ラジオ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史が新型コロナウイルス感染拡大で風俗通いを自粛していることを語った。

     
    リスナーからの「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない?」とのメールに、岡村は「今は辛抱。
    『神様は人間が乗り越えられない試練は作らない』って言うてはりますから。
    ここは絶対、乗り切れるはずなんです」とコメント。

     
    さらに「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです」と希望を持っていうという。

    それは「収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」と、風俗店に美女が入店する可能性が高いと持論を披露。

     
    岡村は「短期間でお金を稼がないと苦しいですから。
    3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」と予測。

    そのため「『え? こんな子入ってた?』っていう子たちが絶対入ってきますから。
    だから、今、我慢しましょう。
    我慢して、風俗に行くお金を貯めておき、仕事ない人も切り詰めて切り詰めて、その3カ月のために頑張って、今、歯を食いしばって踏ん張りましょう」と呼びかけていた。

     
    また、岡村は自身について「俺なんか、絶対気をつけとかんと。
    もし僕が(新型コロナウイルスに)感染したら、『絶対、アイツ五反田(の風俗店)行きよった』ってなるやん。
    そこは歯を食いしばってアレ(我慢)するしかないから」と語っていた。

     
    岡村は4月9日の同番組では「とにかく仕事がもうないんですよ。
    全部休止、延期で家にずっといる」と外出を自粛していることを告白。

    食事も「ほぼUberEATSで松屋ばっかりです」と明かしていた。


    「風俗野郎Aチーム」を自称する岡村も、現在は「STAY HOME」を自身に課しているのだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200426-00010000-flash-ent
     

    ※動画がコチラ





    ●ニッポン放送が謝罪、次回放送(5月1日)で自ら説明へ

    岡村隆史、次回放送で自ら説明へ 

    「コロナ明けたら美人が風俗嬢」発言

     

    ニッポン放送は27日、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が同局のラジオ番組で「コロナが明けたら美人さんが風俗嬢やります」などと発言したことについて、番組の公式ホームページで謝罪した。

    s


    岡村は24日未明放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、「コロナが終息したら絶対面白いことがある」と発言。

    続けて「コロナが明けたら、なかなかのかわいい人が、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」「短時間でお金を稼がないと苦しいですから」などと話した。



    ニッポン放送は「現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました」とし「不快に感じられた皆さま、関係の皆さまにおわび申し上げます」と謝罪した。


    広報担当者は「次回(5月1日)の放送で(岡村)本人が話すと聞いている」としている。


    https://www.sanspo.com/geino/news/20200427/owa20042721340008-n1.html

    所長見解:ヤバいよな・・・
    【【悲報】岡村隆史さん、あの発言を謝罪する模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月18日、明石家さんまが、自身がパーソナリティーを務める『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に出演。

    冒頭、ラジオブース内にはアクリルパネルで共演者同士が仕切ってあると踏まえた上で、いつも通りに放送はスタートした。


    共演者は村上ショージ、「モーニング娘。」元メンバーの飯窪春菜と現役の横山玲奈。

    ラジオでは新型コロナウイルスの感染拡大についてさんまが持論展開した。

    「まだまだ長引きそうで。
    こればっかりはどうしようもない。
    立ち向かっていかなしゃあない。
    人類は昔からウイルスと闘ってきて、勝ってきているからね。
    もっと薬がなかったからね。
    これだけ医療設備が整っていて、お医者さんがこれだけやってくれていて、今この結果というのは、満足せなしゃあないよね」

    こんな話をしているだけに、気になる点があったという。


    「『ヤンタン』は1時間半の番組。
    さんまさんはその日もいつもの調子でマシンガントークでした。
    普通に話しているときは大丈夫なのですが、特に笑うときにはゴロゴロっと何度も痰(タン)が絡んでいたんですよ。
    報道ステーションの富川アナも痰が絡んでいたと言っていましたから、さんまさんも万全の体調でないなら収録を見合わせても良かったのではないでしょうか。
    特にさんまさんは力説すると唾などの飛沫が多い人なのでラジオブースにいくら仕切りをしても危険ですよ」(芸能リポーター)


    ラジオでは他にも立憲民主党の高井崇志衆議院議員が、緊急事態宣言が出されたあとに新宿・歌舞伎町の風俗店に行っていた話題になると、さんまは「開いた口が塞がらなくて、逆に笑えた」と話していたが、やはり笑ったときには苦しそうに痰が絡む場面も目立った。

    s


    ツイッターにはリスナーから心配する声が。

    《さんまさんコロナ大丈夫かな。喋りずっと痰がからんでる》

    《さんまさん痰がすごい絡んでいる音がしますが、一度診察された方がいいのではないでしょうか。心配で仕方ありません》


    ラジオでは「国が言う通り俺も自粛している」と語ったさんまだが、感染経路が不明なまま「まさか自分がうつるとは」と感じる人が多いというので油断はできない。


    亡くなった志村けんさんを始め、石田純一、森三中・黒沢かずこ、たんぽぽ・白鳥久美子、宮藤官九郎、富川悠太アナ、赤江珠緒アナ、阪神の藤浪晋太郎選手、元阪神の片岡篤史氏、元プロ野球監督、梨田昌孝氏など国内の著名人だけでも終わりが見えないほどに拡大しつつある。

    楽しみにしているリスナーのためにサービス精神旺盛なさんまはラジオ収録に挑んだのかもしれないが、もし体調に不安があるのなら、どの芸能人も万全を期して今は自粛した方がいいのかもしれない――。



    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00000002-friday-ent

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200423-00000002-friday-000-1-view.jpg


    所長見解:いつもやん・・・

    【【これはヤバい】明石家さんまさん、コロナ感染疑惑ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    落語家の笑福亭鶴瓶(68)が19日放送のニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」(日曜後4・00)で、新型コロナウイルスに感染した著名人らが謝罪していることに対して「謝ることはない」とキッパリ話した。


    この日は、急きょ生放送となり、鶴瓶は大阪・梅田からリモート出演。

    実際に生放送をしているかを証明するため、リスナーに現在地を教えながら「後で来ていただいて、会ったらええやん」と提案した。


    進行を務めるフリーアナウンサーの上柳昌彦(62)が「濃厚接触はできるだけ避けた方がいいですよ」と、感染を警戒して進言したが、「だったらおれは、日本の政府に言いたい。
    最初はインフルエンザよりも楽って言ってたのに。
    もっとちゃんと調べて、空気感染するぐらいの勢いって言うたら、緊急事態で人はそばに寄らないですよ」とコメント。


    t


    現在、自身が感染しているという状態を想定し「うつしたらあかん」という姿勢で人と接している鶴瓶。

    「日本人っていうか、僕らの考えかな。
    自分がうつされるよりも、うつす方が嫌やもん」と話した。


    その流れから、スポニチ本紙評論家・片岡篤史氏(50)、お笑いトリオ「森三中」黒沢かずこ(41)、俳優の石田純一(66)など、感染を公表し謝罪した著名人らの名前を並べ

    「謝ることはないねん。しゃーないねんから。石田さんも受け入れなしゃーないねんから。誰しも起こること」

    と語っていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-00000174-spnannex-ent


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200419-00000174-spnannex-000-6-view.jpg

    所長見解:どうなん・・・
    【【激怒】笑福亭鶴瓶さん「だったらおれは、日本の政府に言いたい。最初はインフルエンザよりも楽って言ってたのに。」 ←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鶴瓶 ラジオが急きょ生放送、コロナ禍の中で「あかん人が分かりました」


    落語家の笑福亭鶴瓶(68)が19日放送のニッポン放送「笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(日曜後4・00)で、名前こそ明かさなかったが、コロナ禍の中で「あかん人が分かりましたよね」と発言をした。

    t


    この日は、急きょ生放送となり、鶴瓶は大阪・梅田からリモート出演。

    新型コロナウイルスに関連する話題から「いちいちぼやいててもしゃーないけど」と切り出した鶴瓶は「あかん人が分かりましたよね、大体。
    この人らはあかんなっていうのが。
    よう考えなあかんなっていう人がようさん生まれましたよ」とコメント。


    さらに「この人に誰か言うたりやっていうのもあるよね。
    言うたったらええやんかと」と指摘すると、進行を務めるフリーアナウンサーの上柳昌彦(62)も発言の意味を理解したのか「今やったら、これ絶対批判されますよっていうのを誰か言って欲しいですよね」と同調した。


    その後も、鶴瓶は「あの方もそうですし、マスクを耳に掛けたまましゃべっている人もそうやし。
    あかん人たちだというのは分かりましたね。
    耳当たりのいいことばっかを言おうとして、自分の言葉じゃないんですよ、あの人」と意味深な発言を繰り返していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-00000180-spnannex-ent

    所長見解:どしたん・・・
    【【誰?】笑福亭鶴瓶さん「あかん人が分かりました」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    久米宏が「接触8割減」の新型コロナ対策案を解説 

    北大・西浦教授提唱の数理理論

    久米宏(75)が18日、レギュラー番組のTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」(午後1時)に出演。

    厚生労働省の新型コロナウイルス感染症のクラスター対策班、西浦博北海道大学大学院教授が、約1年前に同番組にゲスト出演していたことを紹介し、このまま何の対策もとらなければ日本で約42万人の死者が出ると発表した西浦教授の数理モデル研究を解説した。


    k

     
    中国でポリオ撲滅のプロジェクトに関わった西浦教授が行っているのは、数理モデルをベースにした感染症の研究。

    1人の感染者がある集団に入って3人の感染者が出た場合、基本再生数は3で、これが1を切ると減衰するという。

     
    こうした考え方は、1年前には「黒船扱いだ」と西浦教授がこぼしていたと久米が説明。

    その上で、「アベノマスク(安倍首相のこと)が自分で言っているかのように、8割会う人減らして下さいって、あれはアホのアベノマスクが考えたことじゃなくて西浦さんがお考えになったことなんですよ。
    あの8割ってのは、つまり数理モデルなんです、完全に。
    できれば7割でもいいんです、なんてアベノマスクがぽろっと言ったりなんかして。
    あれはバカの骨頂で、8割っていうのは数式から出た数字なんですよ」と力説。

    さらに「8割会う人減らせば、1カ月ぐらいで急激に感染者の数が減るっていうのは、つまり、数理モデルから出た結果なんですね。
    ですから、西浦先生のおっしゃっていることは信用した方がいい。
    アベノマスクの言うことは信用する必要は全くない、そういうことで一つ話を進めていただければいいと思います」と語った。

     
    また、昨年夏には、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の尾身茂副座長も同番組に出演していたことを紹介。

    2人のインタビューは聞くに値するとして、近く再放送することを予告した。
    https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020041802100040.html


    https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/images/PK2020041802100166_size0.jpg




    所長見解:は?・・・


    【【あの人は今】久米宏さん「アホのアベノマスク(安倍首相のこと)が7割とか言ってるがこれは馬鹿の骨頂」(本文ママ)←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ