不仲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の木村拓哉が14日、中国版ツイッター『微博』で「happy birthday 拓哉」とツイート。

    この日は、妻で歌手・工藤静香の49歳の誕生日だった。

    近頃、家族ネタが解禁となった木村だが、公の場で工藤のプライベートに触れるのは異例である。

    またこの日は、夫婦の次女でモデルのKoki,が自身のインスタグラムで公開した工藤との2ショット写真が大反響を呼んだ。

    Koki,は、工藤を「スーパーママ」と称し、木村家に生を受けたことを感謝した。

    さらに、「人々が何を言おうと、どんな風に批判しようと、愛情と希望で育ててくれて、感謝でいっぱい」と、工藤に対する世間からの批判を振り払った。


    母親としてこれ以上のないプレゼントをもらった工藤は、2000年12月に木村と電撃結婚と妊娠4か月であることを発表した。

    当時、人気絶頂アイドルの結婚宣言にファンは愕然とし、日本中に衝撃が走った。

    工藤というと、1984年に『第3回ミス・セブンティーンコンテスト』に出場し、特別賞を受賞。

    同年、“セブンティーンクラブ”を結成し、85年1月にレコードデビューを果たした。

    そして1986年5月、人気番組『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)のオーディションコーナー「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に合格。

    “おニャン子クラブ”の会員番号38番となり、やがて頭角を現した。

    1987年8月放送の同番組の最終回日に発売となったシングル『禁断のテレパシー』でソロデビューへ。

    オリコン1位を記録した以後は、80年代後半から90年代後半にわたりヒット曲を連発した。

    80年代後半に最も活躍した女性アイドル4人(工藤静香、中山美穂、南野陽子、浅香唯)は“女性アイドル四天王”と呼ばれていた。

    その“アイドル四天王”の工藤と中山は、ドラマ『おヒマなら来てよネ!』(フジテレビ系)の共演をきっかけに“親友”とも言える間柄になった。

    だが、中山の恋人だった当時の人気アイドルでタレントの田原俊彦を巡って、2人の仲は“犬猿”と化してしまったのだ。

    k


    「工藤は、田原との極秘交際を中山からすでに聞いていたようだ。
    だが、中山から田原の話を聞いているうちに、工藤は田原に興味を抱いたという。
    そんな中山は、やがて工藤に対する不信感を抱くようになったそうだ」(芸能関係者)

    だが1989年、『FRIDAY』(講談社)に中山と田原の交際がスッパ抜かれ、2人は周知の仲となった。

    ところが、工藤はお構いなしに田原とのキスシーンを見せつけたり、共演した番組ではわざわざ田原の隣に座り、ちょっかいを出していたようだ。

    「この三角関係の3人が、1991年の『新春スターかくし芸大会』で共演し、番組内で工藤と田原がドラマ共演をした時のこと。
    登場してきた工藤と田原の手は固く結ばれていたそうだ。
    すると、中山は「なんで手つなぐの?」と工藤に問い詰めたという。
    だが工藤は、「トシちゃんからつないできたもん、しょうがないじゃん」と反論し、中山の怒りを買ったそうだ。
    この一件以降、2人の友情に亀裂が入ったと言われている」(芸能ライター)

    そんな2人は、その後、対照的な人生を歩むこととなる。

    工藤は田原の右に出る事務所の後輩アイドルと結婚し、2児の母親となった。

    一方、中山は2004年に作家の辻仁成と結婚。

    1児の母となるが、14年7月に離婚に至った。

    最愛の息子は辻の手に渡るのだが、中山は、離婚協議中にも関わらず、当時の恋人・渋谷慶一郎との“色ボケ”ショットを公開するなど、「子供を捨てた」というイメージを世間に根づかせた。

    交際発覚からバッシングを受け続けてきた工藤。

    だが、そんな周囲の雑音を掻き消したのは、2人の愛おしい娘であった。

    夫婦の離婚説も浮上する中、来年には結婚20周年を迎える。

    話題が尽きない木村家の今後の動向に注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1787976/

    所長見解:いろいろあるもんやね・・・
    【【男問題】工藤静香と中山美穂、不仲の理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《お母さんは先日の手術の時にも、立ち会ってくれました。
    手術室から出た私に、「お疲れ様!」「無事に終わって本当に良かった」と声を掛けてくれました。
    お医者様やスタッフの皆さんに、「ありがとうございました」と何度も何度も頭を下げてくれました。
    その姿を見た時に胸が熱くなりました》

    4月18日、ブログに義母への強い感謝の思いをつづったのは堀ちえみ(52)だ。

    2月に舌がんの手術を受けてからわずか2カ月、今度は食道がんが発覚。

    16日に再び手術を受けたが、そこに義母と義妹が立ち会ってくれたのだという。


    堀は舌がん手術直後から義母の介護に奔走。

    3月26日の退院翌日から2日連続で義母の通院に付き添っていた。

    彼女が2度の離婚を経て現在の夫・A氏と結婚したのは、11年12月。

    それから7年、嫁姑の絆は確実に強くなっているようだ。

    いっぽうで闘病告白以降、ブログには実の両親や妹たちと会った記述がない。

    なぜ実母は姿をみせないのか。


    もともと堀の両親は大阪府堺市に住んでいた。


    堀は三姉妹の長女で三女は元タレントのMさん。

    次女・Kさんは元プロ野球選手の中根仁氏(52)と結婚し、東京近郊に住んでいる。

    そこで本誌はKさんのもとへ向かった。

    自宅から出てきたKさんの横には実母の姿もあった。

    実母はこう答えた。

    「何も聞いていません。というのも、私たちは縁を切られていますから……」

    ネット上でも「実母と妹たちはお見舞いに来ないの?」など心配の声が多数浮上。

    一部では、“母娘の確執”も噂されていた。

    実母の口から明かされたのは、それを裏付ける発言。

    当初は堀夫妻が用意したマンションに住んでいたが、そこから追い出されたという。

    「マンションから出て行ってくれと言われて……。
    だから今はまったく交流がありません。
    前に手紙を送ったこともありましたが、それも送り返されてしまいました」(実母)

    実母にいつごろから会っていないのか聞くと、「7年以上」との答えが。

    Kさんが続ける。

    「私が父と母を引き取って、今はここでいっしょに住んでいます。
    姉は新しい家に引っ越したそうですが、私はその住所も電話番号も知りません。
    こちらは家も電話番号も変わっていないので、向こうからは連絡を取れるはずなのですが……」

    z


    堀がブログにつづった義母への強い愛情表現。

    それは実母と絶縁したからこそ、芽生えた思いだったのだろうか。

    報道で堀のがん闘病を知ったKさんは見舞いに駆けつけたという。

    「ネットで調べて入院していると思われる病院へと向かったんです。
    すると“面会制限”があって看護師さんに『ご家族から了承が得られたら会えます』と言われました。
    それで、ちえみの旦那さんに電話をかけてもらったんです。
    でも結局、連絡がつかず面会できませんでした。
    テレビやネットで病状が報道されると、やはり心配で仕方ありません。
    たった一本だけでも電話をくれれば、私たちもいろいろサポートできるのですが……」(Kさん)


    そこで本誌は堀の夫・A氏に話を聞くべく、東京都内にある自宅へと向かった。

    A氏に実母が「マンションから出て行って」と言われたことについて聞くと、彼は「ありません。
    そんなことしていませんよ」と回答。

    実母と妹のKさんが見舞いに行けない状況になっていることについても「ないです、ないです!」と答える。

    「たしかにあちらのご両親にしばらく会っていないのは、その通りですよ。
    でも(面会させないなんて)ありません。
    そんな話、聞いていませんから」


    食い違う両者の主張――。

    ただ堀も実母も会うことを拒んでいないのであれば、その“ボタンの掛け違い”を戻すこともきっとできるはずだ。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16357108/
    女性自身

    所長見解:なんやろね・・・

    【【トラブル】堀ちえみ、実の母と絶縁状態の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今や業界屈指の人気を誇るフリーアナウンサーの加藤綾子(33)に対し、「ケンカを売った」として話題沸騰中の女子アナがいる。

    「まさかTBS入社2年目の良原安美アナ(23)の口から“カトパンへの挑発”が飛び出すとは思いもよりませんでしたよ」

    とは、テレビ関係者の弁だが、良原アナといえば学生時代からフリーアナとして活動していたTBS期待のホープ。

    彼女が加藤を挑発したという4月7日放送の「サンデー・ジャポン」を振り返ってみたい。

    k


    番組の「新人ジャーナリスト」として福島県を訪れ、「御朱印」を販売している人物を取材した良原アナ。

    「日頃、人生相談を行いながら接客している」と聞き、彼女も悩みを相談したのだが──。

    「ここで良原アナは苦々しい顔をしながら『カトパン(に似ている)説がいちばん悩みですね』と言い放ったんです。
    さらにその後もアナウンサーとして大先輩である加藤について『加藤さん』と言わずに『カトパン』と連呼したため、番組を見た関係者の間で、『ここまで挑発していいの?』と問題視されているんです」(前出・テレビ関係者)

    実際、以前から彼女の「カトパン激似説」は噂になっていたようだ。

    女子アナ評論家の春山マサハル氏が語る。

    「彼女は立教大学に通いながらフリーアナとして『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めていたのですが、思い返せばその頃から『カトパン似の女子大生がいる』と話題になっていましたね」

    気になるのは、良原アナがそこまでカトパンを敵視する理由だが‥。

    4月16日発売の「週刊アサヒ芸能」4月25日号は、知られざる因縁エピソードを大発掘。

    挑発行為の謎を解き明かしている。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16322461/
    アサ芸プラス
    所長見解:似てるね・・・

    【【これはヤバい】人気女子アナ・加藤綾子に対し「ケンカを売った」新人女子アナがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレントのぜんじろうが4月15日、自身のツイッターを更新し、『爆笑問題』太田光との直接対決にやる気満々の姿勢を見せている。

    太田がぜんじろうを呼び捨てしたことをきっかけに勃発した今回の騒動。

    14日の生放送番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)で太田が「おまえのツイッター、誰に向かって言ってるのか分からない。怒っているかどうかも分からない。俺に向かってケンカ売るなら、太田って名指しで言え」と画面越しに呼び掛けると、ぜんじろうがツイッターで
    「今回は、はよ動けよ! よしもと! 太田総理から異例のテレビの生でのオファーやぞ!」と受けて立ったのだ。

    b


    しかし、ネット上では2人の丁々発止のやり取りにシラけたムードが漂い始め、

    《落ち目がはしゃぎ過ぎだろ》
    《テレビに出られるチャンスだからな。ある意味必死だろうw》
    《太田は何でも噛みつき過ぎ。大人げない》
    《芸人同士のなれ合いだろ。視聴者をバカにするな》

    など、冷めたコメントが殺到している。

    「太田はもともと“キレ芸”がウリですし、今回もぜんじろうをわざとあおっているフシがありますね。
    また、ぜんじろうも久しぶりに話題になったことで、メディア露出のチャンスと捉えているのでしょう。
    もはや芸人同士の単なる“内輪モメ”と言ってもよく、視聴者からは、批判の声が日に日に増しています。
    おそらく、適度にやり合った後の手討ちまでが、すべて想定済みでしょう」(芸能記者)

    太田は1990年にビートたけしの代打として『爆笑問題のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演。

    番組冒頭で「たけしさんが死んじゃいました」と毒舌を吐いたため、『浅草キッド』の水道橋博士がスタジオに乱入する事件を起こしているだけに、ぜんじろうとの直接対決を期待する声もあるが…。

    「太田は『今度、ラジオに呼ぶから。オファーするから。ちゃんと申請するから、ちゃんとオファー受けるなら受けろ、受けないなら受けないで事務所と相談しろ』と“直接対決”を呼び掛けていますが、太田の言っているTBSラジオの『爆笑問題カーボーイ』は、基本的に録音放送です。
    仮にぜんじろうが出演しても、大きなハプニングになることはないでしょうね。
    もちろん太田も分かった上での呼び掛けですよ。
    昔の番組のように、突然の乱入騒ぎにはなりようがありません。
    不毛なやり取りを続けていると“炎上芸人”として、どちらもマイナスイメージしか残りませんよ」(同・記者)

    14日はタレントの大桃美代子が自身のブログを更新し、2人の対立について「日本は平和ですね」とつづったが、果たして最後に“笑わせるオチ”が用意されているのか。

    今後の動向に注目したい。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16321994/
    週刊実話
    所長見解:チャンスやね・・・

    【【トラブル】太田光 VS ぜんじろうに「落ち目がハシャぐな」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「爆笑問題」太田光(53)が14日、MCを務めるTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。

    “対立”しているお笑いタレントのぜんじろう(51)を自らがMCを務めるラジオ番組に呼ぶ意思があることを明らかにした。

    太田は今回の“対立騒動”に「俺もぜんじろうもピエール瀧そっちのけの話になっている。情けない」と自嘲気味。

    「僕はもう大人ですから。ぜんじろうのことはもう何でもない。とにかくこれから先は水掛け論ですから。記憶だから。俺も頭打ってるし、コイツも頭打ってないのにぼんやりしてるからね。そういう意味ではいいんだけども」と言いつつも、「ぜんじろうに言いたい!お前は独り言を言うなら俺の名前出すな!お前のツイッター、誰に向かって言ってんだか分かんねえんだよ!怒ってんだかどうかも分かんねえ!俺に向かってけんか売るなら『太田』って言え!『(笑)』じゃねえんだよ!お前の今の感情が俺には分かんねえから不気味でしようがねえ!」とまくし立てた。

    そして、「今度、ラジオに呼ぶから。オファーするから。ちゃんと申請するから、ちゃんとオファー受けるなら受けろ、受けないなら受けないで事務所と相談しろ」と“直接対決”を呼び掛けた。

    h


    2人の対立の発端は、7日放送のTBS「サンデー・ジャポン」。

    太田は、ピエール瀧被告の事件に関連して話題となっていた、ぜんじろうのツイートを取り上げ、「ぜんじろうは相変わらず厄介だね」と発言。

    これに対し、ぜんじろうはツイッターに「日本の芸能界で後輩の太田くんにサンジャポで『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラっとする不思議(笑い)」とツイート。

    すると今度は太田が自身がパーソナリティーを務める9日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)で「てめぇ、いつから俺の先輩になったんだ、ふざけんな三流芸人よぉ、日本でウケねえから外国行ったんだろ。2度とお前のことは口にしないわ。ばーか」とののしった。

    すると、ぜんじろうがツイッターで「心配してくれる方も、煽る方(笑)も、たくさんいるんですが、ラジオで太田くん、さん、さま、総理?が『文句あるなら来い!』って言ってくれたみたいなので、彼の昔の記憶がだいぶ間違ってるので、売名がてら(笑)キャラをつけてくれた『厄介な芸人』として、ラジオに乗りこもうかな(笑)」とつぶやいていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000156-spnannex-ent

    所長見解:出ればいい・・・

    【【トラブル】爆笑問題・太田、ぜんじろうと直接対決へwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ