ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:不仲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「有吉さんの“加山愛”は強く、ぜひ冠番組にオファーしたいということになりました。
    しかし、加山さんの所属事務所から『何を言ってるんですか! 絶対に出しませんよ!』と断られてしまったみたいで……」(テレビ局関係者)

    的確かつ鋭い毒舌が持ち味で、現在10本もの冠番組を抱える有吉弘行(44)。
    影響力の高い人気番組も多く、「有吉さんの番組に何としても出たい!」という芸能人は後を絶たないという。

    a


    そんな人気MCに、まさかの“共演NG”を叩きつけた人がいた。
    それは、昭和の大スター・加山雄三(81)だ。
    散歩番組でのほのぼのした姿からも温厚そうにみえる加山。
    そんな彼が拒否するとはいったい何があったのか。
    共演拒否の原因は、有吉がパーソナリティを務めるラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)での執拗なまでの“加山イジリ”にあるという。

    「加山さんが『24時間テレビ』(日本テレビ系)に出演すると、いつもその裏で毒づくんです。
    毎年恒例の人気企画で、今年で7回を迎えています。
    番組では有吉さん扮する加山さんがラジオにゲスト出演するという設定。
    過去には『加山雄三が陸に上がってくるのは1年の中で今日だけ』などの過激発言が続出。『刺し違えてもいいから、加山雄三を暗殺しようと思っています』と、“殺害予告”をしたこともありました」(ラジオ局関係者)

    もちろんこうしたイジリは、冗談。
    加山に敬意を表した、有吉なりの愛情表現。
    しかし、言われ続けた側はそう思えなかったようだ。
    共演NGについて有吉の所属事務所に問い合わせたところ、「そのような事実は認識しておりません」との回答が。
    しかし加山の所属事務所担当者に問い合わせたところ「お断りさせていただいたのは事実です」とあっさり認めた。

    「ただ加山は有吉さんのラジオについて関知しておらず、あくまでマネージメント側の判断です。
    有吉さんのキャラは理解していますし、内容についてクレームを出したこともありません。取り上げていただくことで加山を若い層に知ってもらえることも理解しています。
    とはいえ、ラジオでの発言を踏まえると……
    やはり共演は断らざるを得ませんでした」(加山の所属事務所)

    憧れのスターとの共演が夢と消えてしまった有吉。
    キャラとはいえ、毒舌もほどほどに!

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1672471/

    所長見解:そうなんだ・・・

    【【不仲説】有吉弘行とは絶対に共演しない大物芸能人がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「収録後、誰の目にも織田さんがイラついているのが分かりました。
    ため息をついたり、体を左右にゆすったり……。
    普段は饒舌な人なんですが、彼は不機嫌になると口をへの字にして黙り込んでしまうんです」(番組関係者)

    10月1日に生放送された特別番組『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)で、“ある事件”が勃発――。
    番組の冒頭で、総合司会の坂上忍(51)がゲストの織田裕二(50)をこう冷やかした。
    「みなさん!フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~!」織田は苦笑いをしながら両手を振って“やめて”とアピール。
    それでも懲りない坂上は「この番組に織田が出てくれるってなって、スタッフ全員ビビっちゃってる」と煽ったのだ。

    さらに坂上が“織田”と呼び捨てにしていたことも相まって、《MCの立場で織田裕二だけ呼び捨てにするのめちゃ不愉快!》といった視聴者からの非難の声が殺到した。
    こうした坂上の“非礼”に顔面蒼白になったのが同局のドラマ担当者だ。

    「今回、織田さんが出演したのは、あくまでも主演を務めるドラマ『SUITS/スーツ』の番宣のため。
    “イジられ役が必要であれば共演者の中島裕翔さん(25)に振る”と事前の打ち合わせで取り決めがあったと聞いています。
    そうした経緯があったにも関わらず、生放送で約束を破られたことに納得がいかなかったのも当然だと思います」(フジテレビ関係者)

    y


    そもそも織田と坂上の間には、27年前からの“因縁”が――。

    「2人は、91年の映画『就職戦線異状なし』で初共演しました。
    同い年ですが、子役から芸能界にいる坂上さんはつねに織田さんに対して先輩風を吹かせていたといいます。
    織田さんにしてみれば、それ以降は共演もなくプライベートでも接点がないのに、そこまで馴れ馴れしくされるのが理解できなかったのでしょう」(映画関係者)

    それにしても、坂上はどうしてこんな“不躾な態度”を取ってしまったのだろうか。

    「年に2回の特番の総合司会という“大役”を務める坂上さんとしては、大物である織田さんをあえてイジって番組を盛り上げようとしたのでしょう。
    織田さんとは旧知の仲だから許してくれるだろうという計算もあったのかもしれません。
    ただ、視聴者の反応にもあるように、どんなに親しくても司会者がゲストを何度も呼び捨てにするのは、バラエティー番組といえども非常識とされています」(テレビ局関係者)

    実は織田が不愉快になったのは、他にも理由があった。
    今回のドラマで織田は『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)以来27年ぶりに鈴木保奈美(52)との再共演が実現。
    同ドラマが再放送され大きな話題を浴びている。
    坂上は特番でも、織田に「(鈴木と)久しぶりに共演すると、どうなんですか?」としきりに質問していたのだが――。

    「織田さんは過去の作品のイメージを引き合いに出されることを嫌うんです。
    特番では『東ラブ』を用いたクイズも出題されましたが、織田さんに話を振るのはNGと打ち合わせされていたそうです。
    それが本番では、いきなり坂上さんに突っ込まれてしまった。
    制作サイドから坂上さんも聞いていたはずなんですが……」(前出・フジテレビ関係者)

    呼び捨て&東ラブイジリと“タブー連発”の坂上に、ついに織田からの“絶縁通告”が――。

    「収録後、織田さんは『約束が違う!』と怒っていたそうです。
    後日、所属事務所から局に『今後は坂上さんとの共演を控えたい』との連絡があったと聞きました」(前出・番組関係者)

    織田の所属事務所といえば、08年に「芸人・山本高広(43)のモノマネがパブリシティ権の侵害にあたる」という主旨の“抗議文書”をテレビ各局に送っていたことが当時騒動になった。
    だが、今回の“共演NG”について織田の所属事務所に確認すると「そのような事実はまったくございません」の一点張り。
    坂上の所属事務所は「何も聞いておりません」との回答だった。
    とはいえ、『バイキング』に加え新番組『坂上どうぶつ王国』もスタートした“功労者”である坂上にフジは“共演NG”を伝えづらいとの指摘もある。

    「そもそもの通例として、フジは坂上さんサイドにわざわざ“共演NG”の通告はしませんよ。
    制作段階でバッティングを避ければいいだけの話ですから。
    しかし、他局にも“2人が共演NGになった”という情報はすでに共有されているようです」(他局の制作関係者)

    俳優から名MCとなった坂上だが、“旧友”織田への仕切りは“異状あり”だった――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00010001-jisin-ent


    所長見解:坂上らしいね・・・

    【【激怒】織田裕二、坂上忍に絶縁通告の理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『TOKIO』の長瀬智也が、滝沢秀明体制に憤慨。
    今後、内部分裂の引き金になりそうだという。

    j


    「滝沢が真っ先につぶしたいのは中居正広。
    “滝沢嫌い”を公言しているし、独立を企てながら平然と事務所に残っている。
    早く追放したくてしょうがない。
    でも長瀬も目の上のタンコブ。
    年長な上に自分より社歴が長く、貢献度も抜群。
    中居のように追い出そうにも追い出せない」(ジャニーズライター)

    『SMAP』がない以上、『TOKIO』は今、ジャニーズ事務所の最年長の看板グループでもある。
    しかも、その中にあって長瀬は中心的な人気を誇っている。

    「今でこそオヤジになりましたけれど、昔は本当にかわいい顔でアイドル性抜群でした。
    だから『TOKIO』に入った前後など、グループと並行してソロでもよくグラビアに出ていたんです。
    その後はグループの顔としてボーカルとギターも担当。実はエリートなんです」(同・ライター)

    長瀬といえば、その昔、歌手の浜崎あゆみと交際。
    ペアのタトゥーを入れていることでも話題になった。

    「浜崎とイチャついているところを写真誌に撮られるなど、ジャニーズに似合わない奔放さも有名。
    しかも交際を認めるなどマスコミ対応もよく、態度が悪いジャニーズにあって稀有な存在といえます」(女性誌記者)


    ジャニーズ分裂のキーマンは長瀬?

    しかも長瀬は、滝沢とは違った方向で幹部の評判もいいようだ。

    「交際といいタトゥーといい、彼はバイクに乗って突如、盛り場に現れたりもするのですが、ハメを外さない。
    しかも『TOKIO』では最年少で決してエラぶらない。
    ワイルドなのに常識人で、事務所内でもシンパが多い」(同・記者)

    ただし、今回の滝沢の大出世は長瀬もオモシロくないようだ。

    「木村拓哉が没落、中居は裏切り者だし、年功序列の事務所体質からいうと『TOKIO』メンバーが出世するのが当たり前。
    リーダーの城島茂はもちろんですが、やはり長瀬。
    ところが結局は年下でさして実績もない滝沢が上になった。
    長瀬だけでなく、グループ全員が納得していないみたいです」(同)

    最近、一部報道では事務所が分裂するのではないかという見方も出ている。

    「長瀬が中心となって『TOKIO』は別会社でやりたいと、メリー副社長、ジュリー副社長に新会社設立を願い出ているそうです。
    みんな滝沢が嫌いなんです。
    ジャニーズ分裂となったら、ひょっとしてキーマンは長瀬かもしれません」(前出のジャニーズライター)

    事務所内抗争が、いよいよ激しくなってきた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1531988/


    所長見解:いいね・・・

    【【ジャニーズ分裂へ】TOKIO・長瀬智也が「滝沢秀明」新体制に挑戦状ってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「もともと慶喜役には疑問を抱いていたみたいです。翔太さんはキャラクター設定について、撮影現場で監督と議論することもありました」(NHK関係者)

    NHK大河『西郷どん』で“ひー様”こと徳川慶喜役の好演が話題の、松田翔太(33)。
    しかし意外にも、翔太はこの役を演じることに納得できない部分があったというのだ。

    「7月29日に放送された第28話『勝と龍馬』では、慶喜が吉之助に“気迫負け”するシーンがありました。
    脚本では、吉之助に短刀を突きつけられ、へなへなと腰が抜けてしまう情けない慶喜が描かれています。
    でも、翔太さんとしては“国を憂い、堂々とした慶喜”が演じたかったのでしょう」(前出・NHK関係者)

    そこで駆け付けたのが、大政奉還で慶喜を追い詰める“因縁”のライバル・大久保利通役を演じる瑛太(35)だった。

    「鈴木亮平さん(35)から『翔太が役どころについて悩んでいるそうだ』と聞いて心配だったのか、自分の出番が終わっても帰らずに翔太さんの収録を見守っていたといいます」(ドラマ関係者)

    m


    しかし、そこで2人の“場外討幕戦”が勃発!

    「瑛太さんは楽屋口にいた翔太さんのもとへ飛んでいくと、問題の“情けない慶喜”のシーンについて話し合いを始めたんです。
    最初は諭すように話していた瑛太さんですが、そこは役者同士。
    演技論がヒートアップして、『俺は嫌だ!』『それは違うだろ!』といった怒号が聞こえてきたそうです。
    そのやりとりを聞いていたスタッフたちは何事かと慌てふためいていましたね」(前出・ドラマ関係者)

    この日の激しい“バトル”は30分近く続いたという。

    「急に翔太さんがフラりと現場に戻ってきて、『わかったよ、やるよ』と一言。
    瑛太さんは『この慶喜を演じられたら、役者として一気に成長する。
    このキャラでやるべきだ』と説得したそうなんです」(前出・ドラマ関係者)

    こうして翔太が演じた“悪役の慶喜”は視聴者からも高評価。
    放送直後のツイッターでは“ヒー様フィーバー”が毎週のように巻き起こっている。

    「自分のアドバイスが功を奏しての反響ぶりに、瑛太さんも大満足だったそうです。
    その後、2人で飲みに行き、そこでも熱い演技論を交わしたのだとか。
    『役になりきったら心が欲するセリフが自然と出てくる』というのが瑛太さんの持論だそうで、翔太さんにもよくそんな話をしているといいます」(前出・ドラマ関係者)

    ここまで瑛太が翔太のことを気にかけるのには、ある人物とのこんな“約束”があった。

    「そもそも瑛太さんは翔太さんの兄・松田龍平さん(35)の親友なんです。
    龍平さんの紹介でプライベートでは以前から交流のあった2人ですが、同じ現場で演技をするのは今回が初めて。
    共演が決まったとき、龍平さんは瑛太さんに『翔太をよろしく』とお願いしていたそうです」(テレビ局関係者)

    2人は今では公私ともに仲が良く、9月5日に行われた翔太と秋元梢(31)の披露宴に瑛太が出席していたほどだ。

    芸能プロ関係者は2人の不思議な関係性についてこう語る。

    「現場での口論は、あくまでも役づくりの上での侃々諤々です。
    2人とも火がつきやすいので、あわや乱闘の激しさを見せるときもありますが、それも本気で仕事に挑んでいるからこそ。
    どんなに言い争っても、プライベートではすっと仲の良い関係に戻れる。
    演技について口論になるというのは、彼らにとっては日常茶飯事なのです」

    『西郷どん』収録現場には、史実よりも激しい男たちの闘いがあった――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00010002-jisin-ent


    所長見解:錦戸は・・・

    【【また喧嘩か】瑛太と松田翔太にトラブル勃発の結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年9月25日放送の『バイキング』にて、毎週火曜レギュラーとして出演していたお笑い芸人の小籔千豊が、この日限りをもってバイキングのレギュラーを卒業することを発表した。

    k


    この日の放送の最後、MCの坂上忍から「長らく火曜バイキングを支えてくださった小籔っちが今日をもって卒業となります」と報告し、小籔も「ありがとうございました」と視聴者へ向けて挨拶した。

    小籔は『バイキング』には、番組開始当初の2014年4月から火曜日レギュラーとして出演。約4年半の長期レギュラーとなった。

    さて、改編期とは言え今回の突然ともいえる小藪の降板だが、一部業界の噂によると、今回の降板は、今年3月に金曜日MCを降板した雨上がり決死隊の一件が関係しているのではないかと噂されている。

    「『バイキング』は金曜MCの雨上がり決死隊が降板した後、誰も後枠に入っていません。本来の吉本興業であれば、吉本芸人が降板した後は後釜を用意するのですが、空白のままになっています。
    これは雨上がり決死隊の宮迫が不倫騒動で叩かれた際、坂上が同じ出演者である宮迫に対しフォローに入らず、逆に糾弾したことで番組に居づらくなり、吉本側も無鉄砲で何にでも噛み付く坂上を警戒していたためとされています」(某業界関係者)

    現に、小籔は『バイキング』における坂上の司会ぶりについて、AbemaTVでの生放送にて「(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしている時がある」「心が折れるときがある」と語っており、ベテランの小籔といえど、『バイキング』はかなりやりづらい仕事であったのは間違いないようだ。

    なお、ネットでは、今回の小籔の降板に対し「火曜レギュラーの中では弁が立つ人なので残念」「坂上さんに対しても真正面から意見が言える人だったので番組に必要な人材だと思っていた」と残念がる人も多い。

    今年に入り、レギュラーが続々と降板していく『バイキング』。
    果たして小籔の後釜には誰が就任するのか……?

    https://npn.co.jp/article/detail/86763017/


    所長見解:不仲?・・・

    【【不仲説】小籔千豊が『バイキング』突然降板した理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ