅員を通じて警察に届けた。

    使用された形跡はないという。

    f


    県警鉄道警察隊によると、29日午後4時ごろ、駅で警戒に当たっていた女性巡査長が、同駅の新幹線乗り場の構内にあるトイレを利用。

    その際、実弾入りの拳銃と手錠の付いた「帯革」と呼ばれる革製のベルトを外し、そのままトイレの個室に置き忘れたという。

     
    同隊の川崎英三副隊長は「拳銃の厳正な取り扱いについて指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00000001-kobenext-soci 



    所長見解:あぶねえ・・・

    【【悲報】漏れそうだったのでトイレに実弾入り拳銃を置き忘れた27歳婦警さんがコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ