ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:不倫

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    離婚未成立の森且行 「不倫美女」と堂々交際宣言

    元SMAPのメンバーでオートレーサーの森且行(44才)が、かねてから交際中の“不倫美女“と堂々の交際宣言をした──。

    6月中旬、夕方の東京・新宿駅はスーツや制服姿の老若男女で込み合っていた。
    その人込みの中、何度も何度も、後ろを振り返るマスク姿の男性がいた。
    森且行(44才)だ。
    その10m後ろに、あえて距離をとりながらも、彼を見失わないように必死に付いていく女性の姿があった。

    森がオートレーサーとしてデビューしてから21年経つ。
    生涯獲得賞金は6億円を超え、名実ともにトップ選手に。
    競艇や競輪などを含めた公営ギャンブルの広報大使としても各地を飛び回っている。

    「森さんは、1年半前のSMAP解散当日の大晦日に中居正広さん(45才)、稲垣吾郎さん(44才)、草なぎ剛さん(43才)、香取慎吾さん(41才)らと5人で焼き肉店に行っていたことが話題になりましたが、その後も関係は続いていて、元SMAPの3人が所属する『CULEN』がマネジメントするのではという話も出ています。
    オートレーサーのままコメンテーターなど文化人的な活動をすると思われます。
    さらに活動の幅を広げていくのかもしれません」(芸能関係者)

    森はSMAP脱退2年後の1998年に3才年上の女性と結婚、長男が生まれた。
    しかし、2016年8月、SMAP解散発表直後に不倫疑惑が報じられた。

    相手は30代後半の長身美女。
    森のレース後に待ち合わせてスーパーで買い物をしている姿が目撃され、一緒に埼玉県内のマンションに帰宅したという。

    「4、5年前から、森さんは奥さんと別居しています。
    原因は森さんの女性問題だったそう。
    奥さんもすっかりあきらめているようですが、なぜか離婚はしていないんです」(オートレース関係者)

    冒頭、森の数歩後ろを歩いていたのは、その不倫美女・Aさんだった。
    「今も一緒に住んでいるようですよ。
    森さんは離婚したがっていますが、慰謝料の金額で折り合いがつかないようです。
    奥さんは息子さんの留学に付き添って、一緒にアメリカに渡っているそうです」(前出・オートレース関係者)

    離婚が成立していないため人目は気にしているが、親しい人にはパートナーとして紹介しているという。
    紺のカットソーにスキニーパンツというラフな出で立ちのAさんは、距離を保ったまま改札を出ると、駅ビルに向かう。
    人気が少なくなったエスカレーターの前で待つ森に小走りで駆け寄ると、ようやく合流できたのがうれしかったのか笑顔がこぼれた。
    そして「あそこのお店に入ろうか」と言っているのか、カフェの看板を指さしてまた笑った。
    そのAさんの左手の薬指には、指輪が光っていた。


    6月17日、静岡・浜松オートレース場でレースを終えた森を直撃した。

    ──離婚は成立したんでしょうか?
    森「してない、してない」

    ──今も(奥さんとは)別居したままですか?
    森「だって(妻が)日本にいないから」

    ──離婚の話は進んでいる?
    森「どこにいるかわからないし、連絡もとってないよ」

    ──養育費の問題などで難航している?
    森「それはノーコメントで(笑い)」

    ──Aさんとはおつきあいをされている?
    森「うん」

    しっかりと答えると足早にその場を去った。
    堂々とした応対が男らしくもあり“不倫”を公言する姿に不安もあり…。
    どちらにせよ、森は「新しい地図」を描いているようだ。

    NEWSポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20180620_703129.html

    no title

    所長見解:若いな・・・

    【【元SMAP】森且行、美女と不倫宣言の結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    f


    お前に迷惑かけたか


    所長見解:どうなんだろな・・・

    【【禁断の愛】不倫してはいけない理由が分からん ←これwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    夜の街で見つけたその男の顔は、ほんの数時間前に所属チームが敗戦したとは思えないほどに綻んでいた。
    現役時代のようなジャージ素材のラフな服に身を包んだ男は、渋谷区道玄坂のホテルに消えた。
    時刻は深夜0時過ぎ。
    妻と2人の子どもは、今ごろ自宅のベッドの上だろう……。

    梨花との交際を経て、モデル妻と結婚

    「どうにも女の影がある。妻子ある身ながら、ときおり茨城県からわざわざ東京に出向いて密会している」

    元サッカー日本代表・柳沢敦についてそんな“警告”を耳にしたのは、今年の初め。
    彼は現在、現役時代に活躍した茨城県鹿嶋市が本拠地の鹿島アントラーズでコーチを務めている。

    y


    20年来、鹿島を応援する女性は、
    「昔から遊んでいたほうだけど、いまでも奥さんの目の届かない地方での試合のタイミングなどに女性と会ってるってウワサをよく聞きますね」

    確かに彼は現役時代、ピッチの上だけでなく、その外でも数多くの“ゴール”を決めてきたことでも知られる。

    「よく知られているのが梨花さんとの熱愛。
    交際していた'99年当時、外出禁止にもかかわらず日本代表の合宿から抜け出して密会していたことが発覚し一時、代表をはずされました」(芸能レポーター)

    (以下省略。全文は下記リンクからどうぞ)

    http://www.jprime.jp/articles/-/12513


    所長見解:柳沢・・・

    【【夜の得点王】サッカー・元日本代表・柳沢敦、美人と不倫の結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能活動を長期間休んでいたベッキー(34)が、宝島社の広告で髪を切った姿を披露してから1年半。

    今、彼女は自分の人生を「第2章」と呼び、これまでやったことのない仕事にチャレンジしているという。
    今年4月にはプライベートで初めてシリコンバレーに旅し、Google、FacebookなどのIT企業を訪れた。

    そこで感じたものは?ーー

    ハフポスト日本版がベッキーに単独インタビューし、働き方や生き方に対する考えを聞いた。

    b


    ■新しい扉をあける

    ーーIT関連のベンチャー企業や起業家が集まるシリコンバレー。
    会社の社長やエンジニアの人が興味を持つような場所に、どうして行ったのですか。

    私にとってシリコンバレーは、小学校の社会の教科書で何となく習った場所というだけで、正直ずっと興味がない場所でした。

    でも、LINEやメルカリのCMに出させていただくなど、最近ネット系の会社の方々とお仕事をすることが増えたんですけど、皆さんが口を揃えて「シリコンバレーに行った方がいい、見た方がいい」っておっしゃるんです。

    仕事のやり方の概念が変わる、オフィスなど働く場所の捉え方が変わるって。

    私は会社を経営するつもりはないので、自分には関係ないと思っていたんですけど、2018年はもう、そういうの関係なく、とにかく新しい世界を見たいと思っているので。
    「よし今だ!」ということで行ってきました。


    ベッキーは“第2章の人生”を歩んでいる。「私は、小さなプライドやこだわりを捨てた」

    写真撮影は、静かな雰囲気で淡々と進んだ。

    ーーそんなに日本と違いましたか。

    少しの滞在だったので、私の個人的な印象ですけど、シリコンバレーの人たちは、一人ひとりが自分の仕事や人生を「デザイン」してるんだなぁってのを感じましたね。

    日本だったら午前9時にオフィスに行って午後5時に帰る、という風に決められたルールに人が合わせていくって感じが多いと思うんです。
    でもシリコンバレーでは、それぞれの人が自分のルールを設計していた。

    普通に会議みたいに話していた人がいきなり「子どものお迎えがあるからっ」って急に帰ったり。
    もちろん「ごめんね、ママは仕事があるからお迎えに行けないの」と言うのもカッコいい女性だとは思いますが、そういうのは新鮮でした。

    何時に出社して、これぐらいの時間に帰って、夕食はこうして、子どもとはこんなふうに時間を作って、と言うふうに、自分の人生を自分で決めている。
    それがすごくいいな、と思いました。

    ーーベッキーさんは14歳から芸能界に入り、「テレビ」という普通の人と違う世界で生きてきました。ベッキーさんの働き方も変わりそうですか。

    私はこれまで、仕事が充実していることが、自分の人生の充実だったんです。
    でも、仕事が減ったり、長いお休みがあったりして、「仕事の充実が全てじゃない。まず自分の人生の充実が大事で、その喜びが仕事に反映されるんだ」ということがわかりました。

    昔はオフがあるのがイヤで、仕事が入らないと焦ったりしていたけど、今は違います。
    オフの間にプライベートの人生を輝かせて、楽しい気持ちで仕事に向かえたら最高だねって思うようになったんです。

    そういう意味では、今の自分は、シリコンバレーの人たちの考え方とリンクする部分が大いにありましたね。


    ■「ある程度の擦り傷は大丈夫」

    ーーNetflix、Google、AppleなどのIT企業を訪問し、さらにシリコンバレーの日本人向け情報サイト「LOGSTAR」のイベントに参加し、日本のビジネスパーソンとも話したそうですね。

    現地に住んでいる日本人の方たちと話してすごく勉強になったのは、「こっちの人は何でも、いきなりお試しでやっちゃうんですよ」

    以下全文はソース先を読み下さい

    ■今はとにかく、新しい自分を生きたい。
    ■「1個プライドを捨て、1個こだわりを外す」
    ■こっちの扉が閉まれば、別の扉が開く

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00010000-huffpost-soci&p=1

    所長見解:見なくなったね・・・

    【【あの人は今】ベッキー「私は、小さなプライドやこだわりを捨てた」結果wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ゲス川谷絵音、ベッキーに「すごく好きだった」赤裸々エッセイ本を出版へ

    ほのかりんとの破局から1年あまり、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音に、新たにモデル・松本愛との熱愛が発覚した。

    川谷の名前を一躍有名にしたのが、16年1月に報じられたベッキーとの不倫騒動。
    このときは彼女とのメールの中で、離婚届のことを“卒論”と評するなど、彼の独特な言葉のチョイスも大きく注目された。

    g


    「バンドの中でも作詞を手がけており、川谷さんの言葉はファンからも“共感できる”と、大きな支持を得ているんです」(音楽ライター)

    そんなカリスマ的な“詞”を書く川谷のビッグプロジェクトが、水面下で動いているというのだ。

    「6月に中央公論新社から川谷さんのエッセイが出版されるそうなんですよ。
    その中では、なんと名前こそ出していないもののベッキーさんとのことが書かれているとか。
    “前の彼女は、すごく好きだった”と、まるで彼女への未練をにじませるような表現もあるといいます」(出版関係者)

    川谷はこれまで、世間に対してベッキーのことを語ったことはほとんどない。
    なぜこのタイミングで中央公論新社からエッセイが出版されることになったのだろうか。

    「同社には看板雑誌ともいえる『婦人公論』がありますが、本人を口説いてスクープインタビューを取ってくることで有名です。
    最近でも坂口杏里さんや桜田淳子さん、STAP細胞問題で話題になった小保方晴子さんなど『婦人公論』でしかインタビューに応じないタレントも多いんです。

    そういったノウハウを生かして、かなり前から川谷さんと交渉を続けていたのだと思いますよ」(同・出版関係者)

    騒動から2年以上がたって、ベッキーもレギュラー番組やCMが徐々にではあるが決まり始めている。
    お互いの仕事の足を引っ張らないタイミングが、今ということだったのだろう。


    発売元の中央公論新社に、エッセイの具体的な発売時期や内容について問い合わせてみると、

    「出版予定なことは事実ですが、まだ編集中ですので発売日についてはお伝えできません。細かい内容についてもお伝えすることはできません」(宣伝部)

    と、出版予定であることは認めてくれた。
    元カノのことが書かれているんだったら、今カノの松本は読まないほうがいいのかも……。

    http://www.jprime.jp/articles/-/12444 


    所長見解:極みだね・・・

    【【暴露本】ゲス川谷、ベッキーに「すごく好きだった」←これwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ