ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:ワールドカップ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    日本サッカー協会は9日、都内のJFAハウスで会見を開き、田嶋幸三会長(60)が今月7日付でのバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任と、西野朗技術委員長(63)の新監督就任を発表した。
    西野氏の契約は6月14日開幕のロシアW杯まで。
    日本協会は、選手との信頼関係が崩れた監督を更迭するという大ナタを振るい、約2か月後の本大会に挑むことになった。
    スポーツ報知では「ハリル解任の真実」と題した緊急連載で解任劇を検証する。

    h


    チームは常に“空中分解”の危険性をはらんで歩んできた。
    「監督と選手は意見をぶつけ合ってきたがギャップは埋まらなかった。
    それを協会が判断したんだと思う」とある選手は明かす。
    ハリル監督と選手の間にできた溝は埋まることなく、W杯開幕まで残り2か月と迫った時点でハリル・ジャパンは消滅した。
    就任以降、体脂肪率12%以下を厳命するなどの管理主義と、単調な戦術を繰り返す指揮官に対する選手たちの不満が、解任の引き金となったのは明らかだった。

    転換点はいくつかあった。
    最初は2017年6月、W杯アジア最終予選イラク戦に向けたイラン・テヘランでの合宿中の出来事。
    積極的な意見を求めるハリル監督の部屋のドアをノックしたのはFW本田圭佑(パチューカ)だった。
    関係者によれば、本田は監督の選手起用や戦術などを確認し、自身の考えを口にしたところ指揮官も応酬。
    激しい意見のぶつけ合いは約2時間に及び通訳が疲弊するほどだった。
    時期は不明だが、FW岡崎慎司(レスター)も直接、監督と議論した。
    結果、両者はポジションを失い、代表から声がかかることがなくなった。
    ある選手は「意見を言った選手が代表からいなくなることもあった。
    意見は聞いてくれるけど何かが変わることはなかった」。
    別の選手は「意見を言えば呼ばれなくなる。監督の言うことをやるしかない」。
    “強権政治”は選手にとって大きなストレスとなった。

    17年12月には一部の選手たちから協会に対して進退を問うべきとの声も上がった。
    「海外組で監督の言うことを聞く選手はほとんどいなかった」とある主力選手。
    ベテラン選手が場を収め“クーデター”は未遂に終わったが、怒りはくすぶり続けた。

    そして3月のベルギー遠征が決定打となった。
    W杯を約3か月後に控えた段階でも選手選考を繰り返し、格下マリには1―1。
    縦一辺倒の攻撃に加え、突然のロングボール多用など内容も乏しく、ミックスゾーンで公然と手腕への批判を口にする選手も出始めた。
    ベテランだけではなく、中堅選手すらハリル監督にかみつくこともあった。
    悪い流れを変える最後のチャンス―。
    このままW杯に突入するのは不可能だと考えた一部の選手たちが音頭を取り、話し合いの場を設けようとした。
    直前になって中止となったが、協会幹部は選手たちの爆発寸前の不満を再確認。
    良くも悪くも自分の考えを曲げることの少ないハリル監督からの歩み寄りを難しいと判断し、前代未聞の解任劇へとつながった。(特別取材班)

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000052-sph-socc

    所長見解:どうなんだろうね・・・
    【【サッカー日本代表監督】ハリル解任の真実がコチラ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本サッカー協会は9日、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任を発表した。

    ハリルホジッチ監督はハビエル・アギーレ氏の後任として、2015年3月に日本代表の指揮官に就任。
    2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選では6勝2分け2敗の成績でグループBを首位で通過。
    6大会連続6度目のワールドカップ出場権獲得に尽力した。
    しかし、ワールドカップ出場決定後の国際親善試合では成績が奮わず、国内組のみで臨んだ12月のE-1選手権を除くと、ここまで1勝2分け3敗だった。

    3月27日のウクライナ代表戦後、日本サッカー協会の西野朗技術委員長は「もちろん継続して考えたい」とハリルホジッチ監督の続投を明言していたが、6月のワールドカップまで残り約2カ月のタイミングで解任を決断した。
    なお、ハリルホジッチ監督はコートジボワール代表を率いた2010年にも本大会直前で解任されている。

    n

    後任監督は西野朗技術委員長に決定した。
    西野監督はガンバ大阪で明治安田生命J1リーグ優勝や天皇杯優勝などを経験し、Jリーグ監督通算勝利数は、歴代1位の270勝である。
    その実績を買われ、2016年3月から日本サッカー協会の技術委員長に就任していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00740032-soccerk-socc


    所長見解:強くなればいいけど・・・
    【【ハリル解任】サッカー日本代表後任監督は技術委員長の西野朗氏 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ロシアW杯(6月14日開幕)に臨むサッカー日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が電撃解任されることが8日、分かった。
    9日にも正式発表される。

    h


    同監督は15年3月に就任後、日本を6大会連続のW杯本大会出場に導いたが、アジア最終予選以降は国内組のみで臨んだ東アジアE-1選手権をのぞいて、1勝2分け3敗と低迷。目標と掲げる本大会での1次リーグ突破達成を不安視されていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000149-dal-socc


    所長見解:今さら・・・
    【【サッカー日本代表】ハリルホジッチ、監督やめるってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2月7日、カズこと三浦知良の所属する横浜FC(J2)と岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治(JFL)が宮崎・日南総合運動公園で練習試合を行なう。
    過去に監督と選手として何度も対戦してきた岡田氏とカズだが、20年経った今も所属チームの練習試合が話題に上るほど、20年前の『カズ落選』は衝撃的な出来事だった。

    日本が初めてW杯に出場した1998年、岡田監督は開幕直前に長らく日本サッカー界をエースとして引っ張ってきたカズをメンバーから外した。
    結果は3戦全敗で予選リーグ敗退。
    その後、岡田氏はコンサドーレ札幌や横浜Fマリノスの監督を務め、2010年のW杯南アフリカ大会でも指揮を執り、日本をベスト16に導いた。

    カズはクロアチア・ザグレブ、京都サンガ、ヴィッセル神戸、横浜FCと渡り歩き、50歳を超えた今でも現役サッカー選手としてピッチに立っている。

    1997年、W杯予選初戦のウズベキスタン戦で4ゴールを奪ったカズは、3戦目の韓国戦で尾てい骨を痛めた後も強行出場したことで状態が悪化し、満足なパフォーマンスが見せられなくなっていた。
    日本が勝利から見放されたことで、サポーターのバッシングの矛先はカズに向かっていった。
    イランとの第3代表決定戦ではカズと途中交代した城彰二が同点ゴールを決め、チームがW杯初出場を決めたことでカズ不要論はさらに過熱していった。

    1998年になると、カズは代表に呼ばれはするものの出番は限られ、日本を出発する直前の5月のキリンカップでも2試合を通じて1度もピッチに立つことはなかった。

    そして、6月2日合宿先のニヨンで岡田監督はカズ落選を発表。

    k


    会見で理由をこう話した。


    「カズに関してはトップの中で今、城を柱として考えていて、交代でどういう選手を使っていこうかと。
    アルゼンチン、クロアチア、ジャマイカという試合を想定した場合に使うチャンスがないと判断しました」

    当時のカズはヴェルディ川崎でMFとして起用されていたこともあったが、W杯による中断までJリーグで4得点。
    4試合連続ハットトリックを記録するなど絶好調だった中山雅史(ジュビロ磐田)らと比べれば、物足りなさを感じさせる数字だった。
    仮に日本代表に選ばれていたとしても戦力として通用したかどうかは意見の分かれるところだ。

    スポーツライターが話す。

    「岡田監督はピッチ上で働くかどうかだけを考えて決断を下したようですが、カズの役割はそれだけではなかった。
    マスコミの批判を一身に背負う役割を果たしていた。
    カズが外されたことで、本格的に『エース』と呼ばれるようになった城は、それまでにないプレッシャーを感じたと語っています。
    控えで出番がなくてもカズがメンバー入りしていれば、城はもっと伸び伸び働けたはず。

    そういう意味で、防波堤になれるカズはピッチに出なくても間違いなく戦力だったと思います。
    この時は岡田監督だけでなく、メンバー発表前にマスコミからもそのような論調はほとんど出なかった。
    日本がW杯を経験していれば、ベテランの重要性を鑑みて、カズはメンバー入りしていたのではないでしょうか。
    2010年の南アフリカ大会でGKの川口能活が直前でメンバー入りしたのは、岡田監督が過去の経験を生かしたのだと思います」

    20年が経とうとしている今も、1998年フランスW杯でのカズ落選については様々な意見が噴出している。
    日本サッカーの歴史の中で、カズという存在の大きさが垣間見えるだろう。


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14165858/


    所長見解:見てみたかったよね・・・
    【【歴史検証】W杯でカズを落選させた岡田武史監督の決断は正しかったかってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本田圭佑が謎の投資セミナー 仮想通貨ビジネスに参画か


    本田はセミナーで熱く語っていた
     
    最新のFIFAランク(2017年11月)では55位。
    ロシアW杯に出場する32か国中28位という下降線をたどるサッカー日本代表に、かつての絶対的エース・本田圭佑の復帰を求める声は依然として根強い。

    しばらく代表から遠ざかり、イタリアの名門セリエAからメキシコリーグへ“都落ち”した本田は今、その待望論を知ってか知らずか、サッカーとは違った一面でその才能を発揮しようとしている。
    極秘で開かれた、その活動の一部始終を公開する。

    「昼から孫正義さんとお話しさせていただいてですね。
    その後、資生堂さんの代表の方とお話しさせていただいて……」

    昨年末、都内某所のパーティー会場で、サッカー日本代表の本田圭佑(31)が数十人の参加者を前にマイクを握っていた。
    日に焼けた浅黒い顔に鮮やかな金髪、シャツの襟元のボタンを外したいつもの本田らしいスタイル。
    だが、話の内容はサッカーについてではなかった。

    「今日は皆さんと将来のことをお話しさせていただければなと思っています。
    テーマがですね、あまり細かいことを言わずに、まさに『投資』。
    次世代の日本を、世界を作っていく『投資』をテーマに今日は皆さんに集まっていただいているので」

    グラスを片手に本田のスピーチに耳を傾けていたのは、本田とつながりのある若手の経営者たちだった。
    本田の語り口にますます熱がこもる。

    「今回はあえて大企業の社長は呼んでいません」
    「次世代を変えられる方だけをお呼びしている」
    「僕とだけじゃなく、皆さん方で積極的に名刺交換をしていっていただければ、この会を開いた目標のひとつが達成されますので、よろしくお願いいたします」

    ビジネスセミナーにスポーツ選手がゲストとして招かれるのはよくあることだが、現役選手が自ら「ビジネスセミナー」を主催することは異例である。

    本田が経営者としての顔を持つことはよく知られている。
    2012年に小学生を対象にしたサッカースクールを設立し、いまやその数は全国70か所以上にのぼる。
    本田はわずか数年で日本最大級のサッカースクール経営者となった。
    国内にとどまらず、2015年にはオーストリア3部のチームのオーナーになり、その後もウガンダ、カンボジアなど世界中でプロチームの経営に乗り出した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00000005-pseven-spo

    no title


    所長見解:暗いよね・・・
    【【仮想通貨】本田圭佑が謎の投資セミナーってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ