レシピ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    目玉焼きを両面焼きにしてから世界変わった


    no title


    今までなんて勿体ないことをしていたのだろう

    所長見解:うまいよな・・・

    【【衝撃】目玉焼きを両面焼きにした結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    サッポロ一番みそラーメンは麺がクッタクタになるまで煮込んだ方が絶対うまい

    麺かた派とは相入れないわ

    m

    所長見解:せやな・・・
    【【グルメ】サッポロ一番みそラーメンは麺がクッタクタになるまで煮込んだ方が絶対うまい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉野家の牛丼は「ツユナシ+生卵」がウマイらしいので試した / マニアはツユナシが常識


    g


    吉野家の牛丼は「特盛ごはん半分ツユダク」がもっとも美味しい。という記事を掲載したところ、「牛丼ツユナシ+生卵」も美味しい! との情報をいただいたので試してみた。

    その結果だが、最高だった。


    ツユナシなので、ほとんど汁がご飯に染み込んでいない。

    肉やタマネギはジューシーながらも、ご飯に染み込むほど汁が含まれていない状態だ。

    そこに生卵をたっぷりとかけて食べる。


    当初は「汁が少なすぎてカラッカラで旨味が薄くなるんじゃないの?」とも思っていたが、そんな心配は杞憂だった。

    うまい!

    汁は牛肉とタマネギに浸透している量だけでじゅうぶん!

    汁が多いと甘味と塩分がガツンと強めになるが、完全にツユナシにすることで、牛肉とタマネギの旨味に味覚が全集中。

    ベストな甘味、旨味、塩味が堪能でき、さらに「汁に包まれていない無垢なご飯」が、牛肉の旨味を盛り上げる立役者となる。


    ▼画像
    https://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2021/01/yoshinoya-gyudon-umai6.jpg

    https://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2021/01/yoshinoya-gyudon-umai4.jpg



    https://main-dish.com/2021/01/12/yoshinoya-gyudon-tsuyunashi-tamago/

    所長見解:うまそう・・・

    【【極秘情報】吉野家の牛丼を一番おいしく食べる注文方法がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俺は梅肉


    n

    所長見解:ねぎ・・・

    【【グルメ】納豆に一番合う最強のトッピングがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小鍋で軽く煮たり、カップに熱湯を注いだりするだけで、すぐに小腹が満たせるインスタントラーメン。

    袋麺とカップ麺がありますが、どちらも値段が手ごろなわりに、醤油、とんこつ、味噌、塩……どのスープもクオリティが高く、ときどき無性に食べたくなりますよね。


    r


    そこで“インスタントラーメンにチョイ足しするとおいしいもの”をテーマにアンケート調査を実施しました。

    まずは、人気ランキングをご紹介します!


    第10位牛乳

    第10位チーズ

    第8位:唐辛子(一味、七味)

    第7位:酢(ポン酢、バルサミコ酢)

    第6位:胡椒(黒胡椒、柚子胡椒)

    第5位:卵

    第4位:バター

    第3位:にんにく

    第2位:ごま油

    第1位:ラー油


    その他:天かす、マヨネーズ、キムチ、納豆、
        トマトジュース、 海苔、とろろ昆布、
        梅干し、ドレッシング、桜エビ、コーン
        辛ネギ、きくらげ、もやし・・・・・・


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5342121c6c6f5f78191ec91227bf2c34071f503?page=1
    所長見解:うまいよな・・・

    【【これはうまい】インスタントラーメンが劇的においしくなる「チョイ足し食材」がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ