ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    不仲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    関係者たちに支えられながら祭壇の前に立ったミスターこと長嶋茂雄氏(83)は、いまは亡き先輩に花を手向けた。

    1月21日、“野球界のレジェンド”金田正一さん(享年86)のお別れの会が開催された。

    「参列者は球界や芸能界から500人。
    しかしミスターの長男・長嶋一茂(54)の姿はありませんでした。
    金田さんの対談本にはその当時5歳だった一茂との対談も収録されており、’99年に一茂が結婚したときには、金田さんも参列しています。
    それでもお別れの会に一茂が来なかったのは、もしかしたらミスターとのニアミスを避けたからなのでしょうか」(スポーツ紙記者)


    n


    ’09年に報じられたミスターと一茂の“骨肉の争い”。

    原因は父のトロフィや、母・亜希子さん(享年64)の遺品などを、一茂が無断で大量に売却したことだという。


    「最初に確執が報じられてからすでに10年が経過していますが、その溝は埋まっていないどころか、さらに深まっていることを知りました」と語るのは、テレビ番組の制作会社関係者だ。

    その出来事は昨年夏、坂上忍がMC務める番組『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で、一茂を特集した2時間のスペシャル版を制作中に起こったという。

    前出の制作会社関係者が続ける。

    「一茂さんが“長嶋家の秘密”を語るということが、メインテーマで、番組の目玉企画の1つがハワイロケでした。
    ’07年に逝去した母・亜希子さんのお墓はハワイにあるのです。
    そのお墓や、長嶋家ゆかりの場所などを一茂さんが訪れる様子を収録しました。
    日ごろから“ハワイ好き”を公言する一茂さんもノリノリだったのですが……」


    番組では、茂雄氏や亜希子さんの過去の映像も使用する予定だったという。

    「長嶋茂雄さんの肖像権を管理している会社は『オフィスエヌ』で、次女で一茂さんにとっては妹にあたる長島三奈さん(51)が社長を務めています。
    オフィスエヌに『シンソウ坂上』のスタッフが過去の映像の使用許可を求めたのですが、NGというのが回答でした。
    さらに亜希子さんの墓参シーンなど、ハワイロケの放送もやめてほしい、という要請まであったのです。
    結局、現地で何時間もかけて撮影した映像は、ほんの数秒のイメージカットを残しただけで、ほぼすべてがお蔵入り、という異例の事態となってしまいました」


    オンエアでは、一茂は父との思い出や、幼いころ誰よりも長く彼に接してくれたという母・亜希子さんについても語っている。

    「それにもかかわらず、ミスターや亜希子さんの映像や写真はいっさい使用されておらず、何かとても不思議な印象を受けた覚えがあります」(当時、番組を見たテレビ局関係者)


    オンエアされた番組中で一茂は坂上のインタビューに対し、報じられてきた家族の確執についても言及している。

    「(父については)だいぶ距離感が出ちゃってるから、いまも。
    (関係の修復は)なかなかいかないんじゃないかな。
    親子といえ別人格だから」

    「(きょうだいとは)もともといっしょにメシ食ったことない。
    最近だと母の葬式以来、会っていない」


    前出の制作会社関係者は言う。

    「さらに一茂さんは『(家族関係は)いまのままでいいというのもある』とも語っていました。
    一茂さんは、家族関係に距離があるのは昔からで、それぞれ性格も違うから仕方がない、というように淡々と話していました。
    しかし使用許可を求めたときのオフィスエヌの反応を見る限り、確執はもっと激しいものだと思いました。
    “長嶋家の名前を使って仕事をしてほしくない”“(一茂さんを)家族とは認めていない”という、茂雄さんや三奈さんの厳しい意思が伝わってきたのです」


    この件について、一茂の個人事務所「ナガシマ企画」とオフィスエヌに取材を試みたが、ロケシーンの全カットについては特に否定しなかったものの、理由については聞くことはできなかった。

    《(取材に)回答する必要を認めません》(ナガシマ企画)

    《弊社は長嶋茂雄の肖像権を管理する会社であり、そのためにテレビ局とやりとりすることはありますが、その内容について話すことはありません》(オフィスエヌ)


    冒頭のミスターが参列した金田正一さんのお別れの会の喪主を務めたのは、息子で俳優の金田賢一(58)だった。

    父の死を悼むその姿を見て、ミスターの胸にはどんな思いが去来したのだろうか。


    「女性自身」2020年2月11日号 掲載
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1824616/

    ▼写真
    https://img.jisin.jp/uploads/2020/01/nagashima_kazushige_1_line_tw.jpg

    所長見解:ほんまなんやね・・・

    【【茂雄 VS 一茂】長嶋家の確執が激化の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    23日発売の「週刊文春」の報道で明らかになった女優・杏(33)と俳優の東出昌大(31)夫妻の別居生活。

    同誌によれば原因は東出の浮気で、その相手は2018年9月に公開された東出の主演映画「寝ても覚めても」で不倫関係を演じた唐田えりか(22)。

    “理想の夫婦”と称された2人は、これからどこに向かうのか。

     
    杏と東出の間には双子の女児と第3子となる男児の3人の子供がいる。

    誠実な“イクメン”のイメージで好感度を高めてきた東出は、それが完全に裏目に出て、子育て中の女性から総スカンを食っている。

    ただ、2人を取材し続けてきた立場から、批判を承知であえて言わせてもらえば、「夫婦関係がこじれた根底に何があったのか」という疑問が浮かぶ。


    2人が結婚したのは15年1月。

    13年のNHK朝ドラ「ごちそうさん」の共演(夫婦役)で急接近したわけだが、当時10代だった唐田と不倫に走るようなダメ男を最初に見初めたのは杏だった。

    「ごちそうさん」のキャスティングを知った時、杏は歓喜の声を上げたといわれている。

    相手役で2歳年下の東出は7年前のパリコレで同じステージに立ったモデル。

    2人はパリのカフェでお互いの将来の夢について熱く語り合ったといい、杏は顔を赤らめて「運命ってやっぱり存在するんだ……」とスタッフに漏らしたといわれる。

    そんないきさつもあって、結婚までとんとん拍子で進んだわけだが、現実の結婚生活は甘くなかったようだ。

    h


    ■家庭の主導権は杏が握っていた

    家庭生活で完全にイニシアチブを握ったのは、役者としてキャリアが上で、しっかり者の杏。

    夫婦が役者を続けていくために、育児と家事をきっちり分担することを東出に提案したという。

    この頃には家族5人で買い物に行く姿が女性誌に報じられたり、テレビのバラエティー番組で3人の子供たちの効率的な入浴方法が紹介されて若い主婦たちの話題になったりもした。

    これが東出が“イクメン”と呼ばれるきっかけにもなったわけだが、理想の夫を演じ続ける中で彼の心の中に少しずつ“見えないストレス”が蓄積されていったようだ。

     
    筆者の耳にそんな東出の苦悩を彷彿させる情報が飛び込んできたのは、彼が出演し18年に好視聴率を記録した連ドラ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)の収録を追跡している時だった。

    長澤まさみ主演のこのドラマを取材しているとき、偶然共演者の口から耳にしたのは「東出さんは自宅に帰るのを嫌がっているんだよね」という意外な言葉だった。

    一瞬、「イクメンが帰宅拒否症?」と頭の中が混乱した。

     
    ところが、張り込み取材を継続していると、確かに東出は自分の収録シーンが終わってもロケ現場に居座り続けている。

    時系列を遡ると、「コンフィデンスマンJP」の収録時期には、すでに唐田との不倫が始まっていたことになるが、共演していたある俳優はニヤニヤしながら「彼は家に帰りたくない理由があるんだろうね」と漏らしていた。



    日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-00000005-nkgendai-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200126-00000005-nkgendai-000-1-view.jpg

    所長見解:どうなん・・・
    【【でっくん速報】東出昌大「帰宅拒否症」だった模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    所長見解:内部やん・・・
    【【流出】欅坂46さん、半年前にボロボロの内情をリークされていた件wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平手友梨奈「欅坂46」電撃脱退の真相 孤立呼んだ前代未聞の衝撃事件


    人気アイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈(18)が23日、グループから電撃脱退した。

    デビューシングルから最新シングルまでの8作すべてでセンターを務めてきた絶対的エースが、なぜ卒業ではなく脱退なのか? 

    取材を進めていくうちに判明したのは、強すぎるこだわりが招いた前代未聞のある“事件”だ。

    以来、孤独な存在となった平手は、自ら「卒業」ではなく、あえて「脱退」を選んだという。

    その出来事とはいったい――。

     
    人気グループに衝撃が走った。

    23日午後9時前、公式サイトで平手のグループからの脱退が電撃発表された。

    また、織田奈那、鈴本美愉の2人が卒業し、佐藤詩織が活動休止することも併せて発表となった。

     
    平手はその後、同日放送のラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)に出演。

    脱退について「先ほど、ホームページで発表がありましたが、欅坂46を離れることになりました」と報告。

    さらに「今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時に機会があれば話させていただこうと思います」と脱退の理由を明らかにはしなかった。

     
    欅坂46は2015年に結成され、翌16年4月に1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。

    その年にNHK紅白歌合戦に初出場し、昨年末には4年連続4回目の出場を果たした。

     
    昨年9月には初の東京ドーム公演を成功させ、グループ全盛期といえる今、突然のエースの“脱退”。

    関係者によれば「平手本人の希望」だという。

    「脱退は卒業よりもマイナスに取られがちな言葉。
    平手自身がグループに迷惑をかけていると責任を感じたからこそ、この言葉にこだわったのでしょう。
    グループが全盛期を迎える中で、シングルは昨年2月からほぼ1年間もリリースなし。
    平手はこれまで心身ともに浮き沈みがあり、たびたび休養に入らざるを得なかった。
    センターに平手を据えるシングルの制作は、前に進むことができなかった」(芸能プロ関係者)


    乃木坂46、日向坂46と違って、欅坂46は“笑わないアイドルグループ”として世間に認知され、メッセージ性が強い歌詞、激しいパフォーマンスを披露。

    唯一無二の魅力で熱狂的なファンを獲得していった。

    その楽曲を最も体現していたのがセンター・平手だ。

    「それはまるで自分が楽曲に乗り移ってるかのよう。
    平手もこだわりが強く、特に昨年の紅白で披露した代表曲『不協和音』では、全身全霊を込めてパフォーマンスするため、歌うと心身の調子を崩してしまうほどで、しばらく“禁曲”となっていました」(前同)

     
    憑依体質といわれることからも“表現者”としての資質は高く、ある芸能プロ幹部は「将来は大女優になる可能性を秘めている」と指摘する。

    しかし、いつしか孤独な存在に…。

    ある日、こんな“事件”があったという。

    「欅坂46のイメージを誰よりも大切にしていた平手は、ある撮影現場でのセットや全体のイメージが自分が考えていたのと違ったため、『これでは欅坂46のイメージが壊れてしまう』などと訴え、一旦、流れてしまうことがあった。
    そこには他のメンバーも大勢いましたが、あっけにとられていましたよ。
    もちろんスタッフも頭を抱えていました。
    大人の言いなりになることが多い未成年アイドルのなかでは、前代未聞の行動です。
    そんな平手の強いこだわりを理解するメンバーがいる一方、乃木坂46のようなアイドル
    を目指していた者もいて、グループは一枚岩ではなかった」(広告代理店関係者)

     
    秋元康総合プロデューサーにさえ一歩も引かず、意見を戦わせることもあったという。(以下略)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17711271/


    平手友梨奈(18)

    no title

    所長見解:そうやったんや・・・
    【【脱退】欅坂46・平手友梨奈さん(18)「このセットでは欅坂46のイメージが壊れる」← 撮影中止にwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年大みそかに放送された「第70回NHK紅白歌合戦」の歌手別視聴率で40・8%を獲得してトップに立ったジャニーズの人気グループ・嵐が、いつ破裂するかわからない爆弾を抱えている。

    それは二宮和也(36)と松本潤(36)の深刻すぎる確執だ。

    長年応援し続けたファンの心情をないがしろにして結婚した二宮に、他のメンバーは激怒、なかでも松潤の怒りはハンパない。

    その証拠ともいうべき驚きの光景が、年末の紅白歌合戦のリハーサル後に目撃されていた。

    活動休止まで1年を切った嵐から目が離せない――。 


    i


    二宮が元フリーアナウンサーの一般女性Aさん(39)との結婚を発表したのは昨年11月12日のこと。

    2人の交際は公然の秘密だったが、2021年からのグループ活動休止を待たず、おまけにツアー中の“強行”に騒然となった。

    ワイドショー関係者は「早く子供が欲しい2人は、Aさんの年齢を考慮したそうです。
    一刻も早く入籍すべきと。
    二宮の固い意思にジャニーズ事務所も認めるしかありませんでした」と話す。

     
    ファンは阿鼻叫喚だ。

    「せめて活動休止してからでもよかったのではないか」
    「ツアー最中にすることか!?」

    と怒りの声が噴出する事態になった。


    その結果、当時、嵐のツアー会場では二宮グッズだけ売れ残るという現象もあちらこちらで見受けられたという。

     
    ブチギレているのはファンだけではない。

    メンバーもカンカンで、とりわけ松本の激高ぶりは手がつけられないほどともいわれている。

    昨年放送された日本テレビ系「ベストアーティスト2019」では、他の4人が隣のメンバーの肩に手を回したものの、松本は隣で踊っていた二宮の肩に手を回さない姿が放送され、物議を醸した。

     
    ある芸能関係者は「二宮の結婚発表から数日後に行われた雑誌のインタビューでは、カメラマンがいくら『近寄って』と言っても松本は二宮に近寄ろうとしなかったんです。
    それ以来、写真撮影となると、ジャニーズ事務所スタッフが『メンバーに、もっと近寄ってなどの指示はしないでください』とカメラマンにわざわざ注文していた」。

     
    そんな状況下で迎えた紅白のステージ。

    さすがにオンエアでは仲の良い5人の姿を見せていた嵐だが、舞台裏では緊迫した場面もあった。

     
    先月29日の紅白リハーサル後の囲み会見でのこと。

    大トリを務めることについて質問が飛び、二宮が「今年を締めるわけですから、かみしめながらやれたらいい。
    ダンサーの人たちもずっと嵐についてくれて、チームでやっている感じ」と話しだすと、メンバーは途端に無表情に。

    松本に至っては露骨に下を向いてしまうほどだった。

     
    さらに、ある芸能プロ関係者は「舞台袖にいた櫻井と二宮は目を合わせなかった」とも明かしているから、もはや修復は不可能か。

     
    メンバーがここまで二宮に不快感を抱いた裏事情を、テレビ関係者がこう明かす。

    「メンバーも熱愛が報じられたことはありますが、みんな我慢してきた。
    元テレ朝の小川彩佳アナと交際した櫻井翔は、入籍に踏み切れずに破局。
    元タレント女性とのデートがフライデーされた大野智はスポーツ紙の取材に対し、熱愛騒動について謝罪し、強制的に別れさせられた。
    そりゃ怒るのも無理はないです」


    続く

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000002-tospoweb-ent

    所長見解:こっちもか・・・

    【【悲報】「嵐」はすでに修復不可能の模様・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ