不倫

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4人組ロックバンドKANA-BOONは13日、公式ホームページで、ベースの飯田(めしだ)祐馬(28)が音信不通状態のため、15日に東京・Zeppダイバーシティで開催予定だった企画ライブの中止を発表した。

    発表によると、今月5日から連絡が取れていないとし、「あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」とした。家族から警察に捜索願が提出されているという。

    s


    15日のライブはデビュー5周年企画の締めくくりでもあり、「皆様にこのようなご報告をしなければならないことを、メンバー、スタッフ一同、大変心苦しく感じております。
    改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます」とした。

    飯田は17年2月、清水富美加から改名した女優千眼美子が、かつて飯田と不倫関係にあったことを暴露。

    すでに関係は解消していたが「清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、16年1月まで交際関係を続けてしまいました」と謝罪したこともあった。

    同バンドは、大阪・堺出身のボーカル兼ギター谷口鮪、ギター古賀隼斗、ドラムス小泉貴裕、ベース飯田による4人組。

    08年に結成され、インディーズ時代のシングル「ないものねだり」がヒット。

    13年にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。

    20代を中心に支持を集める。

    メロディー、歌詞ともキャッチーで覚えやすく踊れるロックとして人気。

    音楽フェスにも多数出演してきた。


    KANA-BOON飯田 最後のツイートは5月31日「ありがとう」
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/13/0012424266.shtml


    飯田が公式ツイッターでつぶやいたのは5月31日が最後。

    「ラジオ聴いてくれた人ありがとう!!6/12に発売のまっさらもカップリングのFLYERSもよろしくお願いします!!6/15のライブでもお会いしましょう!!楽しみがいっぱいで嬉しいです!!」というもので、ラジオ聴取への感謝にシングルやライブへの期待と、失踪をうかがわせる不穏な兆候は見られないツイートだ。

    リツイートはその後も続けられたが、6月4日を最後に途切れている。

    飯田祐馬
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/6/f638e_929_spnldpc-20190613-0209-016-p-0.jpg

    KANA-BOON(左から2番目が飯田祐馬)
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0419/KANABOON_art201904_fixw_730_hq.jpg


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906130001007.html 

    所長見解:出てきてほしいな・・・

    【【悲報】人気バンド・KANA-BOON飯田さん、警察に捜索願 最後のツイートは「ありがとう」の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元モーニング娘。のゴマキこと、後藤真希(33)の夫・A氏が、妻である後藤と不倫関係を持ったB氏に330万円の損害賠償を請求していた裁判で、今月5日に和解が成立していたことが「 週刊文春デジタル 」の取材でわかった。

    s


    第一報は「週刊文春」3月21日号。小誌が入手した裁判資料には、後藤とB氏との生々しいLINEのやりとりや、後藤がB氏との不倫を認める陳述内容が含まれていた。

    一方、B氏は後藤が夫からDVを受けていたとし、「既に婚姻関係が破綻していたので、(損害賠償の前提である)権利侵害行為は認められない」と主張。

    訴えの取り下げを主張していた。

    A氏の知人が話す。

    「不倫裁判が公になり、後藤はママタレントとしての仕事を全て失った。
    裁判が長期化することで、これ以上のイメージダウンを避けたい事務所側が、夫であるA氏に訴えを取り下げるようを説得していました。
    ところが、A氏は『メンツの問題だ』となかなか首を縦に振らなかった。
    ただA氏の収入だけでは今後の生活費やローン、子供たちの教育費など、金銭面での不安も多く、A氏はしぶしぶ受け入れることにしたようです」

    関係者によると、和解の条件は「互いに金銭的な要求をしない」というものだった。

    双方がこれを受け入れ、6月5日に和解が成立。

    約半年におよぶドロ沼裁判は幕引きとなった。

    後藤のブログは3月13日以降更新されておらず、仕事のスケジュールも白紙。

    後藤は周囲に「イチから出直したい」と話しているという。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00012265-bunshun-ent

    所長見解:そうなるね・・・

    【【壮絶】元モー娘。後藤真希の泥沼不倫裁判の結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ マクドナルドがPRに矢口真里を起用し炎上!
    謝罪、活動休止は焼け石に水。
    なかなか消えない不貞行為の過去・・・

    29日に大手ファーストフードチェーン・マクドナルドが公式Twitterを更新。

    かつて“クローゼット不倫”でトップ芸能人の地位から転げ落ちたタレント・矢口真里を起用したメニューPRを展開し、世間をざわつかせている。

    マクドナルドが投稿した内容は『新しくできた#ダブチのトモダチってヤグチ真里さん!?矢口がカタカナで「ヤグチ」になっているのが気になるところですね…』と矢口のポートレートとともに掲載。
     
    とにかく韻を踏んでいることは分かる文章だが、どうやら6月から実施するメニューキャンペーンが関わっているようだ。

    6月5日から期間限定で『ダブチのトモダチ』と称し、定番メニューのダブルチーズバーガーのバージョンアップメニューを販売する。

    そのひとつが「やきにくソースがグッとくるベーコンダブチ」、そう略してヤグチなのだ。
     
    その他のメニューはノグチということで、歌手の野口五郎がTwitterに登場しており、矢口真里の起用は知名度を考えれば必然だ。

    しかし、ネット上では矢口を使ったユーモラスなPR内容に非難が集中している。

    y


    「人選誤りましたね。マック好きでしたが行きたくなくなりました」「ダブチ好きだけど食べる気なくなった」とTwitterに寄せられたコメントの数々が、企業・商品のイメージダウンにつながっていることを物語っている。
     
    バッシングの背景にあるのは、過去に矢口がおかしてしまった不倫劇だろう。

    好感度をウリにしていた矢口にとって、その生々しい情事は世間に衝撃を与え、芸能活動を休止する事態に。

    平成後期から令和に至る「不倫は絶対悪!」という風潮を引き起こすきっかけともされている。

    長きにわたるどん底を経て、インターネット配信番組を中心に活躍している矢口。

    贖罪を経たと思われたが世間の風当たりは依然として強い。

    ただ、今回のマクドナルドPRについては矢口自体に罪はないだけに、どこか不憫でならない。


    https://entamega.com/18333

    所長見解:矢口・・・

    【【悲報】マクドナルドが炎上している理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優・原田龍二(48)が複数のファン女性と関係を持っていると、文春オンラインが報じている。

    原田は、31日に都内で記者会見を開く予定だ。

    文春オンラインによると「郊外の広大なスポーツ公園の脇道に駐車しては事に及んでいた。また、ロケ先の地方で関係を持った女性もいる」という。

    原田は直撃に「……してはいけないことですね」と不倫を認めている。

    f


    原田は、16年の大みそか、日本テレビ系「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」でアキラ100%とともに全裸で股間をお盆で隠しただけの姿で登場し、「丸腰刑事」を熱演したことがきっかけでブレーク。

    昨年、デジタル写真集を発売した際には“全裸会見”で話題になった。

    MXテレビの情報番組「5時に夢中!」(月~金曜午後5時)では金曜日のMCを務めている。

    01年に一般女性と結婚、一男一女の父でマイホームパパとしても知られていた。


    所属事務所は日刊スポーツの取材に、報道内容について認めた上で、「31日の会見でお話しします」と答えた。

    関係者によると、原田は猛省しており、29日に出演したニッポン放送「DAYS」(月~木曜午後1時)では、務めて平静を装いながら放送に臨んでいたという。

    会見では釈明と“裸一貫”での再スタートを誓うとみられる。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-05290782-nksports-ent

    所長見解:ファンか・・・
    【【悲報】原田龍二、不倫がバレた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、元モーニング娘。のゴマキこと後藤真希(33)の元交際相手の男性との不倫を報道。

    記事では、後藤の夫が相手男性に対して330万円の損害賠償を請求しており、裁判で後藤が具体的な不倫内容をつづった陳述書を裁判所に提出したと報じた。

    g


    後藤は、2014年に建築現場で働く3歳年下の夫と結婚し、現在は二児の母。

    昨年10月にはフォトエッセイを出版したり、ベビーブランドのプロデュースや育児系イベントへ出演したりとママタレとしてもブレイクしていた中での不倫報道ということで、大きな衝撃を呼んだ。

    裁判に提出された資料によると、「不倫関係のはじまりは後藤が元交際相手の男性とインターネット上で連絡をとったこと。
    それをきっかけに2018年の初めころから頻繁に連絡をとり合うようになった2人は、都内のアパホテルや錦糸町の“大人のホテル”で、2回にわたり肉体関係を持ったこと」が明らかになっている。

    そんな後藤の不倫裁判が、泥沼化しているという。

    「5月中旬にも公判があったといいます。
    裁判が長期化しているのは間男が賠償請求に応じないためだそうです。
    相手男性は裁判で、後藤が夫からDV被害を受けていて、“すでに婚姻関係が破綻していたので、権利侵害行為は認められない“と主張。
    婚姻関係が破綻していた証拠として、“後藤とのLINEのやりとり”も提出しています。
    さらに、相手男性は逆に“夫に対して、慰謝料を請求するのでは”なんて話も聞こえてきます」(女性誌記者)

    『文春』の報道後、後藤は自身のブログに直筆の謝罪文を掲載。

    「夫よりDVなどを受けていると報じられていますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやり取りから誤解を招く内容となり、大変反省しております」と、夫からのDVについて完全否定し、仕事関係者やファンに向け謝罪をしている。

    「後藤をDVから救おうとしていた間男からすれば、後藤からもはしごを外されて騙されたという気持ちになっているのかもしれませんね。
    慰謝料の逆請求説が一部で噂されるのは、そうした理由からですかね。
    通常、不倫をめぐる裁判であれば、間男側が謝罪し、賠償金を支払うことで決着しますが、
    今回の後藤の裁判では間男側が和解に応じないため、さらなる長期化が必至と見られています」(前出の女性誌記者)

    後藤にとって、不倫の代償は思った以上に大きなものになりそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1847632/
    日刊大衆

    所長見解:なんかすごい・・・
    【【これはひどい】後藤真希、不倫裁判が衝撃の泥沼化の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ