上沼恵美子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    上沼恵美子が3日、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演。

    俳優の大沢樹生(49)と女優・喜多嶋舞さん(46)の長男として育てられた大沢零次容疑者(22)が20代女性に暴行し全治1週間のケガを負わせたとして、1月29日に逮捕されたことを受け、大沢に同情する気持ちを伝えた。

    k


    大沢と喜多嶋さんは、1996年6月に結婚。

    翌97年1月に零次容疑者が誕生したが、2005年9月に離婚した。

    当初、長男の親権は喜多嶋さん側にあったが、07年、喜多嶋さんが再婚し、大沢側に移った。

    その後13年9月に、再び喜多嶋側に移るなど、複雑な経緯をたどった。


    13年にDNA鑑定で大沢の実子ではないと判明したが、喜多嶋さんは「(父親は)大沢さんです」と主張し、鑑定結果を否定した。

    15年には大沢側が、零次容疑者について、実子ではないと「親子関係不存在」の確認を求めた訴訟でも東京家裁が「親子関係は存在しない」との判決を言い渡していた。


    上沼は大沢の“長男”の逮捕のニュースに「大沢さん、ちゃんと育ててた。私、知ってるもん。小学校2年生ぐらい(の時)かな。『僕の子供がやんちゃで』『学校から呼び出されて仕方がないんですよ』って個人的に相談受けたことある。一生懸命でしたよ、大沢樹生さんは」と明かした。

    さらに、「大沢さんはデリケートな方でDNA検査をしたことに、とっても心病んでる。悪いことしたと思ってる」と同情し、「私は喜多嶋舞って大っ嫌い。もうここに来たらいいのに。話し合いしたいですよ」と番組にゲストで来てもらい、徹底的に話し合いたいと気持ちを伝えた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000109-dal-ent


    所長見解:たしかに・・・

    【【激怒】上沼恵美子「喜多嶋舞って大っ嫌い」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ドラマの役柄のイメージや、バラエティ番組などでの発言や態度から、強い女性だと思われている女性芸能人は多い。

    ものおじしない女性は、同性から見ると爽快感すら感じるが、男性から見ると「ちょっと怖い」と感じることもあるようだ。

    そこで今回は、10~50代の男性100人に「一番怖そうな女性芸能人」について聞いてみた。

    k


    第3位(4.0%)には、北斗晶と高嶋ちさ子の2人が同率でランクイン。

    北斗晶といえば、現役時代は“デンジャラス・クイーン”と称された元女子プロレスラー。

    現在は鬼嫁と呼ばれることもあるが、肝っ玉母さんキャラで、お茶の間でも人気だ。

    北斗を選んだ男性からも「元プロレスラーなので。力が強そう」(23歳/神奈川県)、「鬼嫁だから、やっぱり怖い」(26歳/愛知県/コンピュータ関連技術職)など、テレビでのイメージを重ねている人が多かった。

    バイオリニストの高嶋ちさ子は、演奏力の高さや美貌よりも、歯にきぬ着せぬしゃべりに注目されることが多い。

    過去には、言うことを聞かない息子のゲーム機を破壊したことが報じられるなど、気性の激しさでも知られている。

    そんな高嶋には「子育てエピソードを聞いたときに怖いと思った」(23歳/大分県/営業・販売)、「テレビで他人に暴言を吐いているところをよく見るから」(49歳/神奈川県/コンピュータ関連技術職)、「短気で怖い芸能人という感じ」(50歳/東京都/営業・販売)と、こちらもとにかく恐れられている様子だ。


    ■1、2位は関西出身のベテラン2人がランクイン!

    第2位(6.0%)は、“西の女帝”と呼ばれ、関西で絶大な人気を誇る上沼恵美子が選ばれた。

    2018年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)騒動の記憶も新しいようで、「芸人に対する説教が怖かった」(19歳/大阪府)、「とろサーモンらとのM-1のゴタゴタで、結局許さなかった」(48歳/兵庫県/コンピュータ関連技術職)と答えた人や、「ベテランだし、いろいろハッキリ言うから。テレビで見てもいつも怖い顔をしていることが多い」(56歳/広島県)、「大御所で、すぐ沸騰するイメージだから」(37歳/東京都/コンピュータ関連技術職)など、関西弁でまくし立てる芸風を怖いと感じる人も多いようだ。


    そして今回のアンケートで、圧倒的第1位(43.0%)だったのは、和田アキ子だった。

    今やご意見番というイメージも強く、テレビで出川哲朗やカンニング竹山など、たくさんの芸能人が和田のヤンチャな“伝説”を語るため、ますます“ゴッド姉ちゃん”化が進んでいる

    和田を芸能界で一番怖い女性に選んだ男性たちからは、「ケンカが強いらしいので」(29歳/愛知県)、「身長が高いし、出演番組では、いつも威勢がいいから」(32歳/宮城県/学生・フリーター)、「自分の意見を通してしまうところ」(48歳/埼玉県)、「大酒飲みのイメージ。飲んで暴れたエピソードを聞いたので」(29歳/岡山県)、「たまに攻撃的ととれるしゃべりが、風貌とあいまって怖い」(54歳/山形県/公務員)、「優しそうな顔で笑ったりしているけど、目が怖い。放送していないところでシバいたりしていそうなイメージ。芸能界では逆らえなそう」(29歳/鹿児島県/学生・フリーター)、「芸能界のラスボス」(42歳/神奈川県)と、とにかく強そうという声が目立った。


    今回のアンケートでは、なぜこの人を? という人物の名前もちらほら挙がっていた。

    たとえば、綾瀬はるかに対して「天然なキャラに裏の顔があるのではないかと思ってしまう」(36歳/千葉県)、長澤まさみには「清純派に見えるが、そういう人ほどプライベートでは恐い一面がありそう」(26歳/神奈川県/学生・フリーター)、田中みな実にも「テレビで見ていて、考え方が恐ろしいと思った」(47歳/千葉県)などだ。

    1~2位は関西出身の和田と上沼のベテラン2人が占める結果になったが、関西弁での勢いのあるしゃべりを怖いと感じてしまう人もいるのかもしれない。

    和田も上沼も人情に厚いという話もよく聞く。

    テレビでのキャラと実際の性格はまた違うはず!?


    http://dailynewsonline.jp/article/1655219/
    日刊大衆


    所長見解:そうやね・・・

    【【これは怖い】男が選んだ「最恐」女性芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    M-1というのは漫才への恩返しなんですよ――。

    大会の企画者にして大会委員長を務めた島田紳助(62)は、上沼恵美子(63)が審査員を続ける理由をこう“代弁”した。

    とろサーモンの久保田かずのぶ(39)、そしてスーパーマラドーナの武智(40)については、「陰で悪口言うのは、全然構へんねん。それが若者のエネルギーというもんやからな」
    「ただ、それは陰で言えって話やろ」。

    2人を直接知っていたら、謝りに連れて行くと語る。

    s


    上沼さんが「テレビでの共演NGが多い」とかいわれんのは、そんなん、みんないますやん。

    たとえば大橋巨泉さんと愛川欽也さん。

    巨泉さんの番組出たら欽也さんに呼ばれなくなる。

    だからオレ、愛川欽也さんの番組出たことないですわ。

    巨泉さんはずいぶんかわいがってくれたんやけど、オレからしてみたら、迷惑な話やなあって。

    オレ、両方出たいのにって思ってましたけど、そういうの、みんなあるんですよ。


    それはNGと言うよりも、自分が番組やろうとするうえで、わかってくれる人とやらんと、うまく回らへん、ということ。

    バラエティなんてプロレスですから。

    相手の技を受けずに、自分の技ばっかりかけようとするやつがおったら、大変なんです。

    自分だけ目立とうとして他人のこと考えへんやつ。

    司会者だけがわかる苛立ちってあるんですよ。


    今回、上沼さんが騒動にノーコメントなのは、そらそうですわ。

    ノーコメントが、むしろ怒ってる証拠です。

    気にしていなかったら「いいよ、そんなん」って言いますやろ。


    なんのために上沼さん、審査員なんて憎まれ役を買っとるんかって言ったら、漫才のためを思って出てくれとんのや。

    その覚悟も知らずに「好き嫌い」だの「更年期障害」だの言ったら、怒りますわ。

    リスク背負って、人生張ってやってるんやで。


    辞めたほうがいいっすよ

    そんな上沼さんが番組のなかで、オレが復帰するようにエールを送ってくれたっていうのは、ありがたい話です。

    上沼さんとは、共演も1回してくれただけで、辞めてからは1回も喋ってません。

    それでも認めてくれてるのは、ホンマうれしいわ。

    上沼さんは昔、「55歳で引退してハワイに住むんだ」と言ってたけど、なかなか周りが辞めさしてくれない。

    逆にオレのほうが辞めちゃった。

    上沼さんに会(お)うたら「辞めたほうがいいっすよ」って言っといて。

    オレはいま、ホンマ、ストレスゼロですわ。

    SNSで悪口も言われへんし。


    話戻りますけど、今回やらかした2人は、顔もわからへんわ。

    かわいがってた後輩やったら、上沼さんのところに一緒に行って「すいません」と謝って、ちょっと冗談言って、「なんとか許してもらえませんか。このバカ」って言うんやけどな。

    だれか連れてってやれや、とも思うんやけど、いま、そんなことやってくれる人も、おらへんやん。

    上沼さんも難しいと思いますよ。

    よその事務所の子やから、直接怒るとカドが立つし、文句言うにしても、吉本が上におるのに、わざわざケンカ売りに行くわけにもいかんでしょう。

    必ずしも許す必要はないと思うけど、上沼さんも気持ちよく終われるような結果になるとええな。

    許す、許さんの前に、上沼さんが気持ちよくなってほしい。

    また世間の人には、上沼さんの覚悟をわかってもらいたい。

    漫才に世話になっていまの自分がおる、という感謝の気持ちでやっているんや。

    好き嫌いでやってるんとちゃいまっせ。

    まあ、上沼さんほど才能のある人の気持ちは、なかなかわからんもんやけど。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190103-00554236-shincho-ent


    所長見解:復帰やな・・・

    【【上沼暴言問題】島田紳助「辞めたほうがいい・・・」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と村田秀亮(39)が1日、TBS系「笑いの王者が大集結!ドリーム東西ネタ合戦」(後9時)に出演し「本当に世間をお騒がせしまして、申し訳ないです」と謝罪した。

    t


    昨年の「M―1グランプリ」終了後に、久保田とスーパーマラドーナ・武智(40)が審査員だった上沼恵美子(63)へ侮辱発言をし騒動が起こった。

    「とろサーモン」がチャンピオン対決で紹介されるとMCの「ダウンタウン」松本人志(55)は「ちょっと見てみたいよね。今どういうネタをとろサーモンが(チョイス)するのか。脂が乗っているのかどうか」と期待した。

    2017年M―1王者の「とろサーモン」。

    村田は登場するなり、無表情の相方・久保田に突っ込みつつ「すいませんね。本当に世間をお騒がせしまして、申し訳ないです本当に。燃えに燃えてまして、あぶりサーモンということでやっていますけど、村田と久保田メンバーで頑張って行きますのでよろしくお願い致します」と笑いを誘った。

    表情の固い久保田は「喜怒哀楽全て捨てて話をしています」とぼけつつも徐々にペースを取り戻し、持ち味を生かしたネタを披露した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000116-sph-ent


    所長見解:どうなるやろね・・・

    【【テレビ謝罪】とろサーモン「本当に世間をお騒がせしまして、申し訳ないです」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑い界を揺るがす暴言騒動に、ついにこの人が沈黙を破った――。

    業界を去って7年になる島田紳助(62)である。

    s


    とろサーモンの久保田かずのぶ(39)、そしてスーパーマラドーナの武智(40)が暴言を吐いた上沼恵美子(63)について、週刊新潮は先週号で“島田紳助が口説いて審査員を頼んだ”というエピソードを紹介した。

    M-1グランプリを企画し、初回から大会委員長として審査員も務めていたのが、ほかならぬ紳助氏。

    それだけに暴言を放っておけない事情があるのだ。

    「いま、こういう形で上沼さんに迷惑がかかってもうて、ホンマ申しわけない気持ちでいっぱいです」

    記者を自宅に招き入れた紳助氏は、タバコをくゆらせながらそう語り始めた。

    髪は肩にかかるほど伸びている。

    「オレも辞めてからは(上沼と)全然連絡とってませんでしたし、M-1も最近は見てなかったから、ニュース見てあらためて、ずっとやっててくれたんやなって思いました。
    自分のせいで気分悪い思いをさせてしまって、ホンマ申しわけないですわ」

    そもそも審査員は、誰もやりたがらない、という。

    「陰で審査するんやったらみんな出んねんけど、自分が点数出してほかの人のとちがったりしたら、『こいつわかってない』って思われるわけでしょ。
    『なんでいくらもせんようなやっすいギャラで、こんなことせなあかんねん』と。
    オレがM-1やってたときは、『この人を当たってくれ』ってスタッフに頼んで、方々にお願いしてたんやけど、もう、個人的にお願いしないと、出てくれないんですよ」

    にもかかわらず上沼が審査員を続けてきたのは、「漫才への恩返しやと思ってやってくれてるんや」。

    若手が酔って審査員の悪口を言うのはいい、ただしそれは陰で言え、と紳助氏はいう。

    「上沼さんのことはオレも気になっててね。
    オレが謝りに行かなあかんのかなって。
    もし、上沼さんの悪口言ってた子たちを直接知ってたら、上沼さんとこに謝りに連れて行くんやけど、知らんからどうしようもないな。
    吉本の会社の人間が間に入ってやらな、どうにもならへんのとちゃいます?」

    ほかにも、M-1の点数公開システムにこだわった理由や、そもそもなぜ創立したのか、そして漫才への思いについても語った紳助氏。

    12月19日発売の週刊新潮で、詳しく掲載する。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15758015/


    所長見解:復帰やな・・・

    【【上沼暴言問題】島田紳助「オレが謝りに行かなあかんのかな…」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ