ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:上沼恵美子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの上沼恵美子(63才)が、結婚41年目となる夫と別居状態にあることが明らかになった。

    7月中旬の週末。
    大阪市内から車で40分ほどの高級住宅地にある約100坪、3階建ての豪邸は雨戸をすべて閉め切り、ひっそりしていた。
    午前11時、宅配便の配達員がこの家を訪れると、ひとりの女性が玄関に姿を現して荷物を受け取る。
    その後、女性はペットホテルから帰ってきた愛犬を玄関で迎えた。

    翌日の午後、うだるような暑さの中を女性は帽子を深めにかぶり、サングラスとマスクで顔を覆って外出した。
    彼女が家を出ると、がらんとした豪邸を静寂が包んだ。
    この女性が上沼。
    今、この豪邸に彼女以外の住人はいない。

    上沼は17才の時に姉・万里とともに漫才コンビ「海原千里・万里」としてデビュー。
    1977年に関西テレビのディレクターだった上沼真平さん(71才)と結婚すると芸能界をスッパリと引退した。

    だが翌年、「専業主婦は耐えられない」と本名で芸能界に復帰すると、歯に衣着せぬ本音トークで人気を博し、“西の女帝”として数多くの冠番組を獲得。
    1994年から、2年連続でNHK紅白歌合戦の紅組司会を務めるなど、関西では誰もが知る名司会者となった。

    「恵美子さんは売れっ子になってからも毎朝、自分の仕事に出る前に家事をこなして真平さんを送り出していました。
    真平さんはいわゆる“昭和のお父さん”で家事はすべて妻任せ。
    恵美子さんは忙しい日々を過ごしながらも、“本業は主婦”という思いで亭主関白な夫に尽くしていました」(上沼の知人)

    家庭を第一にする上沼だが、テレビでは家族にモノ申すことが多かった。

    「以前は姑についてのネタが“鉄板”で、『22才で出産した頃、赤ちゃんの夜泣きで姑から散々イヤミを言われて地獄だった』とよく話していました。
    近年は夫への愚痴が多く、『結婚生活がしんどい』、『遠回しに別居を申し出たら夫に怒られた』などと打ち明けていました。もちろん冗談めかしてでしたが…」
    (在阪テレビ局社員)

    だがこれはテレビ用のネタではない。
    冒頭のシーンのように、上沼の“ひとり暮らし”はすでに始まっていたのだ。

    k


    ◆夫の定年を機に関係が変わった

    仕事と家庭を両立していた上沼にとって大きな転機となったのは2008年だった。
    この年、関西テレビの関連会社の社長に就任したばかりの真平さんは、その地位を捨て定年退職の道を選んだ。
    夫の突然のリタイアは上沼にとって青天の霹靂だった。

    「定年後の真平さんはゴルフやウクレレなどの趣味に熱中していきました。
    一方、家にずっといても家事は一切やらない。
    恵美子さんが風邪をひいた時、『熱があるみたいやから、早めに寝る』と言ったら真平さんは『そしたら晩ご飯はどないなる?』と返したほど。
    そんな毎日に、恵美子さんは『夫婦の生活がストレスや』とボヤくようになりました」(前出・上沼の知人)

    夫の定年から数年経つと上沼の体調は悪化した。
    2013年8月には自律神経失調症を患ったことを明かし、2014年2月にはウイルス性の急性肝炎で緊急入院した。
    いずれもストレスによってかかりやすくなる病気である。

    2015年12月には上沼を支え続けた最愛の母を亡くし、深い喪失感に襲われた。
    この時も夫の言動が強いストレスになったようだ。
    当時の状況について、上沼は女性誌でこう語っている。

    《母を失ったとき、素敵なご夫婦なら、「夫が支えてくれました」と言うんでしょうね。
    けど、うちの人は全然でした。
    私が悲しんでいても、何も思わない。
    若い頃は、「恵美子、大丈夫か?」と夫が包んでくれるのだろうと想像していましたが、何もしてくれません》(『婦人公論』2016年5月24日号)

    今年3月、上沼はMCを務める『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で衝撃の告白をした。8年前から目まいがひどく、カウンセリングを受けると医師から「夫源病」と診断されたというのだ。
    耳慣れない病気について、名付け親である循環器専門医の石蔵文信医師が解説する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00000020-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00000020-pseven-ent&p=2

    続く

    所長見解:そうやったんや・・・

    【【関西女帝】上沼恵美子、深刻すぎる病状がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    これまでジャニーズ事務所を辞めたタレントは、一部の例外を除いて、地上波のテレビ番組などに出演するなどの活躍は難しくなり、芸能界を干された状態に追いやられるケースもあるといわれてきた。

    しかし、時代は変わりつつある。
    元SMAPメンバーで昨年9月に退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾は、元マネージャーで元ジャニーズ事務所役員の飯島三智氏が設立したCULENに所属し、ジャニーズではタブーだったSNSも活用し、意欲的な活動を継続している。
    2012年に事務所に結婚を事後報告するというタブーを犯し、14年に退所した元KAT-TUNの赤西仁も、その後を危惧する声も多かったが、個人のレーベルでユニバーサルミュージックジャパンと業務提携し、アジアを中心に人気は健在。
    自身が注力したかったアーティスト活動に邁進している。

    こうした状況に後押しされたのか、今年4月、関ジャニ∞の渋谷すばるが年内いっぱいで退所することが発表され、会見でジャニーズ内での憧れの先輩について聞かれると「いたら辞めてないと思います」と言い放ったことも話題になった。

    テレビ局関係者は語る。

    「確かに、みなさんそれぞれのやり方でうまく活動していますが、結局のところは、ジャニーズと敵対関係にならないように活動しています。
    昔と違い、今はメディアの多様化が顕著ですから、その分、活動する場が広がったというだけです。
    老若男女の知名度を獲得するには、やはり地上波への露出が決め手。
    実際、元SMAPの3人にしても、地上波のレギュラーが残っているのは稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)だけです」

    そんななかで、ジャニーズ事務所退所後も周囲の援護を受けて、うまく地上波でも活動しているのが元KAT-TUNの田口淳之介だ。
    赤西の退所の2年後に退所。
    当初は長年交際していた女優の小嶺麗奈との結婚が噂され、個人事務所を立ち上げインディーズでソロデビューしたが、今は赤西と同じくユニバーサルミュージックジャパンと契約。もちろん、ジャニーズ時代からの固定ファンはいるが、これまでリリースしたシングル2枚、アルバム1枚は大成功というほどの売上ではなかった。

    t

    http://biz-journal.jp/i/amp/2018/07/post_23978.html 


    所長見解:がんばれ・・・

    【【元KAT-TUN】田口淳之介、上沼恵美子の寵愛を受けた結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の船越英一郎の妻でタレントの松居一代のブログが怖すぎると話題になったのは6月末だった。

    「松居は6月27日付の自身のブログで、《旅立つ準備をして》と自殺をほのめかしたうえで、《1年5ヶ月も尾行され続けている》、《15日間ほど逃げていた》などと逃亡生活を送っていたと書き込んだのです。
    内容もさることながら、ブログのフォントがとても大きく、メンタル的にやばい感じが伝わるものでした」(芸能ライター)

    その後も衝撃発言を連発していたが、7月6日発売の『週刊文春』では、松居による執拗なDVが原因で、船越が離婚調停を申し立てていると報道された。
    それに対し、松居は4日深夜、週刊文春を「校了前に原稿を読んで聞かせるという約束を破った」、5日早朝には船越を「バイアグラを飲んで不倫している」と鬼気迫る表情で批判する動画をYouTubeに投稿。
    両者の言い分がまったく異なり、泥沼の離婚騒動になってきた。

    「調停が不調に終わり、裁判となった場合、松居の動画公開は民法の《婚姻を継続し難い重大な事由》に当てはまり、松居が不利になる可能性があるそうです。
    また、動画を理由に、船越から名誉毀損で損害賠償請求をされたり、離婚に至った際、船越が払う慰謝料が減額される可能性もあるようです」(同・ライター)

    離婚調停の行方が注目されるが、もうひとつ気になるのが上沼恵美子とのいさかいの行方だ。

    k


    「上沼は昨年2月、自身が司会の関西ローカル番組『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で、過去に報じられた松居と火野正平との熱愛疑惑に触れたのですが、松居は6月28日付のブログで、これに対して訴訟を示唆しました。
    テレビ局も双方で弁護士を立てて協議中であることを認めています」(同・ライター)

    しばらく松居から目が離せない。

    https://myjitsu.jp/archives/25798


    所長見解:またすごいところと・・・
    【【これはヤバい】渦中の松居一代が今度は上沼恵美子に宣戦布告…双方が弁護士を立てて協議中ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ