メジャー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    阪神が、ソフトバンクを今季限りで退団した松坂大輔投手(37)の獲得を一時検討しながら見送っていたことが15日、分かった。

    球団首脳は「(球団内での議論は)終わった話です。プロ野球界のためには復活してほしい。甲子園で投げている姿を見たいとは思いますけど、他球団で」と説明。

    松坂サイドからオファーを受けた阪神は、今季、先発投手陣の駒不足に苦労。
    話題性も考慮した上で検討も、最終的には若手育成の球団方針を貫いた。

    m


    松坂は米大リーグのメッツからFAとなった14年12月、ソフトバンクと3年総額12億円の大型契約を結んで日本球界に電撃復帰。
    しかし、度重なる右肩痛に苦しむなど、1軍での登板は3年間で中継ぎによる1試合のみだった。

    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171215-OHT1T50222.html


    所長見解:もう無理じゃない・・・
    【【引退寸前】松坂大輔、阪神にも見限られるってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    プロ野球・日本ハムからポスティングシステムで大リーグ・エンゼルス入りが決まった大谷翔平投手(23)が日本時間の10日、ロサンゼルス郊外にある本拠地エンゼル・スタジアムでファン公開の入団会見を行った。

    大谷は背番号「17」の真っ赤なユニホームに袖を通し、「ハイ、マイ・ネーム・イズ・ショウヘイ・オオタニ」と英語会見をスタート。
    ユーモアを交え30分以上にわたって会見した。

    「日米の報道陣250人、ファン1000人以上を集めた入団会見だが、球団の期待はかなり大きい。プレーもさることながら、現地に莫大な“経済効果”をもたらすことは確実。
    来年の春先まで現地は“大谷フィーバー”になりそうだ」(プロ野球担当記者)

    s


    当然、日本のスポーツニュースも現地の大谷を大々的に追いかけることになりそうだが、そこで激化しそうなのが、美人女子アナたちによる“争奪戦”だというのだ。

    「局アナたちを押しのけて真っ先にはせ参じそうなのが『スポーツLIFE HERO'S』(フジテレビ)を担当するカトパンこと加藤綾子アナでしょう。
    以前は大リーガーのダルビッシュ有に接近し玉砕した苦い過去もありますが、大人の色気でメロメロにしそう。
    既婚者ですが、NHKは『サンデー・スポーツ』の杉浦有紀アナの投入は確実。
    推定Gカップの“メロン〇”が武器です。
    となると、テレビ東は『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』の曜日キャスターをつとめる“インテリ巨〇”の鷲見玲奈アナでしょう。
    フジは当然、大谷と同郷で『めざましテレビ』のスポーツキャスターをつとめる久慈暁子アナをあてがうはず。
    久慈アナが大谷と“中出し婚”でもしてくれれば幹部も万々歳のはずです」(民放キー局のスポーツ班スタッフ)

    しばらく、大谷の周囲は美女アナたちの“ハーレム状態”になりそうだ。

    http://wjn.jp/article/detail/4660938/


    所長見解:超玉の輿だもんね・・・
    【【球界至宝】大谷のメジャー移籍で激化しそうな美人女子アナたちによる争奪戦ってよwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アストロズ・グリエルに人種差別行為か、米複数メディアも速報

    27日(日本時間28日)にミニッツメイド・パークで行われたアストロズとドジャースのワールドシリーズ(WS)第3戦で、アストロズのユリエスキ・グリエル内野手に人種差別行為の疑惑が持ち上がり、現地で大きな波紋を呼んでいる。

    この日の試合はドジャースの先発を託されたダルビッシュ有投手が4点を失って2回途中にKO。
    その後、マウンドに上がった前田健太投手が2死二、三塁のピンチを切り抜けると、2回2/3を無失点に抑える好救援を見せて相手打線を食い止めたが、打線の反撃も及ばず、ドジャースが3-5で競り負けた。 

    この一戦でアストロズの「5番・一塁」でスタメン出場した元DeNAのグリエルはダルビッシュから2回に先制ソロを放つなど2安打1打点と活躍。
    しかしその裏でダルビッシュに対する行為が問題視された。 

    現地で速報したのはドジャースの地元紙「ロサンゼルス・デイリーニュース」電子版。
    「ビデオ アストロズのユリ・グリエルはユウ・ダルビッシュに対して人種差別のジェスチャーをしたのか?」との見出しで伝えた特集では「グリエルはダルビッシュを侮辱するとみられるジェスチャーをホームランの後でしたことがカメラで捉えられている。
    あなたはどう思うか?」とレポートした。 

    記事とともに掲載された動画の中では、グリエルがダウアウトのベンチに腰をかけて同僚と談笑しながら、一瞬、両目尻を引っ張るような動作を見せている。
    この行為がアジア系の人々に対する人種差別とされるジェスチャーとして問題視される結果となった。 

    d


    そのほか米紙「USAトゥデー」電子版、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」なども「ユリ・グリエルが第3戦のホームランの後、人種差別のジェスチャーでダルビッシュを侮辱したように見える」と速報。
    現地で波紋を広げている。 

    ツイッター上でもグリエルのジェスチャーに対しては批判が沸き起こっている。
    2014年にDeNAでプレーしたこともあるグリエルは昨季途中にアストロズと契約してメジャーデビューを果たすと、今季チームのワールドシリーズ進出に大きく貢献。
    この試合でもチームを支えるプレーを見せていただけに、この騒動が今後にどのような影響を及ぼすのか気になるところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00090214-fullcount-base

    no title


    所長見解:出場停止かな・・・
    【【全米波紋】元横浜グリエル、ワールドシリーズ第3戦中にダルビッシュに人種差別行為ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    高校野球で歴代最多の通算111本塁打を放った早実の“怪物スラッガー”清宮幸太郎内野手(3年)が22日、東京・国分寺市内の同校で会見し、プロ志望届の提出を表明した。
    10月26日に行われるドラフト会議の超目玉。
    史上最多の9球団以上の競合が予想されるが「12球団OKか」との問いには言葉を濁す場面もあった。
    指名球団によっては入団を拒否するケースもあるのか。
    早実と早大、清宮家にも近い関係者が内情を明かした。

    「私、清宮幸太郎はプロ野球志望届を提出することに決めました。
    野球に関しては目の前の目標や手の届く夢をかなえることに幸せを感じてきました。
    小さいころは試合に出れる喜び、ライバルとの対決に心が躍り、負ける悔しさを学ぶ普通の野球少年でした。
    しかし、年を重ねるごとにひとつずつ自分のステージが上がっていくことを実感し、ここ早実野球部の3年間で次の大舞台で挑戦するべきだという確信に至りました。
    プロの世界の厳しさは十分理解しているつもりですが、より高いレベルに身を置き、鍛錬し、努力することで、目の前の目標を一つひとつクリアしていきたいと思っています」

    k


    清宮は自らの決断を確認するようにゆっくりと話した。
    決め手については「昔からの夢でもありましたし、より高いレベルで野球をやりたかったので。野球に集中できる環境を選びたいということでプロを選びました」と自らの意志であることを強調。
    「自分の夢はメジャーで活躍することだけど、プロの世界は厳しいので簡単には口にできないと思っている。それでも小さいころからの憧れ。一つひとつ目の前のことをクリアしていくことで、夢につながっていくという確信がある」とあらためて将来的なメジャー挑戦の意志を明言した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000031-tospoweb-base 


    所長見解:ドラフト楽しみだね・・・
    【【超高校級】清宮「意中球団」以外なら入団拒否 早大入学、浪人→米留学も視野ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「出力を上げるという意味では問題なかったんですけど、制御することができなかった。
    課題が残る内容でした。反省を次に生かせるよう、しっかりと調整していきたい」

    日本ハムの大谷翔平(23)が登板後、こう言った。

    12日の対オリックス戦。
    今季初の一軍マウンドは1回3分の1を投げて2安打、2奪三振、3四球、4失点とボロボロだった。

    ネット裏にはメジャースカウトがズラリ。
    ドジャース、レンジャーズ、レッドソックス、ツインズに加え、ヤンキースのスカウトも姿を見せた。

    「ヤンキースのスカウトは10日から今回の3連戦をチェックしている。
    なので大谷が10日、DHでスタメン出場した試合も見ています。
    今オフにもメジャー移籍の可能性があるだけに、ケガの回復具合を確かめにきたのでしょう。
    どの程度、動けるようになったのか判断しているのです」

    と、さる代理人関係者がこう続ける。

    「他球団のスカウトもだいたい似たような目的ですよ。
    この日の大谷は球数も29球だし、言ってみればメジャーのスプリングトレーニングで初めて投げたようなもの。
    制球が定まらずに4失点だろうと、結果自体はまったく問題ない。
    オフに右足首の手術が必要? だからといってメジャーの大谷に対する評価が下がるわけではありません」

    ■無意識に右足をかばうしぐさ

    押し出し四球があろうと高い評価に影響はないというのだが、この日の大谷の投球を見たメジャーのあるスカウトは、「ただ、ちょっと気になる点はありましたね」と、こう言った。

    「大谷はそもそも立ち上がりの悪いピッチャーです。
    30球の制限がある中で、ベストの投球をしろというのが無理な話でしょう。
    おまけに今季初登板。
    予定の球数を無事に投げ終えただけでよしとすべきだと思いますね。
    気掛かりなのは投げるときに軸足、つまり右足を気にしている点。
    無意識かもしれませんけど、かばっているように見えたのです」

    大谷は昨年の日本シリーズの最中に右足首を痛めた。
    それが原因で3月のWBCを辞退。
    野手として全力疾走できない状態で開幕を迎え、左太もも肉離れまで患った。
    その結果、約2カ月間、離脱を強いられた。

    左太ももを痛めた前回の轍を踏まないよう、今回は大事を取った上での復帰らしいから、大谷の両足は周囲が想像する以上に回復しているに違いない。

    すでに全力疾走だってやろうと思えばやれるくらいの状態なのだろうが、「無意識のうちにかばう」しぐさが見られるのは「危険な兆候」だと前出のスカウトがこう言った。

    「右足をかばっているように見えるのは、軸足でマウンドを蹴る力が不十分だということ。下半身のパワーが十分、ボールに伝わっていないわけで、いきおい、上半身で補おうとしがちです。
    これまで以上に肩や肘に負担がかかるわけで、この時期に肩肘を痛めたら、それこそ大問題。
    大谷の評価はガクンと下がる可能性すらあります。
    高校時代から現在に至るまで、肩肘に大きな故障をした経験がないのは彼の大きなセールスポイントですから」

    投打の二刀流への復帰は、これまで以上に慎重を期す必要がありそうなのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000014-nkgendai-base

    no title


    所長見解:大事に大事に・・・
    【【球界の至宝】日ハム大谷に評価急落の危機 米スカウトが“危険な兆候”ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ