ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    不仲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のASKAさんが8月25日、活動休止中だった音楽ユニット「CHAGE and ASKA」から脱退することをオフィシャルサイトと個人ブログで発表。

    ブログでは相棒であるChageさんに対する思いや、現在の関係性もつづられています。


    c


    デビュー40周年を迎えた同日、「私、『ASKA』は、『CHAGE and ASKA』から、脱退を表明いたします」と新たな道を歩むことを発表したASKAさん。

    2014年に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された背景もあり、「私は社会から痛烈に非難を浴びる事件を起こしてしまいましたので、本日の発表が、全て、それに結びつけられる立場にあります」と発表後に巻き起こるであろう推論を覚悟するような言葉を残しており、「それでも構わないと思っています。
    私が多くを語ってはならない」と批判を浴びようとも真実を全てを明かすことはないとしています。


    Chageさんに対しては、「私は、今後の彼の活動を、嘘偽りなく応援します。
    彼にも、同じような気持ちを持って欲しいかな」と相棒への愛をのぞかせつつも、「今回の『脱退』を感じ取った彼から、彼の弁護士を通じて、『できれば、ふたりで会いたい』と、連絡がありました。そうなんだ。ずっとそうだった…。
    そんな大事な言葉さえ弁護士を通して伝えてきた…」と2人の間に何か溝のようなものを感じる言葉も残したASKAさん。

    ファン向けに先行公開されていた前日のブログでは、「そんな大事な言葉さえ、弁護士を経由して伝えてくるあいつとの信頼関係は、もう築けません」と決定的な言葉も書かれています。


    Chageさんとの現在の関係性については、「私は、相棒の『電話番号』も『メールアドレス』も知りません。
    彼の弁護士を通してしか、連絡の方法がありません」と直接コンタクトを取れる状態ではないとのことで、前日のブログでは「会話する時間も場も設けて頂けませんでしたので、このような形を取らざるを得ませんでした」とChageさんと解散についての話し合いの場を設けることがかなわず、脱退という発表に至ったことも告白していたASKAさん。


    「相棒は、まだ『解散』を受け入れていません。
    ましてや、この『脱退』も受け入れられないでしょう」とやはり円満な別れではないようですが、今回のブログ文末には「その上で、お伝えしたいことは、『オレは、別にアイツが嫌いなわけではないよ』」とわずかな愛を感じるメッセージをChageさんに届けていました。


    突然の脱退発表にSNSでは、


    「今年一番残念なニュース」

    「ショックが大きすぎる。二人が復活してくれること夢見ていたのに」


    など事実上の解散を悲しむ声が多くあがった他、


    「お互いの連絡先を知らない?」

    「CHAGEさんがASKAさんとコンタクトをとらないのはなぜだろう? 疑問がいっぱい」

    「結局の所はご本人たちにしかわからない事なんやろなぁ」


    など反響も寄せられています。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000029-it_nlab-ent

    所長見解:残念やん・・・
    【【チャゲアス解散】ASKA「あいつとの信頼関係は、もう築けません」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元日本テレビのフリーアナウンサー、徳光和夫(78)と福留功男(77)の不仲説が25日、同局系「24時間テレビ42」で検証された。

    徳光は1963年にアナウンサーとして、1歳下の福留は66年に記者として入社。

    徳光の方が先輩だが、福留は既に報道局でアルバイトをしており、大学生ながらニュース原稿まで執筆。

    「(徳光は)必ず1行はパンクをする人で、5秒から10秒パンクするんですね」(福留)という新人アナの徳光に、アルバイトの福留が「なんで入らないんですか?皆さん、他の方は入りますよ」とダメ出ししていたという。


    t


    70年、福留がアナウンス部に異動後は、日テレの看板アナとして活躍した2人。

    徳光がショクナイ(内職)の結婚披露宴の司会をダブルブッキングしてしまい、福留が披露宴の後半を担当して尻ぬぐいすること度々だったという。


    相手のことを好きかという質問に、福留は「大好きです。これはもう間違いなく大好きです。一緒にいて楽しいですし、大好きな人です」と、笑顔で大好きを連呼。

    これに対して徳光は「非常に難しい質問で申し訳ないんですが、答えはですね、嫌いではない、好きでもないってことです。だいたいニュアンスで分かるだろう?」と、微妙な回答だった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16978479/

    所長見解:どっちもね・・・
    【【真相】徳光和夫と福留功男の不仲説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    またまた、吉本興業に激震か。

    お笑いタレント・友近のパワハラ疑惑を、8月21日発売の「週刊新潮」が報じた。


    事の発端は、友近のマネージャーが吉本興業幹部に宛てた、2通の嘆願書。

    それには〈こんなできへんやつ初めて見たわ〉〈向いてないから辞めろ〉などの友近の暴言が記されてあったという。

    また、説教は深夜に及ぶことも珍しくなく、夜中のメールに返信しないと何度も電話があり、マネージャーは疲れ果てたようだ。


    t


    同誌は友近を直撃。

    本人はマネージャーにキツく当たることがあると認めたものの、パワハラは否定。

    あくまでも仕事をうまく回すため、正義感から発言していると釈明している。

    ただ友近の言動は過去、マネージャー以外に対しても問題となっていた。


    「2017年12月19日配信の『日刊ゲンダイDIGITAL』が、友近にブーイングの声が上がっていることを伝えています。
    仕事に関しては、真面目で几帳面でストイックらしいのですが、要望が細かすぎて、少しでも段取りが違うとキレて収録やロケをやめてしまうことがあると、テレビ局のADが困り果てていたそうです。
    ADに対してもこうですから、身近にいるマネージャーにはもっと強く当たっていても不思議ではありません」(芸能記者)


    マネージャーやADだけでなく、芸能界の大御所・黒柳徹子を怒らせてしまったこともあった。

    「16年1月18日に放送されたトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に友近が出演したときのことでした。
    番組後半、友近は衣装を着替え、“芸歴50年”と称する架空のベテラン演歌歌手・水谷千重子として再登場。
    台本通りだったとはいえ、黒柳は友近が演じる架空のキャラと話すのが嫌だったのか、『面白くないものをお目にかけて皆様に申し訳ない』と言ったり、トークを続ける水谷に『もういいです』と突き放したりと拒絶状態でした。
    このときから、友近と黒柳に“共演NG”の噂が出ています」(前出・芸能記者)


    仕事熱心は大事だが、周囲ともうまくやってほしいものだ


    http://dailynewsonline.jp/article/1974740/

    所長見解:まあな・・・
    【【悲報】人気女性芸人・友近がマネージャーにパワハラの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「韓国を敵視するな」…日本国会周辺で安倍政権糾弾集会


    日帝徴用被害者に対する韓国最高裁の賠償判決に対抗する日本政府の輸出規制措置で両国関係が悪化した中、「韓国を敵視するな」と主張する日本市民の声が高まっている。

    日本の反戦市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」(以下、行動実行委)と「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」は19日午後、東京の国会議事堂近くで「日韓市民は連帯しよう」などと叫びながら共同集会を開いた。


    h


    集会参加者は「韓国敵視を煽るな」など安倍晋三首相を批判する内容が書かれたカードを掲げながら、経済報復措置で両国関係を悪化させた安倍政権を糾弾した。


    実行委の高田健共同代表はこの日、「韓国では、日韓関係を壊す安倍政権に対し、日本と韓国の市民が連帯して闘うことを呼び掛けている。我々も応えよう」と述べ、反安倍闘争を呼びかけた。

    主催側はこの日の集会に約1600人が参加したと明らかにした。

    https://japanese.joins.com/article/748/256748.html


    「日韓市民、連帯しよう」と集会 東京・永田町の国会近くで
    https://news.livedoor.com/article/detail/16950691/

    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/6/36ac8_1675_2e1ab6edb5783785a2b23af7301737c3.jpg
    所長見解:あれやん・・・


    【【日韓関係】「韓国を敵視するな」 日本市民の声が高まっている件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相が今後予定されている国際会議などで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と「ツートップ外交」を担う見通しだ。

    特に、10月に開かれる徳仁天皇の「即位礼正殿の儀」に祝賀使節団の代表として出席する可能性も取り沙汰されている。


    m


    政府によると、下半期には国連総会(米ニューヨーク、9月24~30日)、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓中日)首脳会議(タイ・バンコク、11月上旬)、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議(チリ・サンティアゴ、11月16~17日)、韓・ASEAN特別首脳会議(韓国・釜山、11月25~26日)などの日程が予定されている。

     
    文大統領は普段からツートップ外交の重要性を強調してきた。

    外交日程が詰まっていることを踏まえれば、李首相と分担して出席する可能性が提起されている。

    先月16日の閣議で、文大統領は「首脳外交の需要が急増し、大統領1人では手に負えなくなっている」とし、「大統領と首相が適切に役割分担して首脳級外交分野で一緒に動く必要がある」と述べた。


    このほか、韓日関係の悪化など外交的に敏感な時期であることから、戦略的にツートップ外交を活用する可能性があるとの観測も出ている。

    韓日関係では、外交的合意が十分にできていない状況で文大統領と安倍晋三首相が直接対面するのは無理だと判断された場合、李首相が対応することも考えられる。

    政府は文大統領の今後のスケジュールや外交戦略などを総合的に判断し、多国間外交計画を
    検討しているとされる。


    今年下半期の多国間外交はデリケートな外交事案が絡んでいるだけに、李首相が実際に役割を分担すればこれまでよりさらに重い権限と責任が与えられるとみられる。

    多国間外交の日程以外にも、政府の代表的な「知日派」とされる李首相が10月に開かれる
    徳仁天皇の「即位礼正殿の儀」に祝賀使節団の代表として出席する可能性も取り沙汰されている。


    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190816004200882

    所長見解:いやいや・・・


    【【悲報】韓国首相が天皇陛下の即位の礼に出席するかも問題。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ