ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:ミュージシャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のASKA(59)が21日、「プライバシー」と題し自身のブログを更新し、「週刊文春」の不倫疑惑報道に端を発し引退を表明した小室哲哉(59)への思いをつづった。

    s


    ASKAはブログで「『有名人(芸能人)に、プライバシーはない』」と、言いのけるコメンテーターや、芸能レポーターがいます。僕にだって、知られて欲しくないプライバシーなら、『ひとつ、ふたつ、ああ、いっぱい』あります」と前置きした。

    その上で「今回の『小室』の件。倫理、道徳を、もちだされると、僕同様、『申し訳ありません』と、いうしかありませんが、僕とは違って、小室の行為は犯罪ではありません。
    あれを報じたゴシップ紙は、それで利益を得ようとしました。
    他人のプライバシーで、利益を得ようとする。これは犯罪なんです。
    僕は、奥様の介護で、どれだけ小室が頑張ってきていたのか知っていますので、世の中から、悪人のように見えるように仕立てあげ、それで利益を得ようとしたゴシップ紙を訴える権利が小室にはあると思っています」と示した。

    さらに「今回、それによって引退を決意した小室。
    テレビでは、『なぜ、引退なのかわからない』と、また、小室をかばいながら、『引退』と、いう選択に矛盾を唱えている光景を見ましたが、僕には、わかる。
    僕は、小室に一生の恩を感じてます。
    あいつが、僕のロンドン行きの背中を押してくれたのです。
    『ASKAさんなら、やれるよ。』僕は、その一言が勇気となり、ロンドンに住むことを決意しました。僕は、小室と会うたびに、感謝を伝えています」と小室との交流を明かした。

    その上で「『引退・・・』僕にはわかる。『他人のプライバシーで利益を得る』もう一度言いますが、これは、犯罪なんです。今回の小室の『引退』は、世の中へ、『気づき』『問いかけ』を、しました。
    そして、小室のファンの方へ。
    小室のような大天才は、そうそう出てきません。
    また、小室自身も音楽を通して『自分の使命』を、誰よりもわかっていると思います。
    僕は、小室への恩義から彼寄りに発言しているわけではありません。
    本日のエントリーに関しては、ずいぶん迷いましたが、小室を応援しているファンの方々へ言いたかった。
    大丈夫。小室は、必ず戻ってきます。戻ってこなくてはならない音楽家ですので。
    判断は、『今』の判断です。いつか、また、戻ってくる『今』の判断を迎えるときが来ます。
    『引退』と、いう言葉に対して、『復帰』と、いう言葉が、ちゃんとあります。
    なんの矛盾もない」と小室のファンへメッセージを送った。

    最後に「今の僕が、このようなことを発言することで、バッシングもあるでしょう。
    でも、そんなのはどうでもいいんだ。小室、少し休めな。
    お前が音楽を止めることなんてできないんだから。
    また、朝まで音楽を語ろう。『ふたり』と、いう世間の中で音楽の未来を語りましょう」と小室ヘ呼びかけていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000065-sph-ent


    所長見解:優しいな・・・
    【【小室引退】ASKA、「小室に一生の恩を感じてます」「また、朝まで音楽を語ろう。」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    川谷絵音「病的なのは週刊誌でなく世間」

    k


    ゲスの極み乙女。の川谷絵音(29)が19日夜、ツイッターに新規投稿し「病的なのは週刊誌でもメディアでもない。紛れも無い世間。」と記した。

    これに先立つ投稿では「友達も減ったし関わる人も減ったけど、音楽は何も変わらず僕のそばにいる。作った音楽はずっと残る」とツイートした。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/19/0010912676.shtml 


    所長見解:おまいう・・・
    【【ゲス不倫】川谷絵音「病的なのは週刊誌でなく世間」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉川晃司、尾崎豊さんと酔いつぶれて女子高生から説教された

    ミュージシャンで俳優の吉川晃司(52)が25日放送のNHK総合「ごごナマ」(月~金曜・後1時5分)に出演。
    尾崎豊さん(享年26)と一緒に酔いつぶれていたところ、女子高生から説教を受けた過去があることを明かした。

    z


    尾崎さんとよく飲みに行っていたという吉川。
    ミュージシャン仲間が集まるバーで一緒に飲んで帰る際、その店の階段を上がっていったところにゴミ収集袋が積んであった。
    夏場だったため、ビニールで出来ているゴミ袋はひんやりと冷たく、その気持ち良さに酔っていた2人は眠り込んでしまったという。

    起きたら朝。
    そのゴミ集積場の隣はバス停で、何人か並んでいた。
    当時も人気を博していた2人だったが、キャーキャー騒がれながらもその中の女子高生らから「はずかしいから起きて下さい」「みっともないから起きた方がいい」などと説教を受け、すごすごと帰路についたと明かした。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171225-OHT1T50079.html 


    所長見解:すごい二人だよね・・・
    【【思い出話】吉川晃司、尾崎豊さんと酔いつぶれて女子高生から説教ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優で「創作あーちすと」、最近は歌手としても活躍中の、のんが元旦にリリースする新シングル「RUN!!!・ストレート街道」のジャケット写真と予告映像が12月19日に公開された。
    昔と変わらぬ可愛らしさを披露しているが、さらに“艶っぽ要素”も加わったことで大いに注目を集めている。

    「今回の映像にはのんが陸上のトラックを走るシーンがあります。
    ピンクのキュートなトレーニングウェアで走っており、彼女の胸が上下に激しく揺れているのがわかるものなんです」(週刊誌芸能担当記者)

    映像を見てみると、彼女の胸は控えめで決して豊かではないものの、ぶるるんと上下に揺れているのがよくわかる。
    スローモーションのシーンもあり、たっぷりと胸揺れを堪能できる。
    トラックに倒れ込んで、あわや胸の渓谷が見えそうになってしまうカットも用意されている。
    彼女のファンにはうれしいクリスマスプレゼントになった。

    「胸もいいんですが、トレーニングウェアから飛び出したナマ脚もたまりません。
    真っ白で細いんですよ。
    彼女はこれまで艶っぽさを利用することは、ほとんどなかった。
    それがここに来て急な方針転換をした形です。
    2018年には独立騒動から3年が経過しますから、復活に向けてなりふり構っていられないということでしょう」(前出・週刊誌芸能担当記者)

    となれば、いずれは女優として大胆な艶シーンも挑戦することも期待できそう。
    そんなことまで想起させるなかなか攻めた動画だったのだ。

    http://www.asagei.com/excerpt/95319

    新SG『RUN!!!』ジャケ写 
    no title

    【のん】2nd Single『RUN!!!・ストレート街道』ティザー
    https://www.youtube.com/watch?v=zh3jpkixJ44



    所長見解:あまちゃん・・・
    【【能年玲奈】のん、禁断の「胸揺らし動画」公開ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    演出家のテリー伊藤が夢の印税生活を目指し、奮闘する自身の姿を収めたドキュメンタリー映画「10億円稼ぐ」(11月20日東京で公開)をPRするため東京都内で学生向けセミナーを開催。
    ゲストの「THE 虎舞竜」の高橋ジョージが、作詞作曲した「ロード」で印税16億円を
    稼いだと明かし、会場はどよめいた。

    j


    1993年発売の曲は220万枚を売り、高橋は印税をなんと2年で使い切ったそうだが「皆さんがカラオケで1回歌うと7円入りますし、今も年間1200万円ぐらい、黙ってても入ってきます」。
    何でもないようなことが幸せだったと思うと歌った曲は、とんでもない印税を生み出していて、テリーも降参。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/09/15/kiji/K20100915Z00000150.html


    所長見解:一発当てるとすごいね・・・
    【【印税生活】虎舞竜 高橋ジョージ「ロードで今も年間1200万円ぐらい黙ってても入る」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ