ミュージシャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    第3次韓流ブーム到来でK―POPが日本を席巻している。
    年末の「第69回NHK紅白歌合戦」は、どのグループが出場するのか――。

    女性グループは2年連続で「TWICE」の出場がほぼ決定的だが、注目は男性グループ。当初は今年6月に米ビルボードのアルバムチャートでアジア圏初の1位を記録した「BTS」が濃厚だったが、秋元康氏とのコラボが韓国側からの要因で急きょ中止となりミソをつけた。
    そこで急浮上したのが7年ぶりの出場を狙う「東方神起」だ。

    芸能ジャーナリストの渡辺裕二氏が言う。

    「2015年から兵役で活動を2年間中止していましたが、復帰してからも相変わらずの人気です。
    昨年から今年にかけて行われた全国5大ドームツアーは追加された3公演も含めて、17公演で78万人を動員しました。
    また、9月に3年9カ月ぶりのアルバムを発売し年末に向けて盛り上がってきているので、紅白出場の可能性は高いと思います」

    t


    ■男女のバランスを考えれば…

    東方神起は他にも、6月に日産スタジアムで3日間単独公演を行い、22万人動員。
    10月7日スタートのNHKドラマ「主婦カツ!」の主題歌も務める。
    NHKの選考基準である「今年の活躍」と「世論の支持」を満たし、紅白決定のようにも思える。
    もっとも、前出の渡辺裕二氏は「今年はヒット曲が少ないのでBTSも出る可能性があると思いますよ」とこう続ける。

    「BTSは日本でのファンクラブの会員数も多く人気があります。
    ファンは政治的問題は抜きにして文化的な交流を望んでいます。
    韓国の一部で秋元氏とコラボすることに対する批判がありましたが、日本国内でBTSに対する批判はありません。
    韓国の制作サイドの問題でBTS本人たちは日本で活躍したいと思っていますよ」

    第2次韓流ブームの人気が頂点に達した11年には「東方神起」「少女時代」「KARA」の3組が紅白に出場した。
    しかし今は、第3次韓流ブームに差し掛かったところ。
    3組が出場する可能性はあるのか。

    「男女のバランスなど現実的に考えると、東方神起とTWICEでしょう。
    東方神起とBTSを比べると、BTSは勢いがありますが、東方神起の方が日本での活動期間が長く、紅白に出場した実績があり、根強い人気があります。
    ファンもJ―POPアーティストに接する感覚です」(渡辺裕二氏)

    「勢い」よりも「実績」。
    東方神起が7年ぶり、4回目の切符を手にしそうだ。


    日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000007-nkgendai-ent


    所長見解:笑ってはいけない見るよね・・・

    【【紅白歌合戦】東方神起とBTSが一騎打ちの模様・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「Mr.Childrenはこれからも第一線で戦っていくんだっていう宣戦布告です」。
    新作「重力と呼吸」をリリースしたMr.Childrenの桜井和寿(48)はそう語る。
    その裏には、25周年を終えての心境の変化があった。
    桜井が考える「時代が求める歌」とは。
    そして「今自分たちが鳴らしたい音」とは。

    s


    ■「歌を歌うことは体を消費すること」

    「25周年を境に、いろんなことを考えました。いつまで歌い続けられるんだろう、叫び続けられるんだろうということを、リアルに考えるようになった」

    昨年、Mr.Childrenはデビュー25周年を記念した全国ドーム&スタジアムツアーを開催した。
    9都市15公演、観客動員数約70万人。1公演3時間半、30曲以上。
    「25年間ありがとう」の気持ちを詰め込んだ「ベストライブ的なライブ」だった。
    桜井和寿は「過去のMr.Childrenの代表曲をこれでもかっていうくらい」歌いきった。

    「ステージで歌うこと、しかもMr.Childrenの歌を歌うことは、魂を消費することではなく、体を消費することなんです。
    僕はステージを隅から隅まで走り回って、体を使って表現していくことのほうがきっと向いているし、体全部で叫びとともに音楽に変えていくことが僕たちには向いている。
    (ドーム&スタジアムツアーで)自分たちの良さを改めて確認したような気がします」

    ツアーが始まる前は「本当にやれるのだろうか」という不安もあったという。

    「あの真夏のスタジアムに向けて、まるでスポーツ選手のようにコンディションを調整していきました。
    食生活を変えることから始まり、ライブの間に口にするドリンクや栄養補給は何がいいのか考えたりもしました。
    (ドラムの)JEN(鈴木英哉)なんかもほんとに不安だったと思う。
    特に僕はボーカリストなので肉体の衰えには自覚的だし、受け入れなければいけないと思っています。
    ですが、実際にやってみると、まだ余力があった。
    ツアーが進んでいくうちに、気が付いたら不安よりも自信のほうが大きくなっていた。
    『俺らまだまだできる』って」

    ギターの田原健一、ベースの中川敬輔らとバンドを組んだのは15歳のときだ。
    鈴木英哉の加入を経て、Mr.Childrenの4人がバンドを組むことになる。
    1992年にアルバム「EVERYTHING」でメジャーデビューした。
    4枚目のシングル「CROSS ROAD」で初の100万枚を達成すると、「innocent world」「Tomorrow never knows」と立て続けにヒットを飛ばし、一気にスターダムを駆け上がった。

    その後の活躍は周知のとおりだ。
    2015年のアルバム「REFLECTION」発売後に、アルバム総売上枚数3000万枚を突破。Mr.ChildrenのほかにはB’zと松任谷由実しかいない。

    新作「重力と呼吸」を制作するに当たり、桜井にある心境の変化があったという。

    「今までは、リスナーがMr.Childrenの音楽に触れるとき、シンガーである僕の顔ですら、思い浮かばないほうがいいと思っていました。
    もっと若いころは、かっこいいとか、カリスマ性だとか、そういうものを求められていたし、それに応えようとしていたところもあった。
    だから自分たちの表現も堅苦しかったなあとも思うし、狭かったなあとも思う」

    桜井は言葉を選びながら話した後、一呼吸置いてこう言った。

    「そういう意味では今、すっごく自由ですね」


    ■「期待に半分応えて、半分裏切る」

    2014年からの4年間はMr.Childrenにとって変化の時期だった。

    デビュー以来協働して楽曲制作を行ってきたプロデューサーの小林武史と離れ、セルフプロデュースを行うようになった。

    2015年には、アルバム「REFLECTION」を、CDとともに、23曲入りの「USB」という異例のかたちでリリースした。
    通常のアルバムはCDの最長収録時間に合わせて79分、12ー14曲程度に収まっている。
    しかし「全部聴いてほしい」という思いから、USBで届けるという方法を選んだ。

    >>2以降に続く

    https://news.yahoo.co.jp/feature/1106


    所長見解:長いよね・・・

    【【Mr.Children】桜井和寿「いつまで叫び続けられるんだろう」←は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月21日、ロックユニットB’zが味の素スタジアムで『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 ―HINITORI―』のライブを開催。
    この日デビュー30周年を迎えたB’z の祝福に木村拓哉(45)がサプライズ登場したとして、Twitterで話題を呼んでいる。

    k


    雨の中スタートしたライブは、デビュー30年記念日とあって大盛り。
    ライブ中盤で『ZERO』を歌う稲葉浩志(53)に、近寄るカメラマンの姿が。
    稲葉はカメラを取り上げ、逆にカメラマンを撮影。
    すると、そのカメラマンがなんと変装した木村だったというのだ。

    巨大モニターに木村が映し出され、会場は大歓声。
    マイクを向けられた木村は「30周年おめでとうございます」と伝え、稲葉や松本孝弘(57)とハグ。
    そして稲葉のマイクをシェアしながら『ZERO』を歌い、ステージから退場したという。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1666759/


    所長見解:なんでもかんでも・・・

    【【サプライズ】B’z30周年ライブにサプライズ登場した超大物芸能人がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安室奈美恵がいよいよ9月16日に引退するが、これを誰よりも喜んでいるのが浜崎あゆみだという。

    「2人は同じレコード会社に所属。ともに一時代を築いた。
    しかし、仲が悪いのはもちろん、特に浜崎は何度となく“安室追放”を画策。
    でも安室は大手芸能プロに所属していたため、そのたびにピンチをしのいできた。
    浜崎の安室嫌いはハンパではありません」(音楽ライター)

    h


    それにしても、なぜ浜崎は安室を嫌うのか。

    「古い話になりますが、安室は意外に音楽エリートなんです。
    一方、浜崎は完全な成り上がり。
    顔も嫌いらしく、それが敵視の理由だそうです。
    安室は10代のころから『安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S』という彼女をフューチャーしたユニットで活躍。
    浜崎は安室を『サル、モンキー』と呼んでいました」(同・ライター)

    浜崎はもともとアイドル出身だ。
    「浜崎くるみ」の名前でグラドル活動をしていたが鳴かず飛ばず。

    「知る人ぞ知る話ですが、浜崎は仕事がなく、繁華街の接客パブで歌っていた時期もあった。
    彼女は接客嬢ではなく、客盛り上げのバイト歌手でした。
    そんなところに客としてやって来たレコード会社幹部が彼女を見初め、デビューしたというのが定説です」(風俗ライター)

    抜きつ抜かれつの闘いを制するのは…

    その偶然の出会いが浜崎に幸運をもたらす。

    「幹部の“お気に入り”になり、それらの力をバックに浜崎はレコード会社の中で“女帝”と呼ばれるようになった。
    彼女のための宣伝費がガンガン使われ、歌とともに彼女の濃いメイクとファションも大流行。
    一方で安室は勢いを失い、韓国などのドサ回りに転出。
    『私は“化粧オバケ”のようには売ってもらえない』と涙したこともあったほど」(レコード会社関係者)

    しかし、今や浜崎の新譜はさほど話題にもならず、CDセールスもイマイチ。

    「浜崎は20代で実利50億円以上稼いだといわれます。
    とはいえ“あゆ軍団”を率いたりなど、出費も大変なもの。
    8割方使い尽くしたそうです。
    対して安室は3年前に所属事務所を辞め、個人事務所で稼ぎまくり。
    レコード会社のドル箱にもなっているのが浜崎は悔しい。
    だから引退は大喜び。
    この機に“復権”を企んでいるというのです」(同・関係者)

    今も精力的にライブ活動を行いファンを魅了する浜崎だが、もし引退するとしたら、果たして安室のような大セールスになるのだろうか。

    そのときが見物である。

    https://myjitsu.jp/archives/61521 


    所長見解:ないだろ・・・

    【【歌姫復権】浜崎あゆみが安室奈美恵の引退を喜ぶ理由がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    26日に放送された「24時間テレビ41 愛は地球を救う」(日本テレビ系)にX JAPANのYOSHIKIが初出演した。

    YOSHIKIは、盲目の天才ドラマー少年の夢を叶えるべく、アメリカ・ロサンゼルスから、ライブパフォーマンスを終えた直後に日本武道館へ駆け付けたのだ。
    少年はX JAPANの大ヒット曲『紅』をドラムで演奏。
    続けて、同グループの『ENDLESS RAIN』では、少年がドラムを叩き、YOSHIKIがピアノを弾くという夢のセッションを実現。
    会場は感動の渦に包まれ、パフォーマンス時の視聴率は28.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

    x


    また、YOSHIKIは、番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演したという。
    さらに、この日も自らステージで寄付金300万円の目録を手渡し、会場では盲目の少年に気を配りながら手を引く姿が印象的だった。
    そして、セットまでゆっくりエスコートする姿は大人として立派であり、世間からも絶賛の嵐である。

    しかしながら、YOSHIKIの若い頃の破天荒ぶりには、伝説に残るエピソードが多々ある。
    些細な理由で激高し、収録や撮影の予定をドタキャンするなど、大の大人の対応とは程遠い横暴ぶりであった。
    特に遅刻に関しては常習癖があり、業界でも有名な話。
    だが、この遅刻が先輩ギタリストの布袋寅泰を激怒させた事件が起こり、以降両者は共演NGといわれてきた。

    1994年、奈良の東大寺にて『The Great Music Experience』が開催された。
    出演アーティストは、ボブ・ディラン、ジョン・ボン・ジョヴィ、ジョニ・ミッチェル、クイーンのドラマーとして活躍したロジャー・テイラーなど、世界的に有名な顔ぶれが勢揃いした。
    日本代表としてエントリーされた中にいたのが布袋と、YOSHIKI率いるX Japanであった。

    事件は、そのリハーサルで起こった。
    大スターたちが定刻通りに集結し、最終確認を行う中、YOSHIKIは悪びれる様子もなく遅刻をして登場。
    そのわきまえのないYOSHIKIの態度が、布袋の導火線に火を付けた。

    コンサート終了後の打ち上げで、布袋の元へ挨拶に来たYOSHIKIに対し、「Xってのは何だよ!?」と息巻いたという。

    当然、因縁を付けられたYOSHIKIは即座に応戦し、先輩の布袋に殴り掛かったと報じられた。

    「慌てて仲裁に入ったスタッフによって、その場は何とか収拾したものの、YOSHIKIの怒りは収まらなかったそうです。
    打ち上げで酒に酔った勢いもあって、布袋が宿泊するホテルに出向き、「布袋、出てこーい!」と怒鳴り散らし、以降両者を共演させることはなくなったと言います」(芸能関係者)

    だが、2016年に音楽界からのノーベル文学賞が決定したボブ・ディランについてコメントを求められたYOSHIKIは、「スゴいですよね。僕らみたいなアーティストがノーベル賞に認められたのは画期的。
    宇宙のような賞と感じていた。
    全アーティストにとって新たな扉が開けた」と感慨にひたった。

    さらに、記者からディランとの接点について質問されると「共演したことはあります」と応え、前出の東大寺での音楽イベントを振り返り、「ボン・ジョヴィとか布袋さんとか」と、絶縁状態であるはずの布袋の名前を口にしたのだ。
    そんなYOSHIKIに、多くのファンおよび音楽関係者が驚嘆し、布袋との一件は、すでに和解したのではとまで囁かれた。

    今年、53歳を迎えるYOSHIKIだが、到底老いを感じさせない。
    血の気がみなぎっていた20代、30代とは一変し、“奉仕の心”そのもので挑む今回の出演はなかなかできることではない。
    YOSHIKIこそ、日本を代表するビッグアーティストとして、これからも世界中を駆け巡り、いつかディランの右に出る音楽家となることを期待したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1513867/

    所長見解:布袋さん・・・

    【【犬猿の仲】YOSHIKIと布袋寅泰は和解したのか・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ