不仲

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小栗旬 西村まさ彦を“共演NG”にしていた!

    演技に激怒した12年前の因縁



    r


    鎌倉幕府の第二代執権・北条義時役の小栗旬(39)の熱い演技ぶりで、視聴率は15%前後と、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は絶好調だ。

    脚本は三谷幸喜氏(60)とあって、大泉洋(48)、山本耕史(45)、梶原善(55)と、三谷作品の常連が続々と登場するが、あの“看板俳優”は一向に登場する気配がない――。

    「三谷さんが手がけた『古畑任三郎』『王様のレストラン』(ともにフジテレビ系)など、数多くの三谷作品に出演してきた西村まさ彦さん(61)には、SNSを中心に待望論があったのですが……ある事情があっていまだにオファーされていません」(NHK局員)

    その理由には、“座長”である小栗との因縁がある、と明かすのは、小栗と西村双方の知人だ。

    「2010年10月に、小栗さんが『獣医ドリトル』(TBS系)の主演を務めたときのことです。
    小栗さんが演じる敏腕獣医が、さまざまな問題を解決していくドラマで、西村さんは第1話のゲストとして出演しました」


    西村は、けがを負った猫の治療を懇願する子供の父親役だった。

    「いくつか2人が絡むシーンがあったのですが、西村さんの演技は、小栗さんにとって“独りよがり”に見えたそうなのです。
    年上の西村さんに面と向かっては言わなかったそうですが、『西村さんの芝居には、最終話まで悪影響が出ましたよ。
    演技が乱されてしまいました』と、非常に憤っていたのです」(前出・知人)


    タイプの違う役者同士のためか、水が合わなかったようだ。

    「小栗さんはスタッフを名前で呼んだり、撮影現場全体を俯瞰して見て気配りを欠かさない“座長”意識がとても強い人。
    一方の西村さんは、昔から独特のペースで演技を組み立てる役者です。

    小栗さんは西村さんの芝居に、共演俳優を生かす気持ちが欠けているように感じたのでしょう。
    以来、小栗さんは西村さんを“共演NG”としているのです」(2人を知る芸能関係者)



    2014年に『お家さん』(読売テレビ制作、日本テレビ系)で小栗と西村は名を連ねているが――。

    「このときの撮影では、ほとんど口も利かずに撮影を終えています」(前出・芸能関係者)

    西村は、三谷氏とも“確執”を抱えているという。

    「かつて2人は盟友の関係にありましたが、三谷さんが紹介した芸能事務所から西村さんが独立するなど、三谷さんから見て“不義理”に見えることが度重なって、彼を起用しなくなりました。
    2016年の『真田丸』では、事務所関係者が三谷さんに頭を下げて、西村さんは出演できたのですが、現在は2人の間を取り持っていたその関係者も去ってしまったそうです」(前出・NHK局員)


    “小栗&三谷殿の13人”に、西村は入れなかったようだ――。


    ▼画像
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220215-00010002-jisin-000-15-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/295fa46af43065834be37501d15c9d09dd044fb3
    所長見解:そうなんや・・・

    【【不仲説】小栗旬、共演NGのベテラン俳優がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
    m


    ロシアvsウクライナ、甲乙つけがたいと話題
      

    ▼画像   

    https://i.imgur.com/10YGtYA.jpg
    所長見解:せやな・・・

    【【検証画像】ロシア vs ウクライナ、甲乙つけがたい件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    立憲民主党、40人以上が離党の準備進める

    立憲民主党、1500万円の資金提供問題で分裂が加速!? 

    国民・都民ファ合流も逆風に


    r


    40人以上が離党の準備?
     
    実は、この騒動を発端に立民は一気に崩壊に向かう可能性がある。

    政治ジャーナリストの藤本順一氏が話す。


    「すでに枝野幸男前代表を中心に40人以上が離党の準備を進めているようです。
    昨年の衆院選で140人以上も立民候補者が落選しましたが、その多くが今も支部長を務めており、財政負担が膨らんでいる。
    おまけに、泉新体制で枝野氏ら旧執行部の意見が通らなくなったので、落選議員というお荷物は立民に押し付け、選挙に強い議員だけで新党を立ち上げようという構想です」


     
    分裂が表面化するのは参院選後とか。


    「国民民主と都民ファーストの合流が実現すると、立民は厳しい。
    立民の支持母体である連合の芳野友子会長と連合東京の斉藤千秋事務局長、都民ファの荒木千陽代表は“女子会”仲間で、連合東京が国民民主を支持するのは既定路線なのです。
    参院選での票の激減が立民分裂の狼煙となるでしょう」


     
    ブーメランも分裂もいつか来た道だが……

    ’22年の立民から目が離せない!?



    https://news.yahoo.co.jp/articles/8def08b7bb4b6845171f53d2e4d51d03e57720b1
    所長見解:もうな・・・

    【【これはすごい】立憲民主党さん、40人以上が離党の準備ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    長嶋一茂、父の長嶋茂雄と絶縁していた 

    「生きているうちに会うことは2度とない」



    no title


    元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(55)が、父の長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(85)と13年間にわたって絶縁状態にあることを初めて自ら明かした。

    11月25日(木)発売の月刊誌「ゲーテ」2022年1月号(幻冬舎)で、<父とは、もう13年会っていない>などと綴っていた。


    <父とは、もう13年会っていない。
    「お父様はお元気ですか?」と聞かれることも多いが、ずっと「父は変わらず元気です」という返事を繰り返してきた。
    会っていないというと話が長くなりそうで、面倒臭くなりそうで…嘘をついてきた>

    <生きているうちに父と会うことは、もう二度とないだろう>

     
    11月3日、スポーツ界からは水泳の古橋廣之進(故人)以来、2人目となる文化勲章を受章するなど、今も大きな存在感を見せる長嶋氏。

    一茂が自ら「絶縁」を公にした背景には何があるのか――。

     
    12月8日(水)16時配信の「 週刊文春 電子版 」及び12月9日(木)発売の「週刊文春」では、一茂が綴ったエッセイの中身のほか、長嶋氏と一茂に深い溝が生まれた背景、商標登録や長嶋氏のグッズ売却を巡る問題、一茂と妹・三奈との「もつれた」関係、重度のうつ病を克服してタレントとして活躍する様子、一茂への直撃取材などについて報じている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d84d91ddb3e7f15fa32fae53b895eacf0eb1bf5
    所長見解:やろな・・・

    【【衝撃告白】長嶋一茂「生きているうちに父と会うことは2度とない」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    韓国次期大統領候補「日本が真摯に謝罪したら関係改善してあげてもいいよ…?」


    k


    どうする?


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b45b968982b0b42b164033ae70610a8fac5bc9a7
    所長見解:知らんわ・・・

    【【悲報】韓国次期大統領候補「日本が真摯に謝罪したら関係改善してあげてもいいよ」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ