ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:不祥事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月14日に初日を迎えた大相撲初場所。
    白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱が勢ぞろいし、前売りチケットは完売の盛り上がりだ。

    だが、昨年から続く不祥事に「待った」はかからず、恒例の天皇皇后両陛下の初場所観戦は中止となった。

    「元横綱・日馬富士の暴行事件に端を発する『貴乃花親方VS相撲協会』のつばぜり合いはまだ続いています。
    2月上旬に行われる協会理事の選挙までは、初場所の土俵そっちのけで、親方たちが水面下で“ガチンコ”を続けるでしょう。
    あっちのスキャンダルが出ればこっちの不祥事が報じられる…
    双方のリーク合戦という見方もあります」(相撲記者)


    ◆貴派親方に急浮上した「隠し子疑惑」

    昨年の年の暮れ頃から、有力親方のタニマチ筋で囁かれるようになった疑惑がある。

    「現役時代はイケメン力士で知られ、女性ファンも多かったA親方が、十数年前に飲食店を経営する女性と不倫していた。
    その女性との間には、“隠し子”もいる。
    それが奥さんにバレて、数年前、A親方は坊主頭にしている」

    もし本当だとしても、かなり古い話。
    それでも突然、このタイミングで蒸し返されて、各マスコミが取材に動いているのには、こんな背景がある。

    「A親方が貴乃花を支持し、協会の改革を訴えているからです。
    隠し子情報も、協会派の重鎮親方の周辺から出ているようですからね」(あるタニマチ)

    本誌・女性セブンがその飲食店経営の女性に話を聞くと、「ご贔屓筋にはよくからかわれている。A親方とは親しくしているが、男女の仲ではない」と話した。

    しかし、こんな噂話は氷山の一角。
    貴乃花親方を支持する親方や有力後援者の“後ろめたい話”が、土俵の周りを飛び交っている。

    t


    ◆貴部屋のジャージー力士を「見せしめ説教」

    1月5日、横綱審議委員会による稽古総見後、相撲協会は、貴乃花部屋に所属する新小結・貴景勝、十両・貴源治、幕下・貴公俊を呼び出して口頭で注意した。

    力士には「服装規定」があって、「外出の際にまげを結って着物を着ること」が慣例とされる。
    貴部屋の3力士は昨年末、銀座の繁華街をジャージー姿で歩いたことで大目玉を食らったのだ。

    つづく

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00000006-pseven-spo


    所長見解:まだまだ続くね・・・
    【【情報密告】貴乃花派親方の隠し子疑惑ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    日本相撲協会の評議員会議長である池坊保子氏(75)が12日、前日に引き続いてフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」にVTR出演し、貴乃花親方への「礼を欠いている」発言が猛バッシングを浴びたことについて「とっても傷ついた」と告白、今後は一切取材を受けないことを宣言した。

    b


    貴乃花親方を理事から解任するという日本相撲協会の理事会決議を評議会で認めた後、貴乃花親方を「礼を欠いている」と批判した池坊氏は「先輩のことは大切にする、礼を尽くすっていうことは必要だと思う」と真意を説明。

    「でも礼を欠いているっていう言葉がね、今では使われないような言葉だから、それが若い方の反発を随分呼んだみたいですけどね。アッハッハッハ」と笑い飛ばしたが、猛バッシングや発言を批判する報道にはさすがにこたえた様子。

    「本当にひどくて、誠心誠意、私がお答えしてもね、もう自分で悪口を書きたいと思ってらっしゃるから、そんなの関係なく悪口をお書きになるんですよね、それはとっても私は傷つきました。内容ではなくってね、その人のなんか、いろんなことをね、あげつらって」と真情を吐露。

    「私テレビに出るのはこれが本当に最後。というのは、あることないことどころかね、ないことないこといろいろと過去のことをほじくったりされて、本当に家族にも迷惑をかけます。もうこれから一切、携帯番号も変えて、取材には応じません」と宣言していた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000080-dal-spo


    所長見解:なんだかね・・・
    【【貴乃花嫌】池坊保子氏「とっても傷ついた、もう一切取材には応じない」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「貴乃花」が激白!  最凶の横綱「白鵬」の正体

    日馬富士はアイスピックを握りしめ… 
    協会が“抹殺”しようとした「貴乃花報告書」の驚くべき内容

    t


    沈黙を貫いてきた貴乃花親方(45)がついに語った。
    本誌(「週刊新潮」)の直撃に対して心情を吐露したのだが、そんな親方が有力タニマチに明かしたのは、最凶の横綱白鵬(32)の恥部である。
    2017年の初場所「屈辱の敗北」前日夜、白鵬側近は貴ノ岩に執拗に電話していた――。

    「未来に夢や希望を乗せてこれから力士を志す者たちへ学べる角界であるべきと考えています」

    ――これは本誌が直撃した際に貴乃花親方が漏らした言葉である。
    果たして、今の角界は夢や希望に満ちていると言えるのか。
    そんな疑問を投げかけているようにも聞こえるが、以下、貴乃花親方と極めて近しい関係にある人物の証言を元に、暴行事件の背景を浮き彫りにしていく。


    12月19日、都内某所で2人の男が貴乃花親方と対面していた。
    1人は貴乃花親方のタニマチ、もう1人はタニマチの秘書である。

    そのタニマチが語る。

    「親方はさすがに少し疲れた様子でしたが、“やり抜こう”“戦うぞ”という気迫が感じられました。元の相撲界にもどさなくては、という強い意志もひしひしと伝わってきました」

    相撲協会の臨時理事会を翌日に控えたその日、貴乃花親方は今回の事件の一部始終を余すところなく明かした。
    話の詳細については(下)で後述するとして、今回の暴行事件の背景に存在する最も重要な「事実」に先に触れておきたい。

    白鵬の側近が貴ノ岩にかけた電話――。

    まだどこにも報じられておらず、相撲協会が出した報告書にも全く記載されていない。
    しかし、今回の事件の背景を探っていくと、最終的にその事実に行き当たるのだ。

    星の話を直感

    電話があったのは、暴行事件の9カ月ほど前、2017年1月20日の夜である。
    初場所の13日目が終わったところで、稀勢の里が1敗で単独首位。
    それを2敗の白鵬が追うという構図だった。
    そして、その白鵬の翌日の対戦相手こそ、初顔合わせの貴ノ岩だったのだ。
    しかもその日、稀勢の里が勝利し、白鵬が貴ノ岩に敗れると、稀勢の里の幕内初優勝が決まってしまう。
    すなわち、絶対に落とせない一番の前日夜、白鵬の側近は対戦相手の貴ノ岩に電話してきたのだ。

    「白鵬の側近からの電話は何度も連続してかかってきた。
    しかし、貴ノ岩は、“どうせ翌日の星の話だろう”と直感し、電話に出なかった。
    そのことは当然、貴乃花親方にも報告しています」(先のタニマチ)

    結局、翌日、白鵬は貴ノ岩に対して屈辱の惨敗を喫した。
    そしてそれ以降、貴ノ岩が、

    「俺はガチンコで横綱白鵬に勝った」

    と、周囲に吹聴するようになり、それが白鵬本人の耳にも入っていたことは本誌既報の通りである。

    今回の暴行事件と地下茎で繋がっている「白鵬との因縁」は、もう1つある。

    「事件は鳥取巡業中に起こったが、その前に貴乃花親方は巡業部長として白鵬に直接、“巡業中の集まりは禁ずる”と通達していた」

    と、タニマチは明かす。

    「親方は常々力士たち、特にモンゴル会の力士たちの夜の街での振る舞いについて問題視しており、理事会で意見したこともあった。
    しかし協会執行部が本気で取り組もうとしないので、モンゴル会のトップである白鵬に直接説教したのです。
    白鵬は“分かりました。心得ています”という様子だったようですが、夜遊びを禁じられ、本音としては睨み返したい気持ちだったでしょうね」

    貴乃花親方がこうした「新事実」をタニマチに明かした翌日行われた臨時理事会で、協会執行部は驚くべき行動に出た。
    貴乃花親方が事前に提出していた「事情説明」と題する報告書を“無視”しようとしたのである。

    「貴乃花親方の報告書の上に、協会が作成した最終報告書が重ねて置かれていました。
    理事会は協会の危機管理委員会の高野利雄委員長が最終報告書を読み上げる形で進んでいきましたが、それが終盤にさしかかったところでようやく貴乃花親方の報告書に気付いた出席者が多かったようですね」(相撲協会関係者)

    つづきはこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00536117-shincho-spo


    所長見解:いろいろあるんだね・・・
    【【驚愕内容】相撲協会が抹殺しようとした「貴乃花報告書」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    日本相撲協会の池坊保子・評議員会議長(75)が週刊文春の直撃取材に応じ、批判を受けている横綱白鵬を擁護した。
    池坊氏は日本相撲協会を監督する評議員会のトップとして、1月4日には、貴乃花親方の理事解任処分を承認し、記者会見で「著しく礼を欠いていた」と厳しく批判していた。
    週刊文春の直撃取材に応じた池坊氏は、白鵬について次のように語った。

    y


    ――白鵬の「貴乃花巡業部長なら巡業に参加しない」との発言は、礼を欠いていない?

    「私がこれを言うとひいきしてると言われそうだけど、規則を守らない人に対して、『自分はその下で働けません』というのはわかる気がします」

    ――1月5日の稽古総見では、白鵬の見せた張り手に批判が集まった。

    「張り手っていうルールがあるんでしょ。それがいけないのなら、協会が(張り手を)禁止って言えばいい。(ルールが)ある以上は『張り手した』と、ガーガー(批判を)言わないで。理事会で取り上げてほしいです。(モンゴル人は)狩猟民族だからね。勝ってもダメ押ししないと殺されちゃう。良い悪いは別にして、DNAかもしれないわ」

    白鵬の相撲を巡っては、張り手やかち上げ、ダメ押しなどに批判が集まり、昨年12月20日には、北村正任・横綱審議委員長が苦言を呈していた。

    評議員会議長の池坊氏が、横綱審議委員会と異なる見解を示したことは今後、論議を呼びそうだ。

    1月10日(水)発売の「週刊文春」では、池坊氏の貴乃花親方への批判を含めた150分にわたる取材の模様に加え、処分を受けた貴乃花親方の直撃コメントなどを詳報する。

    http://bunshun.jp/articles/-/5769


    所長見解:すごいね・・・
    【【反貴乃花】池坊保子氏が白鵬を擁護「張り手は問題なし」ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    大相撲の貴乃花親方の母で女優、タレントの藤田紀子が8日、フジテレビ系の生番組「バイキング」で相撲リポーターの横野レイコ氏を批判し、司会の俳優・坂上忍がクギを刺す一幕があった。

    番組では立行司・式守伊之助の10代行司へのセクハラについて特集。
    同局の榎並大二郎アナウンサーが「横野さんによりますと、セクハラを相撲協会に報告したのは、八角理事長体制に反対する一門の行司だという情報があります」と説明した。

    f


    これに対し、藤田氏は「これ事実かどうか分かりませんよ」と疑義。
    元横綱日馬富士の十両貴ノ岩への暴行に関して、横野氏が昨年11月16日の同局系「とくダネ!」で紹介した情報を否定してみせ、「(横野氏は)長きにわたって(取材を)やっておりますけど、私たちみたいに中に入ってやった人間とね、うわさ話を聞いてっていうことは(違う)。
    真実味ということは…私ふだん発言する時に気をつけているのは、自分が見てきたこと、ちゃんとしっかり聞いたこと以外は発言しないように、自分を注意しております」と、横野氏への批判的な態度を隠さなかった。

    坂上は「とはいえ、ここに横野さんはいないわけですから」と、欠席裁判にならないようにクギを刺し、なぜかブラックマヨネーズ・吉田敬に「あなたはやっぱり横野さんの代わりとして発言していかなければいけないと思います」と、反論をうながしていた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00000058-dal-ent


    所長見解:犬猿の仲だよね・・・
    【【犬猿不仲】藤田紀子、相撲リポーターの横野レイコ氏を批判ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ