不仲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    白鵬(32)が休場すれば、稀勢の里(31)は平幕の嘉風に押し倒されて早くも4敗目で5場所連続の休場。
    波乱の続く大相撲1月場所5日目のこの日、土俵の外でもちょっとした話題があった。

    貴乃花親方(45)が部屋のホームページを更新、暴行事件の被害者である弟子の貴ノ岩(27)が3月の春場所での復帰を目指していることを明らかにした。

    貴乃花親方が貴ノ岩の様子などに関して公の場で説明したのは初めてのこと。
    「これから本人に未来を切り拓かせるためには、今回の事件を乗り越え、精神的肉体的な懸念を克服し、後遺症の恐怖にも打ち勝たなければなりません。そのための指導は、惜しむことなくして参ります」などとつづっているが、これに反応したのが協会内部の親方たちだ。

    「弟子を守るとか、指導は惜しまないなんて、よく言いますよ」と、親方のひとりがこう言った。

    「親方は通常、部屋で弟子たちと寝食を共にします。
    それこそ朝稽古に始まって夜寝るまで弟子たちの面倒を見る。
    弟子の日常まで把握しなければ本当の意味での教育はできないし、弟子の行動に関しては責任を負う立場にあるからです。
    けれども、貴乃花親方は通い。
    品川の自宅から江東区の貴乃花部屋に通っているのです。
    よんどころない事情があって部屋に通っている親方も中にはいますが、ほんのひと握り。
    というか、通い親方なんてほとんどいません。貴乃花部屋であんな事件が起きたのも、親方の目が行き届いていない何よりの証拠ですよ」

    親方の言う「あんな事件」とは昨年暮れの12月29日、新三役の貴景勝、貴公俊・貴源治の兄弟が銀座の繁華街をジャージー姿でウロウロ。
    あろうことか師匠の貴乃花親方が理事解任提案された翌日、服装規定違反の失態をしでかし、年明けの稽古総見で春日野理事から叱責された一件のことだ。

    「弟子たちの失態は、はっきり言って貴乃花親方の指導力不足、通い親方の弊害さ」と、親方連中のひんしゅくを買ったのは記憶に新しい。

    t


    ■防犯カメラで弟子の様子を監視か

    貴乃花部屋に関していえば、こんなウワサもある。
    2016年に中野から現在の江東区に移転。
    その際、改装工事に関わった関係者がこう言った。

    「部屋には、いくつか防犯カメラが備え付けられているといいます。
    もちろん、防犯上の目的でしょうけど、カメラは部屋の内部にもあるというのです。
    だとすれば、別の場所にいても、内部の様子が分かることになります」

    あるテレビ関係者によれば、「他に大切な用事があるのか、貴乃花親方は部屋に行かないこともある」そうだ。
    まさかカメラがあるから部屋に行かないなんてことはないだろうが、用事があるときは、別の場所から防犯カメラで弟子たちの様子を監視しているのかどうか。
    いずれにせよ、弟子たちがハメを外した一件ひとつとっても、住み込みの親方と比べて目が行き届いているとは言い難い。
    弟子たちの不始末は、貴乃花親方の師匠としての資質と無関係ではなさそうなのだ。

    貴乃花親方は4日の評議員会で、理事職を解任された。
    暮れの理事会では、理事・巡業部長として協会への報告義務を怠ったこと、危機管理委員会による調査への協力を拒否したことが問題視された。

    組織の要職に就きながら務めを果たさずに職を解かれたかと思えば、親方としても疑問視されている。

    貴乃花親方は角界を改革したい、膿を出し切るなどと言っているらしいが、組織人としても親方としても共感を得られない人が、どうやって角界を「改革」し、「膿を出す」のか。
    単なる不満分子という気もしてくるのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000010-nkgendai-spo


    所長見解:いろいろ出てくるね・・・
    【【師匠失格】貴乃花親方、防犯カメラで弟子の様子を監視ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    1月15日に突如、グループ卒業と芸能界引退を発表したももいろクローバーZの有安杏果に注目が集まっている。
    当初は「『文春砲』を食らった?」「何かしらのスキャンダルが出る?」といった憶測が乱れ飛んだが、実際の文春砲は「小室哲哉の不倫疑惑」であった。
    ならば、引退の理由は何なのか。

    m


    「ファンの間では、もともとほかの4人に比べて、有安だけが浮いた存在だったのはよく知られていますね。
    もっともアイドルらしからぬ存在であったのは確かであり、彼女が『普通の女の子の生活を送りたい』と述べたのは、本音ではあるでしょう。
    メンバーの中で、唯一大学へ進学していたことからもわかる通り、アイドルや芸能界だけではない将来のビジョンもあったのかもしれません。
    発表のタイミングは唐突ではありますが、かねてよりメンバー間では話し合いが重ねられてきたようです」(業界関係者)
     
    もともと有安は子役出身であり、0歳の赤ちゃんモデルを皮切りに、長らく芸能界で活躍してきた。
    このあたりで一区切りをつけ、ほかの世界を見てみたい思いもあったのかもしれない。
    芸能界については、完全引退を宣言しているが、実際のところはどうなのか。

    「彼女は大学では写真を専攻していました。
    さらに、2016年には自らのソロライブの企画や演出を担当しています。
    アイドルとして表に出るだけではなく、広い意味でアーティストとして活動していきたい思いもあったのではないでしょうか。
    時間をおいて活動を再開する可能性もありそうです」(前出・同)

    ひとまず、引退理由は熱愛発覚などのスキャンダラスな内容ではなさそうだ。
    ダメージの大きい「文春砲」を食らわなかったことに、ファンは安堵しているかもしれない。

    https://npn.co.jp/article/detail/89628265/


    所長見解:急すぎるよね・・・
    【【緊急引退】ももクロ有安の引退劇の背景ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2月7日、カズこと三浦知良の所属する横浜FC(J2)と岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治(JFL)が宮崎・日南総合運動公園で練習試合を行なう。
    過去に監督と選手として何度も対戦してきた岡田氏とカズだが、20年経った今も所属チームの練習試合が話題に上るほど、20年前の『カズ落選』は衝撃的な出来事だった。

    日本が初めてW杯に出場した1998年、岡田監督は開幕直前に長らく日本サッカー界をエースとして引っ張ってきたカズをメンバーから外した。
    結果は3戦全敗で予選リーグ敗退。
    その後、岡田氏はコンサドーレ札幌や横浜Fマリノスの監督を務め、2010年のW杯南アフリカ大会でも指揮を執り、日本をベスト16に導いた。

    カズはクロアチア・ザグレブ、京都サンガ、ヴィッセル神戸、横浜FCと渡り歩き、50歳を超えた今でも現役サッカー選手としてピッチに立っている。

    1997年、W杯予選初戦のウズベキスタン戦で4ゴールを奪ったカズは、3戦目の韓国戦で尾てい骨を痛めた後も強行出場したことで状態が悪化し、満足なパフォーマンスが見せられなくなっていた。
    日本が勝利から見放されたことで、サポーターのバッシングの矛先はカズに向かっていった。
    イランとの第3代表決定戦ではカズと途中交代した城彰二が同点ゴールを決め、チームがW杯初出場を決めたことでカズ不要論はさらに過熱していった。

    1998年になると、カズは代表に呼ばれはするものの出番は限られ、日本を出発する直前の5月のキリンカップでも2試合を通じて1度もピッチに立つことはなかった。

    そして、6月2日合宿先のニヨンで岡田監督はカズ落選を発表。

    k


    会見で理由をこう話した。


    「カズに関してはトップの中で今、城を柱として考えていて、交代でどういう選手を使っていこうかと。
    アルゼンチン、クロアチア、ジャマイカという試合を想定した場合に使うチャンスがないと判断しました」

    当時のカズはヴェルディ川崎でMFとして起用されていたこともあったが、W杯による中断までJリーグで4得点。
    4試合連続ハットトリックを記録するなど絶好調だった中山雅史(ジュビロ磐田)らと比べれば、物足りなさを感じさせる数字だった。
    仮に日本代表に選ばれていたとしても戦力として通用したかどうかは意見の分かれるところだ。

    スポーツライターが話す。

    「岡田監督はピッチ上で働くかどうかだけを考えて決断を下したようですが、カズの役割はそれだけではなかった。
    マスコミの批判を一身に背負う役割を果たしていた。
    カズが外されたことで、本格的に『エース』と呼ばれるようになった城は、それまでにないプレッシャーを感じたと語っています。
    控えで出番がなくてもカズがメンバー入りしていれば、城はもっと伸び伸び働けたはず。

    そういう意味で、防波堤になれるカズはピッチに出なくても間違いなく戦力だったと思います。
    この時は岡田監督だけでなく、メンバー発表前にマスコミからもそのような論調はほとんど出なかった。
    日本がW杯を経験していれば、ベテランの重要性を鑑みて、カズはメンバー入りしていたのではないでしょうか。
    2010年の南アフリカ大会でGKの川口能活が直前でメンバー入りしたのは、岡田監督が過去の経験を生かしたのだと思います」

    20年が経とうとしている今も、1998年フランスW杯でのカズ落選については様々な意見が噴出している。
    日本サッカーの歴史の中で、カズという存在の大きさが垣間見えるだろう。


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14165858/


    所長見解:見てみたかったよね・・・
    【【歴史検証】W杯でカズを落選させた岡田武史監督の決断は正しかったかってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのデヴィ夫人(77)が13日放送のカンテレ「胸いっぱいサミット!」にパネリストとして出演し、セレブ女性たちとのお茶会で、日本相撲協会の池坊保子評議員会議長(75)への批判が噴出していたことを明かした。

    d


    「お正月に面白いことがあった」と切り出すと「歌舞伎を見に行って、帝国ホテルでみんなでお茶会をしていたら、上流(階級)の婦人がみんな『池坊保子さん、大っ嫌い!』と言ってたんですよ。もうね、誰も、どうしてとかなんともなく、みんな!」と、その場にいた全員が池坊氏に不快感を示していたことを明らかにした。

    パネリストの東国原英夫が「(池坊氏は)モンゴル人は狩猟民族のDNAですから、という発言があった。
    ああいう発言を聞くと、(議長の)資質がないと思った」と、同氏の立場を疑問視。

    デヴィ夫人はさらに「(日本相撲協会評議員になる以前に就任していた)文部科学副大臣も、どうして彼女なのかなと思った」と。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/13/0010893634.shtml


    所長見解:どっともどっちだよね・・・
    【【セレブ族】デヴィ夫人「池坊議長は上流階級婦人から総スカン」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    終わりの始まりか――。
    タレントの肖像権にあれほどうるさかったジャニーズ事務所が、このほど公式ファンサイトで所属タレントの写真を掲載し始めた。
    以前はグループ名や個人名のロゴのみだったのだから、これは文明開化レベルの大きな変化だ。
    音楽関係者によると、昨年末ごろから異変は感じられたそうで、12月6日放送の「FNS歌謡祭」の公式サイトでは「嵐」や「KinKi Kids」など複数のタレントの写真を掲載。

    1月14日スタートの松本潤出演のドラマ「99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONⅡ」(TBS)のツイッターにも、松本を含めたメインビジュアルが投稿されている。

    極めつけは元「SMAP」木村拓哉のLINEスタンプだ。
    木村は「LINEのお年玉」キャンペーンのアンバサダーに就任。
    特別スタンプの素材はネット媒体にも公開された。
    テレビ関係者は「ジャニーズに限らず、ネット媒体は著作権や肖像権の問題で『取材はOKだけど、写真掲載はNG』というところが多かった。
    ジャニーズなんてハナからボツ交渉。
    それがスタンプ素材とはいえ、キムタク掲載OKというのは前代未聞ですよ」と話す。

    k


    さすがのジャニーズも時代の流れには逆らえなかったのか思いきや、どうも実情は違うようだ。

    「あの3人を潰すためですよ」。

    そう語るのはスポーツ紙記者。

    あの3人とは、昨年9月にジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾だ。
    彼らはジャニーズの強い影響下にあるテレビには見向きもせず、主戦場をネットメディアに絞った。
    独立後の11月に放送されたAbemaTV「72時間ホンネテレビ」は視聴数7400万人を記録。
    結果、「ジャニーズ何するものぞ」という空気が生まれたことは事実だ。

    「そうした空気を良しとしないのが、ジャニーズ次期社長の藤島ジュリー景子氏。
    ジュリー氏は退所した3人の後見人である飯島三智氏とは犬猿の仲。
    それゆえ、ネット媒体で3人が活躍するのは面白くない。
    彼らを潰すために、いよいよジャニーズタレントのネット進出が始まるといいます」(同)

    退所した3人が活躍できているのはジャニーズ事務所がネットメディアに積極的に進出していないからであって、本格的に参入すれば、テレビ業界同様、3人を潰すことは容易と考えているようだ。

    業界関係者の話。

    「やっぱり飯島氏がジャニーズ相手に露骨にケンカを売ったのがまずかった。
    今年公開予定の映画のタイトルは『クソ野郎と美しき世界』だし、子飼いの香取なんかはジャニーズ時代と今との違いをにおわすツイートを連発している。
    いくらタブーの少ないネット媒体と言っても、ジャニーズが本腰を入れれば影響力は絶大。一部ではキムタクのユーチューバー転身もウワサされている。
    退所した3人はこれから厳しい戦いを強いられるでしょう」

    芸能界は「舐められたら終わりの世界」(同)。
    飯島氏の数々の仕掛けは、ジャニーズサイドには宣戦布告に映ったようだ。
    2018年はジャニーズ反撃の年になるかもしれない。


    http://tocana.jp/2018/01/post_15583_entry.html 
    http://tocana.jp/2018/01/post_15583_entry_2.html 


    所長見解:おもしろくなってきたよね・・・
    【【反撃開始】ジャニーズ事務所が元SMAP3人の「排除計画」本格発動ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ