ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:ミュージシャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    矢沢永吉、『BG』最終回本人役で出演 木村拓哉「説明のいらない説得力」に感謝


    歌手の矢沢永吉が、木村拓哉主演のテレビ朝日系木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』の最終回(15日 後9:00~10:09)に本人役で出演することがわかった。
    木村たっての願いがかなって、共演が実現。
    矢沢が快く引き受けたことに、木村は「アーティストの方が、ご自身の役そのままでドラマに出演される、って難しいことだと思うので…」と感謝しきりだ。

    武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“民間ボディーガード”を題材にした本作。
    物語は、第7話で凶弾に倒れた日ノ出警備保障・身辺警護課課長の村田(上川隆也)を巡る証拠が隠蔽(いんぺい)され、あろうことか「出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をした」と非難される事態(第8話)に。
    最終回では、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田ゆり子)が事件の真実を語るのか否か、それに対して警視庁SPの落合(江口洋介)はどう動くのか、そして章(木村)たちは村田の汚名をそそぐことができるのかなど、怒とうの展開に終止符が打たれることになる。

    そんな中、章たちに超VIPから警護依頼が入る。
    それが、日本を代表するロックミュージシャン・矢沢永吉。
    矢沢と木村の共演シーンは、早朝の東京・日本武道館で撮影され、約600人ものエキストラを動員して行われた。
    事前に何も知らされていなかったエキストラは矢沢の登場に驚き、大歓声が上がった。
    木村は矢沢を迎えると、ガッチリと握手。
    その後も時折、楽しそうに談笑する様子なども見られ、和やかな雰囲気で撮影は進んだ。

    木村は「矢沢さんにご出演いただき、撮影場所も日本武道館という最高のシチュエーション。
    その“説明のいらない説得力”と現場の熱気がきっと画面からも伝わってくると思います。
    矢沢さんにご出演いただくシーンは、日ノ出警備保障の身辺警護課は着実に前に進んでいて、『今はこんな仕事をしているんですよ』ということを視聴者の皆さんにお届けする、びっくり箱のようなワンシーンになっているのではないでしょうか…。
    ぜひ、楽しみにご覧ください!」とコメントを寄せている。


    ■最終話あらすじ

    発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田五郎(上川隆也)。
    唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。
    「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く島崎章(木村拓哉)ら。
    しかし決してあきらめることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した立原愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。

    証拠も隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ。
    愛子の申し出を受けた章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をすることに…。
    しかし、そのことによって章たちの身にも危険が迫る。
    その頃、SPの落合義明(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に「みずから事件の処理をする」と宣言。
    驚きの行動に出る。

    高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして章――。
    亡くなった村田と身辺警護課の名誉を懸けた最後の戦いの行方は…!?


    木村拓哉が矢沢永吉のボディーガードに!
    『BG~身辺警護人~』最終回(3月15日放送)で共演が実現(C)テレビ朝日

    no title

    https://www.oricon.co.jp/news/2107415/full/


    所長見解:毎回すごいな・・・
    【【キムタクドラマ】矢沢永吉、『BG』最終回に本人役で出演するってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    我々を騙くらかして喜ばすような、その先にあるのが何かってったらカネやカネ!
    金儲け金儲け金儲け!って考える、ところが我々音楽始めた時は金なんか関係無かったです、誰かにこの思いを伝えたい!
    その一瞬に全てを賭けてきた、僕はそれを貫き通すよ。

    n


    オールナイトニッポンにて


    所長見解:剛・・・
    【【強烈批判】長渕剛「AKBだか何KBだか分かんないけどさ(笑)あんなもんばかり生産し続けてね」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手の石井竜也(58)が9日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。
    自身のバンド「米米CLUB」の解散理由について、「金のぶんどり合いですね」と、ぶっちゃけた。

    kc


    自身の紹介フリップの中で「82年に米米CLUBを結成。
    92年に「君がいるだけで」が289万枚の大ヒットも97年に解散」と紹介された石井だが、解散理由を聞かれると、「(メンバー間の)金のぶんどり合いですね。
    当時はメンバーがハゲタカに見えました」と共演者も思わずどん引きする過激発言。

    「どうやって、メシを食っていくかみたいな話になっちゃった。
    僕はバンドで一番大事なものはチームワークだと思っていたけど、曲を作る時に順列ができちゃって良くなくなった。
    俺は金よりチームワークを選んだということです」と率直に打ち明けた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000188-sph-ent

    所長見解:懐かしいね・・・
    【【壮絶暴露】米米CLUBの解散理由は「金のぶんどり合いですね」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2014年に結婚した歌手の中島美嘉(34)と男子バレーボール元日本代表の清水邦広(31)が2日に離婚したことを3日、正式発表した。
    清水が自身のツイッターに文書をアップし「この度、私たちは2月2日に離婚届を提出しましたので、ご報告させていただきます」と連名で報告した。

    「2人でしっかり話し合いを続けてきた結果、別々の道という選択肢がお互いの将来のために最善であると考えました」と説明。
    「東京と大阪でのそれぞれの生活が多く、家族としての時間を作ることが難しかったですが」と遠距離生活の難しさを理由に挙げ「これまで一緒に過ごした時間はかけがえのないものですし、感謝しています。
    今後もお互いに夢を追いかけ、お互いの人生を応援していきたいと思います。
    皆様これからもよろしくお願いいたします。清水邦広 中島美嘉」とした。

    n


    2人の離婚は2日、明らかに。
    スポニチ本紙の取材でも、離婚原因となったのは2人の距離。
    中島が東京を拠点に歌手活動する一方、清水は大阪を拠点とするパナソニック・パンサーズでプレーしている。
    結婚前から遠距離恋愛だったが、結婚後も中島が東京と大阪を頻繁に行き来。
    2人の愛の巣として大阪に借りたマンションで、清水の選手生活をサポートしてきた。
    ただ、中島も音楽活動で多忙なため、完全に同居することは最後までできなかった。

    出会いはバレーボール観戦が好きな中島の一目ぼれがきっかけ。
    11年夏頃に交際を開始し、14年のクリスマスに結婚した。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000083-spnannex-ent


    所長見解:ラブラブだったのにね・・・
    【【遠距離婚】中島美嘉が離婚を正式発表ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ET―KING」いときんさん死去 38歳 昨年8月肺線がん公表

    大阪を拠点に活動する人気ヒップホップグループ「ET―KING」のリーダー、いときん(本名・山田祥正=やまだ・よしまさ)さんが31日、大阪府和泉市内の病院で死去した。38歳。兵庫県三田市出身。
    昨年8月にステージ4の肺腺がんであることを公表し、治療に専念していた。

    k


    「ギフト」「愛しい人へ」などのヒット曲を持つ浪速のブルースマンが病の前に力尽きた。関係者によると、1月中旬に夫人に心臓の痛みを訴えて病院に緊急搬送されたという。
    心臓に水がたまっており心肺停止の状態で、30分間の心臓マッサージで一時持ち直したものの、意識が戻らず家族が看護を続けていた。

    いときんさんは昨年6月の定期健診で異常が見つかり、7月に細胞検査を受けたところステージ4の肺腺がんと診断された。
    本人に自覚症状はなかったが、脳とリンパ節への転移も判明。
    8月に病気を公表した。
    抗がん剤治療は受けず、自宅療養などを続けていた。
    最近は免疫力を上げるため体力づくりにも励んでいたという。

    ET―KINGは、これまでになかった関西弁を使ったヒップホップで人気を博した。
    いときんさんはメインライターの一人でもあり、リーダーとしてグループを引っ張った。
    入院後も病室に音楽機材を持ち込んで曲を作った。
    4月25日発売の新アルバム「LIFE」で全曲のレコーディングに参加しており、闘病中も音楽への情熱を燃やし続けた。

    豪傑で酒豪、おとこ気にあふれる一方で、繊細で情に厚いことでも知られた。
    知人は「曲作りに強いこだわりがあった。歌詞の一つ一つに哲学があった。すてきな曲をもっと世に出してほしかった。本当に残念です」と肩を落とした。

    昨年12月28日に大阪で行われた全国ツアー最終公演が最後の公の場となった。
    1500人のファンを前に「力もらえました、生きるで。ありがとう」と感謝を口にしていた。
    音楽関係者は「あまりにも突然のことでショックだ。ライブに出たのはどうしてもファンに気持ちを伝えたかったのだと思います」と話した。

    99年にデビューしたET―KINGは2014年4月に活動を休止。
    同年9月には、上原多香子(35)の夫だったメンバーTENNさんの自殺という悲しみに見舞われたが、それを乗り越え、15年にメンバー6人で活動を再開していた。

    ◆いときん(本名山田祥正=やまだ・よしまさ)1979年(昭54)3月3日生まれ。
    兵庫県三田市出身。旧芸名はイトキン。
    高校卒業後、97年に大阪の福祉専門学校に進学。
    99年に大阪でTENNさん、KLUTCHとET―KINGを結成。
    その後にBUCCI、センコウ、DJBOOBY、コシバKENが加入した。
    2007年の「愛しい人へ」はデジタル配信で100万ダウンロードを突破するなど大ヒットとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000004-spnannex-ent


    所長見解:若いよね・・・
    【【残念訃報】「ET―KING」 "いときん"さん死去 38歳ってよ・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ