不仲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫博之〝ヒカル擁護の反論〟で千原ジュニアと絶縁か 芸能関係者が危惧 


    m

     
    お笑い芸人・宮迫博之(51)の〝相方問題〟が波紋を広げている。

    宮迫は「ヒカル=相方」説に関して意見した千原ジュニア(47)に自身のユーチューブチャンネルで反論。

    「(俺たちの関係性を知らずに)ヒカル君のことを言うヤツは俺はちょっと納得いかへんな」と不満を口にしたのだ。

    過去に動画でコラボした2人だが、元は〝犬猿の仲〟。

    今回の発言で〝絶縁状態〟になると周囲は心配している。


     
    お笑いコンビ「雨上がり決死隊」解散に関して、蛍原徹が理由の一つとしたのは「宮迫のユーチューブ開始時期」。


    同じく闇営業問題で謹慎していた「ロンドンブーツ1号2号」田村亮が復帰会見する前日、宮迫はユーチューブチャンネルを開設。

    愛想をつかした蛍原が、解散への大きくかじを切るきっかけになったという。


     
    宮迫は先月17日の「雨上がり決死隊解散報告会」で、コラボ相手とのスケジュールが決まっていて、動画公開をスライドできなかったと説明したが、これに苦言を呈したのがジュニアだ。


     
    解散翌日に出演したTBS系「ゴゴスマ」で、ジュニアは「いろんな芸人と何十年一緒にやってきたと思ってんねん。
    その芸人より、昨日今日会ったユーチューバーの方を取るんかい」とコメントしていた。


     
    宮迫は8日、自身のユーチューブチャンネルを更新。

    コラボ相手として出演したタレント・フィフィの質問に答える形で「ヒカル=相方」説に「まったく違うというか、相方という感覚はない」と否定。

    「ヒカル君は(相方でなく)恩人。
    ヒカル君はユーチューブに本気で命をかけている」と理解を求めた。


     
    さらに、名指しこそしなかったものの、〝ジュニア発言〟に真っ向から反論。

    「ヒカル君にはいろいろ言う人もいた。
    『長い付き合いの(相方を)切り捨てて、会って2、3日のユーチューバー選ぶんかい』と。
    人との関係って年数なのかな? 
    その関係を知らずにそういうふうにヒカル君のことを言うヤツは、オレはちょっと納得いかへんな」と不満を口にした。


     
    長い付き合いがあるものの、〝犬猿の仲〟とされた宮迫とジュニア。

    それでもコンビ解散前の3月半ばには、宮迫のオファーに応じる形で動画でコラボ。

    お互いの複雑な気持ちをぶつけ合い、雪解けに向けて動き出したはずだった。


     
    しかし、そんなジュニアを宮迫は「ヤツ」と表現し、ヒカルとの強い絆を強調。

    芸能プロ関係者は「コンビは解散したが、まだ闇営業問題は終わったわけではない。
    かかわった後輩芸人たちは影響を受け続け、いまだに多くが芸能活動を本格化できない状況。
    宮迫さんの発言は自己中ぶりが浮き彫りになった」と指摘する。


     
    ジュニアといえば、3月のコラボ動画で宮迫に「オレなんかより一緒に闇営業に行った人間をユーチューブに出してくれ」と直訴。

    これに宮迫は「早い段階でオファー(も考えたが、事情があって)絡める状態でなかった。何度も電話してお話はしている。
    それで『今は止めときましょうか』とか、いずれそういう機会も。
    デリケートな部分もあるんで、タイミングを見て。ご了承ください」と話していたが、完全にユーチューバーとなってからも、いまだ出演には至っていない。



    「ジュニアさんの『何十年~』発言には、そういった後輩芸人たちも含まれる。
    宮迫さんがユーチューブでどういう活動をしようが、それは自由だけど、ジュニアさんの気持ちもくみ取ってもいいのではないでしょうか」(前出関係者)


     
    宮迫の言うように今も事情はあるのかもしれないが、ジュニアの発言を否定する前に後輩たちへ向けた何らかの言葉があってもいいと考えるお笑い関係者は多い。


     
    別の芸能関係者は「今のままなら『勝手気ままにわが道を行く』と映ってしまう。
    せめて後輩は救ってあげないと。
    今回の件でジュニアさんと絶縁状態になる可能性もある」と残念がる。


     
    ヒカルが恩人であるならば、宮迫も闇営業問題に参加した後輩芸人の〝恩人〟となって、スッキリとユーチューブ活動してもらいたいものだ。



    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210914-03631045-tospoweb-000-1-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/02d2a0b5f9eea0cb2f8d51807ff89144801b731c
    所長見解:もうな・・・

    【【不仲】元雨上がり決死隊・宮迫博之、千原ジュニアと絶縁の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    韓国大統領選、文氏より「従北・反米・反日」の李在明氏が圧倒的優位、投機型バブル崩壊の危機に「バラマキ公約」で勝利か


    m


    韓国の大統領選挙はまだ、2大政党の予備選挙の勝者も決まっていない段階だが、早くも李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事が「本選挙でも圧倒的優位」と読めるような状況になってきた。

     
    その一方で、株式、仮想通貨、不動産への「投資」ならぬ「賭博的投機」は、1年ぶりの金利引き上げがあっても過熱化が収まらない。

    投機型バブルが全面崩壊するところまでは行かないとしても、やがて多重債務者が続出する。

    彼らにとって「バラマキ政治家」である李在明氏は“救いの神”に見えることだろう。

     
    大統領選挙は、李在明氏のもう一つの本質である「従北・反米・反日」が主要な争点にならないまま進行する可能性がある。

     
    与党「共に民主党」の予備選挙は先週、忠清南道と忠清北道の2地区から始まった。

    ともに李在明氏が55%前後の得票で、2位の李洛淵(イ・ナギョン)元首相に倍近い差を付けた。

     
    李在明氏は「非文在寅派」であり、李洛淵氏は「文在寅派」だ。

    与党内では文在寅派が圧倒的多数を占める。

     
    李洛淵氏は投票直前には「私が大統領になったら、最初の首相は忠清道の人物から選ぶ」とまで述べて、地域感情にゴマをすった。が、大敗した。

    これは「李在明の強さ」が本物であることを物語る。

    一方、保守の野党第一党「国民の力」は、「予備選挙に向けた党内での競い合い」というよりは、「近親憎悪の内紛」と呼べるような状況だ。

     尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長は、辞任した直後は「圧倒的な人気」だったが、その後の盛り上がりがないまま、組織的支援を期待して「国民の力」に入党した。

     
    しかし、彼が文在寅政権の前半、朴槿恵(パク・クネ)政権の要人たちを次々と起訴した「恨」は保守陣営に残っている。

     
    いま彼は検察総長時代に、国民の力の国会議員に政権与党側を告発するように働きかけたとする疑惑で、左翼陣営から攻撃されている。

    が、この疑惑ネタも、実は「党内の内紛」絡みで出たのではないかと疑われている。

     
    36歳で議員歴がない「国民の力」の党首は“一時の風”に乗って当選したが、内紛を抑える力量はない。

     
    尹錫悦氏は今のところ、党内では比較優位を保っているが、保守陣営が一丸となって支援する態勢にはほど遠い。

    このまま内紛が収まらないまま9月15日の1次予備選、10月8日の2次予備選、11月9日の候補選出選挙へと進めば、「保守分裂選挙」となる可能性すらある。

    李在明が「本選挙でも圧倒的優位」と読める理由だ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ab561f898fda9e0a46f70b393ad526ff9c2cfe3b
    所長見解:ええんちゃう・・・

    【【悲報】韓国大統領選、現大統領よりもっと反日の候補が圧倒的優位ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫さん、千原ジュニアにキレる「ヒカルくんとの関係は年数じゃない!」


    m


    「ヒカル君はユーチューブに本気で命を懸けてると。
    いまのチャンネルも勢いがついたし。
    当初はユーチューブはテレビの劣化版と思っていたけど、それを変えてくれたのもヒカル君」


     
    さらには「ヒカル君にはいろいろ言う人もいた。
    『長い付き合いの切り捨てて、会って2、3日のユーチューバー選ぶんかい』と」と、宮迫と〝犬猿の仲〟とされる、千原ジュニアの言葉を引き合いに出し、「人との関係って年数なのかな? とも思ってしまうしさ。
    ヒカル君とは長い年数を一緒にしてきた訳じゃないけど、すごく濃い関係が気づけたと思う。
    それは本気で感謝してる」と説明した。


     
    一方で「その関係を知らずにそういう風にヒカル君のことを言うやつは俺はちょっと納得いかへんなと」と不満も漏らした。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/20f3c868ee9a5d67b38c935af5e45d9bd9361b7a
    所長見解:もうな・・・

    【【激怒】元雨上がり決死隊・宮迫さん、千原ジュニアにブチギレってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元オセロ松嶋尚美が語る相方・中島知子との「今」 疎遠になった2つの理由


    m


    元「オセロ」でタレントの松嶋尚美(49)が元相方・中島知子(50)について語った動画が話題となっている。

     
    これはお笑いコンビ「FUJIWARA」との松嶋のユーチューブコラボ動画で先月31日夜に配信されたもの。

    FUJIWARAの公式ユーチューブチャンネルで「オセロ松嶋と話したら衝撃の事実が…!」と題して公開された。

     
    女芸人コンビの頂点に君臨したオセロだが、2011年に起きた中島の〝洗脳騒動〟を経て、13年4月に解散。

    FUJIWARAの2人から解散発表について聞かれた松嶋は「私のブログでちゃんと言った。
    (中島と)疎遠状態になってて、どうしようって。
    ほんで、(中島と)1回会って『解散する?』って話に。
    記者会見レベルではないから、最後に2人で写真撮って『解散しました』ってやった」と明かした。

     
    藤本敏史からは、コンビが疎遠になった理由について「あの騒動がきっかけ?」と直球質問が。

    松嶋は「当時めちゃくちゃ(仕事が)忙しかってん。
    それで自然と楽屋が2つになった。
    私は私、向こうは向こうで…。
    私には(異変は)見せへんかったと思う。
    人から聞いた話しか知らん。
    こうらしいよって。
    私が知ったのはワイドショーで見てから」と、相方同士でも全くわからなかったと強調した。

     
    当時、中島は都内の自宅マンションで「占い師」と報じられたパートナー女性と〝同居〟。

    外出することなく、マンション前には報道陣が大集合した。

     
    テレビでそれを見た松嶋は「TKO」木本武宏に「ちょっと(助けに)行こうよ!って言った。
    食事も心配やし。
    配管とか通っていこうって」と〝救出作戦〟を考えたことを告白。

    すかさず原西孝幸から「プリズンブレイクか!」「配管なんて、ハムスターしか無理やで」と突っ込まれていた。

     
    松嶋はコンビ活動中に所属事務所「松竹芸能」から別事務所に移った。

    騒動時の時にはすでに別事務所で「松竹のマネジャーに聞いても『大丈夫ですよ~』としか言わない。
    たぶん周りの人が気を使って、情報入ってくるのは1番最後やったと思う」と回想。

     
    松嶋いわく、コンビで楽屋と事務所が別々になったことで「気持ち的に疎遠になったと感じた」。

    過去に1度だけ、本人に直接〝洗脳疑惑〟について聞いてみたそうだが「『(マスコミと)どっちの話信じんの?』って言われた。
    『大丈夫よ。どっち信じる?』って。
    そうなったら、もう言われへんやん」と明かした。

     
    解散後の〝交流〟について、松嶋は「前に電話したら、ケータイの番号変わってた」と告白。

    「さみしいけど、まぁな…。事務所出たの私やし…」と述べるに留まった。


    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210902-03588550-tospoweb-000-2-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf5033111c6e82e2dcac06a40f9744c4aeae148b
    所長見解:もうな・・・

    【【あの人は今】元オセロ・松嶋尚美「中島知子と疎遠になった2つの理由」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「雨上がり決死隊」解散 

    “吉本のドン” 大﨑洋会長が語った「宮迫に頑張ってという気持ちはない」


    m


    2019年に起きた“闇営業”問題を受け、活動を休止していた宮迫博之(51)と蛍原徹(53)のお笑いコンビ「雨上がり決死隊」が8月17日、解散を発表。

    同日夜には「アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会」をYouTubeとABEMAで配信し、解散に至るまでの経緯を説明した。

    この解散を受けて、吉本興業の大﨑洋会長(68)が8月21日、「週刊文春」の電話取材に応じ、宮迫に対する現在の率直な心境について語った。



    ――雨上がり決死隊の解散についてどう思うか。

    「いやあ、うーん、コンビの2人のことだから、2人が決めることだから僕があーだこーだいうのはちょっと違う。あの2人が決めて、それでいいんじゃないですかね」


    ――宮迫さんは吉本に戻りたいと言っていたが、大﨑さんは戻ってくるなと言っていた(「FRIDAY」2021年2月26日号)。許せない部分がありましたか?

    「戻ってくるなというか、戻ってこんでいいんじゃないかとフライデーさんに言った。それはYouTuberで十分食べていけているわけだし、生活に困っているわけではないし。本人はいろんな状況の中でそれを選んだわけだから、それでいいん違うかと思う。たくさん稼いでいるみたいだから、もう吉本に戻らなくてもいいじゃん(笑)」


    ――今、コンビを解散して一人で生きていく宮迫さんに対してはどんなお気持ちですか?

    「コンビを解散するというのは2人で決めること。どちらかがイヤと言ったら、恋愛カップルでも仕方ないですよね。だからそれは、熟年夫婦にしかわからないこともいっぱいある。外部や僕なんかがあーだこーだいうのは違うと思う」


    ――宮迫さんに対して、頑張ってくれという気持ちもある?

    「それはないけどね(笑)。頑張るか頑張らないかは、本人が決めることだから。僕はもう別に関係ないし。吉本の所属している芸人さんのことを一生懸命やるだけで、吉本以外の人のことは、気を回す余裕もないから」


    ――吉本の現役芸人や、辞めた吉本の芸人が宮迫さんのYouTubeに出ることについては?

    「それはケースバイケースだし、それぞれの芸人さんとの関係もあると思うからね。一概にいいとか悪いとかはない。みんなそれぞれ大人だから」


    ―― NGということはない?

    「僕個人的にはね。会社としてはどうなのか、会議とか出てないから知らないけど。だって、出るなと言ったって出る子は出るだろうし、出てって言われてもいやっていう子は出ないし。立場を決めてコントロールできるわけでもないからね。だってみんなもう50歳とかでしょ。15歳とかだったら別だけど」


    https://bunshun.jp/articles/-/48149
    所長見解:もうな・・・

    【【宮迫終了】吉本興業会長「宮迫に頑張ってという気持ちはない」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ