ランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニー喜多川社長(87)のXデーがささやかれるなか、ジャニーズ事務所内の新体制作りが、急ピッチで進められている。

    「事務所の経営は今後もメリー副社長、ジュリー副社長であることに変わりはありません。
    ただジュリー副社長は社長に昇格し、完全に経営実験を握るものと思われます。
    なにしろメリー氏は92歳。
    いまだ現場主義ですが、そろそろ会長職に退く時期でしょう」(ジャニーズライター)

    しかし、事務所運営とタレント管轄はまた別な話だ。

    現在、子会社である「ジャニーズアイランド」代表の滝沢秀明氏(37)も一気に内部昇格するものと思われる。

    「ジャニーズ本体の常務か、一気に副社長に昇格する可能性もあります。
    現在の担当は事務所の営業、演出、Jr.の育成……ということになっていますが、タレント部門の人事部長も兼任すると見られます。
    現実、いまの彼の本業は営業と不要人物のクビ切りだとか。
    役職名はつけなくても、内部的に人事兼任になるでしょう」(前出・ジャニーズライター)

    j


    では、今後の事務所のタレント序列はどうなるのか。

    「1位・滝沢氏、2位・東山紀之、3位・松本潤、4位・亀梨和也、5位・二宮和也、山下智久でしょう。
    1位だった“マッチ”こと近藤真彦はクビか、他事務所への移籍容認。
    木村拓哉はジュリー派なので、なんらかの役職をつけ残す。
    『TOKIO』は貢献度が高いので、系列会社にして城島茂を社長にして活動していくはず」(前出・ジャニーズライター)

    ここで、とくに気になるのがマッチだ。

    序列1位のマッチをなぜ追い出すのか。

    「滝沢氏がタレントを廃業する際、“年越しライブ”にマッチを登場。
    滝沢氏に目線を合わせず握手した。
    あの態度に滝沢氏は激怒。
    レースしかしないマッチに腹を決めたといいます。
    ヒガシについては少年隊時代からのファンも多いため重用したいようです」(女性誌記者)

    さらに注目なのが、中居正広の名前だ。

    いまだ稲垣吾郎ら『新しい地図』入りを書く週刊誌もある。

    「稲垣らとの合流は絶対ない。
    マジメな草彅剛が『裏切り者』と呼び、会う気すらない。
    中居もいまさら土下座もできないし、陰でこっそり“就活”。
    ジャニーズに対抗できる大手プロに2社の“内諾”と取ったといいます。
    滝沢氏は、独立の首謀者・中居が自ら出て行ってくれればせいせいする。
    野球好きで、五輪まで粘ろうとするなら、来年6月の契約月に“契約解消”を通告するかもしれません」(前出・女性誌記者)

    さらなるディープ情報を、近くお届けしよう。

    https://k-knuckles.jp/1/8006/2/

    所長見解:いろいろあるね・・・
    【【内部事情流出】 ジャニーズ事務所 「新序列」…1位・滝沢氏、2位・東山紀之、3位・松本潤、4位・亀梨和也、5位・二宮和也、山下智久・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「AKB48選抜総選挙・過去の神7で好きなメンバーTOP10」が発表され、1位に指原莉乃が選ばれた。

    2位には大島優子、3位には山本彩が続いている。

    今回のランキングは、20~40代の男女5088名を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計したもの。

    「神7」とは、「AKB48選抜総選挙」において、上位7位に入った人気メンバーを指す用語だ。


    b



    1位の指原は、出馬した9回の総選挙のうち、4回で1位を獲得。

    第7回~第9回ではグループ史上初3年連続1位の座を獲得するなど、まさに“クイーンオブAKB”。

    当初は「ヘタレ」とも呼ばれたが、AKBの頂点を極め、現在ではいくつもの冠番組を持つようになった指原の活躍に、ファンからは「自分をよく知っている、賢い人だと思います」「スキャンダルをものともせず復活。アイドルでも女優でもなく、頭の回転を武器にバラエティで活躍する姿は見ていて気持ちがいい」などの声が寄せられた。


    2位は現在女優としても活躍中の大島。

    AKB48追加メンバーオーディションに合格し、選抜総選挙第1回~第5回では常に1位か2位。

    特に第1回~3回の総選挙で繰り広げられた、前田敦子との頂上争いは芸能界史上にも残る名勝負だったのではないだろうか。

    「前田の成長をけしかけるようなライバルで好きでした」といった意見が挙がった。


    3位は“さや姉”こと山本。

    2010年に大阪を拠点とするNMB48の第1期生オーディションに合格し、選抜総選挙第6回~第8回で神7入りを果たした。

    黎明期のNMB48を類まれなるリーダーシップで支え、マルチな才能で着々とスターダムにのし上がった。

    卒業後、ソロライブツアーを開催するなどシンガーソングライターとしても活躍している。
     

    4位は今年、一般男性と“玄米婚”を発表して話題になった篠田麻里子。

    “麻里子様”の愛称で親しまれ、モデルもこなす抜群のルックスで人気を博した。


    5位は“まゆゆ”こと渡辺麻友。

    アイドルサイボーグとも呼ばれスキャンダル知らずの優等生アイドルを全うした。

    ファンも「アイドルという立場の意味を理解していた。アイドルの鑑。THE アイドル!」と称賛した。


    6位は、AKB48不朽のセンター、前田。

    1位に輝いた第3回の総選挙で、涙ながらに叫んだ「私のことは嫌いでも、AKBは嫌いにならないでください!」というスピーチは有名だ。


    以下ランキングは、7位小嶋陽菜、8位高橋みなみ、9位島崎遥香、10位柏木由紀となった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00066204-crankinn-ent

    所長見解:これは意外・・・
    【【結果発表】AKB48・歴代「神7」人気ランキング → 3位、さや姉、2位、大島優子、1位がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    一番旨い駅弁といえば、ベタになっちゃうけどシウマイ弁当以外にはありえないよな? 


    b

    所長見解:うまいよね・・・


    【【結果発表】一番うまい駅弁はコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「関西以外の人には理解しがたい関西弁ランキング」 


    s


    ■1位は「モータープール」に

    1位は「モータープール」(駐車場)

    これは諸説ありますが、戦後東京にいたアメリカの進駐軍が軍用車を止めていた場所をそう呼んでいたことから使われる様になったそうで、若い人は使わなくなってきてるということでした。


    2位は「いっちょかみ」

    (何にでも口を挟む人)で、「一枚噛む」の関西弁で、「一枚」が「一丁」に置き換わったものだそうです。


    3位は「テレコ」

    (互い違い)で、「手を加える」という意味の「手入れ」に接尾語「こ」がついたという説があり、歌舞伎用語でもありますが、最近では全国区に広がって使われているという話もありました。


    兵庫県川西市の20代の女性は、東京で働いている時同僚に「自分しゅっとしてるなー」(あなたスラリとしているわねぇ)と言ったら通じず、うまくコミュニケーションがとれなかった経験があるそうです。

    また、「パーマを当てる」「かしわ」「ハミゴ」「いちびり」など関西弁であるとは知らずに使っている場合も多く、スタジオは大盛り上がりでした。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16549730/

    所長見解:せやな・・・
    【【結果発表】理解しがたい関西弁がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 歳を重ねてよりかっこよくなった40代男性有名人ランキング

    若いときにはなかった落ち着きや渋さがにじみ出てくる40代。

    そんな大人の魅力たっぷりの40代男性有名人に魅了されている人も多いのではないでしょうか?

    そこで今回は、若い頃よりもかっこよくなったと思う40代男性有名人について探ってみました。

    4


    1位 西島秀俊
    2位 竹野内豊
    2位 反町隆史
    4位 長瀬智也
    5位 谷原章介
    6位 松岡昌宏
    7位 長谷川博己
    8位 北村一輝
    8位 堺雅人
    8位 及川光博


    1位は「西島秀俊」!

    端整な顔立ちに鍛え上げられた細マッチョな体、落ち着いた雰囲気が魅力的な西島秀俊。
    そんな西島秀俊を一躍有名にしたのが1993年に放送された月9『あすなろ白書』(フジテレビ系)。
    20代前半だった当時の彼も、もちろんイケメン。
    しかし、当時は共演していた木村拓哉に注目が集まり、イマイチぱっとしなかった記憶がある人も多いのではないでしょうか。
    さまざまな作品に出演し、歳を重ねる度にグングン魅力が増し、30代後半になった頃から再注目されるように。
    今もブレイク中の西島秀俊が1位となりました。



    2位は「竹野内豊」!

    ビシッと決めたヘアセット、整えられた男らしい髭がトレードマークの竹野内豊。
    ダンディーで色気のある雰囲気が魅力的。
    デビュー当時は爽やかな二枚目俳優として大活躍していました。
    大ヒットドラマ『星の金貨』(日本テレビ系)、『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)などでブレイク。
    真面目で誠実な役柄が多かった彼ですが、歳を重ねた現在はひょうひょうとした三枚目キャラを演じる機会が急増。
    そのニヒルな雰囲気に色気を感じる人が多く、2位となりました。



    同率2位は「反町隆史」!

    目鼻立ちがはっきりとした正統派イケメンかつ、男気のあるキャラクターで、20代で爆発的人気を集めた反町隆史。
    『GTO』、『ビーチボーイズ』(ともにフジテレビ系)といった人気ドラマの主演を務めてきました。
    一時期人気は落ち着いたものの、40代になって出演した『相棒』(テレビ朝日系)での好演が話題を呼び、再び注目を集めています。
    若いときのヤンチャな雰囲気がなくなり、今の方が魅力的だと感じている人が多数。2位となりました。



    このように、20代の頃から活躍している男性有名人が上位に選ばれる結果となりました。

    みなさんは、どの40代男性有名人が若い頃よりかっこよくなったと思いますか?


    https://ranking.goo.ne.jp/column/5948/

    所長見解:ビーチボーイズ・・・

    【【いいおっさん】歳を重ねてよりかっこよくなった40代男性有名人ランキングがコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ