上沼恵美子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上沼恵美子“逆ギレ”「えみちゃんねる」24日で突然終了…

    現場の意見に「辞めてやる」


    上沼恵美子の“逆ギレ”により「快傑えみちゃんねる」が電撃終了することが分かった

    “関西の女帝”と呼ばれる大物タレント・上沼恵美子(65)が司会を務める関西テレビの長寿番組「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)が25年の歴史に幕を下ろすことが21日、分かった。

    24日の放送が最後となる。

    同番組は6月に上沼の“集中口撃”により準レギュラーだったキングコング梶原雄太(39)が降板する騒動があったばかり。


    k


    突然すぎる終了の裏には何があったのか――。

    歯に衣(きぬ)着せぬ上沼の毒舌トークで、長きにわたり多くのファンに愛されてきたバラエティー番組。

    関西テレビは、今年7月に25周年を迎えたことを理由にあげ「番組として一定の役割ができたと考え、終了いたします」と発表。

    上沼も「25年という長きにわたって『快傑えみちゃんねる』を1000回を超えて続けることができたのは、支えてくださった視聴者の皆さまのおかげです。
    本当にありがとうごさいました」とのコメントを出した。


    テレビ業界の通例なら早くても10月の改編期で番組を切り替えるケースが多いが、不祥事でもないのに突然の幕引きという前代未聞の顛末(てんまつ)。

    複数の関係者によると、問題の発端は梶原の降板騒動とみられる。

    梶原の態度が気に入らず、上沼が収録中に罵倒。

    その場面はお蔵入りとなり、梶原は上沼のラジオ番組のレギュラーも含めて降板を申し出た。

    そこで上沼は騒動後、同局側に「番組をもっと良くしたい。
    改めるところがあったら何でも言ってほしい」と提案。

    これが“導火線”となった。

    同局側が上沼と話し合いの場を持ち、現場スタッフらの意見を伝えたところ、「そこまで言われるなら辞めてやる」と逆ギレ。

    局側は9月末での卒業を打診したものの、上沼の出演拒否により24日放送で終了することが突如、決まったとみられる。


    「若い視聴者の取り込みを図るため、今後どうするかということは懸案事項になっていた。ただ、えみちゃんねるはファンも多いし、局側としても続けたいと思っていた。
    卒業セレモニーもないと聞いている。
    寂しすぎます」(同局関係者)。

    現時点で総集編の放送予定もないという。

    同局は本紙の取材に「上沼さんとの話し合いの内容の詳細は答えられない。
    終了を決めたのは関西テレビです」と答えた。


    上沼にとっては長きにわたって担当していた女性マネジャーが5月末に辞めたことも大きい。

    「これまでは、そのマネジャーがクッションのような役割を果たしていた。
    上沼さんは“コロナ鬱(うつ)”と言ってましたが、最近は精神的にも落ち込んでいた。
    その中で直接本人が対応することになって悲劇につながった」(演芸関係者)。

    同局の幹部も代替わりしており、これまでのように意思疎通が図れなかったことも一因とみられる。


    同番組は1995年7月10日にスタート。

    最終回で1056回を迎える。


    出演拒否で解決の糸口が見つからないままでの空中分解。

    視聴者不在のこんな形で終わりを告げるのは残念でならない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed485fe7c5aa492fc8ef56b71bbbcdf1a6d7c4bf

    所長見解:どしたんやろね・・・
    【【ブチ切れ】上沼恵美子さん「快傑えみちゃんねる」突然終了のヤバすぎる理由・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    YouTuber・カジサックとしても活躍しているキングコング・梶原雄太(39才)が、レギュラー出演していた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と、隔週レギュラーだった『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)から降板することとなった。

     
    梶原といえば、上沼恵美子(65才)の寵愛を受けており、だからこそ両番組に出演していたはず。

    それなのに急な降板の裏に、何があったのだろうか?
     
    6月26日放送の『快傑えみちゃんねる』に、梶原降板の理由が隠されていた。

    この日の放送で、梶原が話した時間は、1時間のうち、わずか70秒。

    梶原が2か月ぶりにスタジオに登場したことに触れるわけでもなく番組は進んでいく。

    あまりにも短すぎるのではないか。

    「実は話していないわけじゃないんですよ」とは、在阪テレビ局関係者。

    「それなりに上沼さんと梶原さんのやり取りもあったのですが、放送に耐えられない空気になってしまい、お蔵入りになったんです。
    上沼さんも調子が狂っていたのか、歯止めがきかなくなっていて、聞いていてしんどかったですね」
     
    お蔵入りになったシーンでは何が起きていたのか。

    「序盤は上沼さんお得意の毒舌トークで緊張をさせてから、フッと気の抜けた発言をして緩和させる、さすがのトーク術で場を回していたんです。
    しかし、『ごちそうになるときの作法』について話が及んだとき、スタジオの空気が変わっていったんです」(前出・在阪テレビ局関係者)
     
    以下は放送されなかった、いや、できなかったお蔵入りシーンの話である。

    「これまで何度もおごってきた自分に対しての義理を欠いている。
    だから一度私にごちそうしなさい、と上沼さんが言ったのです。
    ここまでは、いつも通りの愛のあるいじりでした。
    しかし、『あんたこの番組に途中から来た子やんか。
    最初からブッキングされた出演者ちゃうやん』と表情を変えて批判し始めたあたりから、空気が変わりました。
    共演者が一度止めに入るも、それを制止して梶原さんへの口撃を強めていったのです。
    彼が笑いに変えようとしても、思うようにいかない。
    梶原さんは明らかに動揺し、笑いも消え、涙目になっているのが見て取れました。
    それでもスタッフは上沼さんが怖くて途中で収録を止めることなんてできません」(前出・在阪テレビ局関係者)


    k

     
    1人10万円の高級料亭でスタッフ含め200万円ぶんをおごれと詰め寄る一幕も。

    「『おごれ』と言ったと思ったら、『おごられたら次の日病気になるからいいわ』と言ったり、梶原さん抜きでスタッフ全員で食事会をしようと提案したり…。
    現場のスタッフも共演者もいつもの空気と違うのは感じていました。
    スタジオ内には盛り上げ用のスタッフの笑い声だけが響き、それが一層、雰囲気を恐ろしいものにしていた。
    そんななか、梶原さんが『なんでこんなに嫌われたんやろ』って絞り出すように話したのが印象的でした」
     
    それに対する上沼の返しで、ついに現場の空気が凍った。

    「『ほんまに怒ってんねんで。
    コロナでみんながイライラしてんねん。
    バラエティーやから笑わそう思って、って思ってるやろ?』と聞いた後、少し間を置いて、憤怒の表情で梶原さんの方を向きながら一言、『ちゃうで』と言い放ち、『イラついてんねん。キミに!』と続けたんです」(前出・在阪テレビ局関係者)


    「ちゃうで」ではなく、「そやで」と言えば緩和だったが、スタジオに緊張を走らせ続ける上沼。

    その間、ゲストは言葉を挟むことができず、ずっと苦笑いをするのみだったという。

    「その後は、聞きたくもなく、耳をふさいでしまったのであまり覚えていませんが、コロナが終息した頃にいなくなる芸人の代表として梶原さんを名指ししたりしていました。
    どう見てもパワハラです。
    意地悪いのが、最後に『コロナうつだからごめんな。ほんまはちゃうねん』と言っていたこと。
    あの一言で、“パワハラ”が“いじり”に変わるのでしょうか。
    正面から受け取って傷つく方が馬鹿を見る空気感でしたね」(前出・在阪テレビ局関係者)
     
    その後、梶原は上沼とのラジオ収録もあったが、「急性胃腸炎」という理由で出演を取りやめた。


    以下全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/08c24a99a4087cac3ccb65222f44b72c87a802a8
    https://news.yahoo.co.jp/articles/08c24a99a4087cac3ccb65222f44b72c87a802a8?page=2

    所長見解:これはな・・・
    【【これはつらい】キンコン梶原に上沼恵美子が言い放った苛烈すぎる批判がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上沼恵美子、寵愛したキンコン梶原が番組を降りるまでの騒動…


    《梶原くんは東京から行ったり来たりがしんどいということで》。

    6月29日、西の女帝と呼ばれる上沼恵美子(65才)のラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)の冒頭、上沼が突然、本人不在のなか、隔週レギュラー出演をしていたキングコング・梶原雄太(39才)の卒業を発表した。

    「翌週の放送で、本人が出演したうえで発表する予定だったのを急に発表したのでスタッフもてんやわんや。
    もともと、台本を用意して話すようなかたではないのですが、本人不在でのあの説明は誤解を生むものでした」(ラジオ局関係者)

    放送終了直後、梶原は自身のSNSで《「忙しくなって東京から行くのがしんどくなったから卒業した」と僕が言った事実はございません》と反論ともとれる投稿をした。


    n


    2人は長く、師弟関係を続けてきた。

    上沼が梶原をかわいがり、梶原も上沼を恩人と慕っていたのは周知の事実。

    その関係はいつ崩壊していたのか。

    その謎を解くカギは、ラジオから3日前の26日に放送された、もう1つの2人の共演番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)にあった。

    「『快傑~』は、関西では金曜夜に放送される人気のトークバラエティー番組です。
    今年で25周年を迎える長寿番組でもあり、2018年には関西テレビが企画した『関西人1万人が選ぶカンテレ人気番組ベスト20』で第1位に輝いています。
    梶原さんは2015年からレギュラーとして出演しています」(テレビライター)

    しかし、この日の放送は、まるで梶原が不在であるかのようだった。

    70秒──約1時間の番組で梶原が話をした秒数だ。

    梶原が2か月ぶりにスタジオに登場したことに触れるわけでもなく番組は進んでいく。

    あまりにも短すぎるのではないか。

    「実は話していないわけじゃないんですよ」とは、在阪テレビ局関係者。

    「それなりに上沼さんと梶原さんのやり取りもあったのですが、放送に耐えられない空気になってしまい、お蔵入りになったんです。
    上沼さんも調子が狂っていたのか、歯止めがきかなくなっていて、聞いていてしんどかったですね」


    梶原は活躍の場をネットに移し、2018年にカジサックとしてYouTuberデビュー。

    登録者が100万人を超えなかったら引退すると自分を追い込んだ結果、いまや204万人を突破。

    芸能人YouTuberを牽引する存在になっている。

    一方の上沼は、在阪局のほとんどで自身の名を冠した番組を持つ西の女帝。

    姉とコンビを組んだ歌える漫才師、海原千里・万里の千里としてデビューし、最近では、審査員として出演したM-1グランプリでの、上沼の女帝ぶりを知らしめる“事件”が記憶に新しい。

    「2018年、出演した吉本興業所属の芸人2人が、酒に酔った状態でSNSでのライブ配信を行い、上沼さんに審査員を辞めるように迫るなど、暴言を吐いたのです。
    それにいち早く反応したのが、彼らの先輩であるダウンタウンの松本人志さんでした。
    暴言を吐いた2人を叱責すると同時に、上沼さんに挨拶に行きたいと、直接謝罪の意思を表明したのです。
    このことは、上沼さんの力を広く知らしめることになりました」(前出ライター)

    関西で絶大な人気を誇っていた島田紳助さんが引退し、やしきたかじんさんが亡くなって、女帝の支配力は以前に増して強くなっている。

    そんな女帝が息子のようにかわいがったのが梶原だった。

    「梶原さんはテレビ出演が急増し、人気絶頂だった2003年に、あまりの多忙さに心身症を患い、失踪騒動を起こしています。
    休養を経て現場に復帰して仕事も増えてきましたが、不安定な状態に引退を考えた時期もありました。
    それでも、『あなたはスターになれる』と、自信を失う梶原さんを奮い立たせ、『快傑~』のレギュラーに抜擢したのが上沼さんでした」(芸能関係者)

    梶原も、その心意気に呼応するように、上沼の大ファンを公言し、YouTubeの世界に飛び込んだのも、背中を押す上沼の言葉があったからと周囲に話していた。

    「あまりの寵愛ぶりに、一時は怪しい関係なのでは、と疑われたほどでしたよ(笑い)。2016年には『快傑~』のハワイロケに一緒に行っていますが、カメラの回っていないところで、上沼さんは100万円以上のロレックスの腕時計を梶原さんに買ってあげていたそうです。
    誰の目から見ても、溺愛しているのは間違いありませんでした」(テレビ局関係者)


    しかし、愛が深すぎれば深すぎるほど、ほんの些細なきっかけで、逆の感情に針が振れてしまうこともある。

    そのきっかけは、意外なところにあった。


    全文はコチラ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd3e324b0cf4e3450fdd75e798ac56cab927ff1d

    所長見解:どしたん・・・

    【【番組降板】上沼恵美子、キンコン梶原とのヤバすぎる確執がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上沼恵美子が『快傑えみちゃんねる』で、昔の芸能界を振り返り「汚い」と表現した。

    番組では出演したグラビアアイドル出身の吉木りさに対し、他局の番組関係者らと「ベッドインした?」と振り、これに「裏技は使っていない」と吉木は答えた。

    そこで上沼は「昔はそんなんだらけやったわ」と苦笑い。

    力を持つ共演者に格下のタレントが“枕営業”を持ちかけるパターンが多かったことを示唆した。

    芸能関係者は「コンプライアンスが叫ばれる昨今ですが、少なからず“枕営業疑惑”を持たれているタレントは多い」と指摘する。

    「今も昔も最も多いのは、アイドルと女優ですね。
    出られるバラエティー番組の枠は以前ほど多くないので、自らの判断でプロデューサーやMCなどに近づくことはあります」(前出・関係者)


    m


    また、こんな事務所もあるという。

    「女優や俳優、グラビアアイドルを数多く抱える大手芸能事務所は基本的に、番組共演者やスタッフらとタレントの電話番号、SNSの連絡先交換を推奨している。
    その分、連絡状況を丸裸にしてすべて事務所に報告させるという形をとっています。
    そうすれば、関係者の誰がタレントに手を出して、仕事に還元されたのか一目瞭然。
    肝が据わったツワモノは、プロデューサーに電話をかけて会食場所に“接待要員”を買って出る者もいます」


    https://www.cyzo.com/2020/03/post_235093_entry.html

    所長見解:やろな・・・

    【【衝撃暴露】芸能界に蔓延する、アイドルや女優の汚すぎる枕営業がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    去年の『M-1グランプリ』後に審査員の上沼恵美子を批判する発言を繰り返したとして、一時芸能界から〝干されかけた〟『とろサーモン』久保田かずのぶが12月22日、今年の放送中にまたも騒ぎを起こした。

    上沼が発言するたびに一言ツイートを連発、「まるで反省していない」との声が飛んだ。


    今年の『M-1』では、6位に入った『からし蓮根』のネタ披露後に上沼が暴言を放ったとして話題になった。

    上沼は5組目に登場した彼らを「ファンです。初々しい」と評した直後、2組前にネタを披露した『和牛』について突然言及。

    「横柄な感じが(した)」「緊張感もない、ぞんざいな感じ」と評し、痛烈に批判しだした。

    MCの今田は「(『和牛』への)愛情の裏返し」とフォローしたものの、突然『和牛』を引き合いに出したことを批判する声が殺到し、ネットは大炎上した。


    k


    謎の一文字ツイート…上沼恵美子のコメントに反応?

    そんな中、久保田は番組中に「は」「え」など「一文字ツイート」を繰り返し投稿。

    すぐさま削除しては投稿を繰り返した。

    投稿のタイミングは審査員の上沼が出場者に対してコメントする場面と重なっていたようで、ツイッターでは久保田が投稿したとされるツイートのスクリーンショットが拡散されている。


    番組終了後、久保田は何事もなかったかのようにツイッターを更新。

    東野幸治が自宅を訪れたとしてツーショットを披露した。


    番組終了後、一部ツイッターユーザーからは久保田を励ます声が続出した。

    《いろいろ言われてるようですが僕は応援してます!》

    《正直すまんかった。あんたが正しかった》

    一方、久保田を批判するコメントも続出。

    去年の騒動を経験しても、全く反省していないのではと指摘していた。

    《上沼さんにはっきり言ったらいいのに。お笑いに対して意見あるなら意見として話してみてはどうですか?》

    《上沼さんにまた絡んだらしいですね ツイ消ししちゃうのが気弱》

    《前回の事件でダウンタウン松本が大阪に行って上沼に頭下げに行ったのに、上沼が発言したの見てこのツイートはなめてるやろ》

    《上沼がしゃべったときにツイートして消してを繰り返して、お前本当に反省してねえの、よく分かったわ》


    昨年の騒動の余波はまだ続きそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2127983/

    所長見解:消すなよ・・・
    【【炎上】とろサーモン・久保田、上沼恵美子をまた批判ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ