ワイドナショー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    9日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』にて、「関西以外の人には理解し難い関西弁ランキング」(出典:gooランキング)が紹介された。

    その第7位だった“遠慮のかたまり”という言葉に、スタジオ内だけでなくツイッター上でも「遠慮のかたまりって関西弁なんかー!!」「標準語だと思っていた」と大騒ぎになったのだ。

    “遠慮のかたまり”とは「最後の残った1個」とフリップで説明していたが、神奈川県出身の石原良純は「あれ何? “遠慮のかたまり”って」と全く知らなかったようだ。

    彼の横に座っていた同番組初登場のファーストサマーウイカ(大阪府出身)は、標準語だと思っていたらしく目を丸くして驚く。

    大皿に残った最後の1個を「“遠慮のかたまり”誰か、早よ食べ~」と年長者が若い子に勧めたりすることを彼女が説明すると、「そういう風に使うんだ」とやっと石原は納得した様子だ。兵庫県出身の佐々木恭子アナも標準語だと思っていたそうだ。

    意外だったのは、兵庫県尼崎市で生まれ育った松本人志(ダウンタウン)が「俺もわからん」とキョトンとしていたことである。

    するとMCの東野幸治が「育ちが悪いから、わからない」と笑い、「松本さんの場合、お腹減らした人らが奪い合って食べるから、“遠慮のかたまり”が存在しない」と推測していた。

    この“遠慮のかたまり”について、ツイッター上でも大いに盛り上がっていた。

    「遠慮のかたまりって標準語じゃ…ないの? すごいショック」
    「遠慮のかたまりってホント東日本通じんよな…」
    「ええー 遠慮のかたまりって関西人にしかわからんのか」
    「うそやん!と思って千葉出身の嫁に聞いたらマジで知りよらんかった」

    との声や、

    「熊本だと“肥後のいっちょ残し”ね」
    「自分のまわりは“関東ひとつ残し”っていってた」

    と地域によって同じ意味の違う言い回しがあるようだ。

    s


    ♦関西以外の人には理解し難い関西弁ランキング 1位から10位

    1位 モータープール  (駐車場)

    2位 一丁噛み、いっちょかみ (何にでも口を挟む人、何にでも首を突っ込む人、またその行為)

    3位 テレコ (互い違い、食い違い、入れ違い、あべこべ)

    4位 いちびり (調子に乗って騒ぐこと、お調子者)

    5位 ほたえる (ふざけて騒ぐ、暴れる)

    6位 レイコー、冷コー (アイスコーヒー)

    7位 遠慮の固まり(最後に残った1個)

    8位 なおす (片付ける)

    9位 自分 (あなた(会話の相手))

    10位 めばちこ (ものもらい)

    11位以下
    https://ranking.goo.ne.jp/column/5864/ranking/51946/?page=2
    http://japan.techinsight.jp/2019/06/miyabi06091459.html



    所長見解:せやね・・・

    【【分かる?】関西以外の人には理解し難い関西弁ランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダウンタウン・松本人志が24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、午前10・00)で、17日に亡くなったロック歌手・内田裕也さんのギャラが69万円(ロック)だったと明かした。

    出演した指原莉乃が裕也さんと楽曲コラボした思い出を語ると、松本は「裕也さんていっとき『俺はロックだからギャラを全部統一する。69万円。何に出ても69万だ』と言いはった時があって」と振り返った。

    69


    そのうえで、以前に裕也さんが大晦日恒例の「笑ってはいけない」シリーズに出演した時に、スタッフに裕也さんのギャラを聞いたそうで「普通に100万円請求されたらしい。逆にロックなんかな」と笑わせた。

    出演した中居正広から「何、人のギャラを暴露してるんですか」と突っ込まれていた。


    デイリースポーツ
    http://news.livedoor.com/article/detail/16209467/

    所長見解:ロックやな・・・

    【【衝撃暴露】内田裕也さんのロッケンロール過ぎるギャラがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    g


    「ダウンタウン」の松本人志(55)が3日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。

    2020年12月31日をもってグループ活動を休止する「嵐」について「本当に悩んだんでしょうね」と思いやった。

    活動休止のきっかけは17年6月にリーダー・大野智(38)が脱退を切り出したことだった。

    これについて、松本は「多分、大野君は、僕抜きで4人でやってくれって最初は言ったのかなって思う。4人で嵐が成立しちゃうと彼が戻ってくる場所がなくなってしまうから、それは避けたかったんじゃないかな」と想像した。

    さらに「そこをあまり強く押すと今度、大野君、悪者になっちゃうからっていうこともあるし。これは相当、難しい選択だったと思いますけど」とし、「大人の人たちは、4人でコンサートやってくれやって、正直、思うと思う」と見解を示していた。

    その上で「こういう形になって五十になって“五十嵐”としてまた集まってくる」とボケるとスタジオは爆笑に包まれていた。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000064-sph-ent


    所長見解:すべらんな・・・

    【【ワイドナショー】松本人志、活動休止の「嵐」に五十歳になって「五十嵐」での復活を提言した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    HKT48指原莉乃(26)が、15日夜に自身のツイッターで、13日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」をあらためてチェックしたことを明かし、ダウンタウン松本人志(55)に対して「松本さんが干されますように」とつづった。

    指原は15日午後11時34分に「ワイドナショー、緊張しすぎて本当に記憶がほとんどなく…

    改めて録画をチェック…



    ……

    …松本さんが干されますように(人)☆☆☆!!!」と書き込んだ。


    これに対して、松本は16日午前0時23分に「指原様~☆」とリツイートした。

    松本がレギュラー出演する「ワイドナショー」の13日放送で、NGT48山口真帆の暴行事件を取り上げた。

    コメンテーターとして出演した指原がNGT運営の対応を批判すると、出演者たちから運営入りを勧める声があがった。

    指原は「今回のことがあって、余計にメンバーと運営の間に立つ人間が少なすぎるので、そのケアはしたいなって思った」と述べるも、運営入りについては「現状、偉い人が仕切っても何もできない状況。
    私が(トップに)立っても何もできないと思うんです。
    人数が少ない運営なので」と固辞した。

    そこで松本が「そこはお得意の身体を使って何かするとか…」とちゃかし、指原は「何言ってるんですか? ヤバ……」とドン引き。

    s


    MCの東野幸治(51)も「すみません指原さん、本当にヤバイですね」とわびを入れた。


    この松本の発言にネット上でも批判の声があがっていた。

    指原が、松本への批判をやわらげるために、あえて冗談交じりで「干されますように」とツイートしたことに、松本も感謝しているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00448205-nksports-ent


    所長見解:指原すごいね・・・

    【【ワイドナショー問題】指原莉乃「松本さんが干されますように」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビ系「とくダネ!」「ワイドナショー」などでコメンテーターを務める社会学者・古市憲寿氏(33)の小説「平成くん、さようなら」が第160回芥川賞の候補に決まった。

    日本文学振興会が17日付で発表した。

    f


    「平成くん-」は、古市氏が初めて書いた小説で、平成生まれの「平成くん」が平成の終わりとともに人生の幕引きを図るというストーリー。

    恋人の視線で物語が描かれている。

    芥川賞には「平成くん-」など6作品が、直木賞には森見登美彦氏(39)の「熱帯」など5作品がノミネートされた。

    選考会は来年1月16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。


    ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000008-dal-ent


    所長見解:芥川・・・

    【【社会学者】古市憲寿氏、芥川賞の候補ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ