ミュージシャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ASKA(60)をインタビューした。
    1979年のデビュー以来、スポーツ紙の単独インタビューを受けるのは初めてという。
    覚醒剤事件のことやプライベートについてどこまで聞かれるか不安はあったと思うが、冒頭からサッカーW杯の話題で盛り上がり、表情は緩みっぱなし。
    事件や私生活のことを自分から切り出すなど、全てをさらけ出してくれた印象だった。

    r


    音楽の話題は熱が入った。
    高音質の「ハイレゾ音源」を普及しようと、昨年10月に立ち上げたのが音楽配信サイト「Weare(ウィアー)」。
    一般的に1曲500円以上するハイレゾ音源を、安価な280円で配信することで広めようとしているが、狙いはこれだけではない。

    音楽の聴き方がCDから配信、配信から定額聴き放題の「ストリーミング」に移りつつある中で、アーティストへの実入りは確実に減ってきており、ASKAは「このままではアーティストが食えなくなって減っていく」と危機感を訴えた。

    「ストリーミング自体は時代が生んだものだし、否定はしない。
    聴き放題だから、リスナーがいろんなアーティストに触れることができるというメリットがある。
    でも、アーティストは全ての曲を聴き放題で発信したら、曲の製作費に見合うだけの収益が入ってこないのが実情。

    今はそれを補うためにライブのチケット代をどんどん上げているけど、近く限度が来るだろうし、全てが頭打ち。
    どうすればいいかって考えた時に“ちゃんとアーティストに還元されるべきだ”って思ってウィアーを立ち上げた」

    ウィアーでは経費などを差し引いた分をアーティストに還元するという。
    特に若いアーティストが、こだわった音作りができるような環境を整えたいという。

    ストリーミングは「宣伝のツールとして使えばいい」と進言し、こう将来を予見した。

    「リスナーはストリーミングで“この曲いいな”と思って、その曲をハイレゾ音源で聴く。
    スタジオでレコーディングしている音に近いのがハイレゾのすごさ。
    本物の音に触れられるから、リスナーがそのアーティストを見極める判断基準になる。
    アーティストは収入が増えて、次の曲もこだわって音作りができる。
    こうやっていい循環が生まれるんだ」

    さらにASKAは「これだとCDは売れなくなってCDショップはつぶれちゃうと思うでしょ?
    いやいや、CDショップは2、3倍でかくなりますよ、僕の構想の中では。
    また今度お話しします」と付け加えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000087-spnannex-ent


    所長見解:もう大丈夫なのか・・・

    【【あの人は今】ASKAが訴えた危機感・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    勝ち組すぎて草

    m


    所長見解:いいな・・・

    【【恋の歌】モンゴル800さん、20歳のときに作った曲がバカ売れした結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■会場での呼び名は“若”“ガクさん”

    遊び方ひとつとっても、一流ゆえの振舞いだからか、凡人にはなかなか理解し難いのだ。
    夏本番には一足早く、海辺で大規模なBBQパーティーを開催したGACKT(44)。
    なぜか、会費もナシなのに、高級な食事も飲み物も食べ放題なのである。

    g


    本業のミュージシャンというよりも、最近は正月の格付け番組での“一流芸能人”や、投資家としての話題が目立つGACKT。
    6月上旬のこの日、彼が目立っていたのは、湘南・鎌倉のビーチでだった。

    参加者の1人が言う。

    「5年ぐらい前から開かれています。
    参加者は、各自、酒や食べ物の差し入れを持ち寄りますが、別にお金がなければ、手ぶらでもOK。
    ただ知人の紹介が必要で、今回からはあらかじめ登録しないと参加できなくなりました。
    20~30代の男女が中心ですが中高年もいる。
    ピンヒールを履いた女の子もいましたよ」

    当日の海岸には、朝から大型テントが20張りほど組まれ、約400人が参加。
    マグロの解体ショーが行われたほか、食事は近江牛のステーキ、海鮮……。
    ドリンクはドンペリをはじめ、ワイン、日本酒などが用意されていたという。

    別の参加者によれば、

    「GACKTさんが来ると各テーブルを回って、知り合いとはハグをし、初対面の人とは握手で挨拶をしていました。
    その後、“沢山の経営者の協力があってパーティーが出来た。
    若者は積極的に経営者と仲良くなって”と彼が乾杯の音頭をとると、海で水上バイクを楽しんでいた」

    テントに戻って来ると参加者と談笑したのち、再びマリンスポーツを楽しんでみたり。
    彼が近頃、力を注ぐ仮想通貨の勧誘もナシ。
    趣旨が掴めない集まりなのである。


    ■若者を応援する会

    GACKTと言えば、昨年まで所属していた実質的な個人事務所が、今年4月から特別清算を開始。
    倒産理由について先日、本誌(「週刊新潮」)は、当時の事務所関係者による使い込みもあったのではないかと見られていることを報じた。
    すると、彼は自身のブログに、株主やオーナーではないので個人事務所ではないなどと理屈を述べ、「新潮に背後からタックルされたようなもの」と反論を掲載したのである。

    この日のパーティーについて、砂浜にいたGACKTに“正面から”尋ねてみると、

    「これが正面から? これを後ろからっていうんじゃないの?」

    当初、気色ばんだが、

    「参加者は上場会社の経営者や実業家、若手の役者やミュージシャン。
    みんな仲間だよ。それを結び付ける懇親会。
    若い子たちに実業家をくっつけて、若者を応援しようという会だね」

    そのために、一肌脱いでいるということらしい。
    タダより高いものはないとも言うが……。
    2年前に投資詐欺の被害に遭ったGACKT。
    若者には、“美味い話には裏がある”というアドバイスも、お忘れなく! 


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180622-00543774-shincho-ent


    所長見解:怪しい・・・

    【【全員無料】GACKT主催の怪しすぎるBBQパーティーがコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ロックバンド・X JAPANのToshlが、13日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00~)に出演し、20年前の洗脳騒動の真相を明かした。

    当時妻だった女性の紹介で、自己啓発セミナーに入ったToshlは、約12年もの間洗脳された。
    施設の中では「化け物アゴ男」と罵倒され、徹底的な暴力でマインドコントロールを受け、自らを「アゴ」と呼ぶまでになってしまう状況に。
    その上、毎月の給料や印税収入などを全額施設につぎ込み、15億円とも言われる全財産を奪われてしまったという。

    MCの梅沢富美男から、洗脳から逃れるきっかけを聞かれたToshlは「やっぱり自分がいろんなことに気づいていって、『おかしいな』とか『変だな』と思うことが、たくさん起こってくるんですね。
    いろんなことに自分で深く気づいて、『これはやっぱりヤバい』と心底思って。
    それで、逃げ出さないといけないと思って、逃げ出したという経緯です」と説明。

    梅沢が「洗脳された人の話もよく聞きますけど、自分で気がつかないと洗脳は解けない。
    相手に何を言われても絶対ダメなんですって」と話すと、Toshlは「余計心を閉ざしてしまって、言われれば言われるほど頑なになってしまうようなところがあるんですね。
    だから、自分で本当に心底『えーっ!?』と思わないと、なかなか本当の意味で抜け出れないかもしれないですね」と経験談を語った。

    そして、梅沢に「本当に全財産なくなったの?」と確認されると、「本当に何も残ってなかったです。
    お財布もないし、小銭1つもないですし、着の身着のまま抜け出したので。
    でも、助けてくれた心ある方々がいらっしゃって、本当に救われました」と回想。

    「もう一度だけチャレンジしようかなって思い立って、それでもうひと踏ん張りやり始めたのが今につながってきたので、あそこで辞めなくて良かったなと思ってます」と、再起の決断を振り返った。

    それを聞いた梅沢は、「私なんかずっと阿部に洗脳されてる。
    いつかは阿部と関係を持つのかなって」と、進行の阿部哲子アナにいつものセクハラ発言。
    バイきんぐ・小峠英二に「バカじゃないですか」、岡田結実に「今日も元気に変態発言してますね」と、あきれられていた。

    http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1777457/


    no title


    所長見解:もう知ってる・・・

    【【X JAPAN】Toshl、洗脳で全財産15億円奪われた結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宗教法人「幸福の科学」に出家し、清水富美加から改名した女優の千眼美子(23)が、
    ロックバンドRADWIMPSのボーカルの野田洋次郎が物議を醸していた新曲「HINOMARU」の歌詞内容について謝罪したことを受け、「謝っちゃだめ」と自身の考えを述べた。

    s


    同楽曲は6日にリリースされ、「この身体に流れゆくは 気高きこの御国のみ霊」「さぁいざゆかん 日出づる国の御名の下に」などといった歌詞やタイトルから「愛国ソング」としてネット上で賛否を呼んでいた。

    野田は11日にツイッターで「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。
    そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。
    誰かに対する攻撃的な思想もありません。
    そのような具体的な歌詞も含まれてません。
    この曲は日本の歌です。
    この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です」と真意を説明したが「いろんな人の意見を聞いていてなるほど、そういうふうに戦時中のことと結びつけて考える可能性があるかとふに落ちる部分もありました」とし、「傷ついた人たち、すみませんでした」と謝罪した。

    千眼は12日、ツイッターを更新し、「謝っちゃだめ。愛国心満載のただただ、ええ曲」と同楽曲を高く評価。

    「この議論が生まれた時点で野田さんめっちゃ仕事してる、浮き彫りになるんで。
    日本が好きな人と嫌いな人。
    日本が好きって気持ちの強さと弱さ。
    ゆえに今の日本、これからの日本、ちょっと垣間見れる気がするので。
    浮き彫り感あざす、ええ曲あざす」と私見を述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00236455-nksports-ent 


    所長見解:久々やね・・・

    【【元・清水富美加】千眼美子、RADの新曲を「愛国心満載のただただ、ええ曲」ってよwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ