ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    不倫

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの矢口真里(36)がお宮参りをしたことを報告した。


    2018年3月に再婚し、8月9日に第一子長男を出産していた矢口。

    出産以降、子共の様子などもたびたびつづっているが、そんな中、15日にブログを更新し、「お宮参りへ」というタイトルのエントリーを投稿。


    「昨日は家族でお宮参りに行ってきました」とつづり、着物姿で息子を抱っこしている写真を披露した。



    矢口は息子が着ている祝い着について、「旦那さんが31年前にお宮参りで着ていた物で、おかあさんが持ってきてくれました」と明かし、それを見て夫も嬉しそうだったとのこと。


    「私はその姿を見てさらに嬉しい気持ちになりました」とコメントし、「両家のお父さんお母さん一日ありがとうございました」と感謝も記していた。



    o



    しかし、このブログについてネットからは、

    「前夫の気持ちとか考えないの?ひっそりやればいいのに」

    「幸せなのはいいけどあれだけ元旦那を傷つけて、よくのうのうと写真アップできるね」


    「お宮参りなどのセレモニーをするのはいいけど、過去、自分がどんな騒ぎを起こしたか考えれば、公にしない方がいいと思う」

    といった声が集まってしまっていた。



    13年に不倫が発覚してからすでに6年が経過しているものの、いまだ印象は強い。

    それだけにツッコミが集まってしまっていた。



    ※画像がコチラ


    http://dailynewsonline.jp/article/2007310/

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】矢口真里さん、子どものお宮参りを報告した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人妻から告白されたらどうする?

    d


    所長見解:迷う・・・
    【【どうする?】人妻から告白された問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人妻ってそんなにいいか?


    h

    所長見解:まあね・・・

    【【緊急アンケート】「女子高生!」←わかる「女子大生」←わかる「OL!」←わかる 『人妻!』←これ? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    キャスティングも注目 あゆ小説 来春連ドラに オファー殺到の中でテレ朝が獲得
     

    歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)との交際を初告白した小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が来春、テレビ朝日で連続ドラマ化されることが16日、分かった。


    f

     
    同書は、浜崎への取材を基にノンフィクション作家の小松成美氏が手掛けた“激白小説”。

    秘められた恋の告白は話題を呼び、7月31日の発売から今月6日までアマゾンの書籍ランキングの「総合」で7日間連続1位。

    同じく「日本文学」のカテゴリーでは16日まで17日間連続1位となっている。


    幻冬舎によると、初版は5万部で、この日までに2度の増刷で計13万部を発行。

    同社は「日本文学のジャンルで、このスピードでこれだけの部数が出るのは異例のこと」としている。


    反響を受け、映像化のオファーが相次いだ中、広告代理店関係者によると、テレビ朝日が獲得した。

    来春に連続ドラマにする方向で話が進んでいるという。


    注目のキャスティングはこれからになるが、スキャンダラスな魅力もある“平成の歌姫”を誰が演じるのか。

    現役のトップスターをテレビドラマで演じること自体が珍しいだけに、さらに話題を呼びそうだ。


    同書では、本のタイトルとなっている浜崎の代表曲「M」が松浦氏との交際の中で生まれた歌詞であるという事実が判明。


    その突然の告白にファンの間で

    「Mは“勝人のM”だったのか」
    「今さら昔の恋愛を持ち出さなくても」

    と疑問の声が出た一方で、芥川賞候補にもなった作家で社会学者の古市憲寿氏(34)が「ごく個人的な切実な物語というのは、時にとんでもない普遍性をもってしまうんだね。
    『M』で答え合わせができてうれしい」と評価するなど、賛否両論の議論が巻き起こっている。

     
    ≪生歌唱中号泣≫小説では20年前の1999年、松浦氏と破局直後に出演したテレビ朝日「ミュージックステーションスーパーライブ」の様子が描かれている。

    その日、浜崎は生放送の歌唱中に涙をこらえられず号泣。

    当時は涙の理由が謎だったため、ファンの間でこの時の映像が再び注目され話題となっている。

     
    ▽「M 愛すべき人がいて」の内容 

    1998年の歌手デビューからトップスターに上り詰めるまでの2年間に秘められた“出会いと別れの物語”を、赤裸々に描き出した小説。

    松浦氏ら実在する人物や渋谷109などの具体的な場所が実名のまま登場する。

    浜崎の代表曲「M」「Boys&Girls」などが松浦氏との交際の中で生まれたことなども明かされている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000005-spnannex-ent 

    所長見解:どうなん・・・
    【【朗報】浜崎あゆみ物語がドラマ化ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「つい先日、小泉さんと恵比寿駅で会ったんです」と語るのは、小泉今日子(53)の古くからの知人。

    現在は制作会社『明後日』の社長としても活動している小泉。

    恵比寿駅といえば、会社の最寄り駅でもある。知人が続ける。


    「久々に会ったので、すごく懐かしかったのですが、驚いたのは彼女が電車で移動をしていたこと。
    会社の社長さんになりましたし、昔とは経済感覚なども変わってきているのかな、と思いましたね」


    k



    '18年2月に、事務所からの独立と、妻子のある豊原功補(53)との恋愛関係を公表した小泉。

    それから1年半が経過し、2人は新たな試みに挑もうとしている。

    プロデューサーとして映画の製作を手がけているというのだ。

    ある映画プロデューサーは言う。

    「豊原さんも小泉さんも映画のプロデュースは初めての体験だそうですが、なかなか映画がヒットしない時代に思い切った決断だと思います。
    昨年は製作費300万円という低予算映画『カメラを止めるな!』が大ヒットして話題になりました。
    でもお2人の映画『ソワレ』は主演の1人が若手人気俳優の村上虹郎さん(22)で和歌山県内のロケも1カ月弱おこなったそうですから、製作費用は少なくとも1~2千万円はかかるのではないでしょうか」


    彼らは製作費や広告費を集めるために、クラウドファンディングサービスを利用している。

    8月5日時点で支援金は350万円を超えており、かなり反響を呼んでいるようだが、小泉と豊原の“捨て身の作戦”も功を奏したようだ。


    「2人で経済誌のインタビューに応じ、豊原が“創造の世界はもっと自由であるべき”など映画製作について熱く語ったのです。
    2人で取材に応じたのは初めてのことで、7月末に配信された記事では和歌山県の海岸で撮影されたツーショットまで公開しています」(芸能関係者)


    豊原はインタビューではこんな発言も。

    《テレビに出られなくなる、CMに起用されなくなる、生活ができなくなる、映画が撮れなくなる。
    無言の圧力をみんな勝手に自分の中に感じてしまっているわけです。
    自分自身もそういう思いをすることはあるんですが》(『Forbes JAPAN』)


    現在の豊原は経済的に苦境にある。

    小泉への不倫愛を宣言して以降、テレビドラマや映画のオファーは激減しているのだ。


    ある舞台関係者は語る。

    「いまの収入の大部分が、『明後日』から支払われている演出料や出演料で、いわば小泉さんが捻出したお金です。
    その収入から、奥さんの生活費やお子さんの養育費を払っているわけですが、豊原さんも金欠状態に苦しんでいるのでしょう」


    この関係者は、2人のこんな場面も目撃したという。

    「楽屋で豊原さんが、ふと『飲み物がなくなったなぁ』と、つぶやいたんです。
    するとすかさず小泉さんが財布から千円札を渡して『私の分もこれで買ってきて』と……。すごく自然で、お金のことは小泉さんが全部面倒をみているんだな、と思いました」


    金欠苦に耐えながらも、“自由な創作”を目指し、映画製作という新たな夢に向かって走り出した恋人のために、実は小泉は大きな決断を下していた。

    “お気に入りの我が家”を売却したのだ。

    以前、小泉が住んでいたのは都心の一等地に所有するマンションだった。

    彼女を知る音楽関係者は言う。

    「小泉さんが50歳の誕生日を迎えたときに、『MEKURU』という雑誌が、彼女の大特集を組みました。
    すっぴんで撮影に臨んだことも話題になりました。
    広いリビングルームにたたずむ姿や、ソファに横たわる姿が印象的でしたが、その撮影現場となったのが、彼女の自宅マンションだったのです」

    部屋の広さは190平方メートル! 

    その重厚なたたずまいが外国人にも人気の物件で、地元の不動産関係者によれば「売却金額は3億円と聞いています」とのこと。

    この決断の理由について、前出の知人は次のように語る。

    「女としての意地というのでしょうか。
    豊原さんを妻子から引き離し、公の場で“恋人宣言”もさせてしまったわけですからね。
    『彼の夢は私が支える!』という思いにとらわれているのでしょう。
    交際を公にしたころ、小泉さんは賃貸マンションに引っ越していました。
    所有している物件を売却して当面の活動資金を調達することで、豊原さんの創作を支えていきたいと考えていたのでしょう」


    “男の夢”と“女の意地”をかけた映画は、来年公開されるという。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00010002-jisin-ent

    所長見解:あれね・・・

    【【悲報】小泉今日子、自宅を売却しなければいけない理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ