ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本各地の名物料理何が食いたい? 


    宮崎 焼き鳥
    no title


    福岡 高菜入りとんこつラーメン

    no title


    大阪 串カツ

    no title


    東京 オデン

    no title


    群馬 もつ煮定食

    no title


    宮城 牛タン定食

    no title


    北海道 味噌らーめん

    no title

    所長見解:うまそうやん・・・
    【【グルメ】日本各地の名物料理で食いたいのがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    深田恭子が最強にかわいかったテレビドラマランキング

    「美しすぎるアラフォー」「奇跡の36歳」として今再ブレイク中の深田恭子。

    おっとりと柔らかく女性らしい雰囲気が魅力的ですね。

    そんな彼女は本日37歳の誕生日を迎えます。

    そこで今回gooランキングでは、深田恭子が最強にかわいかったテレビドラマについて探ってみました。


    1位 初めて恋をした日に読む話

    2位 神様、もう少しだけ

    3位 ダメな私に恋してください


    f


    1位は『初めて恋をした日に読む話』!

    『初めて恋をした日に読む話』

    東大受験に失敗した塾講師が、不良男子高校生の東大合格をサポートし、人生のリベンジを果たすというストーリー。
    この作品で深田恭子が演じたのは主人公の春見順子。
    面倒見がよく優しい性格で、生徒のために奮闘する一生懸命な姿に胸打たれた人が多数。
    周囲の男性にモテているにも関わらず、恋に不器用な一面は、「かわいい」という言葉で表せないほど魅力的でした。
    本作の清楚でフェミニンなヘアやファッションにも注目が集まり、1位となりました。


    2位は『神様、もう少しだけ』!

    『神様、もう少しだけ』

    深田恭子のブレイクのきっかけとなったのが、1998年に放送された『神様、もう少しだけ』。
    この作品で深田恭子は援助交際が元でHIVに感染した女子高生・叶野真生を熱演。
    難しい役であったにも関わらず、微妙な気持ちの変化を見事に表現し、存在感を見せつけました。
    この作品が一番印象的で感動したという人が多く、2位となりました。


    3位は『ダメな私に恋してください』!

    『ダメな私に恋してください』

    30歳で職なし独身彼氏なし、おまけに貯金もなく貢ぎ癖のある女子が、元上司が営む喫茶店で働くことになり、恋が芽生えるというラブコメディー。
    そんなドジでおっちょこちょいで天然の主人公・柴田ミチコを演じた深田恭子。
    応援したくなるようなかわいい姿がぴったりだったと感じている人が多数。
    3位となりました。
    このように、深田恭子が演じた印象的なキャラクターが支持される結果となりました。
    気になる4位~43位のランキング結果もぜひご覧ください。


    https://ranking.goo.ne.jp/column/6187/ranking/52305/

    所長見解:ええな・・・

    【【結果発表】深田恭子が最強にかわいいドラマがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    評価基準は全盛期または今後のポテンシャルであり現時点での容姿は関係ないものとする。

    b



    1  佐々木希

    2  あのデブ

    3  広瀬すず

    4  ガッキー

    5  北川景子

    6  堀北真希

    7  石原さとみ

    8  桐谷美玲

    9  浜辺美波

    10   白石麻衣

    所長見解:どうやろ・・・

    【【結果発表】日本美人ランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年1年間に生まれた「ことば」の中から、世相を反映し、話題に上がった新語流行語を選ぶ年末恒例の『ユーキャン新語・流行語大賞』。

    今年は30年と113日続いた「平成」から新元号「令和」へと変わる改元も話題をさらった年であった。

    そこでORICON NEWSでは一足早く、2019年流行語大賞予想のアンケート調査を実施。

    首位は、ニュースやワイドショーでも連日取り上げられ、注目を集めた【あおり運転】となった。

    r


    ■社会問題として全世代が注目「世間に注意喚起を促すためにも」

    今年の初めから多発している【あおり運転】が1位に。

    中でも今年8月に茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた『あおり運転殴打事件』は、そのインパクトある映像とともに世間で大きな関心事となった。

    自動車に乗ったり、運転を行なう人なら誰もが直面する“今そこにある危機”であり、ドライブレコーダーやSNSの普及も話題の広まりに拍車をかけている。

     
    アンケートでは、「テレビやネットでとりあげられる頻度が高いし、ガラケー女が有名にもなった。死亡事故も起こしているし、社会の関心も高いから」(山口県/40代・女性)、「社会現象となっており、ノミネートされることによる意義が高いと感じられるから」(北海道/50代・男性)と特に40代と50代から票があつまり、総合で1位に。

     
    あおり運転が増加した背景として、 岡山トヨペットのサイト「STOP ROAD RAGE」では、「車の価値=自分の価値と思う」、「運転すると気が大きくなる」などを指摘。

    被害を回避するためには、割り込まない、緊急時以外クラクションを鳴らさないなどのほか、アンガー・マネジメントの重要性なども訴えている。

    警察庁公式サイトでは「警察ではあおり運転等に対してあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底するとともに、積極的な交通指導取締りを推進しています」と記載している。

     
    現在進行形の社会問題だけに「嫌な言葉だが、この言葉のおかげでしっかりと悪事だということが定まった感がある」(埼玉県/50代・女性)、「取締りが厳しくなって良かった」(静岡県/30代・女性)と問題提起になったという声もあった。


    ■元号が変わるこの時だけ、平成~令和にまつわる「新語流行語」

    改元という数十年に一度の歴史的な変化に日本が沸き、関連ワードの数々がランクイン。

    全世代でTOP3入りをしたのが2位の【新元号令和】。

    4月1日11時41分に発表され、新宿アルタの大型モニター前には後世に残るほど多くの人だかりができた。

    NHKの会見の生中継の最高視聴率は27.1%、会見を含む特別番組の平均視聴率は、19.3%を記録(関東地区/ビデオリサーチ調べ)。

     
    発表を行なった菅義偉官房長官は【令和おじさん】と呼ばれ8位に。

    新元号の墨書を掲げる菅長官の写真をテレビ画面越しに撮影した人もSNSに散見された。

    画面左上の手話通訳のワイプが墨書にかぶって読めなかったことも話題に。

     
    令和施行となった5月1日までに使われた【平成最後の〇〇】は4位にランクイン。

    中でもインターネットや小売業界を中心に「平成最後の夏」をキャッチコピーとし、商品や広告を売り出したり、SNS上でネタ合戦が行なわれた。


    ■空前絶後の「タピオカ」ブーム “タピ用語”が全世代で認知

    1990年代に一度ブームになったタピオカドリンクが、2018年から再ブームになり今年最高潮の盛り上がりを見せた。

    都内を中心に専門店が続々と上陸、長蛇の列を作り、激戦区である渋谷には70以上の店舗がひしめいている。

    そんな全国的一大ムーブメントから生まれた【タピ活】=(タピオカドリンクを飲む活動)、【タピる】=(タピオカドリンクを飲む)が3位にランクイン。

     
    世代別・10代、20代では1位を記録し、「今年と言ったらタピオカ以外ない(笑)」(宮城県/20代・女性)、「どこに行ってもタピオカ屋さんがあるし、自分自身もタピオカを毎週の楽しみにしているから」(愛知県/20代・女性)とのコメントが。

    女性人気だけではなく、男性有名人でも星野源、チュートリアル・徳井義実らがタピオカ好きを公言。

    「年間通して聞くことが多かった」(広島県/30代・男性)、「娘が良く言ってるから」(福井県/40代・男性)と、ブームを遠巻きに見つつも、世の男性たちもここまで話題に上ると見過ごせない、という様子のようだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00000305-oric-ent

    no title

    所長見解:もうそんな・・・

    【【年末恒例】「新語流行語大賞」の予想1位がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優に意外と多いアイドルグループ出身者。

    最近では、ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の西野七瀬(元乃木坂46)や、コメディエンヌとしての演技力も評価が高い橋本環奈(元Rev. from DVL)などが記憶に新しい。

    アイドルの歌やダンスで身につけた表現力を活かして名演技を披露し、さまざまなキャリアを積んできた女優も多い。

    そこでORICON NEWSでは、アイドルグループを経て大成した女優を調査。

    1位にはドラマ、映画、舞台と幅広く活躍している【篠原涼子】(元東京パフォーマンスドール)が輝いた。

    i


    女優として大成した“元アイドル”ランキングTOP10

    第1位 篠原涼子(元東京パフォーマンスドール)

    第2位 橋本環奈(元Rev. from DVL)

    第3位 川栄李奈(元AKB48)

    第4位 深田恭子(元HiP)

    第5位 満島ひかり(元Folder5)

    第6位 永作博美(元ribbon)

    第7位 中谷美紀(元桜っ子クラブさくら組)

    第8位 西野七瀬(元乃木坂46)

    第9位 菅野美穂(元桜っ子クラブさくら組)

    第10位 渡辺麻友(元AKB48)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00010000-oricv-ent

    所長見解:懐かしいな・・・

    【【これは意外】元アイドルだった女優ランキングがコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ