ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ミュージシャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年も残り2か月を切ったが、今年もピエール瀧をはじめ多くの芸能人が薬物で逮捕される事件が起きた。

    だが、まだまだ終わらない。

    厚生労働省麻薬取締部(通称・マトリ)は、今後も有名人の逮捕に力を入れる方針だという。


    そうしたなか、本紙は“極秘内偵リスト”に挙がった3人の名前を入手。

    果たしてそこに名前が記されているのは誰なのか――。


    t


    瀧は3月、コカインを使用したとして、マトリに麻薬取締法違反容疑で逮捕された。

    6月には懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けている。

    またマトリは5月、「KAT―TUN」の元メンバーである田口淳之介と元女優の小嶺麗奈を大麻取締法違反で逮捕。

    先月、ともに懲役6月、執行猶予2年の有罪判決が下された。


    今月に入ってからは有名人の逮捕ラッシュとなった。6日には、2010年のバンクーバー五輪日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者が大麻取締法違反容疑、元タレントの田代まさし容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕された。

    「田代容疑者は宮城県警だけど、瀧、田口、小嶺、国母容疑者はマトリが摘発した。
    ただ今後も芸能人など、有名人の逮捕に向けてマトリは手を緩めるつもりはないようだ」(事情通)


    “お手柄”が続いているマトリだが、最近も裏では大物にあと一歩のところまで迫っていた。

    「マトリには多くの情報が寄せられている。
    最近複数の大物女優の名が挙がって内偵。
    逮捕目前と言われていたが、どうもうまくいかなかったようで、その失敗を取り戻そうと躍起になっているという背景がある」(同)


    複数の大物女優が逮捕されていたら、「その影響は想像を絶するものになったはずだ」と前出事情通は指摘する。

    そうしたなか、本紙はマトリが新たに逮捕を狙っているという「極秘内偵リスト」を入手。

    そこには3人の芸能人の名があった。


    まずは大物歌手Aだ。

    「以前から不自然な言動が多いと評判だった。
    感情の起伏が激しく、必要以上にハイテンションなことも多いので、薬物の噂は絶えない」(芸能関係者)


    次は人気モデルB。

    とても違法薬物に手を染めているようには見えないが、「とにかく交友関係が怪しい。
    クスリ疑惑のある人物とよくつるんでおり、一緒に使用しているのでは?と水面下でささやかれている」(同)


    3人目はマルチな才能を持つお笑い芸人Cだ。

    「AやBと違って、Cは芸能マスコミで噂になったことすらなかった。
    ただマトリは数年前から内偵していた。
    どうやら、Cは女性関係が派手な上に、●行為の際に覚醒剤を使用していたとの情報もあり、重度のジャンキーの可能性があるそうです」(同)

    Cは今年もテレビで見ない日はないくらいの売れっ子。

    最近は出演機会が減っているが、「その才能は先輩芸人も認めるほどで、逮捕なんてことになれば業界内外に激震が走りますよ!」と前出事情通は目を丸くする。


    こうしたマトリの内偵リストに載っている疑惑の3人に関しては、警察もすでに情報をキャッチしているというから驚きだ。

    「薬物捜査を手掛ける警視庁の組織犯罪対策5課にも情報が入っているようだ。
    捜査合戦の様相を呈しており、ある意味でライバル関係にある警察、マトリとも一歩も引くつもりはない。
    マトリでは『警察より先に逮捕しろ!』と号令がかかっている」(同)


    両組織が激しく競り合っている以上、逮捕までさほど時間はかからないだろう。

    11月も中旬にさしかかったとはいえ、「有名芸能人が薬物でまた逮捕」というニュースが年内に流れるかもしれない。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1619637/

    所長見解:誰やねん・・・

    【【速報】大物芸人、人気モデル、大物歌手などが薬物で逮捕の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Melon

    y

    所長見解:おもろい・・・

    【【急募】米津玄師の次の新曲でありそうなタイトルがコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    気持ち悪い歌詞を書く

    r

    所長見解:見ないな・・・


    【【悲報】河村隆一について知っていることがコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    結婚目前とまで報じられていたが、3カ月前に”人生の決断”を!

    「Takaさんは相変わらず店に来ていますが、一緒によく連れていた浅田さんは最近まったく見なくなりました」(Takaが行きつけの都内の会員制バーの常連客)

    いわゆる“文春砲”で昨春から交際が報じられていた浅田舞(31)とワンオクことONE OK ROCKのTaka(31)。

    今年2月にはワンオクの北米ツアーに舞が同行していた姿がキャッチされ、一部では結婚も近いと報じられていた。

    m


    だが、2人の共通の知人は本誌にこう語る。

    「実は、3カ月前に2人は別れてしまったんです。
    舞ちゃんはTakaくんの友達からも評判がよかったんですけどね。
    気がきくし、彼のことを立てますし。
    私も“2人はこのまま結婚するのかなぁ”とまで思っていたんですが……」

    いったい2人に何があったのか。

    「Takaくんは音楽活動で忙しいうえに、男女問わず友人が多く、付き合いも非常にいい。
    オフの日も仲間たちと深夜まで飲み歩くことが多いんです。
    でも舞ちゃんは『2人きりで会いたい!』と言う日が増え、2人の間がギクシャクしたことが大きな原因のようです」(前出・知人)


    Takaの交友関係の広さは芸能界でも有名。

    hyde(50)や綾野剛(37)、市川海老蔵(41)らと楽しそうに宴を囲んでいる姿がインスタなどにアップされている。

    「舞ちゃんとすれば、交際も2年に近づき、2人の将来について真剣に考えるようになっていました。
    なかなか2人で今後について話し合える時間もなく、不安になっていったようです」(前出・知人)


    浅田は昨年4月、情報番組『ごごナマ』(NHK総合)で自身の結婚観を聞かれ、こう語っている。

    「35歳くらいまでには(結婚したいです)。
    やっぱり私が姉妹なので、自分がお母さんになったときには、兄弟、姉妹が欲しいな、作ってあげたいなと思います」

    前出の知人は嘆きながら言う。

    「舞さんは悩みに悩んだ結果、“彼の生き方に、もうこれ以上付き合えない”と涙ながらに別れを決めたと聞きました」

    破局から3カ月。

    実はTakaには新たな出会いが――。

    「Takaくんにはすでに親密な女性がいるそうです。
    モデルで、付き合ってまだ1カ月だと聞いています。
    友人の俳優やアーティストにはもう紹介ずみで、行きつけのバーにも連れて来たりしています」(前出・知人)

    10月24日、妹・浅田真央(29)は「第20回ベストフォーマリスト」を受賞。

    副賞に「クリスマスイブの横浜ワンナイトクルーズ」を贈呈され「姉と行きたい」と語った。

    傷心の姉を慰めるためなのか……。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191029-00010002-jisin-ent

    所長見解:そうなるよな・・・

    【【悲報】浅田舞さん、ワンオクと破局の模様・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    音楽プロデューサーの小室哲哉氏(60)が妻で歌手のKEIKO(47)に離婚を切り出し、すでに東京家裁に関連書類が提出され、今年に入って5回の調停が行われていると報じられた。


    「女性を不幸にする男はどこまでいっても変わらない」「残念な方」「軽蔑に値する」と、世間の反応は非難ごうごうだが、小室氏を知るマスコミ、音楽関係者の見方はちょっと違う。


    「わがまま放題、好き勝手にやってきた男。
    これまでの生き方を見れば、報道が事実でも何も驚くことはない」と、もっぱらなのだ。

    あるワイドショーの芸能デスクもこう言う。

    「2011年にくも膜下出血を発症してから、リハビリに励んで、ようやく元気を取り戻しつつある妻に感謝し、これまで苦労させたことを詫びつつ、大切に寄り添う。
    そういう考えは小室さんにはない。
    倒れてから看病も自分なりに尽くしてきた。
    もう十分、我慢してきたのだから解放してもらってもいいだろう。
    形だけの夫婦関係を続けるのはうんざりと思っているようにもみえます」


    k


    ■看護婦との関係は継続

    小室氏は昨年の会見で、看護師の女性との不倫疑惑を否定するとともに、KEIKOの介護の大変さを語り、引退を表明した。

    普通の夫婦の会話がほぼできなくなっているとしつつ、そんなKEIKOと「目を見て、しっかり話をしていきたい」とも語り、同情を集めたが、大分の実家でKEIKOの面倒を見る親族側が今回の報道と同じ週刊文春でこう訴えた。

    「彼(小室)の話はほとんど嘘。
    桂子のサポートに疲れたと言っていますが、介護らしいことは何もしていませんし、そもそも今の彼女は要介護者ではない。
    なぜあそこまで、自分の妻のプライバシーや名誉にかかわることを、あしざまに言わなくてはならないのでしょうか」

     
    KEIKO本人も、小室氏の態度は腹に据えかねたようで、女性セブン最新号の直撃取材に応じている。

    白のトップスにデニム、真っ赤なバレエシューズ姿で「ジムやカラオケにはたまに行きますよ。自分の歌を歌うこともあります」などとコメントしたというから、夫婦の会話もできないほどの後遺症が残っているというのは信じがたい。

    小室氏との復縁について質問すると、首を横に振りながら「もうそれは全っ然!」とコメントしたそうだ。

     
    小室氏取材の長いベテラン芸能記者は言う。

    「アイドルデュオ『キララとウララ』のメンバーと結婚。
    そして離婚後、華原朋美と公私ともにパートナーとなりましたけれど、こちらは結婚にはいたらずに破局。
    その後、歌手Asamiと再婚し女児に恵まれましたけれど、これもわずか10カ月で離婚。
    慰謝料7億円と騒がれました。
    その離婚後わずか8カ月で結婚したのがKEIKOさん。
    小室さんの女性関係を振り返ると、不倫疑惑やら性格の不一致などで短期間で関係を終えています。
    どんな相手と結ばれても、長く添い遂げようというような感覚は希薄なのでしょう」

     
    著作権譲渡による巨額詐欺事件で08年に逮捕され、10億円以上の借金があるとされる小室氏。

    看護師の女性との“不倫”関係は継続中なのもバレてしまったが、調停で別居中の妻に生活費などを渡す婚姻費用を「月額8万円」とKEIKO側に提示したという。

    音楽業界で栄華を極めた男の成れの果て。

    もはや人間性の問題だろう。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17282917/ 


    所長見解:まあね・・・
    【【あの人は今】小室哲哉さんの人間性がコチラ・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ