ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:ミュージシャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小林武史、デビュー当時のMr.Childrenの印象は「地味で曲も非力だけど…」

    J-WAVEで放送中の番組『RINREI CLASSY LIVING』(ナビゲーター:村治佳織)。
    4月28日(土)のオンエアでは、音楽プロデューサー・小林武史さんが登場。
    音楽活動の遍歴や、プロデュース業から芸術祭の運営など、多岐にわたる活動についてお訊きしました。


    ■新アルバムのコンセプト

    小林さんは、スタジオミュージシャンとしてキャリアをスタート。
    作曲家、プロデューサーとして音楽業界の第一線で活躍を続けています。
    4月4日(水)には、ここ数年のプロデュースワークスを集めたアルバム『Takeshi Kobayashi meets Very Special Music Bloods』をリリースしました。


    ■音楽との出会い

    日本を代表する音楽プロデューサーである小林さん。
    音楽とは、どのように接点を持ったのでしょう。

    村治:小さい頃はどんな音楽を聴いていたのかなと。ピアノとの出会いはいつ頃だったのですか?

    小林:4歳か5歳だったんですけど、僕の母親の友だちの娘さんがピアノをやっていて、「これからは男の子も何かやったほうがいい時代」みたいな話で、やることになったんです。

    村治:自然と音楽への道を志そうと、思春期の頃に思われたんですか?

    小林:いろいろな影響があったんだけど、ちょうどスタジオミュージシャンというのが全盛の時代だったんですよね。田中康夫さんの小説『なんとなく、クリスタル』がブームで。トレンディなチャラっとした若者像を表現した作品なんですけど、主人公の女性が売れっ子モデルで、男性の主人公の職業がスタジオミュージシャンでしたから。別に憧れていたわけでもなかったんだけど、そういう時代だからそれなりに稼げるようになっていくんですよね。音楽の勉強を続けるなら、バークリー音楽大学に行きたいと思っていたんですけど、バークリーから帰ってきた先生の個人レッスンに1年くらい通っているうちに、段々と人脈ができてきて、ギャラを貰えるようになり、どんどん面白くなっていきました。


    ■新人時代のMr.Children

    m

    1980年代初頭「音楽業界はどんどん活況になっていった」と語る小林さん。
    YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が解散する頃に高橋幸宏さんや大貫妙子さんといった有名ミュージシャンに呼ばれるようになり、30歳前後で桑田佳祐さんと出会います。
    当時を振り返って、「スタジオミュージシャンの中では噂になるくらいで、ちょっと肩で風を切ってましたね(笑)」と語りました。
    さらに、新人だったMr.Childrenとの出会いも話してくれました。

    小林:「新人のバンドを手がけてみたい」と思ったんですよね。
    プロデュースをやってほしいと2つ話が来た中の、Mr.Childrenはどちらかというと地味なほうだったんです。
    曲も非力なのに、大きい相撲を取ろうとする相撲取り、若いときの千代の富士みたいな……たとえが古いけど(笑)。

    小林さんは7月14日(土/前夜祭)・15日(日)・16日(月・祝)に「ap bank fes '18」を6年ぶりに再開。
    もちろん、Mr.Children、Bank Bandが参加します。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/05/428mrchildren.html


    所長見解:才能あるよね・・・
    【【衝撃暴露】小林武史、デビュー当時のMr.Childrenは「地味で曲も非力だけど…」 ←これwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    グループ内で明らかに浮いていた男が、ついに脱退を決意か。
    写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)に13日、「渋谷すばる『関ジャニ∞』を脱退へ」と題した記事で、ジャニーズの人気グループ・関ジャニ∞から、中心のメンバーの渋谷すばる(36)のグループ脱退が「間近に迫っている」と報じて波紋が広がっている。

    s


    この騒動を報じた『FRIDAY』によると、渋谷が「アイドル路線にはもうこれ以上付き合えない」といった思いからグループ脱退の決意を固めたようで、今夏行われる予定の関ジャニ∞の5大ドームツアー『関ジャニ’sエイターテインメント GR8EST』への参加拒否を示したという。
    渋谷は以前からアーティスト志向が強く、今回のドームツアーが「コミカル要素の強い初期の楽曲も入ってくる。渋谷としては、その点に折り合いがつけられなかったようです」という関係者の証言も伝えた。

    ソーシャルメディア上では、この衝撃ニュースに阿鼻叫喚の悲鳴が飛び交っているが、業過界関係者の間では「渋谷の脱退はある程度、予想されていたこと」と冷静に受け止められている。

    「渋谷は以前から、ジャニーズ的なアイドル活動に抵抗があったようで、番組収録中にも何度かトラブルを起こしています。
    よく知られているのは、15年の『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系)での不貞腐れ騒動でしょう。
    主演映画『味園ユニバース』の宣伝で同番組に出演した渋谷でしたが、終始やる気のなさそうな表情を見せ、足を投げ出すように座ったかと思えば、クイズを出題されてもガン無視する始末。
    エンディングでも映画をPRするどころか、司会の上重聡アナウンサーの質問に「頑張った」などとカタコトで応答するのみという異常さでした」(スポーツ紙記者)

    当時、渋谷の態度はソーシャルメディア上でも話題となり、

    「渋谷すばる、朝から不機嫌な顔がめちゃ不愉快。何様?」
    「機嫌悪いんだかなんだか知らないけど見てるこっちまで気分悪くなる」
    「ズムサタの渋谷すばるのやる気のなさはなんなの。もともとこういう人なの?」

    などと批判が殺到している。
    また、渋谷には過去、プライベートの素行に関して不穏な報道も噴出していた。

    「2008年7月に『週刊女性』(主婦と生活社)が報じたところによると、渋谷はプライベートのパーティーで、参加者の女性にアルコールの一気飲みを強要。
    一人の女性が倒れたため仲間の女性が救急車を呼ぼうとすると、“お前ら、救急車呼んだら人生終わったと思えよ。
    そんなヤツ、死んだらええねん!”と言い放ったという“鬼畜ぶり”が伝えられました」(前出・記者)

    さらに現在はすでに消しているようだが、ジャニーズJr.時代は右手の甲に「ドクロのタトゥーを入れていた」ことも有名だった。
    昔からヤンチャな一面があったことは知られていたとはいえ、突然の脱退報道に多くのファンは悲しんでいる。


    デイリーニュースオンライン


    所長見解:そうなんだ・・・
    【【関ジャニ】渋谷すばる、脱退騒動を予感させるプライベートでの素行の悪さ ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(29)とロックバンド「ONE OK ROCK」のヴォーカル・Taka(29)がお泊まりデートしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

    4月8日(日)19時、4人グループで六本木に集合した後、2人はタクシーで個室スパへ移動。
    深夜1時まで約3時間半を2人きりで過ごした。

    「ここは系列店の中でも高級な店で、どの部屋もカップル仕様になっているんです。
    アロマオイルマッサージを受ける時は紙ショーツに穿き替え、上半身裸になって隣り合う二つのベッドで施術を受けられます」(店舗関係者)

    個室スパを後にした2人は、タクシーでTakaの自宅マンションへ。

    翌日午前10時過ぎ、マンションから出てきた浅田を直撃したが、記者の「お二人は交際されているのでしょうか」の質問に「すいませーん」。
    浅田はタクシーのドアを閉めて走り去ってしまった。

    それぞれの所属事務所に確認すると、浅田側は「お友達です」。
    Taka側は「プライベートは本人に任せています」と回答した。



    「週刊文春」編集部
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00006975-bunshun-ent

    個室スパを出るTaka
    no title

    続いて個室スパを出る浅田舞
    no title


    所長見解:姉の方ね・・・
    【【熱愛発覚】浅田舞・ワンオクTaka「深夜個室スパ&お泊まり」 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気フォークデュオ・ゆずの新曲「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞が、インターネット上で注目を集めている。

    y


    ■明るい曲調で「国歌」や「国旗」歌う

    話題の楽曲は、ゆずが2018年4月4日に発売した最新アルバム「BIG YELL」に収録されたもの。
    作詞、作曲はリーダーの北川悠仁さん(41)が担当している。

    明るくシンプルなギターの伴奏に、ポップなメロディを乗せた軽快な一曲。
    歌舞伎をモチーフにしたような「ヨォ~」という合いの手が曲中に入ったり、外国人女性の話し声が流れる場面があったりなど、全体としてコミカルな印象を受ける。

    だが、こうした楽曲の歌詞の内容が、ネット上で議論を呼ぶことになった。
    右寄りの思想を感じさせるフレーズが頻出するとして、違和感を訴えるユーザーが続出したのだ。

    「ガイコクジンノトモダチ」というタイトルの通り、歌詞は日本が大好きだという外国の友人を持った「僕」の心情を表現したもの。
    サビでは、日本に生まれ育ち、日々の生活を送っていることなどを歌った上で、

    「なのに 国歌はこっそり唄わなくっちゃね」
    「なのに 国旗はタンスの奥にしまいましょう」

    といったフレーズを続けている。

    さらに曲中には、「靖国の桜」というワードも登場。
    これは、メディアでは右、左などと騒いでいるが、外国人の友人と一緒に見た靖国の桜は綺麗だった――という文脈の中で使われている。


    ■北川さん「自分が大切だって思うことは、ちゃんと伝えたくて」

    「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞について、当の北川さんは4月5日発売の雑誌「音楽と人」(18年5月号)に掲載されたインタビューで、

    「文章にして読み上げるとかなり危険そうな内容も、ポップソングにしちゃえば、何だって歌にできるな、と思って書いてみたんだよね(中略)自分が大切だって思うことは、ちゃんと伝えたくて」

    インタビュアーから「かなり強い右寄りの思想を感じる」などと伝えられた北川さんは、

    「危ないよね(笑)。でも音楽にすることでラッピングされちゃう部分をうまく使いたかった。
    あとこういう歌詞を唄うことで、みんながゆずに対して思ってることを壊したかったんだよ。それがいちばん大きいかな」

    https://www.j-cast.com/2018/04/09325688.html?p=all


    所長見解:いいね・・・
    【【人気デュオ】ゆず新曲に「美しい日本」「靖国の桜」「国旗・国歌」の結果wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手の浜崎あゆみ(39)が、デビュー記念日の4月8日、さいたまスーパーアリーナで全国アリーナツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2018 ~POWER of MUSIC 20th Anniversary~』を開催。
    デビュー20周年を迎えた浜崎は、駆けつけた1万3000人のファンに祝福され、感動の涙を流すひと幕もあった。

    h


    アンコール明けのMCで「大事な日にすてきなみんなと、すてきなステージを作ることができて幸せです。本当にありがとう!」と満面の笑みを浮かべた浜崎。
    ピンクのサイリウムで彩られた会場を眺めながら「みんながくれた20年。またきょうから、変わらずみんなと同じスピードで進みながら、同じ景色を見て、いつかのゴールを見ながら進んでいきたい」と決意新たに語ると、万雷の拍手を浴びた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000380-oric-ent


    所長見解:20年か・・・
    【【20周年】浜崎あゆみ、ライブで感涙 ←これwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ