ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:ミュージシャン

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元JUDY AND MARYのボーカルで歌手のYUKIが、9月30日いっぱいで24年間所属していた事務所との専属マネジメント契約を終了したと公式サイトで発表した。
    契約終了に伴い、オフィシャルファンクラブも来年2月末日で終了する。
    個人事務所の設立がささやかれる中、不名誉な疑惑が再燃している。

    y


    「10年以上前から言われ続けていることですが、パクリ疑惑が再燃しているんです。
    ネットで『YUKI』と入力すると、予測変換で『歌詞』『パクリ』と出てきてしまうほどの状況で、特に80年代に大ブレイクしたレベッカのボーカルでシンガーソングライターのNOKKOが書いた歌詞との類似点が指摘されています。

    NOKKOが『婦人公論』(中央公論新社)06年11月号で『歌詞を盗まれ、スケジュールに追い立てられて 空っぽの心のままでは、歌えなかった』と語ったことをきっかけに犯人捜しが始まり、同じ事務所の後輩であるYUKIではないかという声が噴出したんです。
    確かにレベッカの名曲『Maybe Tomorrow』『Cheap Hippis』『ロンリーバタフライ』などで使われているNOKKOの独特な歌詞とよく似た歌詞がJUDY AND MARYの楽曲にも登場しています。
    しかしNOKKOはそれ以上のことは何も明かしていませんから、真実は藪の中です」(音楽誌ライター)

    45歳2児の母には見えないほど若々しい容姿のYUKI。
    引退説も聞こえているが、願わくは自分のペースで活動を続けてほしい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1362017/ 


    所長見解:奇跡の45歳だよね・・・
    【【盗作疑惑】YUKI、事務所契約終了で再燃した「パクリ疑惑」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本中を驚かせた、歌手・安室奈美恵(40)の引退表明。
    まだ公式サイトでのファン向けの報告にとどまっており、安室奈美恵が重大な決断を下した過程や真意ははっきりとしていない。
    こうした中、安室奈美恵が1992年のデビューから2015年まで所属した芸能事務所「ライジング」の平哲夫社長(71)が、9月26日発売の『女性自身』(光文社)で引退劇の経緯を説明した。
    9月20日の引退発表の2週間前に平哲夫社長に電話を入れた安室奈美恵は、「近いうちに引退宣言を考えています」と伝えたという。

    「契約関係のトラブルから袂を分かつことになりましたが、平社長は安室の“育ての父”。
    引退という大事な報告を事前に平社長に済ますことで、安室は仁義を通したと言えます」(週刊誌記者)

    気になるのは引退の理由。
    『女性自身』は、40歳という節目を迎えた安室が、加齢に伴うパフォーマンス力の低下、
    そして体型の劣化を気に病んでいたことを挙げている。
    安室は2011年の横浜アリーナでのコンサートで、音程がまったく取れない大失態を演じた。
    結局、喉の不調を訴えて6曲で公演を中止。
    安室のプロ意識の高さをうがわせる反面、歌唱力の低下を印象付けた。

    「安室は自他ともに認める完璧主義者。
    歌やダンスを十分にこなせず、ルックスまで衰えた姿で客前に出ることへの抵抗感があったとみられます」(芸能誌記者)

    拭いがたい衰えは、数字として安室に突きつけられた。

    n


    ■高いプライドが現状を許せず

    同日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は、安室のコンサートの動員力が近年、落ち込んでいたことを挙げる。
    かつてはアリーナ会場を満員にしてきた安室だが、最近はホールクラスに縮小。
    そのうえ、時代の流れにあらがえずCDの売り上げも低迷。
    自分が思い描く理想と、ファンの意識とのかい離にフラストレーションが高まったようだ。

    「事務所独立騒動でメディアへの露出が減り、動員力やセールス力が顕著に低下しました。
    かつて一世を風靡した安室にとっては受け入れがたかったとみられます」(テレビ局社員)

    落ち目になる前に自ら輝かしい舞台からの退場を選んだ安室。
    その潔さの背景には、頂点を知った者だけの猛烈な自尊心の高さがうかがえる。

    http://dailynewsonline.jp/article/1358703/
    デイリーニュースオンライン


    所長見解:潔くていいよね・・・
    【【引退真相】歌唱力、ルックス、人気の低下…安室奈美恵引退の真意ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    さる9月18日、テレビ朝日で放送された大型歌番組「MUSIC STATION ウルトラFES 2017」で、1人の女性歌手の歌声が物議を醸した。

    SNS上の声を拾ってみよう。

    「生歌聞けたもんじゃない」
    「全然声出ないじゃん…がっかり」
    「歌めっちゃヘタになってる…なんかあったの?」

    「一般視聴者から酷評されているのは、岡本真夜です。
    1995年、自身が作詞・作曲したデビュー曲『TOMORROW』が約180万枚のビッグセールスを記録。
    以後20年以上、歌手活動を地道ながら続けています」(芸能ライター)

    同曲は阪神大震災と同年に発売されたこともあり、被災者など多くの人々から「勇気をもらった」「元気づけられた」といった声が寄せられたと、彼女本人がインタビューで明かしている。
    世代を超えてのスタンダードナンバーである。

    だが、その生みの親で、いつまでも当時のままの歌声を聴かせてほしい肝心の張本人の声が“おかしい”というのだ。

    「ただ、岡本の歌唱力が疑問視されたのは今回だけではありません。
    先月27日の『24時間テレビ』(日本テレビ)の生放送でも『TOMORROW』を歌っていましたが、ネット上には『岡本真夜 明日は来ないぞ これ…歌ひどい』といった意見も投稿されていたほどです」(前出・芸能ライター)

    さらに2年前、2015年の「音楽の日」(TBS系)でも同曲を生熱唱したのだが、声量や音程が乱れたことが視聴者をザワつかせた。
    だがこの件に関しては本人からブログで「今週、息子の風邪がうつってしまい 昨日まで熱と闘っておりました」と、体調不良が原因だったことをファンに謝罪している。

    その時は体調不良で済んだが、それから数えきれないほど歌ってきているはず。
    本人はもちろん彼女を取り巻くレコード会社関係者は、その崩壊した歌声についてどう思っているのか。

    折りしも、来年引退を決意した安室奈美恵の決断に称賛が送られている。
    一方、人々から酷評され続けても歌い続ける岡本真夜。
    あなたはどちらがカッコイイと思いますか?

    http://news.livedoor.com/article/detail/13664239/
    アサ芸プラス

    no title


    所長見解:しかたないよね・・・
    【【経年劣化】岡本真夜「TOMORROW」の声量が超絶劣化で「明日は来ない」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りのことを精一杯し、有意義な1年にしたい》

    9月20日、公式HPで来年9月16日をもって引退することを発表した安室奈美恵(40)。
    これからの1年の抱負をこう語った。
    11月8日、ベストアルバム『Finally』を発売する。
    実はここで、大きなサプライズがあるという。

    「今年の8月、安室さんは小室哲哉さん(58)と極秘で再会したんです。
    2人が会うのは数年ぶりのはずです。
    すでに引退を考えていた安室さんは、ブレークのきっかけをつくってくれた恩師というべき小室さんに気持ちを伝えたかったのかもしれません。
    そこで話が盛り上がり、小室さんのプロデュースによる新曲が決まったんです」(音楽関係者)

    95年にソロデビューした安室は、3曲目小室が楽曲をプロデュースし、大ブレイクを果たした。

    m


    だが、 01年に安室は“小室ファミリー”を離脱した。
    安室自身が他の路線に挑戦したいと考えたことなどが理由だった。
    その後、疎遠な時期が続き、小室の曲をまったく歌わない時期もあったという。

    《一時期、小室さん時代の曲はしばらく歌わない方が良いのかもと思っていました。
    過去は振り返りたくないし、私は今の自分を見てほしかったから。
    でも、小室さんが作ってくれた歌はいい歌が多いんですよ。
    今でも歌うとテンションが上がる。
    やっぱり、いいものはいいし、そう素直に言える大人でいたい》(『AERA』08年5月12日号)

    袂を別ってから16年。
    歳月が雪を溶かしたようだ。

    「すでに、レコーディングに入っているようです。
    アップテンポな曲で、これまで小室さんが制作した安室さんの楽曲でいうと『Don't wana cry』に雰囲気が似ているかも。
    “2人の黄金期”を彷彿とさせる曲ですね。
    11月のベストアルバムにこの新曲も入るように進められています」(前出・音楽関係者)

    9月22日、仕事先のイタリアから帰国した小室は、羽田空港で取材に応じた。

    「(引退は)考えられなくもないなぁという感じです。
    始まりから卒業まで、すべてを見られることは初めてなので、感慨深いものはありますね」

    次々と新しいことに挑戦し、多くの人に感動を与えてきた安室奈美恵。
    最後の1年も、彼女の挑戦は止まることはない。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010002-jisin-ent


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【安室小室】安室奈美恵 新曲は16年ぶり小室プロデュースってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◇安室奈美恵引退発表

    n


    安室は昨年秋ごろ、京都市内に2億円の超高級マンションを購入。
    引退後は古都の歴史ある街並みで新たな生活をスタートさせるとみられる。

    地元の不動産業者は「40代を迎え穏やかに暮らすには最高の場所」と話した。

    また、音楽関係者は「激動の歌手人生だったので、子供も成人するタイミングで第二の人生を歩むのかもしれませんね」と指摘した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000076-spnannex-ent


    所長見解:沖縄じゃないんだ・・・
    【【衝撃引退】安室奈美恵、引退後は京都に移住ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ