上沼恵美子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑い界を揺るがす暴言騒動に、ついにこの人が沈黙を破った――。

    業界を去って7年になる島田紳助(62)である。

    s


    とろサーモンの久保田かずのぶ(39)、そしてスーパーマラドーナの武智(40)が暴言を吐いた上沼恵美子(63)について、週刊新潮は先週号で“島田紳助が口説いて審査員を頼んだ”というエピソードを紹介した。

    M-1グランプリを企画し、初回から大会委員長として審査員も務めていたのが、ほかならぬ紳助氏。

    それだけに暴言を放っておけない事情があるのだ。

    「いま、こういう形で上沼さんに迷惑がかかってもうて、ホンマ申しわけない気持ちでいっぱいです」

    記者を自宅に招き入れた紳助氏は、タバコをくゆらせながらそう語り始めた。

    髪は肩にかかるほど伸びている。

    「オレも辞めてからは(上沼と)全然連絡とってませんでしたし、M-1も最近は見てなかったから、ニュース見てあらためて、ずっとやっててくれたんやなって思いました。
    自分のせいで気分悪い思いをさせてしまって、ホンマ申しわけないですわ」

    そもそも審査員は、誰もやりたがらない、という。

    「陰で審査するんやったらみんな出んねんけど、自分が点数出してほかの人のとちがったりしたら、『こいつわかってない』って思われるわけでしょ。
    『なんでいくらもせんようなやっすいギャラで、こんなことせなあかんねん』と。
    オレがM-1やってたときは、『この人を当たってくれ』ってスタッフに頼んで、方々にお願いしてたんやけど、もう、個人的にお願いしないと、出てくれないんですよ」

    にもかかわらず上沼が審査員を続けてきたのは、「漫才への恩返しやと思ってやってくれてるんや」。

    若手が酔って審査員の悪口を言うのはいい、ただしそれは陰で言え、と紳助氏はいう。

    「上沼さんのことはオレも気になっててね。
    オレが謝りに行かなあかんのかなって。
    もし、上沼さんの悪口言ってた子たちを直接知ってたら、上沼さんとこに謝りに連れて行くんやけど、知らんからどうしようもないな。
    吉本の会社の人間が間に入ってやらな、どうにもならへんのとちゃいます?」

    ほかにも、M-1の点数公開システムにこだわった理由や、そもそもなぜ創立したのか、そして漫才への思いについても語った紳助氏。

    12月19日発売の週刊新潮で、詳しく掲載する。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15758015/


    所長見解:復帰やな・・・

    【【上沼暴言問題】島田紳助「オレが謝りに行かなあかんのかな…」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年もさまざまな出来事があった芸能界。

    中でも目立ったのが、酒に起因する事件だった。

    2018年を回顧する連載の初回は、元TOKIOの山口達也(46)が酩酊(めいてい)した末に女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された事件を振り返る。

    事件が起きたのは今年2月。

    山口が司会を務めていたテレビ番組で知り合った女子高校生を東京都港区の自宅マンションに酒に酔った状態で呼び、無理やりキスをするなど、わいせつな行為をした。

    4月に書類送検され、のち起訴猶予となったが、事態を重く見たジャニーズ事務所は5月、契約解除を発表した。

    山口は1月から飲酒による肝臓数値悪化のため入院しており、退院した当日の出来事。

    事件当時、焼酎1本を空けていたことも発覚し、深刻な飲酒の問題に直面していることが浮き彫りとなった。

    山口は4月に謝罪会見した直後に入院。

    テレビ局関係者によると、約8カ月たった現在も首都圏近郊の病院に入院しているという。

    治療しているのは、うつ状態とそう状態を繰り返す気分障害の一つ「双極性障害」。

    実は5年以上前から症状に悩まされていたという。

    同関係者は「精神的に不安定になると酒に頼ってしまうことが多く、トラブルになることもあった」と明かす。

    医療ジャーナリストの森田豊氏は「双極性障害の患者は、そう状態のとき自分の好きなことに走りやすい。過度の飲酒を引き起こした原因のひとつと推察できる」と指摘。

    治療により症状をコントロールしないと「そう状態のときに規範を逸脱した行為をする傾向が強い」とも話し、飲酒と障害が事件の一因となった可能性が高いとした。

    山口を巡っては、16年の離婚についても飲酒の影響が取り沙汰される。

    音楽関係者は「自制の利かない状況に元妻が愛想を尽かして、息子2人を連れ山口の元を去ったと聞いています」と話す。

    現在心配されているのは金銭面。

    山口は自身の治療費用に加え、養育費も支払ってきた。

    ともに仕事をしていた番組スタッフは「収入はゼロでしょう。家族のサポートを受けながら貯金を崩してやりくりしていると思いますが、それもいつまで持つのか」と危惧する。

    酒で全てを失った山口。

    同スタッフは「普段は明るくて気さくな人だったんですが…。どうして酒を控えることができなかったのか」と残念そうに語った。

    y


    ◆相次いだ酒トラブル

    【元「モーニング娘。」吉澤ひとみの飲酒運転事故】

    9月6日午前7時ごろ、酒気帯び状態で乗用車を運転し、東京都中野区の交差点に赤信号を無視して進入。

    20代女性をはね40代男性にもケガを負わせたが、そのまま走り去った。

    自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法で逮捕、起訴され、先月30日に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。

    逮捕当時、吉澤の呼気からは基準値の約4倍のアルコールを検出。

    交差点には、法定速度を約26キロ超過した時速86キロで進入していた。


    【「とろサーモン」久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」武智正剛の酒酔い中傷騒動】

    3日未明、「M―1グランプリ」の打ち上げで発生。

    酒に酔った勢いで、審査員を務めた上沼恵美子(63)をこき下ろし。

    インスタライブで動画配信され、インターネット上で炎上。

    「クソ」「更年期障害」などの言葉も批判を浴びた。

    2人は4日にツイッターで謝罪。

    上沼は、2人に直接謝罪させたいという吉本興業の申し出を断った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000069-spnannex-ent


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【あの人は今】元・TOKIO山口達也、まだ治療入院中の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k


    ――2人が直接上沼さんに謝罪をしたいと言っている話もあるようなんですが。

    「いいって。そんなことする必要ないです」

    そう語る上沼の口ぶりは意外にも穏やか。

    さらに、驚きの一言が飛び出した。

    「私思うんです。お酒を飲んでくだをまくことなんてのはよくあること。
    だからね、天下取ったらいいんですよ。
    彼らがダウンタウンのようになったら何言おうが失言になりませんからね。
    頑張って、日本一の漫才師になってほしいと思います」

    一部で『好き嫌いで決めているのでは?』と批判を受けていた自身の審査についてもこう語り始める。

    「実は、(好き嫌いで審査していると)受け取られた部分については失言かなと反省しているんです。
    特にミキに『決勝に残ってほしい!』と言ってしまったのは、私情が絡んでいました。
    そこは反省しています。
    でもね、漫才はちゃんと審査したつもりです。
    得点に好きとか嫌いとかは、いっさい入れておりません! 
    私は漫才だけを見てちゃんと審査した自信があります。
    だって皆さん頑張っているんですもの。
    人生がこれで変わるわけですから」


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00010000-jisin-ent 


    所長見解:やばいやん・・・

    【【これは怖い】上沼恵美子「酒の席だし気にしてない。とろサーモンとスパマラには日本一の芸人になってほしい」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9日放送の『上沼・高田のクギズケ』(読売テレビ系)で、上沼恵美子が『M-1グランプリ2018』(朝日放送系)の審査について自身を揶揄したとろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ武智の騒動について皮肉を連発した。

    番組冒頭、「あのちょっと一言よろしいでしょうか」と切り出すと、「あの私ね、ネットとか知らなくて疎くて。アナログ女で申し訳ないんですけど、先週でしたかね、『M-1グランプリ』やりまして、それで誰かがあの、凄いことになってるらしいんですよ。炎上して」と発言。

    そして、「私は依怙贔屓もしませんし、審査を何年もやらせていただいて、本当に何年も真剣に審査をさせていただいています。
    ですから間違いなく、私の意見の審査でございますので、どうかよろしくお願いしたいということ」と審査員の姿勢について理解を求める。

    k


    さらに、とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智については、

    「お2人のことは全く私はなんとも思っておりません。
    暴言だなんだと言ってますけども、全然結構です。
    悪いけど興味ないです。
    悪いけどこのへんで堪忍してくださいませ」

    とバッサリ。

    すると、「何も知らない」という高田純次が、「じゃあ来年から僕が出るようにしましょう」と笑いにする。

    上沼も「よろしくお願いいたします。バトンタッチ」と乗った。

    上沼は「興味がない」とし、最後は笑いにしたものの、その表情は厳しさに溢れており、一連の騒動はやはり不愉快だったようだ。

    そんな上沼の嫌味が炸裂したのが番組中盤。

    「暴走老人が多い」という話題で、自身の複数番組で前説を務めていたというお笑いコンビ・祇園に「師匠はいるんですか?」と質問。

    祇園の2人が「NSCという養成所出身なので(いない)」とコメントすると、上沼は「師匠とか師弟関係がないから礼儀正しくない人が多いな、今」と強烈な皮肉。

    祇園の2人はびっくりしてしまうが、「祇園はしっかりしてるよ」とフォローを入れた。

    この「礼儀正しくない人」が誰を指しているのかは、不明だ。

    そして、番組の最後には、上沼が「酔うと気が大きくなる。なんでも上げたくなる」などと発言。

    すると、祇園の2人が「じゃあ飲みに行かせていただいていいですか」と立候補すると、上沼は「待ってたわ今度行こうね、ぜひぜひぜひ」と笑顔を浮かべる。

    しかし、最後に「でもね、若手の漫才の方のぐでんぐでんは嫌です」と強烈な嫌味。

    スタジオは笑いに包まれ、エンディングとなった。

    番組内で2人の騒動に直接触れることはなかったが、節々に嫌味を入れ、笑いを取るとともに、「許さない」というメッセージとも取れる強烈な皮肉を入れた上沼。

    この内容を見た視聴者は「格が違う」「しっかり笑いを取って嫌味を言っているのは凄い」などと、上沼の話芸を称賛した。

    酔った勢いで上沼に「喧嘩を売った」とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智だったが、残念ながら格が違いすぎたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1604580/

    所長見解:怖い・・・

    【【激オコ】上沼恵美子「今の吉本の芸人は礼儀正しくない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子(68)が9日、TBS系「アッコにおまかせ!」(前11・45)に出演し、とろサーモン・久保田かずのぶと、スーパーマラドーナ・武智正剛が「M-1グランプリ2018」の審査員を務めた上沼恵美子(63)にSNSを通じて暴言を吐いた問題について触れ、「ここはしちゃいけないってルールを」と、やってはいけないことがあると訴えた。

    w


    番組では、武智と久保田がM-1後の打ち上げで暴言があったとし、和田は「仕事が終わった後の打ち上げでみんなで憂さを晴らすのはいいと思うんです」とうちわの集まりだけで済んでいれば大きな問題もなかったのではと指摘。

    続けて和田は「SNSにあげる習慣が付いちゃってる。公のとこに載っけた」と武智と久保田がSNSという不特定多数が見ることが出来る場所で暴言を吐いたことを問題視。

    「半端ない先輩。上沼ちゃんに」と武智と久保田にとって上沼が大先輩であることも指摘し、「ここはしちゃいけないってルールを」と自制を求めた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15715469/
    デイリースポーツ


    所長見解:これはもう・・・

    【【暴言問題】和田アキ子「上沼ちゃんは半端ない先輩」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ