ローラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    異変が伝えられていたタレントのローラ(27)に新事実が発覚だ。
    発売中の週刊文春によると、ローラは所属事務所と10年にも及ぶ長期の契約を交わしていて、仮に契約が終了したとしても、その後2年間は芸能活動ができないという、まさに“奴隷契約”と言っていい内容の契約書にサインをしているという。

    また、ローラが契約の内容を確認しようとしたところ、事務所社長から「辞めるつもりなら、暴露本を出してやる」「日本だけでなくアメリカでも活動できなくするぞ」と恫喝されたというから恐ろしい。
    さらに、ローラが信頼する事務所のスタッフが次々に辞めていて、ローラはパニック状態に陥り、うつ病の一歩手前だという。

    r


    ベテランの芸能記者がこう言う。
    「10年もの長期契約は今まで聞いたことがありません。
    ただし、このような奴隷契約は表面化してないだけで、芸能界ではいくらでもある。
    韓国の芸能界はもっとひどく、“20年契約”や“30年契約”なんてザラです。
    ひどいものになると、コンサートのチケット50万枚をさばけなければ、ギャラを払わないという契約もある」

    タレントと所属事務所が契約でもめ、裁判で争った例はいくつかあり、タレント側が勝訴するケースが多い。
    今やママタレとして活躍するゆうこりんこと小倉優子(33)も、前所属事務所と契約解除をめぐって裁判となったが、小倉側の言い分を認める判決が出ている。

    「ローラが訴訟を起こせば、勝つ確率は高いと思います。
    社長が『暴露本を出してやる』などと言ったことが本当であれば、“恐喝”にあたる可能性もある。
    今後の芸能活動を円滑に行うためにも、今の事務所から独立するか、移籍するかしたほうがいい。
    “もめている”というイメージを引きずらないためにも、できるだけ、早期に決着すべきでしょう」(前出の芸能記者)

    ローラは“第2のゆうこりん”になれるのか。

    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_408807/


    所長見解:これはもめるよな・・・
    【【これはひどい】ローラ、10年奴隷契約発覚ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「今年に入りレギュラー番組は0本になってしまいました。やはり事務所独立へのカウントダウンとみる人は多いようですよ」(芸能レポーター)

    r


    バラエティ番組などで引っ張りだこだったローラに、突然、事務所独立騒動が持ち上がっている。
    きっかけは、彼女が6月16日と17日に自分のツイッターに投稿した内容だ。

    そこには、

    《ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど》

    《いま誰のことも信じられないくらい怖いんだ》

    《黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください》

    かなり精神的につらい状況にあることがうかがえる。

    「彼女はデビューして10年ということからも、このツイートは事務所への不信感なのでは
    ないでしょうか。
    彼女を見いだし育ててきた社長との関係悪化が原因ではないかとみられていますね」(スポーツ紙記者)

    昨年12月公開のハリウッド映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演を果たしたローラ。
    海外進出を夢見ていた社長と二人三脚で手にした大仕事だった。

    「『バイオハザード』出演が決まったとき、社長が関係者を招いてパーティーを開いたんです。
    その挨拶で彼は、人目をはばかることなく涙を流していました。
    それくらい、彼女のことを大切にしていたんですけどね……」(広告代理店関係者)

    当時はまだ確執は表面化していない。
    だが、このころからほころびは表れていた。

    「『バイオハザード』への出演はローラが'15年8月に自分のツイッターで発表したのですが、これは映画会社が決めた情報公開日よりフライングして出してしまったんです。

    アメリカ側もこの行為に激怒し、降板がささやかれたほどです。

    当然、事務所は情報公開日を知っていますから、ローラのことをうまく管理できていないんだと思いましたね」(映画製作関係者)

    そんな状況は今、ますますひどくなっている。
    そこにはある男性のカゲがあるという。

    「実は今、彼女はあるデザイナーに心酔していて、私服も彼のブランドのものしか着ていないんじゃないかと思うほど。
    その人は世界的に有名なデザイナーのマッシモ・ジョルジェッティですよ。
    彼女のインスタグラムにも頻繁に登場していますね」
    (ファッション誌関係者)

    マッシモは今年4月まで一流ブランド『エミリオ・プッチ』のクリエイティブディレクターを兼務。
    自分が故郷・イタリアで立ち上げたブランド『MSGM』は、本国をはじめ、世界中の若者に人気を誇っている。

    ローラとの出会いのきっかけは、'13年ごろに自分のブランドを着ている彼女の姿をインスタで発見。
    日本のスタッフを通じ、彼女を紹介してもらったのが始まりだという。

    「モデルとデザイナーという関係ですが、2人はすぐに急接近した。

    今では雑誌で着用する服や撮影地など、事務所がOKしてもローラ本人から“マッシモに相談する”と言って、彼の意見を聞いてから何もかも決めている。

    その場で予定がひっくり返ることは1度や2度じゃないですよ。
    時間があれば、マッシモに会いに渡航しているようです。
    ますます事務所は彼女をコントロールできなくなっているんですよ。
    もともと、海外志向が強いローラは、彼の意見をいちばん尊重する。
    今後は活動拠点を日本から海外に移すのではないでしょうか」
    (前出・ファッション誌関係者)

    そこで、彼女の所属事務所にマッシモとの関係などを質問したが、期限までに回答は得られなかった。

    '16年に行われた『ELLE』オンラインのインタビューで、マッシモは普段からローラとプレゼントや手紙のやりとりをしていることを明かしている。
    世界に羽ばたこうとしているローラは、はたしてどこに向かうのか─。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170717-00010166-jprime-ent


    所長見解:干されるのかね・・・
    【【干された?】ローラ、レギュラ番組が0本に 事務所との確執背景にイタリア人男性の存在ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気タレントのローラ(27)が、所属事務所社長との間に決定的なミゾが生まれ、他事務所への移籍が持ち上がった“お家騒動”が広がりをみせている。
    本紙に続いて、週刊新潮は、事務所側が看板タレントだったローラに代わり、後輩に当たるダレノガレ明美(26)を各方面へ売り込むようになったと報じた。
    かつてバラエティー番組を席巻した売れっ子・ローラが“干され危機”にブチ当たっている。

    r


    ローラは先月16~17日、ツイッターを通じて「最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない」などと意味深なつぶやきを連発した。
    「黒い心を持った人」とは、30代後半の所属事務所社長を指すとされる。
    社長に対する長年の不満がうっ積して爆発、ツイートしたとみられている。

    そのため、ローラは親交が深い大御所タレントの堺正章(70)の支援を受けて年内にも他事務所への移籍が模索されているのは本紙既報通りだ。

    「あの報道を受けて、事務所内では情報を流した“犯人捜し”が行われているようだ」(関係者)

    その後、週刊新潮もローラの窮状を続報。
    事務所側はダレノガレを猛プッシュし、ローラは現在、そのバーターに“格下げ”されており、今年のテレビ出演本数でもローラは、ダレノガレの3分の1程度。
    「移籍も視野に入れているのではとささやかれている」と伝えた。

    前出の関係者は「実際には、ダレノガレを含めたローラ以外のタレントたちをプッシュしているのが現状」と明かす。
    同事務所所属である元TBSのフリーアナウンサー・枡田絵理奈(31)やモデルでタレントの藤井サチ(20)、きらりんぼ☆はりー(年齢非公表)という芸名の新人声優らを担ぎ出し、テレビやラジオ番組に露出させているといい「ローラは干されかけている」(芸能プロ関係者)ようだ。

    一方、11日に発表された「2017上半期タレントCM起用社数ランキング」では女優の広瀬すず(19)が14社で首位、ローラは10社で2位タイと健闘。
    綾瀬はるか(32)、有村架純(24)、上戸彩(31)、高畑充希(25)、吉田羊(年齢非公表)という売れっ子女優陣と肩を並べる同数で、露出は減っていないように映る。

    だが「ローラの稼働はCMがほとんどで、やはりテレビの番組出演は少ないのです」と前出芸能プロ関係者は首を横に振る。
    ローラはハリウッドデビューを果たしているが、CMタレントになってしまったというのが現実だ。

    今年の芸能界は、事務所からの独立・移籍トラブルが目立つ。
    元「SMAP」の稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が、9月8日に所属のジャニーズ事務所を退社する。
    出家騒動を起こした女優清水富美加(22)は大手芸能プロから宗教団体幸福の科学が5月に新設した事務所に移籍した。
    4人組ロックバンド「L’Arc~en~Ciel」は年内にも所属事務所から独立する方向だ。

    公正取引委員会はこのほど、大手芸能事務所などを対象に、独立や移籍を制限するなど独占禁止法に抵触していないか調査を開始したというが、ローラも救われるのか、注目だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000005-tospoweb-ent


    所長見解:やっぱ干されるんだね・・・
    【【独立へ】ローラ“干され危機”テレビ出演激減!ダレノガレの3分の1ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ローラ 大ゲンカ独立へ!「裏切られた」傷心ツイートの真相

    “お家騒動”がついに、ケンカ別れに発展か――。
    タレントのローラ(27)が、年内にも所属事務所から移籍する方向で調整が進められていることが分かった。
    ローラは先月中旬、自身のツイッターに「最近裏切られた」などと意味深な書き込みを連発して、波紋を呼んだばかり。
    このつぶやきは所属事務所社長に向けられたとされていたが、その不満が爆発した末についに独立を決断したもようだ。
    “傷だらけのローラ”は大御所タレントの堺正章(70)を頼り、大手事務所への移籍で救済が図られるという。

    r


    バラエティー番組やCM、モデルとしても人気のローラの周辺が、にわかに騒がしくなってきている。

    発端は6月16、17日にかけて、ローラがツイッターで発信した意味深なツイートの連発だった。

    「最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる」
    「いま誰のことも信じられないくらい怖いんだ」
    「我慢をずっと続けていると、人はいつか倒れてしまうの」
    「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない」
    「10年の信頼をかえしてください」
    (原文のまま)

    要約すると「黒い心を持った人」に「最近裏切られた」ようで「心から悲しくて沈んでいる」ということのようだ。
    ファンの間では「ローラちゃん、大丈夫? 心配」などと大騒ぎになった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000004-tospoweb-ent


    所長見解:すごいな巨匠は・・・
    【【さすが巨匠】ローラ事務所と大喧嘩独立へ 大御所タレントの堺正章(70)に助けられ大手事務所へってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ローラ、所属事務所との信頼関係断絶…社長が別タレント贔屓で社員が続々退職

    明るく親しみやすいキャラクターで人気を集めてきたローラが、6月16日から17日にかけて自身のTwitterに、「裏切られた」などと不穏なツイートを連続で投稿。
    ネット上でも話題となったが、業界関係者の間では「所属事務所とのトラブルが原因ではないか」との見解が主流のようだ。

    「ローラは16日深夜、突如『最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない』などと切り出し、その後も『いま誰のことも信じられないないくらい怖いんだ』(引用ママ)と投稿。
    さらに、17日には『黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください』といったツイートもしています」(スポーツ紙記者)

    当然、ファンからは心配の声が寄せられ、業界内でも彼女に何があったのかとウワサされるように。
    その直後には週刊誌などがローラと所属事務所の関係が悪化しているなどと報じたが、ではその大本の原因は何なのか。

    r


    「ローラの所属事務所社長はまだ30代の若手経営者で、これまで海外に在住していたため、ローラの面倒を直接見ていたのは国内のスタッフでした。
    しかし、ある時から社長が日本に拠点を移し、ローラのマネジメントにも口を出すようになった。
    この時点で、以前からローラを支えてきたスタッフたちからは不満が噴出していたんです」(広告代理店関係者)

    それでもローラにとってプラスになるなら良かったのだろうが、社長は途中で“方向転換”したという。

    「社長が別の所属タレント・Xに入れあげ、ローラそっちのけで強引にXを贔屓するようになってしまったんです。
    その結果、呆れ果てたスタッフやマネジャー陣が次々と辞めてしまい、ローラが信頼を置いていたスタッフも退職してしまった。
    ここ最近、ローラに熱愛スキャンダルなどが多発するようになったのも、彼女をしっかり管理して守ってくれていたスタッフが去ってしまったためです」(同)

    もともと小所帯だったというローラの所属事務所は、Xをめぐるトラブルを経てさらに小規模となり、残留しているスタッフはわずか1ケタ台となってしまったのだという。

    「Xは自分が『社長のお気に入り』ということを理解していて、他の所属タレントやスタッフのいわれもない悪口を社長に吹き込んでは、事務所内をかき乱している。
    もはやローラにしても、Xのバーターで番組に出演する有様で、それを制止するようなベテランスタッフも事務所には残っていません。
    このままではローラにしても、いずれは事務所に見切りをつけてしまうでしょうね」(同)

    果たしてローラは、芸能界での新たな味方を見つけることはできるだろうか。

    http://biz-journal.jp/2017/07/post_19700.html


    所長見解:なんか逆風だね・・・
    【【これはヤバい】ローラ「裏切られた」 所属事務所との信頼関係断絶…社長が別タレント贔屓で社員が続々退職ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ