一発屋

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平成のある時期、爆発的に人気者になった芸人たちがいた。

    彼らが超売れっ子だったのには、たしかな芸の力と時代を先取りしたセンスを持ち合わせていたからに他ならない。

    平成も残りわずかとなった今、「一発屋芸人」と呼ばれる彼らを再評価してもいい頃ではないか。

    Jタウンネット研究所では、「平成を代表する『一発屋芸人』といえば?」という質問でアンケート調査を行った(総投票数562票、2018年12月30日~2019年4月10日)。

    はたして、その結果は――。

    g


    ◇ ぶっちぎりトップは「あの人」

    平成を代表する一発屋芸人は誰だろう? という問いかけに対しての結果、ダントツでトップに輝いたのは、ダンディ坂野だった。

    20.8%、なんと5人に1人、得票率では他を圧倒していた。

    カラフルなタキシードと、「ゲッツ!」という決め台詞が定番ネタだ。

    ラミレス監督(現DeNAベイスターズ)が現役時代、ホームランを打った時のパフォーマンスに「ゲッツ!」を取り入れたことは、あまりにも有名だ。

    思わず微笑んでしまう、なんとも言えない「ユルさ」と「あったかさ」が、「ダンディ坂野」の魅力かもしれない。

    今や一発屋芸人のレジェンド的存在で、このランキングでトップに立ったのは、予想通りと言えるだろう。

    Jタウンネット編集部は「ダンディ坂野」の所属事務所に問い合わせたところ、マネージャーを通じて、

    「光栄です」

    というコメントが返ってきた。

    「ゲッツ!」ではなかったのは、ちょっと残念......。



    2位以降の結果は、以下のランキングのとおりだ。
     
    第2位には、「ダメよダメダメ」の日本エレキテル連合が入った。

    10.3%、5人に1人が支持している。

    最近、テレビ出演回数が減っているのは、まったく残念だ。

    あの個性的なネタは、また見てみたい気がする。


    第3位は、自虐ネタのヒロシだ。

    得票率は8.4%。

    「ヒロシです」というセリフと九州弁が猛烈に流行った時期もあったが、今は......。

    ときどきテレビに登場することもあるが、やはりおもしろい。

    意外に若い女性に人気があるという声も聞く。


    小島よしお、ムーディ勝山、エド・はるみが、8.2%で、同じ4位だった。

    それぞれ個性的で、それなりに評価されている。

    また7位以下の面々も、根強い人気を保っているようだ。

    元号が「令和」に変わっても、彼らの芸をもう一度じっくり見てみたいという人は、まだまだいるはずだ。
    http://news.livedoor.com/article/detail/16389145/



    所長見解:いたよな・・・


    【【結果発表】平成を代表する「一発屋芸人」がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月20日に放送された『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、MCの明石家さんまが「イラ立ちをあらわにしていた」「表情が怖い」と話題になった。

    新元号『令和』の突入を目前に控えた今回は、平成の時代に現れては消えていった〝一発屋〟をピックアップ。

    スギちゃん、『いつもここから』、『8.6秒バズーカー』らがゲストとして出演し、ネタを披露していくことになった。

    トップバッターは、2000年代に人気を博し、『ピタゴラスイッチ』(NHK)レギュラーも務めた「いつもここから」。

    しかし、おなじみの暴走族ネタの反応はややウケで、見かねたさんまはネタをやめるよう途中で割り込んでいく。

    さんまは「(ネタを披露する芸人が)後もあんねん!」と時間のなさを強調し、ひな壇の芸人たちも〝ネタ中断〟が笑いのくだりとしてきれいにまとまっていたと「いつもここから」を説得。

    しかし、割り込まれた2人は「機会がないからやらせてください!」「何で止めるんですか!」と納得いかない様子で、特に黒髪の菊地秀規は本気で不服そうな態度を見せていた。

    g


    さんま・今田ともにイライラをあらわに

    久しぶりの大舞台で再ブレークのきっかけをつかみたいのか、その後も「本当に後でやらせてくれるんですね!?」「こっち(ひな壇)ばっかじゃん目立ってんの」などと、さんまとひな壇相手に食って掛かり続けた菊池。

    すると、次第にさんまの表情からもイラ立ちが見え始め、今田に至っては「こっちだってめちゃくちゃカットされとるんじゃ!」と感情を口に出してしまった。

    結局、後に出番を控えていたスギちゃんが「オレの時間あげるぜ」と男気を見せたことで、「いつここ」は2本目の「悲しいとき~」ネタを披露できることに。

    しかし、これだけゴネたにもかかわらず当の菊池がセリフを噛み続けてしまい、ただ場を荒らしただけに終わってしまった。


    ネット上には、

    《さんまがイラ立つって相当やろ》
    《さんまが一瞬、マジの怖い顔をしていた…》
    《いつここにイラッとしてるさんまさんの目、マジで怖い》
    《さんまも今田もマジでイライラしてるwww》
    《さんまが手を焼くってガチでやべー奴じゃん…》

    などといった感想が。他にも彼らのネタを揶揄し、

    《悲しいとき~。久しぶりのテレビ出演で再ブレークを狙うも、今後すら怪しくなってしまったとき~》

    とチャカす声もあった。

    どんなくだりも笑いに昇華できるさんまですらイラ立っていたと、視聴者も感じ取ったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1792153/


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【放送事故】明石家さんまが一発屋芸人にマジギレのシーンがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    悲しいなあ

    t

    所長見解:いろいろあるよね・・・

    【【人気女優】仲間由紀恵さん、トリックだけの一発屋説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    波の激しい芸能界を生き抜く者もいれば脱落していく者もいます。

    平成で見納めとなる有名人は誰なのか。

    ということで、「2019年に消えそうな有名人」を調査しました 

    アンケートに答えてくれたのは30~40代女性200名。さっそく結果を見ていきましょう。


    2019年に消えそうだと思う有名人は誰ですか。(複数回答)

    10位 敦士 19.5%
    9位 須藤凛々花 22.5%
    8位 サンシャイン池崎 23.5%
    7位 GENKING 24.5%
    6位 おばたのお兄さん 29%
    5位 上西小百合元議員 32%
    4位 アキラ100% 34%


    10位の敦士はフジテレビの『めちゃめちゃイケてる』終了後、なかなかテレビで観る機会がありません。
    テレビ神奈川でレギュラー番組をもっているので、中澤裕子のように地方で生き延びるタイプかもしれません。

     
    9位の須藤凛々花は2017年のAKB総選挙で突然の結婚宣言を行い、2018年4月に入籍しました。
    「子作りしてます」など、あけすけな発言が話題を集めていますが、飽きられるのも早そうというのが女性たちの見方です。


    一発屋のニオイがするサンシャイン池崎は8位に。
    2017年にブレーク後、露出はだいぶ減ってきましたが、今年4月に放送されたバラエティ番組『ウチのガヤがすみません』(日テレ系)で、前月の月給を「262万イェーーイ」と告白。
    貯金額も2000万円超あるといいます。
    過去には生命保険の営業のバイトで月80万円稼いでいたというので、もし芸人として売れなくなっても他の道で食べていけそうですね。


    同じ系統なのが6位のおばたのお兄さんでしょう。
    「まーきのっ」以外に稼げそうなネタが出てきそうもないし……。
    なぜ、山崎夕貴アナは将来不安な男と結婚したのかというと、「彼はとっても生活力があるんです。
    体が丈夫、料理や掃除、洗濯などの家事が大好き、お金の管理も得意」(2018年7・8月号『 Numero TOKYO』より)というのが理由なんだそう。
    主夫になる手もアリですね。


    「本当の私は優しくていい人。テレビを通じてそれを出していきたい」と語るのは、「浪速のエリカ様」こと元衆議院議員の上西小百合氏。
    2017年10月に5年間の議員生活を終え、次はコメンテーターや女優に挑戦すると意気込んでいます。
    この転身は成功しないというのが意見が大半で、ランキングでは5位となりました。


    ◆3位 ひょっこりはん 39.5%

    2018年の正月特番『くるナイ おもしろ荘』(日テレ系)で一躍有名人となったひょっこりはん。
    壁などからひょこっと出てくる姿がウケ、高校生ら若い世代を中心に人気を呼びました。

    トントン拍子でCM、ドラマに出演、「ユーキャン新語・流行語大賞」のお笑い部門にノミネートと、このままでは一発屋の道をまっしぐらでは? との心配は無用。

    「このポーズは世界にも通用すると思うので、世界の人に向けても発信したい」と、2019年の目標をイベントで掲げました。日本から世界へ……!

    h


    ◆2位 花田優一氏 45.5%

    元貴乃花親方の息子である花田氏は靴職人として有名になりました。

    ところが靴は作らず芸能事務所に所属してタレント行動をとる姿に、かつて『アナザースカイ』(日テレ系)で密着取材をした今田耕司は「まったくいい気はしない。何タレントしてんねん。ビックリしたわ」と理解ができない様子です。

    素行の悪さからすでに所属事務所をクビになっているとの報道も出ており、消えていくのは時間の問題かも。


    ◆1位 にゃんこスター 74.5%

    2017年の『キングオブコント』で準優勝し、スターダムにのし上がった二人。
    公私ともにパートナーであることはよく知られています。

    一時はバラエティ番組に引っ張りだこだったものの徐々に出演数は減り、テレビでお目にかかるのが難しくなりました。
    最近ニュースになったことといえば、破局を回避したことぐらい。
    7割以上の票を獲得し1位になったのも当然か……。


    10位圏外を見ると、モデルのマギーが11位(18.5%)、ベッキーが12位(18%)と不倫報道でイメージダウンした二人が続きました。

    2018年に再ブレークしたDA PUMPは21位(9%)となり来年も大丈夫そうとの見方が大半。

    当初は一発屋と思われていたブルゾンちえみは24位(6%)と、今後も視聴者の需要はありそうです。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15833575/


    所長見解:もうね・・・

    【【一発屋】今年消えそうな芸能人ランキングがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2001年、90万枚の大ヒットとなったジャパニーズレゲエの名曲『Lifetime Respect』。
    「一生一緒にいてくれや」というフレーズは誰もが一度は口ずさむ社会現象にまでなった。

    3


    その名曲を歌い上げた三木道三ことDOZAN11が、7日放送の『ヒロミーティング またTVでいじりたい人たち』に登場。
    日本テレビの番組には17年ぶりの出演となるDOZANが自身の過去や「死亡説」について語り、話題を集めている。

    https://sirabee.com/2018/10/08/20161827272/


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【一生一緒にいてくれや】三木道三 死亡説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ