レギュラー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「以前から番組打ち切りが検討されていましたが、昨年末、石橋さんがフジテレビ上層部に“まだまだ面白いことができるから『たいむとんねる』は続けさせてほしい”と直談判したようです。
    とんねるず、そして妻の鈴木保奈美さん(53)も所属する芸能事務所の社長でもある石橋さんはテレビのレギュラー番組が消滅することを危惧していたようです。
    しかし、6月末で終了する方向で話が進んでいます」(テレビ局関係者)


    石橋貴明(58)の現在の唯一のレギュラー番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が今夏で打ち切られるという。

    妻・鈴木保奈美が4月からドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)の続編にも出演予定など、精力的な女優業とは対照的だ。


    t


    『石橋貴明のたいむとんねる』は'18年4月に始まった。

    「もともと30年続いた人気番組『みなさんのおかげでした』終了で功労者の石橋さんへ“後番組”として用意された枠でした当初は“大人のノスタルジー”をコンセプトにバブル期の流行などを取り上げてきましたが、視聴率は2%台にまで低下したことも。
    番組開始当時からのレギュラーだったミッツ・マングローブ(44)が昨年4月から登場しなくなったのは、制作費削減の一環ともいわれています」(別のテレビ局関係者)


    やはり石橋の高額なギャラが、大きなネックになっていたという。

    「フジテレビの黄金期を支えた石橋さんの最盛期の出演料は最低1本500万円でした。
    今回こそ1本100万円でしたが、それでも23時台では突出して高い。
    バナナマンさん、千鳥さんなど人気のMCですら30万円前後ですから。
    昨年6月にフジテレビの社長が交代したことも大きかったですね」(制作関係者)


    フジテレビ関係者もこう語る。

    「遠藤龍之介社長は『フジが不調になった原因は保守性、おごり』と公言。
    抜本的な見直しに着手していて、その一つが『たいむとんねる』なんです。
    制作費がかかり、内容的にDVD化もできない番組なら続けるべきではない、という考え方なんです」

    同局広報宣伝室に番組打ち切りについて聞くも「お答えすることはありません」という返答だった。

    今も石橋は、テレビに強いこだわりを持っているという。

    「石橋さんは'80年の『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)でデビュー以後、40年間、ほとんどレギュラー番組を欠かさなかった“テレビの申し子”のような存在です。
    テレビ離れが加速しても、『スマホやネットには負けない。
    まだまだ面白いことができる!』と各局へ新企画を売り込んでいるといいます。
    高齢化する視聴者層に合う企画を“初心に帰って”練っているそうです」(前出・制作関係者)


    「レギュラーゼロ」の屈辱を“新番組”で晴らしたい石橋。

    その思いは届くのか――。


    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200219-00010010-jisin-ent

    所長見解:そうなるか・・・
    【【悲報】とんねるず・石橋貴明さん・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2006年、「1週間で最も多く生番組に出演する司会者」として、ギネス世界記録に認定されたのが、みのもんた。

    『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)、『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ系)など、1週間に延べ11番組、CM時間を除いた21時間42分の出演記録が認められたのだ。

     
    だが、あれから14年、時の流れは残酷だ。

    この4月から、みののレギュラー番組がなくなる。
     
    「75歳の彼ですが、唯一のレギュラーだった『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)を3月いっぱいで降板します。
    この真相について、一部女性誌が報じたところによると、制作スタッフ側から降板を提案されたそうです。
    一方で、みのも雑誌の取材で、自身の進退については『自分もここ数年思っていた』とし、『今の人たちの会話のテンポに合わなくなってきたなと思っていた』と語っています」(芸能ライター)

    m

     
    13年間番組を支えてきた功労者・みの。

    だが、30日オンエア分を見てみると、その“勇退”もやむなし、という実情が分かってきた。
     
    「みのは番組冒頭、『さあお待たせしました、カミングアウトのお時間です』『エブリケンミン、カミングアウト』と、はち切れんばかりの笑顔で始まりを告げた後、時折り出演者のコメントで大笑いすることもありますが、その他はほとんど無表情。
    というより、直立不動で微動だにせず。
    静止画かと思うほど動いていません。
    さらに、彼が言っていた通り、パネラーの会話に対して、すぐ入っていけていない場面も見受けられました」(同)

     
    さらに驚くべきは、番組スタートから38分、みのは、腕組みしたまま目を閉じていたのだ。

    おそらく居眠りしてしまっていたのだろう。
     
    「女性誌の取材では、日本テレビ関係者の証言として、みのは『時には、うつらうつらして寝てしまうこともありました』というものがありました。
    つまり、今回の降板は、こういった行為が繰り返されてきた当然の結果とも言えるでしょう」(同)

     
    また通常、親しまれてきたタレントが番組を去る際は、名残惜しい声が聞かれるものだが、SNS上では

    「お地蔵様のように立ってるだけ」
    「みのもんたさん置物になっちゃってるね そりゃ降板勧告されるわな」
    「そりゃ見てれば分かったよ」
    「死に際見てる感じする」

    と、納得する声が相次いでいる。

    ゆっくり余生を楽しんでほしいものだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17749850/

    所長見解:もうね・・・

    【【悲報】みのもんた、本当はクビ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月19日に『ぐるナイ』(日本テレビ系)の人気コーナー「ゴチになります!」が放送され、土屋太鳳と『Sexy Zone』の中島健人のクビが決定した。

    同時にここで、矢部浩之の復帰が発表された他、新メンバーが2人加わるとの予告が。

    ネット上では早くも新メンバーの予測合戦が始まっている。


    g


    「まず間違いなく、新メンバーは男性1人と女性1人。
    男性がジャニーズであることも確定的でしょう。
    中島は長年レギュラーを務めてきた『TOKIO』国分太一がクビになったのと入れ替えでレギュラーになりましたからね。
    おそらくレギュラーは中島の後輩で、人気も高い『King&Prince』メンバーの誰か。
    スケジュール面とバラエティー適性を考慮すると、岸優太が有力。
    対抗として、神宮寺勇太や『ジャニーズWEST』の小瀧望もあり得るかと」(芸能記者)


    粘着アンチを抱えるリスクも…

    そしてもう一方が、土屋の後を継ぐ紅一点枠だ。

    「この枠は近年、二階堂ふみ、橋本環奈と、若手人気女優が務める傾向があります。
    とすると、可能性が高いのが、バラエティー番組の適正もある〝まいんちゃん〟こと福原遥が有力。
    スケジュール的にも、今がちょうど良いでしょう。
    浜辺美波や広瀬アリス、中条あやみといった候補もありますが、彼女らは既に売れ過ぎている。
    女優枠は、撮影の都合で『ゴチ』を欠席することが多いため、超売れっ子は敬遠するでしょう」(同・記者)

    とはいえ、新メンバーには懸念もあるようだ。

    「今年の『ゴチ』では、土屋が中島と絡むたびに、ジャニーズファンが発狂。
    土屋のSNSに批判コメントを書き込むなど、荒らしを繰り返していました。
    紅一点枠は、このような粘着性のアンチを抱えるリスクが高い。
    もし女優へのオファーが失敗したときは、バラドルとして人気を博しているファーストサマーウイカになるかと。
    彼女ならば、ジャニーズファンが警戒する可能性が低く、何よりスケバンのコスプレが似合いそうですからね」(同)


    果たして、誰が参戦するのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/2127044/

    所長見解:永野芽郁は・・・
    【【予想】『ぐるナイ』ゴチ新メンバーはコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。

    司会の内村光良を始め、宮川大輔やイモトアヤコなどレギュラー陣の顔ぶれは安定していると思いきや、番組の歴史は「降板劇」の連続でもあった。


    q

     
    最近、最も記憶に残るのがベッキーの降板だ。

    2016年に起こした不倫騒動のあおりを受けて「一時休養」。

    芸能界に復帰した後も再登場していないところを見ると、事実上の降板と見ていいだろう。


    お笑いコンビ・オセロの中島知子も、占い師による洗脳騒動、家賃滞納騒動のさなか、2012年2月に降板。

    その相方・松嶋尚美も、第2子出産・育児のため2013年6月から休養ということになっていたが、復帰することなく事実上、降板している。

     
    「ベッキーの休養と入れ替わるように、2016年3月からレギュラーの座に就いているのが、いとうあさこ。
    また、去年からはガンバレルーヤの2人が、なんとなくですがレギュラーの位置に納まっています」(芸能ライター)

     
    準レギュラーのポジション争いも苛烈だ。

    イモトに憧れて芸能界入りし、彼女と同じワタナベ・エンターテインメント(以下ナベプロ)に入った、森山あすか。

    その言動から「イモト2世」と呼ばれていたが、番組にハマらなかったと見えて、去年3月以降出演はない。

    代わりに、ANZEN漫才みやぞんが台頭していった。

     
    ちなみに同じナベプロでは、ロッチ中岡創一とWエンジン・チャンカワイの間にも因縁がある。

    もともとチャンのほうが先に『イッテQ』に出ていたが、のちに中岡が、YouTubeの過激動画に挑戦するコーナー『Q Tube』で人気を得るようになると、チャンの出番も次第に減っていった。

     
    そんな意外と生存競争が厳しい『イッテQ』で、次にお払い箱になるのは誰だろうか?

     
    「女芸人枠は、いとう、ガンバレルーヤ、たんぽぽ川村エミコ、おかずクラブなど供給過剰状態。
    その中で、特に活躍の場があまりない森三中・村上知子の不要論はずっと渦巻いています。また、イモトもブレーク後、ハングリー精神がなくなり、モチベーションの低下も叫ばれています。
    ちなみに、NEWS・手越祐也は、一部メディアで『イッテQ』降板説が噂されましたが、15日のオンエアでは自らその話題を取り上げ、否定していました」(同)

     
    いずれにしても、今後の新陳代謝のためには、誰かが犠牲にならないとダメなのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2012977/

    所長見解:みやぞんか・・・


    【【悲報】「イッテQ」、次のレギュラー降板タレントがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有吉弘行(45)が日本テレビ系の情報番組「ヒルナンデス」の金曜レギュラーを9月いっぱいで卒業することが20日の番組内で発表された。

    有吉が抱えている地上波レギュラーは現在12本。

    そのうち、「レディース有吉」(フジテレビ系)と「超問クイズ!」(日本テレビ系)の2本が9月で終了することが明らかになっていた。

    y

     
    一気にレギュラー番組3本を失う有吉について、“賞味期限切れ”を指摘する記事も散見されるが、本当にそうなのか。

    芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

    「売れっ子で多忙を極める有吉さんにとって、今回の立て続けの番組打ち切りは“渡りに船”かもしれません。
    レギュラー12本のうち冠番組は9本ですが、それでも1週間7日よりも多いわけです。
    常軌を逸した働き方といえるでしょう。
    そもそも、毒舌を交えながら、ゲストを本気で怒らせずに番組を盛り上げるのは相当なMC技術が必要です。
    それをこれまでやってのけていた方がすごい。
    賢い人だからこそ、抱えるレギュラーも吟味しながら、適正な数にダウンサイジングしようとしているのかもしれません」

     
    そもそも、レギュラーが膨れ上がったのも、有吉人気にあやかりたいテレビ局の魂胆があってこそ。

    それを見抜き、適切な距離を置こうとする有吉のタレント生命は長そうだ。


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/262189


    写真
    https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/262/189/8436e8ed9d5a971cae4a8b9c619ae1c220190921135219009.jpg
    所長見解:まあ飽きてきたかな・・・


    【【3番組終了】有吉弘行さん、ついに賞味期限切れ説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ