不仲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NaomiOsaka大坂なおみ
    @Naomi_Osaka_
    Hey everyone, I will no longer be working together with Sascha. I thank him for his work and wish him all the best in the future.

    https://mobile.twitter.com/naomi_osaka_/status/1095064722293096448

    n


    (訳)
    皆さん、こんにちは。私はもはやSaschaと一緒に仕事をすることはありません。私は彼の仕事に感謝し、今後とも最高の祈りを捧げます。

    所長見解:ケンカ別れ?・・・
    【【何があった?】大坂なおみ選手、サーシャ・バイン コーチと決別の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月3日に放送されたトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、ケンドーコバヤシと陣内智則とたむらけんじが出演し、若手時代のマジギレエピソードを語った。

    ある日、陣内がケンコバの実家に遊びにいった際、あまりに部屋が散らかっていたため、“ここは外や”と勘違い。

    すると陣内は、ぺッ! と悪気なく部屋に唾を吐いてしまったという。

    これにはケンコバが「何してんねん!」と大激怒し、つっかえ棒をして部屋に閉じ込めたとのこと。

    さらにこの時、季節は真夏であるにもかかわらず、暖房を40度設定にして、ケンコバはそのまま仕事に出かけたのだった。

    数時間後、仕事から帰ってきたケンコバが部屋を開けると、必死の形相の陣内が「殺したる!」と掴みかかってきたそう。

    「本気で死ぬかもしれない」という恐怖を体験した陣内の怒りは爆発し、そのまま階段の上からケンコバを突き落としたという。

    だが、それほどの事件があっても、2人の友情は崩れなかったようだ。

    k


    そんなケンコバといえば、過去にはバイきんぐ・小峠英二にも声を荒らげたことがある。

    バラエティ番組「有田チルドレン」(TBS系)にて、アシスタントの小峠が、ゲストの矢口真里のフリップ芸をツッコミで遮った時のこと。

    前で見ていたケンコバは、「お前な、自分が目立ちたいっていうのは、芸人として大事だけど、お前、今何やってるかって言うたら、番組潰してんのよ! 考えてやれよ! お前も有田さんに気に入られたいとか、誰にだってそれはあるよ。
    でも、お前が矢口っちゃんの立場だったらどうや? そんな入ってこられて。
    今までのアイドルの子たちも一緒よ。
    もう少し喋りたかったのになってあったと思うよ」とマジ説教。

    そして、少しの沈黙の後、「わきまえろよ!」と声を荒らげたのだった。

    これに小峠は、顔面を硬直させながら「すみません」と謝罪。

    とはいえ、番組では、プロレス好きのケンコバが小峠を追い込んで笑いを生み出そうとしていた可能性もある。

    しかし、後日放送された未公開映像にて、小峠は「(耳元を指しながら)いまだにこの辺で『わきまえろ!』っていうのがリフレインしていますよ」と苦笑い。

    ケンコバの説教は、彼の心に強く刻まれたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1687178/

    所長見解:ネタやん・・・

    【【放送事故】ケンコバがテレビ本番中に小峠に激怒したシーンがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「(韓国の)大統領は調子が悪くなると日本を非難するし、(大統領職を)辞めたあとで逮捕されることもある。おかしな国だよね……」

    “天下のご意見番”ビートたけし(72)が、ついに韓国にブチ切れた。

    冒頭の発言は、1月27日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)でのもの。

    n


    「日韓外交がテーマで、出演者による侃侃諤諤(かんかんがくがく)の議論が展開される中、番組の主役であるたけしさんが“韓国はおかしい”と断言したんです。
    最近の『TVタックル』では、たけしさんはあまり自分の意見を言わず、出演者のヒートアップする様を“高みの見物”というスタイルでした。
    ただ、よほど腹に据えかねていたのか、このときばかりは“俺にも言わせろ”といった感じでした」(テレビ局関係者)

    現在、日韓関係が戦後最悪のレベルに冷え込んでいるのは、ご存じの通り。

    「文在寅氏は筋金入りの反日家であることが分かっていましたから、日本政府としては、文政権が発足したら日韓関係が冷え込むことは織り込み済みでした。
    しかし、ここまでになるとは予想していなかったのではないでしょうか」(全国紙政治部記者)

    天下の蛮行とされる韓国海軍による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射に加え、解決済みのはずの戦時徴用工をめぐり、日本企業に賠償金を支払えとする韓国最高裁。

    さらには、政経の中心・ソウル市の教育庁が、市内の小学校、中学校、高校すべてに“抗日音楽”の教材を配布すると発表した。

    「なぜ、ここにきて反日がヒートアップしているのかというと、文政権の支持率が低下しているからです。
    親北朝鮮、親中国路線をひた走る文政権下で、韓国経済は疲弊。
    失業率が上昇し、サムスンやLGなどの大企業も業績が悪化しています。
    文政権にしてみれば、国民の関心を国外に逸らし、団結させることができる“反日カード”を切るくらいしか、手が残っていないわけです」(前同)

    こうした状況を受けて、日本の政財界では、“コリアリスク”が叫ばれ始めているという。

    「与党議員の一部は勉強会を開き、韓国への制裁を政府に提言する準備に入っていますし、財界も韓国への投資に慎重になってきています」(同)

    それでも、文政権には反日路線を改める様子はないという。

    「今年は、日本の植民地時代に朝鮮で起こった“三・一独立運動”の100周年にあたる。
    文大統領は3月に北朝鮮の金正恩委員長と合同で、大規模な三・一独立運動の記念イベントを計画している。
    ここで反日は“ピーク”を迎えるだろう……」(政界関係者)

    激動の3月は目前だ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1685167/
    日刊大衆
    所長見解:もうね・・・

    【【日韓関係】ビートたけし、ついに韓国にブチギレの結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ナインティナインの岡村隆史(48)が、プライベートでの自分が暗くなった理由を語った。

    岡村は7日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、後輩芸人のたむらけんじがラーメン店のツイッターから「マイク、カメラなかったらおもろ無いやつでした」とののしられた騒ぎに言及した流れで、自分が「プライベートは暗い」と言われるようになった経緯を語った。

    k


    もともと、収録などの前には、仕事に集中したいという思いから、楽屋や前室などで、タレントやスタッフと積極的に雑談をするタイプではなかったことから「暗い」と指摘されるようになったというが、以前は「そんな人間じゃなかった」といい、暗くなったのは相方の矢部浩之と楽屋を別にしたことがきっかけだったと語った。

    当初は2人一緒の楽屋だったが、いつの頃からか、矢部が自分に「飽きて」きたことから楽屋を別にすることになったという。

    すると、スタッフやタレントらは矢部の楽屋には集まったが、岡村の楽屋には気遣ってか、あまり近寄らなくなってしまったという。

    「ほんならさ、横からワーッとか笑い声、聞こえるやんか。
    『何しゃべってんねやろな? 楽しそうやな、本番前に』って思うやん。
    俺のところなんか誰もけぇへんやん。
    (ドアを)5センチ、10センチ開けて、『おはようございます、よろしくお願いします』って言って、ふわ~っとみんな出ていく。
    誰もさ、来てくれへん」とボヤいた。

    そして「それが20年以上続いたからやね。
    俺、そんなんもあって、プライベート暗くなっていったんやと思うで。
    こんなんじゃなかったもん、小学校、中学校、高校なんてクラスで面白いヤツ。
    見せてあげたい、高校の卒業アルバム。
    『しゃべってて飽きない人』NO・1やし、『面白い人』NO・1やったんで」と語った。
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902080000295.html


    所長見解:大丈夫?・・・

    【【再発か?】岡村隆史が暗くなった理由・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    品川祐、哀川翔から「ケンカ売ってんの」と言われた緊迫の初対面エピソード告白

    お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐(46)が、7日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演し、プライベートで仲のいい俳優・哀川翔(57)との緊迫の初対面エピソードを打ち明けた。

    映画の共演で知り合った2人だったが、なんと、「翔さんの第一声は“お前、けんか売ってんの?”だった」という。

    k


    「仲良し2ショットSP」と題したこの日、2人は「仲良し歴13年」と紹介され、笑顔で登場。

    初めて出会ったのは、共演した映画「鳶がクルリと」(2005年公開、主演・観月ありさ)の現場だった。

    品川によると、「撮影が先に終わったので、あいさつしようと思って入り口で待っていたんです。翔さんが階段から下りてきて…。生意気に見えたのか“お前、けんか売ってんの?”って」。

    哀川は「あれ、なんて言うのかな、白いライダースーツ着て(ヤンキーっぽく)こうやって座ってんの。確実にケンカ売ってんでしょ」と回想する。

    ド迫力のVシネマの帝王を向こうに回し、コワモテぶりでは負けない品川。

    周囲には一瞬、タイマン寸前?の緊迫ムードが漂ったが、哀川はブチ切れるどころか「面白いね…」。

    さらに「メシ行こう」と品川を焼肉店に連れていった後、自宅にも誘った。

    品川は「当時、森伊蔵(焼酎)はプレミアムがついて1本、5万円もした。(自宅にあったボトルをみかけて)好きなんですって言ったら、翔さんは“そんなに好きなら、いくらでもやるよ”と2本もくれたんです」と哀川の太っ腹ぶりも語ると、司会のダウンタウン松本が「品川にそんなにあげても、何の得にもならないけどね」とあきれ顔だった。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/07/kiji/20190207s00041000477000c.html

    所長見解:なぜ?・・・

    【【一触即発】品川祐、哀川翔から「ケンカ売ってんの」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ