ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:ランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆5位…『チェッカーズ』(36人)

    前述したように藤井フミヤが同率14位にランクインしているが、その彼がメインヴォーカルを張っていたチェッカーズ(1983年デビュー)が5位。

    「『ギザギザハートの子守唄』や『涙のリクエスト』といった大ヒット曲を持つチェッカーズは、今のアラフィフの青春を象徴するようなバンド。
    ですから、カラオケでついつい青春時代を思い出して熱唱したい気持ちもわかりますが、20代女性からすれば“おっさんの青春”に興味が沸かないのは言わずもがなでしょう。
    実際、僕自身も持ち歌の中にチェッカーズの曲は何曲かありますが、女性がいる場ではまず歌いません(笑)」 

    c


    ◆4位…郷ひろみ(38人)

    1972年にデビューした郷ひろみは、野口五郎や先日惜しまれながら他界した西城秀樹とともに、『新御三家』と呼ばれていたのはご存知の通り。

    「約20年前となる1999年にリリースした『GOLDFINGER ’99』が、ちょうど今、流行っているDA PUMPの『U.S.A.』のように、ノレる曲として社会現象を巻き起こすほど大流行。ですが逆に言うと、それ以降は誰もが知る大ヒット曲を生み出せていないので、カラオケで歌われても20代女性がノレないのは当然かもしれませんね」


    ◆3位…田原俊彦(48人)

    『哀愁でいと』で1980年にデビューし、“ビッグなアイドル”として歌にドラマにと大活躍していた田原俊彦だが、ジャニーズ事務所退所後は仕事が激減し、現在に至る。

    「例えば爆笑問題の田中さんなど、若い頃から田原俊彦さんの大ファンで、今でも田原さんの歌をメディアの前で披露する芸能人も少なくないため、田原さんの歌を知っているという20代女性は案外多いのかもしれません。
    しかし、田中さんに代表されるように、真似をしている芸能人もおっさんなので、“おっさん認定”されてしまうのでしょう」


    ◆2位…松山千春(53人)

    『長い夜』、『大空と大地の中で』、『君を忘れない』といった代表曲を持つ、フォークソング界の重鎮、松山千春(1977年デビュー)が1位に僅差のワースト2位という結果に。

    「20代女性の2人に1人以上の方が“おっさん認定”してしまう松山千春さんは、かつては髪フサフサで切れ長の目のイケメンでした。
    ただ、松山さんご本人も自覚しているでしょうが、今の20代女性が抱くイメージはおそらく、“スキンヘッドのコワモテおじさん”といったところ。
    そんな彼の歌を歌えば、“おっさん認定”されるのも仕方ないのかもしれませんね」

    https://news.infoseek.co.jp/article/spa_20180623_01487175/?p=3


    所長見解:おっさんやな・・・

    【【あの名曲も】カラオケで歌うと「おっさん認定」される曲がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    まだ会ったことがない人の名字を聞いただけで、「あ、きれいな人かも…」と想像してしまったことはありませんか?

    b


    多くの人がつい美人を連想してしまう名字は少なくありません。
    そこで今回は、つい美人を連想しちゃう名字について探ってみました。

    1位 早乙女
    2位 綾瀬
    3位 如月


    1位は「早乙女」!
    由緒正しい家柄…という敷居が高いイメージを持つ人も多い早乙女という名字。
    テレビアニメ『マクロスF』に登場する美青年・早乙女アルトや、『ゲッターロボ』の早乙女ミチル、『らんま1/2』の早乙女乱馬、『魔法先生ネギま!』の早乙女ハルナ…など、テレビアニメや漫画でも容姿端麗なキャラクターに多い名前として知られています。

    なかなか出会う機会が少ない名字だけに、早乙女と聞くと「美人なのでは!」と期待してしまう人が多数。1位となりました。

    https://ranking.goo.ne.jp/column/5159/


    所長見解:なるほど・・・

    【【綾瀬】美人を連想しちゃう名字ランキングがコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「視聴率」では日本テレビの独走が続いているが、では、「好感度」が高い局はいったいどこなのか。
    そして、「嫌われ度」ワースト1は。

    視聴者のホンネを探るべく、J-CASTニュースでは2018年5月29日~6月14日、サイト上で「好きなテレビ局」「嫌いなテレビ局」についてのアンケート調査を実施した。
    見事「好き」1位となったのは、以前からネット上での人気が高いテレビ東京だ。
    一方、2番手以降は混戦に。
    対して、「嫌い」はというと――。

    まずは「好き」ランキングから(総投票数:1036)。

    上に述べた通り、1位に輝いたのはテレビ東京(26.7%)だ。
    他のキー局とは違った「トガった」企画の数々で知られ、以前からネットとの相性の良さが指摘されてきたが、相変わらずの好感度の高さを見せつけた。
    最近は視聴率でも進展が著しく、特にゴールデン帯ではフジテレビとの差を詰めつつある。

    2位はNHK(16.0%)。
    視聴率No.1の日本テレビは3位で10.6%に留まった。
    4位でテレビ朝日(8.7%)が続く。
    今回はキー局に加え、ネット放送で存在感を増しているAbemaTVも投票先に加えた。
    注目の結果は、テレ朝に続く5位(5.0%)。
    まだ上位陣を脅かすには至らないものの、6位のEテレ(4.8%)、7位のTBS(4.3%)、ビリのフジテレビ(2.5%)を上回る。健闘したと言っていいだろう。
    なお、「なし・その他」を選んだ人も21.3%に上った。

    「嫌い」(総投票数:1014)は、やはりというべきか、フジテレビ(32.7%)が首位を飾ってしまった。
    かつては視聴率No.1を誇りながらも、最近は低迷を脱しきれず。
    3月には「めちゃ×2イケてるッ!」「とんねるずのみなさんのおかげでした」といった2大長寿番組を打ち切る大胆策に出たが、その成果はなかなか見えない。

    f


    もっとも、5年前の2013年にJ-CASTニュースが実施した同趣旨のアンケートでは、フジは62.7%という「ぶっちぎり」で「嫌われNo.1」を記録している。
    得票率が半分近くに減ったという意味では、「どん底」は脱した、との見方もできるが......。
    今回の投票結果に戻ろう。
    2位はテレビ朝日(22.8%)。3位はNHKで15.7%だった。
    以下、TBS(10.9%)、日本テレビ(7.3%)、なし・その他(7.1%)と続く。

    なお今回のアンケートでは、投票者の年齢、性別、よく見る番組のジャンルについても合わせて質問した。
    照らし合わせると、特に顕著な差が出たのが「よく見る番組」と「好きな局」の関係だ。
    1位は同じテレ東でも、「報道・情報」番組をよく見る、とした人ではNHKの好感度が高く(23.7%で2位。1位テレ東とは0.9ポイント差)、また「なし・その他」を選んだ人が多かった(19.8%で3位)。
    対して「バラエティー」派ではテレ東(34.6%)に続く2位に日テレ(20.9%)が。
    「イッテQ」「DASH」など、強力番組を擁する日テレの強みが見えた。

    また若干ではあるが、男性よりも女性の方が、「嫌いな番組」にフジを選んだ割合が高い(男性31.3%、女性40.8%)。
    年齢による差は比較的小さいが、若い世代では「日テレ」「Abema」、年長世代では「NHK」「テレ朝」が好き、とした人がやや多い傾向が見られた。

    調査は投票作成フォーム「トイダス」を使い、J-CASTニュースのサイト上で実施した。

    https://www.j-cast.com/2018/06/17331375.html 


    所長見解:そうだろうな・・・

    【【調査結果】「嫌いなテレビ局」3位 NHK、2位 テレ朝、1位は…コチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「信用ならない言葉」というのが世の中にはある。
    文字から受け取れる意味と、実際の意味合いが異なる言葉のことだ。

    この件に関し、「はてな匿名ダイアリー」に投稿されたエントリーが注目を集めている。


    ■「三大信用ならない言葉」って?

    投稿者によると、「三大信用ならない」言葉のうち、ふたつは…

    「一生に一度のお願い」

    「絶対に怒らないから正直に話しなさい」

    なのだとか。
    たしかにどちらも文字通りに受け取ってはいけない言葉であり、二度目どころかその後何度もお願いがあり得ること、正直に話せば相手が怒ることは、もはや周知の事実だ。

    では、残るひとつは何なのか?

    8b75bbf8ee7721888c76a321e491d7f3_400


    ■みっつ目は何? 強すぎる候補が続々と

    これに対し、他のネットユーザーからは以下のような声が。

    ・あとで読む

    ・こちらがわのどこからでも切れます

    ・さきっちょだけ

    ・お年玉預かっておくから

    ・お前の事を思って言ってるんだ

    ・明日から本気出す

    ・今からやるところだったのに

    どれもこれも強く頷いてしまう、信用ならない言葉ばかりだ。


    ■ビジネス「信用ならない言葉」

    また、仕事で耳にする信用ならない言葉も。

    ・「アットホームな職場です」←特にアピールポイントのないブラック企業の常套句

    ・この条件でやってくれたら、次の契約で埋め合わせするから

    ・「俺が責任取る!」

    アットホームな職場だと思って入るとそこはブラック企業であり、取引先には便利に扱われ、挙句の果てに「俺が責任を取る!」と言った上司が責任をなすりつけてくる…
    この3つは、セットで経験したことがある人も多そうだ。


    ■「何もしないからホテルに行こう」が最強説

    なお、以前行なった「信用できない言葉ランキング」の調査では、1位は「何もしないからホテルに行こう」で25.1%。
    2位の「ここだけの話だけど」(19.1%)を上回っていた。

    使うのは簡単だが、周囲の信頼感を下げる可能性もあるこれらの言葉。
    用法用量を守っていきたいところだ。

    https://sirabee.com/2018/06/21/20161673132/


    所長見解:あるある・・・

    【【一生に一度のお願い】三大信用ならない言葉がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「芸能界ケンカ最強は誰か」、世の中にさまざまな伝聞・主張が溢れ、決着がつかなかったこの疑問の解決に果敢に挑戦したのが、17日深夜放送の『EXD44』(テレビ朝日系)だ。

    元実話ナックルズ編集長・久田将義(51)、プロインタビュアー・吉田豪(47)ら芸能界の裏事情に詳しい有識者と、武勇伝を多く持つ俳優・小沢仁志(55)が協議し、芸能界ケンカ最強の男性を決定した。

    久田はまず、こういった議論の常連、暴走族総長だった俳優・宇梶剛士を推すと、同い年の小沢は「(宇梶とか)不良が集まるたまり場があった。布施博、柳葉敏郎、片桐竜次とか、毎日ケンカしていた」と当時を振り返る。

    j


    さらに小沢はバンド・ズロースブラザーズのボーカル、谷村好一が「本当に強い」と主張。「現役のキックボクサーを一発で倒した」エピソードを熱弁した。

    渡瀬恒彦はヤクザと大立ち回り、柳葉は酒乱で天龍源一郎にケンカを売る。
    木村一八が「若い時一番怖かった」のが佐藤浩市、寺尾聰は「石原軍団で一番強い」、ブッチャーと戦った安岡力也など、武勇伝と共に名前が挙がっていく。

    小沢は原田龍二の弟で俳優の本宮泰風を、格闘技に精通し、腕っぷしの強さが半端ではないと絶賛。
    また、「怖さでいえば若山富三郎」と主張した。

    俳優だけでなくミュージシャンの噂も。
    吉川晃司が「路上の天才」と呼ぶ氷室京介、元プロボクサーでもあるジョー山中、柔道家・吉田秀彦にも「実戦なら負ける気がしない」GACKT、ヤクザを一喝して黙らせた南こうせつなどが名を連ねる。

    https://sirabee.com/2018/06/18/20161672916/ 


    所長見解:赤井・・・

    【【衝撃告白】芸能界ケンカ最強がコチラwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ