ミュージシャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    yuiが再婚&妊娠 30代ジムトレーナーと今月中にも 来年2月3児のママに

    シンガー・ソングライターで4人組バンド「FLOWER FLOWER」のボーカルのyui(31)が再婚することが31日、分かった。

    y


    関係者によると、お相手はスポーツジムでトレーナーとして働く30代の男性。
    昨年末に共通の友人を通じて知り合い、交際に発展。
    yuiは妊娠しており、まもなく安定期に入り来年2月頃に出産予定。
    今月中にも婚姻届を提出する。

    2人の知人は男性について「スポーツマンらしく爽やかで誠実なタイプ」と説明。
    同居はこれからで、挙式や披露宴は未定という。

    15年3月に建築関係の会社に勤める同年代の男性と結婚し、同8月に双子の男児を出産したが、昨年8月に離婚した。
    3歳の息子たちの子育てをしながら、今年3月から「FLOWER…」として初の全国ワンマンツアーを成功させるなど精力的に活動している。

    05年にYUI名義でデビュー。
    キュートなルックスと力強い歌声で同世代の若者を中心に人気を集め、12年にはNHK紅白歌合戦に初出場。
    翌年、yuiに改名し、尊敬する音楽仲間と「FLOWER…」を結成。
    14年にパニック障害を告白し活動をセーブした時期もあったが、新たなパートナーと出会い、第3子の妊娠という私生活の充実がパワフルな音楽活動を支えているようだ。

    今月3日から香川県などでツアーの追加公演を行う。
    ファンに向けた喜びの生報告もありそうだ。

    ◆yui(ゆい) 本名非公表。1987年(昭62)3月26日、福岡県出身の31歳。05年にシングル「feel my soul」でデビュー。
    翌年、主演映画「タイヨウのうた」で女優デビューし、主題歌「Good―bye days」も担当。
    その後「CHE.R.RY」「again」などが大ヒットした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000002-spnannex-ent


    所長見解:見ないね・・・

    【【あの人は今】 yuiが再婚&妊娠ってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    蛯原友里が、都内で開催された新商品&サービス「リンククロス ピンク」記者発表会に出席。
    家族との仲睦まじいエピソードを披露した。

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が提供する同サービスは、無解約返戻金型女性用がん診断保険で、万が一がんになった際の経済的負担をサポートするというもの。
    乳がん検診受診の促進も目指している。

    同サービスの概要を聞いた蛯原は「心強いですよね」とコメント。
    「病気になる前からきちんとした情報を身に付けておくと、早期発見にもつながる。(自分も)日ごろから意識していけたら」と語った。

    ここで、蛯原は正しい“乳がん”の知識を得るべく、昭和大学医学部の明石定子准教授を招きクイズやレクチャーを受けることに。

    「“乳がん”は何人に1人の割合?」という3択の設問に、蛯原は「11人に1人」と回答して見事に正解。
    明石先生は「年間9万人が発症している」と言い「早期発見すれば、治りやすいがんでもある」と、日ごろのチェックの重要性を説いた。

    続いて、セルフチェックの方法を知ろうと、触診キットを使って体験した。
    明石准教授は人形を使って「生理開始から10日後くらいにチェックしてください」と説明し
    「指の腹で圧力をかけて『しこり』を探しましょう」とレクチャーした。
    実際に体験した蛯原も「慎重にやると絶対に分かるもの。簡単にチェックできます」と感想を述べていた。

    最後に、家族に向けたメッセージを送るよう依頼された蛯原は「これからもずっとそばに」とフリップに書いた。
    「振り返ってみると、寂しいときや辛いときに、大切な人がずっとそばにいてくれた」と振り返り「私もそんな人に“ありがとう”という感謝と、これからも健康で幸せでいてほしいな」との思いで書いたと語った。

    イベント終了後、代表質問に答えた蛯原。
    夏の思い出を問われると「息子とママ友と、ママ友の息子と4人だけで箱根に旅行に行った」と返答。
    「パパ(RIP SLYME・ILMARI)がいなくて大変だった」と前置きした上で、夜にはママ友と“ママあるある”トークで盛り上がったと笑顔で明かしていた。

    「リンククロス ピンク」は8月29日(水)より発売予定。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15217533/

    no title


    所長見解:長いよね・・・

    【【エビちゃん】蛯原友里、夫・RIP SLYME・ILMARIとの円満ぶりがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ASKA(60)をインタビューした。
    1979年のデビュー以来、スポーツ紙の単独インタビューを受けるのは初めてという。
    覚醒剤事件のことやプライベートについてどこまで聞かれるか不安はあったと思うが、冒頭からサッカーW杯の話題で盛り上がり、表情は緩みっぱなし。
    事件や私生活のことを自分から切り出すなど、全てをさらけ出してくれた印象だった。

    r


    音楽の話題は熱が入った。
    高音質の「ハイレゾ音源」を普及しようと、昨年10月に立ち上げたのが音楽配信サイト「Weare(ウィアー)」。
    一般的に1曲500円以上するハイレゾ音源を、安価な280円で配信することで広めようとしているが、狙いはこれだけではない。

    音楽の聴き方がCDから配信、配信から定額聴き放題の「ストリーミング」に移りつつある中で、アーティストへの実入りは確実に減ってきており、ASKAは「このままではアーティストが食えなくなって減っていく」と危機感を訴えた。

    「ストリーミング自体は時代が生んだものだし、否定はしない。
    聴き放題だから、リスナーがいろんなアーティストに触れることができるというメリットがある。
    でも、アーティストは全ての曲を聴き放題で発信したら、曲の製作費に見合うだけの収益が入ってこないのが実情。

    今はそれを補うためにライブのチケット代をどんどん上げているけど、近く限度が来るだろうし、全てが頭打ち。
    どうすればいいかって考えた時に“ちゃんとアーティストに還元されるべきだ”って思ってウィアーを立ち上げた」

    ウィアーでは経費などを差し引いた分をアーティストに還元するという。
    特に若いアーティストが、こだわった音作りができるような環境を整えたいという。

    ストリーミングは「宣伝のツールとして使えばいい」と進言し、こう将来を予見した。

    「リスナーはストリーミングで“この曲いいな”と思って、その曲をハイレゾ音源で聴く。
    スタジオでレコーディングしている音に近いのがハイレゾのすごさ。
    本物の音に触れられるから、リスナーがそのアーティストを見極める判断基準になる。
    アーティストは収入が増えて、次の曲もこだわって音作りができる。
    こうやっていい循環が生まれるんだ」

    さらにASKAは「これだとCDは売れなくなってCDショップはつぶれちゃうと思うでしょ?
    いやいや、CDショップは2、3倍でかくなりますよ、僕の構想の中では。
    また今度お話しします」と付け加えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000087-spnannex-ent


    所長見解:もう大丈夫なのか・・・

    【【あの人は今】ASKAが訴えた危機感・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    勝ち組すぎて草

    m


    所長見解:いいな・・・

    【【恋の歌】モンゴル800さん、20歳のときに作った曲がバカ売れした結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■会場での呼び名は“若”“ガクさん”

    遊び方ひとつとっても、一流ゆえの振舞いだからか、凡人にはなかなか理解し難いのだ。
    夏本番には一足早く、海辺で大規模なBBQパーティーを開催したGACKT(44)。
    なぜか、会費もナシなのに、高級な食事も飲み物も食べ放題なのである。

    g


    本業のミュージシャンというよりも、最近は正月の格付け番組での“一流芸能人”や、投資家としての話題が目立つGACKT。
    6月上旬のこの日、彼が目立っていたのは、湘南・鎌倉のビーチでだった。

    参加者の1人が言う。

    「5年ぐらい前から開かれています。
    参加者は、各自、酒や食べ物の差し入れを持ち寄りますが、別にお金がなければ、手ぶらでもOK。
    ただ知人の紹介が必要で、今回からはあらかじめ登録しないと参加できなくなりました。
    20~30代の男女が中心ですが中高年もいる。
    ピンヒールを履いた女の子もいましたよ」

    当日の海岸には、朝から大型テントが20張りほど組まれ、約400人が参加。
    マグロの解体ショーが行われたほか、食事は近江牛のステーキ、海鮮……。
    ドリンクはドンペリをはじめ、ワイン、日本酒などが用意されていたという。

    別の参加者によれば、

    「GACKTさんが来ると各テーブルを回って、知り合いとはハグをし、初対面の人とは握手で挨拶をしていました。
    その後、“沢山の経営者の協力があってパーティーが出来た。
    若者は積極的に経営者と仲良くなって”と彼が乾杯の音頭をとると、海で水上バイクを楽しんでいた」

    テントに戻って来ると参加者と談笑したのち、再びマリンスポーツを楽しんでみたり。
    彼が近頃、力を注ぐ仮想通貨の勧誘もナシ。
    趣旨が掴めない集まりなのである。


    ■若者を応援する会

    GACKTと言えば、昨年まで所属していた実質的な個人事務所が、今年4月から特別清算を開始。
    倒産理由について先日、本誌(「週刊新潮」)は、当時の事務所関係者による使い込みもあったのではないかと見られていることを報じた。
    すると、彼は自身のブログに、株主やオーナーではないので個人事務所ではないなどと理屈を述べ、「新潮に背後からタックルされたようなもの」と反論を掲載したのである。

    この日のパーティーについて、砂浜にいたGACKTに“正面から”尋ねてみると、

    「これが正面から? これを後ろからっていうんじゃないの?」

    当初、気色ばんだが、

    「参加者は上場会社の経営者や実業家、若手の役者やミュージシャン。
    みんな仲間だよ。それを結び付ける懇親会。
    若い子たちに実業家をくっつけて、若者を応援しようという会だね」

    そのために、一肌脱いでいるということらしい。
    タダより高いものはないとも言うが……。
    2年前に投資詐欺の被害に遭ったGACKT。
    若者には、“美味い話には裏がある”というアドバイスも、お忘れなく! 


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180622-00543774-shincho-ent


    所長見解:怪しい・・・

    【【全員無料】GACKT主催の怪しすぎるBBQパーティーがコチラwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ