上沼恵美子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月2日に開催された「M-1グランプリ2018」の決勝戦。

    霜降り明星が初の平成生まれの王者となり大きな話題となったが、その直後に配信されたスーパーマラドーナ・武智(40)のインスタライブが波紋を呼んでいる。

    武智のインスタライブには、昨年M-1グランプリで優勝を果たしたコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶ(39)も登場。

    久保田は「酔っているのを理由にしますけれど」と切り出すと、「そろそろ辞めてください」と突然に発言。

    続けて「自分目線の自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だろわかるだろ、一番右側のな!」とカメラに向かって大きな声を上げた。

    k


    すると武智も「言うた! 右のオバハンや。右のオバハンにはみんなうんざりですよ」「『嫌いです』って言われたら、更年期障害かって思いますよね」といった暴言を続けた。

    2人が誰を指して発言しているのかは明かされなかったものの、「オバハン」といった女性の蔑称があった。

    そのため唯一の女性審査員であり、審査員席の一番右側に座っていた上沼恵美子(63)を指したものだと思われる。

    同インスタライブは即座に削除されたものの、まとめサイトで取り上げられるなど大きな騒動となった。

    事態を重くみた2人は4日、それぞれのTwitterで謝罪。

    久保田は「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした」と、そして武智は「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです」と綴った。

    しかしTwitterでは、2人の女性蔑視ともとれる言動に「時代遅れはなはだだしい」と怒りの声が上がっている。

    《更年期障害について、日頃からこういう目線で見ているんだなという無知や偏見が透けて見える、救いようのない失言》

    《更年期障害は苦しんでる人がたくさんいるとの認知が広まってきています 他人の苦しみを鈍感に笑える感覚はもう時代遅れなんだよ》

    《「女性は感情的(だから正しくない)」という根拠のない差別と、それに基づく社会からの閉め出しはやめよう》


    「更年期障害で苦しんでいる女性たちを想像することができなかった上に、『女性は感情的だから』と決めつけている。
    いっぽう自らに関しては『酔っている』と前置きしていることにも釈然としません。
    平成生まれの王者を生んだ記念すべき年だというのに……。
    テレビやラジオといった話芸を扱うメディアに出る幕はありません」(テレビ局関係者)

    上沼は3日、ラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)でM-1の審査員を引退すると発表。

    久保田と武智について言及することはなかったものの、「こんな年寄りがね、ポンっと座って偉そうにしている場合ではないんですよ」と語っていた。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1690657/


    所長見解:やりすぎたね・・・

    【【批判殺到】上沼恵美子に暴言を吐いた結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    卵かけごはんを作る時、卵は溶いてから入れますか?

    それとも、ごはんに乗せてから溶きますか?

    これまでも繰り返しなされてきた"論争"ですが、醤油のかけ方についてはあまり語られてこなかったように思います。

    けれど実は、卵かけごはんを作るうえで「醤油のかけ方」はかなり重要なポイントらしいのです...!

    t


    ■たったこれだけで味が劇変!?

    卵かけごはんは、

    「ごはんに醤油をまぶしてから溶き卵を加える」

    こう提唱するのは、大阪あべの辻調理師専門学校の岡本健二先生。

    2018年10月8日放送の「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」(テレビ朝日系)で紹介されました。

    一般的に卵かけごはんは、卵をかけてから醤油を垂らしますよね。

    上沼さんも「なんだって!?」「これは絶対しませんよね」と驚きを隠せない様子。

    作り方はいたってシンプルで、材料もごはん・卵・醤油だけです。

     
    (1)器によそったごはんに醤油を適量入れ、混ぜ合わせて醤油ごはんを作ります。
     
    (2)別の器に卵を割り入れ、しっかりと溶きます。
     
    (3)溶いた卵をごはんにかけたら完成。


    ポイントは米の周りを醤油でコーティングすること。


    ムラになると醤油とごはんの味がぶれるので、まんべんなく混ぜるのが重要だそう。

    先にごはんと醤油を混ぜ合わせることで、食べた時に1番上の卵、その中の醤油、その下のごはんのそれぞれの輪郭がしっかりと現れ、卵の美味しさ、醤油の美味しさ、ごはんの美味しさを堪能できるといいます。

    ですが、上沼さんは完成後も「なんなの...卵かけごはんに見えないんですよね」と半信半疑。

    それでもひと口食べると、「うわぁ~ちょっと待って!」と驚いた顔で先生を見つめ、

    「これ相当美味しくない!?卵の美味しさ、醤油、米...と言っているときは何を言うてはんのやろうと思いましたけど、食べて分かりました。
    全部の美味しさがサンドイッチされていますね」

    と絶賛。

    「美味しい!ごはんに醤油。あぁ~~っ。やってみてください、絶対ね」と、すっかり気に入った様子でした。


    ■「卵かけごはん革命起きた」

    醤油のまぶし方を変えるだけでいつもの卵かけごはんが激変するとあり、SNSでもたちまち話題に。

    番組内容を紹介したツイートは、11万件以上のいいねが付きました。

    「すごい輪郭はっきりする感じになるなぁ」

    「やってみたらめちゃくちゃ美味しくて、またやりたくなっている...ご飯何杯でもいけるよ」

    「すごい!いつもよりもっと直に卵を感じる。そして噛むごとに味が増す」

    「いつもの卵かけごはんの雰囲気じゃなくなってびっくりした」

    「やったら卵かけごはん革命起きた」

    「めちゃくちゃ旨かった...今まで作った卵かけごはんが間違いだったような...」

    いつもの卵かけごはんの工程順序を変えるだけなので、さっそく試してみては?


    http://news.livedoor.com/article/detail/15604342/


    所長見解:やってみよ・・・

    【【これはうまい】卵かけごはんを劇変させるひと工夫がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの上沼恵美子(63)が19日、関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。
    「漫才ネタの寿命がものすごく短い」と話す「ナイツ」塙宣之(40)に対し、持論を語った。

    塙は「ネタ番組でやると、次の番組ではやってない新ネタやってくださいと言われる。
    曲みたいに、この曲やってくださいとはならない」と漫才ネタの寿命の短さに嘆き。
    上沼は「ファンはその歌を聞きたいわけやんか」とネタと曲の違いに触れつつ、「新ネタを作るって大変なことなんよ。わかる」とうなずいた。

    k


    続けて「宇崎さんは作詞も作曲もやられて、創作をやられるけど…」とゲストの宇崎竜童(72)を引き合いに出しつつ、「歌だけ歌う人って楽やな」とチクリ。
    「照明当ててもらって、綺麗な衣装着させてもらって、歌がうまいから歌手になっているだけですやんか。だからあほが多い」と私見を語り、「今の人じゃないですよ。昔の歌だけを歌っていた人、あほばっかり」と切り捨てた。

    若手時代に音楽番組の司会を担当していた上沼は「ピンクレディーがデビューした頃で、あの子たちは賢いですけど、ほとんどが…」としかめっ面。
    「こんなこと言うたらなんやけど、同じ歌ばっかり歌うからよ。本番の20秒前まで化粧してるもん。漫才はそうはいかんで。おしゃべりの商売って難しいな、損やな。評価が低いやん」とし、最後は塙に「歌手になったら?」と語りかけ、笑いを誘っていた。

    https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20181020_0086/


    所長見解:誰のこと・・・

    【【衝撃暴露】上沼恵美子、○○は「あほばっかり」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの上沼恵美子(63才)が、結婚41年目となる夫と別居状態にあることが明らかになった。

    7月中旬の週末。
    大阪市内から車で40分ほどの高級住宅地にある約100坪、3階建ての豪邸は雨戸をすべて閉め切り、ひっそりしていた。
    午前11時、宅配便の配達員がこの家を訪れると、ひとりの女性が玄関に姿を現して荷物を受け取る。
    その後、女性はペットホテルから帰ってきた愛犬を玄関で迎えた。

    翌日の午後、うだるような暑さの中を女性は帽子を深めにかぶり、サングラスとマスクで顔を覆って外出した。
    彼女が家を出ると、がらんとした豪邸を静寂が包んだ。
    この女性が上沼。
    今、この豪邸に彼女以外の住人はいない。

    上沼は17才の時に姉・万里とともに漫才コンビ「海原千里・万里」としてデビュー。
    1977年に関西テレビのディレクターだった上沼真平さん(71才)と結婚すると芸能界をスッパリと引退した。

    だが翌年、「専業主婦は耐えられない」と本名で芸能界に復帰すると、歯に衣着せぬ本音トークで人気を博し、“西の女帝”として数多くの冠番組を獲得。
    1994年から、2年連続でNHK紅白歌合戦の紅組司会を務めるなど、関西では誰もが知る名司会者となった。

    「恵美子さんは売れっ子になってからも毎朝、自分の仕事に出る前に家事をこなして真平さんを送り出していました。
    真平さんはいわゆる“昭和のお父さん”で家事はすべて妻任せ。
    恵美子さんは忙しい日々を過ごしながらも、“本業は主婦”という思いで亭主関白な夫に尽くしていました」(上沼の知人)

    家庭を第一にする上沼だが、テレビでは家族にモノ申すことが多かった。

    「以前は姑についてのネタが“鉄板”で、『22才で出産した頃、赤ちゃんの夜泣きで姑から散々イヤミを言われて地獄だった』とよく話していました。
    近年は夫への愚痴が多く、『結婚生活がしんどい』、『遠回しに別居を申し出たら夫に怒られた』などと打ち明けていました。もちろん冗談めかしてでしたが…」
    (在阪テレビ局社員)

    だがこれはテレビ用のネタではない。
    冒頭のシーンのように、上沼の“ひとり暮らし”はすでに始まっていたのだ。

    k


    ◆夫の定年を機に関係が変わった

    仕事と家庭を両立していた上沼にとって大きな転機となったのは2008年だった。
    この年、関西テレビの関連会社の社長に就任したばかりの真平さんは、その地位を捨て定年退職の道を選んだ。
    夫の突然のリタイアは上沼にとって青天の霹靂だった。

    「定年後の真平さんはゴルフやウクレレなどの趣味に熱中していきました。
    一方、家にずっといても家事は一切やらない。
    恵美子さんが風邪をひいた時、『熱があるみたいやから、早めに寝る』と言ったら真平さんは『そしたら晩ご飯はどないなる?』と返したほど。
    そんな毎日に、恵美子さんは『夫婦の生活がストレスや』とボヤくようになりました」(前出・上沼の知人)

    夫の定年から数年経つと上沼の体調は悪化した。
    2013年8月には自律神経失調症を患ったことを明かし、2014年2月にはウイルス性の急性肝炎で緊急入院した。
    いずれもストレスによってかかりやすくなる病気である。

    2015年12月には上沼を支え続けた最愛の母を亡くし、深い喪失感に襲われた。
    この時も夫の言動が強いストレスになったようだ。
    当時の状況について、上沼は女性誌でこう語っている。

    《母を失ったとき、素敵なご夫婦なら、「夫が支えてくれました」と言うんでしょうね。
    けど、うちの人は全然でした。
    私が悲しんでいても、何も思わない。
    若い頃は、「恵美子、大丈夫か?」と夫が包んでくれるのだろうと想像していましたが、何もしてくれません》(『婦人公論』2016年5月24日号)

    今年3月、上沼はMCを務める『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で衝撃の告白をした。8年前から目まいがひどく、カウンセリングを受けると医師から「夫源病」と診断されたというのだ。
    耳慣れない病気について、名付け親である循環器専門医の石蔵文信医師が解説する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00000020-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00000020-pseven-ent&p=2

    続く

    所長見解:そうやったんや・・・

    【【関西女帝】上沼恵美子、深刻すぎる病状がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    これまでジャニーズ事務所を辞めたタレントは、一部の例外を除いて、地上波のテレビ番組などに出演するなどの活躍は難しくなり、芸能界を干された状態に追いやられるケースもあるといわれてきた。

    しかし、時代は変わりつつある。
    元SMAPメンバーで昨年9月に退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾は、元マネージャーで元ジャニーズ事務所役員の飯島三智氏が設立したCULENに所属し、ジャニーズではタブーだったSNSも活用し、意欲的な活動を継続している。
    2012年に事務所に結婚を事後報告するというタブーを犯し、14年に退所した元KAT-TUNの赤西仁も、その後を危惧する声も多かったが、個人のレーベルでユニバーサルミュージックジャパンと業務提携し、アジアを中心に人気は健在。
    自身が注力したかったアーティスト活動に邁進している。

    こうした状況に後押しされたのか、今年4月、関ジャニ∞の渋谷すばるが年内いっぱいで退所することが発表され、会見でジャニーズ内での憧れの先輩について聞かれると「いたら辞めてないと思います」と言い放ったことも話題になった。

    テレビ局関係者は語る。

    「確かに、みなさんそれぞれのやり方でうまく活動していますが、結局のところは、ジャニーズと敵対関係にならないように活動しています。
    昔と違い、今はメディアの多様化が顕著ですから、その分、活動する場が広がったというだけです。
    老若男女の知名度を獲得するには、やはり地上波への露出が決め手。
    実際、元SMAPの3人にしても、地上波のレギュラーが残っているのは稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)だけです」

    そんななかで、ジャニーズ事務所退所後も周囲の援護を受けて、うまく地上波でも活動しているのが元KAT-TUNの田口淳之介だ。
    赤西の退所の2年後に退所。
    当初は長年交際していた女優の小嶺麗奈との結婚が噂され、個人事務所を立ち上げインディーズでソロデビューしたが、今は赤西と同じくユニバーサルミュージックジャパンと契約。もちろん、ジャニーズ時代からの固定ファンはいるが、これまでリリースしたシングル2枚、アルバム1枚は大成功というほどの売上ではなかった。

    t

    http://biz-journal.jp/i/amp/2018/07/post_23978.html 


    所長見解:がんばれ・・・

    【【元KAT-TUN】田口淳之介、上沼恵美子の寵愛を受けた結果wwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ