ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:不仲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの中山秀征(51)が11日放送のカンテレ「おかべろ」で、タレントの今田耕司(52)との確執の真相を告白した。

    n


    中山と今田はフジテレビ系の生バラエティー番組「殿様のフェロモン」(1993年)のMCとして初共演。

    「考え方が違ったわけですよ。(フジテレビから)『オールナイトフジを復活させたいから、楽しく飲みながらなんで、ワイワイやってくださいよ。女の子きゃあきゃあ言いながら』みたいな(オファーがあった)。
    『ああそうですか。楽しそうですねえ』、僕はそれで受けた。
    ところが今ちゃんには戦いだというふうに伝わってるわけですよ」と、大きな温度差があった。

    番組スタート前の決起集会から既に「誰もしゃべらないような。俺、今ちゃんにビールをついだら、『あ、大丈夫です』と断られた」というピリピリムード。
    双方と親交があるザブングルの松尾陽介(41)によれば、当時、今田がダウンタウンにあいさつに行ったところ、浜田雅功から「全員殺してこい」と、ハッパをかけられていたという。

    中山が親密さを出すために「ヒデちゃんと呼んで」と頼んだものの、今田は「なんで知らないヤツをヒデちゃんって呼ばなきゃいけないんだ」と、ずっと「中山くん」で通していたという。

    中山は「バチバチで、初めて人とこんなにうまくいかないと思ったわけ。それまで楽しくやればなんとかなると思ったけど最後の最後までならなくて。空気が悪くて、それっきり今ちゃんと会うことがなくなったわけ」と説明。
    周囲の忖度(そんたく)もあって共演NGのような関係になり、10数年会うこともなかった。

    同番組で共演していたナインティナインの岡村隆史も「すごい番組内の空気悪い。今田ちゃんと秀ちゃんもなんか空気悪い」と感じていたことを告白。

    後に今田は松尾に「今考えたら、あの当時からテレビのことを分かってたのはヒデちゃんだったな。今の自分なら理解できるけど、あの当時は全く理解できてなかった」と、反省と中山へのリスペクトを吐露。
    松尾の仲介で再会の場が設けられ、和解したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000068-dal-ent


    所長見解:そうやろね・・・

    【【不仲関係】中山秀征、今田耕司との確執の真相がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    音楽バンド『X JAPAN』のYOSHIKIが、ニコニコ動画の公式チャンネル『YOSHIKI CHANNEL』で、『YOSHIKI feat. HYDE』としてテレビアニメ『進撃の巨人 Season3』(NHK)のオープニングテーマ曲『Red Swan』をリリースすると発表した。
    YOSHIKIがボーカルにX JAPANのToshIではなく、『L’Arc~en~Ciel 』のHYDEを選んだことで不仲説が噴出している。

    HYDEとのユニットが結成されたにあたって、週刊誌やネットメディアではYOSHIKIとToshIの不仲説が取り沙汰されるようになり、それを知っているYOSHIKIもネット番組の中でわざわざ「今回の件で変な事をネットに書くようなところは、自分についている国際弁護団で訴える準備をしているよ(笑)」とジョーク交じりに言及した。

    確かにボーカルはHYDEではなく、ToshIの方が自然であることは間違いないだろう。
    今回はなぜToshIが起用されなかったのか。

    t


    「けんかはよくあること」

    「一度は和解したYOSHIKIとToshIの関係が最近はうまくいっていないことは事実です。ToshIがバラエティー番組に出まくっていることをYOSHIKIが面白く思ってないなどと言われていますが、それはちょっと違います。
    なぜならYOSHIKIもバラエティー番組に出ているからです。
    むしろ自分より目立つようになり、嫉妬していると言ったほうが正しいかもしれません(笑)」(バンド関係者)

    これをきっかけに再結成されたX JAPANが再び頓挫してしまうかと言えば、決してそんなことはないという。

    「YOSHIKIとToshIはもともと同級生で、けんかはよくあること。
    放っておけばそのうち収まるでしょう」(レコード会社関係者)

    注目の楽曲でToshIを外したことでYOSHIKIの溜飲が下がれば、和解に向かって動き出しそうだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-58051/


    所長見解:たしかに・・・

    【【X JAPAN】 YOSHIKIとToshIが不仲になった「本当の理由」がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「あんなこと言うやつだと思われたくない!」

    HKT48の指原莉乃(25)が、「AKB総選挙で松井珠理奈(21)にとどめを刺した」とする週刊誌報道に反論した。

    SKE48の松井は、6月16日に行われた「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」で初の1位を獲得。
    直後に体調を崩し、以降は活動を休養している。
    そんななか週刊新潮(2018年7月26日号)が、その原因を“指原の一言”だと報じているのだ。

    松井は開票後の囲み会見で「さくらたん(第3位のHKT48宮脇咲良・20)に“もっとちゃんと踊って”って言いました。じゃないとAKBが終わるから。それを言ったら、さくらたんは出られなくなっちゃいました」と、発言。

    記事によると、その後、1位に授与されるマントを羽織って戻ってきた松井を運営幹部が厳しく叱責。
    泣き崩れた松井に居合わせた指原が「ちょっと、私のマント汚さないでくれる?」と言い放ったという。
    「この一言が、松井を長期療養に追い込んだ」と報じられた。

    s


    指原は8月1日、ライブ配信サービス「SHOWROOM」に出演し報道に猛反論。

    「私が珠理奈のこと怒ったって週刊誌に載った件なんですけど、“私のマント”っていうワード、ダサすぎる問題。
    私のマントって……年に1回か2回着るか着ないかのマントを……恥ずかしい、あんなこと言うやつだと思われたくない。
    言ってないけど、私のマントって言ったって思われていることがメッチャ恥ずかしい。
    私がどんだけ珠理奈と喋ってるか……」と嘆いた。

    配信を見たファンからは、

    「さっしーがそんなこと言うわけないって思ってた!」
    「ファンは誰も信じてなかった」
    「メンバーの仲を裂くようなこと書かないで」

    などと、安堵の声が上がった。

    総選挙選抜メンバーで歌うAKB48 53rdシングル「センチメンタルトレイン」は、歌番組でもセンターのポジションが空いたまま。
    早く全員での披露を見たいものだが……。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15104163/


    所長見解:言わんやろ・・・

    【【マント事件】指原莉乃、松井珠理奈への発言完全否定の結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    NHKの「朝ドラ」の現場がピリピリしているという。
    来年4月スタートの朝ドラ『なつぞら』で、ヒロインを務める広瀬すず(20)が、共演する松嶋菜々子(44)からパワハラ攻撃を受け、早くも爆発寸前の状態に突入しているというのだが…。
     
    s


    「松嶋の“パワハラ疑惑”は7月10日発売の『女性自身』が報じて表面化しました。
    『なつぞら』は、NHK朝ドラ100作目となる記念的大型作品で、広瀬演じる、高度経済成長期にアニメーターを目指して北海道・十勝から上京する少女の人生を描きます。
    松嶋は広瀬の義理の母役なのですが、現場で初顔合わせした際、広瀬に“ちゃんと台本読んできてね”と、お局色丸出しの痛烈忠告をし、現場が凍り付いたというのです」(芸能記者)

    確かに松嶋は、'96年『ひまわり』でヒロインを務めており、NHK朝ドラの大先輩ではある。
    「そんな松嶋から頭ごなしに忠告をされたら、このご時世、“パワハラ”と感じてもおかしくない。
    その後も松嶋は、先輩風を吹かせつつ、広瀬に指導するなどし、妙な空気になっているそうです。
    広瀬は親しい関係者に怒りを訴えており、もはや“ブチキレ5秒前”状態だそうですよ」(同)

    だが、彼女いわく、台本は1回読めば暗記できるのだという。
    ゆえに、台本には何も書き込まず、撮影現場でも台本を読まない主義だというのだが、そういう態度も松嶋の気に障ったのかも…。

    そうした状況の中、周囲が心配しているのが、広瀬のプッツン暴走だ。
    「もともとヤンチャな性格で知られる広瀬だけに、松嶋の攻撃が続くと、いつブチ切れるか分かりません。
    特に彼女は、キックボクシングで鍛えており、格闘家並みの戦闘能力を持っている。
    どんなきっかけで、松嶋にパンチやキックの報復をするか、周囲はヒヤヒヤです」(芸能関係者)

    最近、“三重苦”に見舞われているだけに、なお一層、プッツンリスクは高い。
    1つ目は、『なつぞら』ヒロインが決まったため、放送終了の来秋まで男問題が絶対NGになったことだ。
    「それだけでも爆発寸前なのに、1月には実兄が地元静岡で酒気帯び運転容疑で逮捕され、広瀬まで謝罪コメントを出すハメに。
    さらに1月期の主演連ドラ『anone』(日本テレビ系)が平均視聴率6.1%と大惨敗した。
    そうした中、朝ドラを成功させるプレッシャーは相当で、松嶋に暴行を加えてそのまま投げ出し降板する、という可能性はゼロではない。
    また、懸念されるのは、ブチ切れて、岡田将生、山田裕貴、吉沢亮ら『なつぞら』のイケメン共演陣を食べてしまうこと」(放送記者)

    以前、ファンの質問に、「私こう見えてもメンタルだけは無敵なんです」と言い切った広瀬。
    NHKさん無事に放送開始できればいいですね。

    https://wjn.jp/article/detail/0862608/

    所長見解:おもろいね・・・

    【【NHK朝ドラ】広瀬すずがパワハラ松嶋菜々子と爆発寸前状態 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダレノガレ、トリンドルと2ショット 不仲説一蹴「仲悪くないです!」

    モデルのダレノガレ明美が23日、ツイッターを更新し、一部で“不仲説”が流れるトリンドル玲奈との2ショットをアップ。
    「仲悪くないです!笑」と訴えた。

    ダレノガレが16日に28歳の誕生日を迎えているが、22日にバースデーパーティーを開いたようで「昨日は誕生日会にトリンドルちゃんが来てくれました」とトリンドルとの2ショット写真をアップ。
    「仲悪い説がでてますが、仲悪くないです!笑」と、不仲説を否定した。

    「可愛くて優しくて、歳下なのに私の恋愛相談にのってくれる優しいトリちゃん。癒しやぁ」と、後輩の存在に癒やされているといい「トリちゃん来てくれてありがと またゆっくり」と呼び掛けていた。

    そしてそのツイッターから1時間後、ダレノガレは「結婚願望を捨てることにしました!」と突然の宣言。
    「結婚はいつかしたいけど、相手にそれを押しつけるのは違うなぁ~って。自分がずっと一緒にいたいと思うなら結婚しなくても一緒にいれるし、逆に結婚願望あるから、ない人とは別れる!って選択肢のが私は辛いなって感じだ!」と持論を展開。
    28歳を節目に、考え方にも変化があったようだ。


    昨日は誕生日会にトリンドルちゃんが来てくれました [darenogare.akemi]
    no title
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/23/0011472800.shtml


    所長見解:不仲じゃないのか・・・

    【【不仲説】ダレノガレ、トリンドルとの2ショットがコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ