ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    モーニング娘。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元「モーニング娘。」のタレントの加護亜依(31)が24日付で所属事務所とのマネジメント提携契約を解除されたことが分かった。

    株式会社アルカンシェル代表・中野尚美氏が25日、自身のブログで発表した。


    k


    「約3ヶ月程前から弊社(株)アルカンシェルと加護亜依はマネージメント提携契約上、弊社としてはどうしても合意できない点があり、話し合いを重ねて参りました。
    結果、マネージメント提携契約を昨日24日付で『契約解除』致しましたことをご報告させていただきます」とした。


    「かれこれ弊社が窓口になり、約4年の間にどうにか加護亜依を以前いた場所に少しは戻せたかな?と思っております。
    そして今回、手を離すことにいたしました。
    苦渋の決断でした。
    今後は女性として母として『人間力、社会性』を更に学び、大人としての成長を切に願っております」

    「プライベートでは、変わらず見守って参ります」とつづった。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16979032/
    スポニチアネックス

    所長見解:なにが・・・


    【【悲報】加護亜依、契約解除 ←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    AbemaTVで元モーニング娘。でタレントの矢口真里と元お笑いコンビ巨匠の岡野陽一がMCを務める『矢口真里の火曜The NIGHT』が放送され、第一子の出産が間近に迫った矢口が、生まれてくる赤ちゃんの名前について言及した。


    y


    「いよいよXデーが……」と間近に迫った矢口の出産の話に岡野が触れると、「あと2か月ぐらいだね。はっきりしたことは言えないので、夏の終わりごろとは言っているんですけど」と、おおよその出産時期を告げた矢口。

    すると岡野は「名前とかも本格的に(決まった)? これでいきましょうみたいな」と、矢口に問いかけた。

    「男の子って可能性が高くて」と子どもの性別がほぼ分かっていると答えた矢口は「だからもう、1つだけに名前を絞りました」と嬉しそうに続けた。

    さらに「うわー! 楽しみだ!」とテンション高めに応じた岡野に対して矢口は、旦那さんが“これがいいな”といった名前は「(姓名判断で)画数を調べたらめちゃくちゃ良かった。
    すごい幸せになる画数だった」と、命名のエピソードまで明かした。

    ただその名前について「なかなか渋い(名前)ですよ。50代男性ぐらいの名前」と前置きすると、「学校とか病院とかで、読めない人はいない漢字。
    みんなが読める漢字にした」と、決め手となった理由についても語ると、大爆笑した岡野に命名のヒントを次々に提供。

    楽しそうな岡野は「絞り込まれてきた」と上機嫌そうだった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16735300/

    所長見解:もうね・・・
    【【朗報】矢口真里さん、子どもの名前がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    立憲民主党の比例代表で参院選(7月4日公示、21日投開票)に立候補する「モーニング娘。」元メンバーの市井紗耶香氏(35)が29日、東京・恵比寿で「憧れ」という蓮舫副代表(51)らとともに初の街頭演説を行った。


    m


    蓮舫氏と同じく、黒のインナーの上に白いジャケットというコーディネート。

    やや緊張した面持ちで表情でマイクを握り、「この度、立憲民主党の比例代表で参院選に挑戦させていただくことになりました市井紗耶香です」とあいさつした。

    「14歳から2年間、モーニング娘。として活動した」とアイドル時代に触れつつ、2~14歳の4人を育てる子育て世代の1人として現状を説明。

    働きながら子育てする母親の心身の負担や経済的負担が大きいとし「このような問題を社会全体で考えて変えていきたい」と訴えた。

    終了後、“蓮舫コーデ”について「何も打ち合わせはしていない。
    白は普段着たことがなく、もの凄く新鮮で身が引き締まる思いです」と説明。

    “デビュー戦”で「長女は12歳…」と言い間違える部分もあるなどスピーチにも緊張感がにじみ「(タレント活動の)ステージとは全く違う緊張感ですね」と振り返った。

    今後は子育てを両立させながら、比例代表としての活動を本格化させる。

    この日は同党から東京選挙区で出馬する元都議の塩村文夏氏(40)も市井らと肩を並べてマイクを握った。


    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/29/kiji/20190629s00041000261000c.html

    恵比寿駅の街頭で初の演説を行った市井紗耶香氏。
    憧れの蓮舫氏とそっくりの白ジャケット、黒のインナーを着用して臨んだ

    画像①

    画像②

    所長見解:あれやね・・・


    【【悲報】立憲民主党・市井紗耶香氏、初の街頭演説ファッションがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元モーニング娘。の辻希美と加護亜依のユニット「W(ダブルユー)」が、6月26日放送の「テレ東音楽祭2019」(テレビ東京系)に出演。

    2人そろって歌番組に出るのは13年ぶりとあって、ファンを大いに喜ばせた。

    久しぶりでも2人の息はピッタリ。

    加護は27日のブログで〈13年のブランクは色々とありますが でも、息はぴったりな所 自分達でも「さすが私達」と思える不思議〉と心境を明かした。


    w


    だが、息はぴったりでも、ルックスのほうは足を揃えてとはいかなかったようだ。

    「2人の老け込みようがあまりに違っているため、ファンがざわつく事態になってしまいました。
    放送でも差が指摘されていましたが、加護のブログや辻のインスタで舞台裏の写真が公開されると、その声はより強くなっています」(芸能ライター)

    辻は6月27日にブログとインスタで写真を公開。

    特にこの写真が反響を呼んだ。

    「辻はいつもの辻なんですが、加護は顔がげっそりし、ほうれい線も目立って見えるんです。
    決して加護が老けたというわけではなく、年相応なんですが、辻と並ぶと差が際立ってしまいます。
    一部の心ない人からは、『辻はあえて差が目立つ写真を選んで公開したのではないか』と下衆に勘ぐる声まで出ています」(前出・芸能ライター)

    その後、27日17時すぎには新たな写真を公開。

    2人が変顔をしているショットで、こちらは好評。

    今後も2人で活躍を続けてほしいものだ。  


    画像①  


    http://dailynewsonline.jp/article/1898334/

    所長見解:仕方ないね・・・

    【【元モー娘】辻希美と加護亜依の老け方問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 吉澤ひとみ「飲酒ひき逃げ」も〝今秋シレっと〟芸能界復帰計画

    違法薬物の乱用、反社勢力とのズブズブ関係など、ドン引きの事案が続く芸能界の中では、元『モーニング娘。』メンバーの各不祥事など、さして驚く話ではない。

    古くは加護亜依の喫煙騒動、グループを辞めてからのDVと妊娠問題。

    最近では〝ゴマキ〟こと後藤真希が元カレと不倫。

    夫であるA氏が元カレを相手取って330万円の損害賠償請求。

    結局、和解勧告され、金銭は生じないという恥のような訴訟結果となった。

    しかし、何と言っても吉澤ひとみに限っては、完全な犯罪者だ。

    「加護や後藤が刑事罰かというと、やはり民事訴訟の域。
    例えば未成年の喫煙は問題ですが、それで鑑別所に入るということはない。
    一方、吉澤は単なる道路交通法違反というだけでなく、飲酒運転、人身事故、ひき逃げ…など、真っ黒な〝刑法犯〟です」(司法ライター)

    吉澤の事件を振り返ると、彼女が事故を起こしたのは昨年9月のこと。

    酒酔いで自身の車を運転。

    制限速度60キロのところを86キロで走行し、赤信号で交差点に進入。

    歩行者2人にケガを負わせ逃走という、恐ろしいほどの罪を犯している。

    「懲役2年、執行猶予5年は軽過ぎるのではないかの声も出たほど。
    しかし、有名人ということで社会的制裁をすでに受けたとの判断。
    幸いにも事故に遭った被害者は軽症で、判決前に示談成立。
    本人も反省を示しているなどの点が執行猶予の理由に挙げられます」(同・ライター)

    とはいえ、通行人が軽傷だったのは不幸中の幸いであり、偶然というだけの話。

    大甘判決なのは、今もネット上にアップされている〝事故の瞬間〟映像を見れば明らかだ。さらに、

    「吉澤は2007年に、実の弟を交通事故で亡くしています。
    だから厳罰にはしなかったという同情心理も働いたのだと思います」(朝刊紙記者)

    c


    ■ 芸能人特権フル活用

    吉澤は、この事故によって「引退」をほのめかしている。

    しかし、それは怪しいという。

    「例えばタレントの坂上忍は、過去に泥酔運転で電柱に衝突。
    同乗者女性がいるのに逃げて御用となった。
    マトモにしゃべれないほどの酔いで、器物破損、現場逃走。
    そんな輩が最近、自身の司会番組『バイキング』では高齢者の免許について『もっと厳しく』など、自分を棚に上げて批判をしていますからね。
    こんな人間、テレビに出て免許を語る資格などないですよ」(芸能ライター)

    どんな大罪を犯しても、いつの時代も寛大なのが芸能界だ。

    「吉澤は、密かに芸能界復帰を画策していますよ。
    夫はIT企業の社長といいますが、吉澤の事故も影響してなのか、経営は苦しいようです。
    だから吉澤の復帰が回復の鍵にもなる。
    復帰は、事故から1年たった今年の秋といわれています」(同・ライター)

    麻薬をやっても飲酒事故でも復帰のできるのは、芸能人の特権。

    吉澤にはそれをフルに生かし、ガンバってほしいものだ。


    https://myjitsu.jp/archives/85922

    ▼画像
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2018/09/yoshizawa_hitomi.jpg 

    所長見解:無理やろ・・・
    【【飲酒ひき逃げ】元・モー娘。吉澤ひとみさん、驚愕の芸能界復帰計画がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ