不仲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ももいろクローバー(現:ももいろクローバーZ、以下ももクロ)の元メンバーで女優の早見あかりが婚姻届を提出したと10日、所属事務所を通じて発表した。

    直筆の書面で新妻の喜びを明かした早見は、7月に婚約会見も開いている。

    共通の知人を通じて知り合った一般人男性と2014年から交際。

    合計4回のプロポーズを受け「このタイミングなら結婚できるかなと心が決まったときに『はい』と返事をさせていただいた」と結婚までの経緯を説明していた。

    ももクロは2008年5月結成で、早見は同年11月に加入。

    サブリーダーを務めたのちの11年4月に卒業を発表。

    以降は女優へと転身し活躍の場を広げている。

    今年1月には、同グループからメンバーの有安杏果が卒業と芸能界引退を発表し大きな話題になった。

    子役時代から22年間芸能界で活躍していた有安は、“普通の女の子”としての人生を歩みたいと志願。

    一度、芸能界から離れることを決意したという。

    しかし、これまでに有安と他メンバーには“不仲説”があったのも事実。

    1月のライブをもって芸能界を引退した有安は、発表から引退までの期間はごくわずかであった。

    当然、ファンたちは混乱。悲しみの声が多く上がった。

    だが、一方で「やっぱりいじめが原因」「他のメンバーとなじめていないのが分かる」などとグループ内での不仲が脱退の原因ではないかと想像するコメントも相次いだ。

    「有安は、グループが始動した後の2009年7月に加入。
    同じく途中加入した早見とは違い、すでに芸能界で活躍していた有安は、他のメンバーと比べると精神年齢は高め。
    グループの輪に入れず、孤立しているイメージが強かったという。
    さらには、デビュー前の苦労を知らない有安にメンバーが冷たく当たっていたという噂もあった。
    不穏な噂は尽きなかったようだ」(音楽関係者)

    m


    有安がももクロに加入した際、実際に“排除”の動きはあったという。

    「何で今さら(増員)?」と、握手会では有安だけ握手を拒否され、「ももクロは(有安以外の)5人だけだから」と面と向かって文句をつける古参ファンもいたそうだ。

    その後、早見の脱退を経てグループ名に『Z』が付いた時期にファン層が変化し、ようやく有安がメンバーとして受け入れられるようになったという。

    さらに、メンバー間でも意識したのか、不仲が感じられる場面は減少。

    次第に不仲説は解消されていった。

    だが、有安の芸能界引退発表を受けて再びネット上では、不仲ネタが盛り上がった。

    そんな中、1月に行われた卒業ライブにおいて、残されたメンバーから歌のサプライズプレゼントと、各々からのメッセージを伝えられた後、有安は「私も10周年は5人で迎えられると思ってました。
    でもこれは4人の、これからのために、こうするしかなかったから」と意味深な発言を放った。

    この言葉が物議を醸した。

    ネット上では「この子がそれを言うのはリアル」「絶対、裏で何かあるだろ」と“疑惑”が浮上。

    さらには、引退発表直前まで「グループ内でハブられていた」などといった憶測も飛び交い、円満な引退ではないとの見方が強まった。

    「結局、残ったのはオリジナルメンバー。
    ももクロはリーダー・百田夏菜子のために集結したグループという説もある。
    初期メンバー同士の結束が固いのだろう」(芸能ライター)

    グループへの違和感を抱き卒業した早見と、大きな謎を残したまま芸能界を去っていった有安。

    晴れて一般人になった有安は、現在も自身のSNSを更新している。

    芸能界への未練を残している可能性も高い。

    もう一度、有安の活躍する姿を見てみたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1613281/


    所長見解:そうやったんや・・・

    【【緑担当】ももクロ・有安、衝撃の引退の裏に隠された事実がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのJOY(33)が15日、自身のツイッターを更新。

    後輩の「某芸人」への怒りをぶちまけ「縁切り」を宣言した。

    j


    JOYは「後輩の某芸人とはもう縁切り。ここまで人にイライラさせられたのは初」と怒りのツイート。

    芸能界のある先輩から「あいつは絶対恩も返さないで適当になるぞ」と忠告されていたことを明かし、「ずっと前からそう予言してた先輩の言葉を信じなかった自分が恥ずかしい」「人としての筋も通せない、世話になった人をなめきってるあんないい加減な奴がこの世界で売れる可能性はゼロ」と怒りをぶちまけた。

    陽気なキャラクターで知られるJOYだが、この日は珍しく怒り心頭。

    「わざわざSNSに書く必要なんてない訳だけど、それを書くって事は相当吐き出したかったんだと思います。中々人にイライラしない僕ですが、今回ばかりはダメでした」とつづった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000116-spnannex-ent


    所長見解:誰やねん・・・

    【【衝撃告白】JOY、「某芸人」に大激怒ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月25日に放送された情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)にて、TBSアナウンサー・宇垣美里が、最近身の回りで起きている不可解な現象を明かした。

    今回番組では、宇垣アナが、東京の新大久保で話題となっている韓国グルメ「ハットグ」を取材。

    ハットグは韓国風アメリカンドッグとして若者から人気の一方、近隣ではゴミのポイ捨てや、他人の敷地内に無断で侵入し飲食する行為が問題となっており、地元住民の怒りの声を伝えた。

    そんな中、スタッフから「最近、許せなかったこと」について質問されると、宇垣アナは「許せないことというか、最近、友達が勝手に増えてるんですよね。私の知り合いとかに『宇垣さんと飲んだよ』って言っている人がいるらしいんですけど、大体私、知らない人なんですよね。誰なんだろう……?」と疑問を吐露。


    そんな彼女は今年、バラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)でも、日々の不満を明かしている。

    同番組にて「世間に誤解されスネてる女」として登場した宇垣アナは、暇さえあればエゴサーチをしていると告白。

    しかし、ネットの書き込み内容が「ぶりっ子」「あざとそう」「男好きそう」「わがままそう」「性格悪そう」「キツそう」と辛辣な意見が多く飛び交っているだけでなく、趣味のアニメ鑑賞にまで「どうせ昔の彼氏に教えてもらったんだろ!」と文句を言われるため、宇垣アナは「いやいや、逆に全部君たちの趣味は女か男の趣味なんかと、彼氏か彼女からの影響受けとんかと。自分の好きなもんくらい自分で選ぶわ! と思うんですけどね」と怒りを滲ませた。

    さらに、過去に出演したサッカー番組のラスト5秒で見せた「投げキッス」する瞬間のキャプチャー画像が紹介されると、宇垣アナは「前後の流れがあるのに、その瞬間だけを切り取る職人みたいな人がいらして、まとめにしてサイトにアップして、『はい、宇垣はぶりっ子です』って感じでまとめられるんですよね」「どの目線であそこを切り取るのというか、何様なの? って思うわけですよ」と激怒。

    g


    また本人は、ディレクターの指示で期待に応えていると真意を明かした。

    だが、この発言に、スタジオにいたホラン千秋は「ただ、唇の角度や顔の見え方とかを計算した投げキッスの写真を見ると、お仕事に応えるっていうのもあると思うんですけど、しっかり自分が可愛い角度を研究してきたなっていう風に女子は思っちゃいます!」と指摘した。

    これに宇垣アナは「だってあの5秒を頂いてるんですよ? そこで最大限のパフォーマンス、一番可愛いと思うように振る舞うのって、それがプロ根性ではないんでしょうか?」と反論すると、ホランは「それはそうだと思うんですけど、受け手側は『あ、すごい媚びてきてんな』って受け取っちゃうってことだと思います」と、2人は言い合いに。

    だが、最後は宇垣アナが「そっか、じゃあみなさん想像力がちょっと足りないのかな~」と強気の発言をし、ホランは「想像力が足りないみたいです」と苦笑しながらバトルは終了となった。

    とはいえ宇垣アナは現在、その美貌やスタイル、キャラクターなどが大ウケしており、男性支持はトップレベルの人気女子アナである。

    そんな彼女に夢中になる男性が多いことを察知し、世の女性は何かとネットで宇垣アナを叩きたくなってしまうのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15681367/


    所長見解:かわいいよね・・・

    【【不仲説】TBS宇垣アナがホラン千秋とバトった結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月2日に開催された「M-1グランプリ2018」の決勝戦。

    霜降り明星が初の平成生まれの王者となり大きな話題となったが、その直後に配信されたスーパーマラドーナ・武智(40)のインスタライブが波紋を呼んでいる。

    武智のインスタライブには、昨年M-1グランプリで優勝を果たしたコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶ(39)も登場。

    久保田は「酔っているのを理由にしますけれど」と切り出すと、「そろそろ辞めてください」と突然に発言。

    続けて「自分目線の自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だろわかるだろ、一番右側のな!」とカメラに向かって大きな声を上げた。

    k


    すると武智も「言うた! 右のオバハンや。右のオバハンにはみんなうんざりですよ」「『嫌いです』って言われたら、更年期障害かって思いますよね」といった暴言を続けた。

    2人が誰を指して発言しているのかは明かされなかったものの、「オバハン」といった女性の蔑称があった。

    そのため唯一の女性審査員であり、審査員席の一番右側に座っていた上沼恵美子(63)を指したものだと思われる。

    同インスタライブは即座に削除されたものの、まとめサイトで取り上げられるなど大きな騒動となった。

    事態を重くみた2人は4日、それぞれのTwitterで謝罪。

    久保田は「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした」と、そして武智は「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです」と綴った。

    しかしTwitterでは、2人の女性蔑視ともとれる言動に「時代遅れはなはだだしい」と怒りの声が上がっている。

    《更年期障害について、日頃からこういう目線で見ているんだなという無知や偏見が透けて見える、救いようのない失言》

    《更年期障害は苦しんでる人がたくさんいるとの認知が広まってきています 他人の苦しみを鈍感に笑える感覚はもう時代遅れなんだよ》

    《「女性は感情的(だから正しくない)」という根拠のない差別と、それに基づく社会からの閉め出しはやめよう》


    「更年期障害で苦しんでいる女性たちを想像することができなかった上に、『女性は感情的だから』と決めつけている。
    いっぽう自らに関しては『酔っている』と前置きしていることにも釈然としません。
    平成生まれの王者を生んだ記念すべき年だというのに……。
    テレビやラジオといった話芸を扱うメディアに出る幕はありません」(テレビ局関係者)

    上沼は3日、ラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)でM-1の審査員を引退すると発表。

    久保田と武智について言及することはなかったものの、「こんな年寄りがね、ポンっと座って偉そうにしている場合ではないんですよ」と語っていた。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1690657/


    所長見解:やりすぎたね・・・

    【【批判殺到】上沼恵美子に暴言を吐いた結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント、今田耕司(52)が30日放送の日本テレビ系「アナザースカイ」(金曜後11・0)に出演。

    かねてからうわさにあった、タレントの中山秀征(51)との確執について語った。

    番組冒頭、中山がフランスバーを訪れ、スタジオの今田と飲み交わすワインを購入。

    その中で、「かつては本当にライバルというか、お互い闘ったけど今となっては良い思い出。懐かしい味。和解の一杯」と店主にイメージを伝え、ワインを選んだ。

    VTRを見たスタジオの中条あやみ(21)は、今田に「何があったんですか?」と無邪気に質問。

    今田は笑いながら「あったのよ」と応じ、「僕が一方的に銃を乱射していた。東京のお笑い界に、ダウンタウンさんに持たされた銃を乱射していた」と説明。

    中山との間に確執があったことを告白した。

    今田と中山が20代のときに共演したバラエティ番組を鑑賞。

    2人のギクシャクしたやりとりを見た今田は「全然目の奥が笑っていない」「とんでもないやつですね! あいつは」と自虐的に振り返り、笑いを誘った。

    t


    中山も当時を振り返り、

    「僕は本番始まる前にワイワイとテンション上げて、キャッキャ言いながら本番臨むんだけど、今ちゃん何やってたと思う?」

    「楽屋で電気消して、シャドーボクシングだよ」

    と暴露。

    今田は恥ずかしそうに大笑いを上げ、「それから20年ぐらい会ってなかったけど、プライベートで6年前に会いまして」と、後輩芸人の仲介で和解したことを打ち明けた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15676676/
    サンケイスポーツ


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【不仲説】今田耕司、中山秀征との確執を語った結果www 】の続きを読む

    このページのトップヘ