ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:ランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    所長見解:パクチー・・・


    【【美味否定】一番不味いと思う食い物ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年の大晦日、日本を代表する46組の歌手が出演した「第68回紅白歌合戦」。
    週刊文春恒例のアンケート企画「紅白で良かった歌手」には、16~77歳のメルマガ会員から、6600以上の回答が集まった。

    ◆ランキング1~20位はこちら
    http://bunshun.jp/mwimgs/9/5/-/img_9520b2beab07f47fd51e9e267ff8f70b41341.gi

    ダントツの得票で2位以下を圧倒したのが、今年9月での引退を発表した安室奈美恵(40)。
    純白のドレスを着てリオ五輪のNHKイメージソングにもなった「Hero」を歌い上げる姿に、「神々しかった」(40・男性)の声が続々。
    瞬間最高視聴率48.4%をマークした。

    n


    「別格。気合いの入ったセットや純白の衣装、驚異的な頭身も相まって“オーラ”という言葉がこれほどしっくりくるシーンはなかった。美しかった!」(57・女性)
    「歌った後の涙を浮かべた姿、時折見せる深呼吸の様子。安室さんの今回の紅白にかける意気込み、ファンへの感謝の気持ちが伝わってきました」(37・男性)

    次点にはデビュー30年目で初出場を果たしたエレファントカシマシ。
    1997年リリースの名曲「今宵の月のように」を演奏した。

    「歌詞が今の世間や政治を斬っている様で気持ち良かった。出だしの『くだらねえとつぶやいて 醒めたつらして歩く』が良かった」(71・女性)
    「まっすぐで偽りのない歌声と切ないメロディに、若い頃のピュアな自分を重ねて思い出した」(54・女性)
    「ロック系歌手特有の出てやってる感が皆無」(51・女性)

    デビュー20周年の節目に紅白初出場を果たした三浦大知(30)は3位にランクイン。
    「Cry & Fight」と「EXCITE」のメドレーで、バックダンサー8人とともに音楽がない状態でピッタリと呼吸をあわせて踊る“無音シンクロダンス”を披露した。

    「彼だけ異次元!」(38・女性)とハイレベルなパフォーマンスに称賛の声が上がった。
    「人気のある方とは知っていたが、自分からは聴いたり観たりせずでした。紅白登場を観て、魅力満載の方と感じました」(70・女性)

    4位は欅坂46。センターの平手友梨奈(16)が「僕は嫌だ」と叫び、感情移入しながらメンバー全員が一心不乱に踊る「不協和音」のダンスが話題になった。
    メンバー3人が過呼吸に見舞われ、パフォーマンス後に倒れ込むハプニングも。

    「過呼吸で3人倒れたほどの迫力に感心」(69・男性)
    「みんな同じ顔をしているアイドル集団だと思っていたが、個性・味がある」(38・女性)
    「我々の時代の反戦歌を思い出した。お祭りの雰囲気を壊しそうだが、現実は甘くないと言わんばかりのド迫力で紅白を締めた」(66・男性)

    頭に巻きタオルをしてTシャツ姿で「よー、そこの若いの」を歌い上げた竹原ピストル(41)も4位タイ。住友生命「1UP」のCMソング起用で有名になった曲だ。

    「アコギ1本で聴かせた!って感じ」(48・女性)
    「説教臭くならないぎりぎりのメッセージ性。それは彼が一生懸命歌う姿勢があるからだと思う」(50・男性)

    >>2以降につづく

    文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180113-00005802-bunshun-ent


    所長見解:まあ、そうなんだろうね・・・
    【【話題順位】紅白で一番良かった歌手は誰ってよwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    音楽業界が活気に満ちあふれていた1990年代。
    CDが売れまくり、ミリオンヒットどころか、ダブルミリオンも当たり前の時代だった。
    2000年代に入るとCDの売り上げは減少したが、その中でダブルミリオンを達成した曲も存在する。
    そこで今回は、1990年以降に発売され、200万枚以上のセールスを記録したヒットソングの中で、「最も好きな曲」を、30~50代の男女100人に聞いてみた。

    まず、第5位は『愛は勝つ』と『TRUE LOVE』が同率(7%)でランクイン。
    『愛は勝つ』は1987年にデビューしたKANの楽曲で、自身8枚目のシングルとして1990年9月に発売。
    当時人気だったバラエティ番組『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』(フジテレビ系)のエンディングテーマに起用され大ヒットし、売上約201万枚を記録。
    そんな同曲には、「元気が出る」(43歳女性)という声が圧倒的多数。
    さらに、「青春時代の曲だから」(37歳女性)、「歌詞が印象深く共感できる」(51歳女性)などの意見があった。

    一方、『TRUE LOVE』は、チェッカーズのリードボーカルだった藤井フミヤが1993年にソロ活動を開始し、最初に発売したシングル。
    月9ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)の主題歌となり、200万枚を超える大ヒット曲に。
    やはり、ドラマに対しても思い入れのある人からの支持が多く、「あすなろ白書が大好きだったから」(47歳女性)、「ドラマにぴったりの曲」(41歳女性)などの意見が。
    さらに、「歌いやすい曲」(59歳男性)、「カラオケで今でも歌うから」(52歳男性)といった、カラオケの定番曲だという意見も寄せられた。

    続く第4位(8%)は、福山雅治の『桜坂』。

    f


    1990年に歌手デビューした福山。
    同曲は15枚目のシングルとして、2000年4月に発売。
    『ウンナンのホントコ!』(TBS系)内の人気コーナー「未来日記V」のテーマソングとして使用され、売上約229万枚を記録した。
    別れた恋人への思いを歌ったラブソングであり、アンケートでは「失って知る痛みを切々と歌っているところ」(55歳女性)、「メロディーが切ない」(55歳女性)、「しんみりする」(52歳女性)など、福山のバラードに胸を打たれた女性からの支持が多かった。

    https://taishu.jp/detail/29822/


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【青春音楽】平成のミリオンヒット「最も好きな曲」3位『TSUNAMI』2位『ラブ・ストーリーは突然に』1位は・・・ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    弱肉強食の芸能界。
    それだけに男性も女性も、芸能人には負けん気の強い人が多そうだ。
    中には気持ちだけでなく、その腕力が話題になることも……。
    そこで今回は、現在活躍中の女性芸能人の中で、最も「ケンカが強そう」だと思う人を20~50代の男性、各世代25人ずつ、合計100人に聞いてみた。

    まず、第3位はタレントの木下優樹菜(30)。
    2010年にFUJIWARAの藤本敏史(46)と結婚し、2児の母となった木下は現在はママタレとして活躍していて、インスタグラムのフォロワー数は400万人を超える。

    k


    そんな木下は、昔から“元ヤンキー”とバラエティ番組などで公言しており、「ヤンキーの代表のような見た目や言動」(30代)など、“元ヤンキー”だったことを理由に挙げる人が圧倒的多数だった。
    さらに「夫婦喧嘩にも勝っているイメージだから」(30代)など、藤本を思うままにコントロールしているイメージも強そうだ。

    続いて第2位は、プロレスラーの佐々木健介(51)を夫に持つタレントの北斗晶(50)がランクイン。
    自身も元女子プロレスラーだけに、順当な結果とも言える。
    現役時代は“デンジャラスクイーン”と呼ばれ、ライバルと激しい戦いを繰り広げ、引退後は夫を尻に敷く“鬼嫁”キャラでテレビに引っ張りだことなった北斗。

    案の定「鬼嫁と呼ばれている」(50代)という声の他、「ガタイが良い」(40代)、「強そうだから」(20代)など、やはり現役時代のイメージが選ばれた理由だろう。


    ■第1位はやっぱり“芸能界のご意見番”!
     
    そして見事、第1位に輝いたのは、歌手でタレントの和田アキ子(67)。
    “芸能界のご意見番”と呼ばれ、デビュー前は地元の大阪で女番長として鳴らしていたのは有名。
    さらに、後輩の芸能人が和田から受けた恐怖体験をテレビで披露することもあり、周囲から恐れられているイメージが強い。

    そんな和田を選んだ理由を見ると、「背が高いから」(40代)、「体と声が大きい」(50代)、「手が大きいこと」(40代)など体型に関する意見が多数。
    芸能界での影響力よりも、見た目の迫力が今回の結果につながったようだ。

    その他少数派だが、大島優子(29)に「小柄で身体能力が高そうだから」(50代)という意見や、剛力彩芽(25)に「笑顔の中に怖さがある」(30代)、石原さとみ(30)に「気が強そうだから」(30代)など、意外な人物の名前も挙がっていた。

    今回上位にランクインした芸能人たちを見ると、やはりビジュアル的にもキャラクター的にも強そうな人たちが、そのイメージどおり「ケンカも強い」と思われているようだ。

    https://taishu.jp/detail/30419/


    所長見解:北斗って・・・
    【【喧嘩順位】「ケンカが強そうな女性芸能人」ランキングってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    '17年のCM起用社数ランキングが12月6日にニホンモニターから発表された。
    それによると、'17年の女性部門1位はローラ(27)の15社。
    2位が広瀬すず(19)の14社、3位が有村架純(24)の11社となっている。

    今回、本誌では広告業界関係者の協力を得て、人気女性タレントたちの“CM出演料”を徹底調査した。
    その結果をまとめたのが、次の一覧表だ。

    【綾瀬はるか】年間契約:8000万円/1クール:3500万円
    【広瀬すず】年間契約:8000万円/1クール:2500万円
    【有村架純】年間契約:7000万円/1クール:2500万円
    【宮崎あおい】年間契約:7000万円/1クール:3000万円
    【新垣結衣】年間契約:7000万円/1クール:2500万円
    【上戸彩】年間契約:5500万円/1クール:2000万円
    【長澤まさみ】年間契約:5500万円/1クール:2500万円
    【深田恭子】年間契約:5500万円/1クール:2500万円
    【桐谷美玲】年間契約:5000万円/1クール:2000万円
    【北川景子】年間契約:5000万円/1クール:2000万円
    【ローラ】年間契約:4000万円/1クール:2000万円
    【石原さとみ】年間契約:4000万円/1クール:2000万円
    【佐々木希】年間契約:4000万円/1クール:1500万円
    【高畑充希】年間契約:3500万円/1クール:1200万円
    【吉田羊】年間契約:3000万円/1クール:1000万円
    【川口春奈】年間契約:3000万円/1クール:1500万円
    【武井咲】年間契約:3000万円/1クール:1300万円
    【吉岡里帆】年間契約:3000万円/1クール:1200万円
    【菜々緒】年間契約:2000万円/1クール:1000万円
    【波瑠】年間契約:2000万円/1クール:1000万円

    なかでも業界内で評判が高いのが、広瀬すずだという。
    年間契約8000万円という出演料は、女性芸能人トップクラスだ。

    「実際にすずちゃんと会うと天然ぶりがかわいすぎて、誰もがファンになってしまうんです(笑)。
    CMオファーが増え始めたのは3年前。
    今年は映画出演が3本でドラマ出演は0本でしたが、それでもいま“かわいい役”をやらせたら右に出る女優さんがいないため、CMオファーが殺到していますね」(広告代理店関係者・以下同)

    テレビドラマで知名度、好感度を高めることがCM出演につながるという“方程式”どおりの活躍になっているのが、NHK朝ドラのヒロインを務めた若手女優たちだ。
    2年連続で『紅白歌合戦』の司会を務めることが決まった有村架純は、年間契約7000万円とすでにトップ級の評価を得ている。

    「朝ドラ『ひよっこ』主演など、NHK“お墨付き”のイメージのよさがあります。
    かわいさの中に素朴さがあって、彼女は男女どちらにも好感度が高いんです。
    今後もCMオファーは増えるでしょうね」

    朝ドラ女優でいえば、'16年『とと姉ちゃん』でヒロインを演じた高畑充希(26)もCM界で人気が高い。

    「彼女は今年、『過保護のカホコ』もヒットしました。
    ミュージカルもこなす彼女の歌唱力も注目されていて、さらに彼女の歌を生かしたCMへの出演もあるかもしれません」

    '17年は有名女優の結婚が相次いだ1年だったが、女優の結婚はCM出演料には影響するのだろうか。

    「北川景子さん(31)も佐々木希さん(29)も、結婚はギャラにまったく影響なかったですね。
    北川さんはきれいだけど気取っていないイメージでお茶の間から支持され、DAIGOさんとの結婚は“イメージどおり”で吉と出ましたね。
    佐々木さんも結婚してイメージアップになったと業界では捉えられてます」

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171229-00010002-jisin-ent

    no title


    所長見解:たくさんもらえるんだな・・・
    【【CM殺到】広瀬すず、CMギャラ推定8千万円の秘密ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ