ミッツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    26日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の中で、水曜メンバーのミッツ・マングローブが今月限りで卒業することが発表された。
    番組開始当初から7年半、レギュラーを務め上げた。
    ミッツは卒業に際し、「(ヒルナンデスへのレギュラー出演で)ようやく昼の女になれたと思ったんですけど、また夜に帰ります」とあいさつしていた。

    「24日月曜日にはモデルでタレントのマギーが卒業。
    彼女はInstagramで月曜メンバーとの思い出のロケを振り返り『スタッフのみなさんもありがとうございました。またどこかで』と感謝していました」(芸能ライター)

    また25日火曜日には、オリエンタルラジオの2人が6年半務めたレギュラーを卒業すると発表している。
    改編期とはいえ、こうした相次ぐ降板劇について何か考えられることはあるのだろうか。

    r


    「ミッツに関していえば、出てきた当時は『マツコ・デラックス』の再来と言われ、業界内の期待も大きかった。
    『サンデー・ジャポン』(TBS系)にも頻繁に登場していましたが、今や呼ばれることはほぼありません。
    その後、マツコの人気上昇と同時に、ミッツがそこまでの器でないことが露呈してしまった感がある」(業界関係者)

    オリエンタルラジオに関して言えば、中田敦彦の“失態”を挙げる者もいる。

    「去年3月、脳科学者の茂木健一郎氏が、自身のTwitterで日本のお笑い芸人を揶揄。
    さらに『地上波テレビはオワコン』と批判しました。
    この『舌禍』によって『ワイドナショー』(フジテレビ系)に呼び出され、松本の攻撃を受けていました。
    それに対し、茂木氏を擁護する意見をブログで展開したのが中田だったのです。
    この“アンチ松本”の姿勢が吉本興業の社内で大問題になつたそうです」(前出の芸能ライター)

    中田は今年4月、『ビビット』(TBS系)のコメンテーターも降板している。
    今回の『ヒルナンデス!』卒業も、松本との因縁が尾を引いているのだろうか。

    最後はマギーだ。
    SNS上では、「去年報じられたHi-STANDARDのギターボーカル・横山健との不倫したせい」「降板は遅すぎる」など再びバッシングされている。
    ミッツはともかく、オリラジ中田にしてもマギーにしても身から出たサビと言えるだろう。

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/88980165/


    所長見解:時期やね・・・

    【【人気昼番組】『ヒルナンデス!』レギュラーが次々と降板する理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明がミッツ・マングローブとともにMCを務め、4月からスタートしたフジテレビ系の新番組『石橋貴明のたいむとんねる』が苦戦を強いられている。

    同番組は、「大人のノスタルジーを刺激するトーク番組」をコンセプトに、アイドルやテレビ、歌謡曲、漫画、菓子、野球などさまざまなテーマに関する“ちょっと前の話”をゲストとともに盛り上げるトークバラエティー番組。

    石橋にとっては、20年以上続いた「とんねるず」による冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同局系)の打ち切り後にスタートとした初のレギュラー番組とあって、放送前から話題を集めていた。

    t


    第2回の平均視聴率は2.9%

    そんな同番組だが、午後11時からの深夜帯の番組とはいえ、4月16日放送の第1回の平均視聴率は3.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)、23日放送の第2回の平均視聴率が2.9%と視聴率の面では厳しい状況となっている。

    インターネット上では「視聴率なんて関係ない。普通に面白かった」、「懐かしかった~」という好意的な意見がある一方、「さすがにこの視聴率はまずい」、「昔の自慢話がしんどい」といった厳しい声も出ているが、バラエティー番組を手掛ける放送作家同番組について話す。

    「視聴者のノスタルジーを刺激する番組といえば、テレビやCMに特化し、80年代末から90年代にTBS系で放送された『テレビ探偵団』をはじめ、古くから番組の企画としてはよくあるもの。
    最近では雑誌や音楽の世界でも、80年代や90年代を振り返る企画が盛んに展開され、それなりに人気を集めていますしね。
    『石橋貴明のたいむとんねる』に関しても、番組の狙いやコンセプトは分かります」

    「とんねるず」といえば、テレビ黄金時代の80年代半ばにブレークし、長年テレビ業界の最前線で活躍し続けてきたが、「番組もコンセプトといわゆる“業界ネタ”を得意とするMCの石橋さんとの相性も良く、トークによるテーマの掘り下げ方も面白くて、いち視聴者としては楽しく見ています」(同放送作家)とか。

    リアルタイム視聴率は期待できない!?  だがその一方で、こうした意見も……。

    「ただ、こうした企画の番組はターゲットとなる視聴者の年齢層を限定するうえ、リアルタイムで視聴する必然性があまりない。
    番組を気に入った視聴者の中には時間による時に録画視聴でゆっくりと番組を楽しみたいと考える人も多いのではないでしょうか。
    まして放送時間帯が月曜日の午後11時スタートですからね。
    これがせめて金曜日や週末であれば、もう少し視聴率も良くなるとは思うのですが……。
    長寿冠番組の打ち切り直後の今の石橋さんにとっては、否が応でも“数字”は気になるでしょうけど、視聴率では今後もかなりの苦戦が予想されます」(前出の放送作家)

    また、テレビ誌編集者はこう語る。

    「フジテレビさんは、テレビやテレビ業界が世間の憧れの対象だったテレビ黄金期から変わらぬバラエティー番組などでの内輪ウケの業界ノリや大掛かりなセットを駆使したバブルノリが、一部の視聴者から反感を買い、近年は視聴率で苦戦を強いられています。
    “昔を懐かしむ”という今回の番組も、メインターゲットとなる視聴者層以外、とくに若い世代の視聴者層からすると、置き去りにされている観を抱かれる可能性はありますよね。
    逆にもっと深い深夜帯での放送やBSやCS向きの番組という印象もあります」

    果たして今後の同番組の巻き返しはなるか?

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000002-wordleaf-ent&p=1


    所長見解:ゲストによるよね・・・

    【【低視聴率】『石橋貴明のたいむとんねる』大苦戦のワケがコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    23日に放送されたフジテレビ系バラエティー番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜・後11時15分)の第2回の平均視聴率が2・9%だったことが24日、分かった。

    お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(56)とミッツ・マングローブ(43)がMCを務め、芸能やスポーツをテーマに大人のノスタルジーを刺激するトーク番組。

    16日放送の第1回目のゲストには歌手の工藤静香(47)が登場し、おニャン子時代の思い出などをトーク。
    第2回は「勝手に語りつぎたい新宿ディスコ」をテーマにDJ KOO(56)がゲスト出演し、石橋がダンスを披露するなどディスコ談義で盛り上がった。

    t


    視聴率は初回3・9%でスタート。
    今回は1ポイントのダウンとなったものの、ネット上では

    「新宿ディスコ、懐かしすぎる」
    「踊りたくなっちゃう」
    「やっぱり昭和 80年代が楽しかった」
    「今の芸人には出来ない番組」

    など続々と反響が上がっていた。

    また、次週30日放送の第3回には千原ジュニア(44)が登場し、「あしたのジョー」やダウンタウンらと共演した「笑っていいとも!」最終回について語ることが予告された。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000041-sph-ent

    所長見解:おもしろいよね・・・
    【【これはやばい】石橋貴明のたいむとんねるの視聴率がコチラ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    工藤静香、おニャン子の頃は「果てしなくやる気ゼロだった」

    歌手の工藤静香(48)が16日放送のフジテレビ系トーク番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜・後11時15分)初回にゲスト出演。
    15年ぶりの再会を果たしたMC「とんねるず」の石橋貴明(56)と熱いトークを展開した。

    k


    85年から87年にかけて放送された同局系バラエティー「夕やけニャンニャン」で共演していた石橋と工藤。
    おニャン子クラブのメンバーだった工藤は「あの頃はとんねるずの2人が怖くてしようがなかった」と、いきなり告白。

    石橋も「あの番組はいつの間にか、おニャン子の番組になっちゃって。
    辞めたくて辞めたくて、しようがなかった。
    (おニャン子メンバーにも)オマエらとしゃべるか!って思っていた。
    寄らば斬る!って感じで。
    オッパイもみたいくらいは思っていたけど…」と返した。

    当時16歳で大人気となった工藤だが、石橋が「あんまり、やる気なさそうだったよね?」と聞くと、「あの時はやる気ゼロだった。全然ゼロ。果てしなくゼロ。ソロデビューもいつの間にか決まっていた」と正直に振り返った。

    さらに石橋は「ソロで売れた頃、静香のポルシェに乗せてもらったら、ドライビングテクニックが男の子だった。怖かった」と明かすと、工藤は「(89年のヒット曲)『黄砂に吹かれて』の頃でしょ」と即答。
    おニャン子当時のファンについても「朝起きたら、自分が捨てたゴミが全部並んでいたり、本当にキモかった。
    私のマンションの前で私が捨てた生ゴミとかビンとか全部、並んでた。
    泊まったベッドでもシーツにティッシュがあったり、本当おかしくなりそうだった」と明かし、なぜか、石橋が「すみませんでした」と謝る場面もあった。

    「コンサートの後とか暴走族のファンが迎えに来てくれて、どっちの暴走族が(自分の送迎車を)先導するかでケンカしたりしていた。
    ケンカされてもイヤだったから、事務所の社長が止めていた」と明かした工藤。
    石橋も「ファンだけじゃなく、当時はテレビ局も誰でも玄関から入れるくらいセキュリティーが甘かった。
    TBSの玄関にあったグランドピアノとか持っていかれちゃったんですよ」と驚愕の事実を明かしていた。
     
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180416-OHT1T50171.html


    所長見解:おもしろかったね・・・
    【【衝撃暴露】工藤静香、おニャン子は「やる気ゼロだった」ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    およそ30年続いたフジテレビのバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了し、4月16日からは同局で新番組『石橋貴明のたいむとんねる』がスタートする。
    毎週月曜日の午後11時からという深夜枠のこの番組は、果たしてどんな内容なのか。

    t


    石橋は初収録後のスポーツ新聞の取材に対し「30年ずっと収録をやっていた木、金ではなく、火曜日に収録に来るようになった。
    スタジオも違っていて、こんなスタジオあるんだと思って」と新鮮な気持ちを語り、改めて木曜日と金曜日は何をしているのか問われると「ヨガの教室へ通う。ひまでひまで」とおどけた。

    新番組で石橋はミッツ・マングローブとMCを務める。
    “大人のノスタルジー”をテーマに毎回ゲストを招き、アイドル、テレビ、スポーツなど、ちょっと懐かしい時代を語り尽くすトーク番組だ。

    「石橋は現在56歳、ミッツは43歳。
    石橋はそれこそ何十年もこの世界の表舞台の先頭にいた人です。
    そしてミッツはアイドルとテレビ番組のオタク。
    このふたりのキャラクターと番組コンセプトから想像するに、フジテレビはもう30代以下の視聴者を切り捨て、ふたりと同じ年代をターゲットにしたマニアックなものにしようと決めたのでしょう。
    このふたりのコンビネーションはかなり期待できると思います」(テレビ雑誌編集者)


    最も石橋を輝かせることができる方法

    前述の取材において、どんなゲストと話をしたいか聞かれた石橋は「貴乃花親方を呼んで、ぜひいまの相撲界の話をしたい」と笑わせた。
    初回のゲストは工藤静香を予定しており、“イケイケだった1980年代のテレビ業界”をテーマに語り合うそうだ。

    この番組に対するSNSの反応はおおむね好意的だ。

    《バブル時代の懐かしい話をたくさん聞きたい》
    《フジテレビが全盛だったころの裏話を知りたい》
    《期待するのは暴露話。ネットを荒らして》
    《やはり昔のスポーツの話題が聞きたい》

    「1980年代を語らせたら、石橋の右に出る者はいないでしょう。
    むしろ、こうして昔を懐かしむという手法でしか、石橋を輝かせる方法はないのかもしれません」(芸能関係者)


    みなさんのおかげでしたの終了後、いくつか石橋にオファーがあったなかには『お笑いスター誕生』のような番組もあったようだが、石橋は「お笑いは審査するものではない」として断ったという。

    「石橋は、自分が世の中に出てきたのは秋元康氏をはじめ、いい出会いが連続したおかげだと思っています。
    おそらく深夜番組は、石橋が影響を受けたり、お世話になったアーティストやリスペクトする歌手を取り上げる、個人的趣向が強い番組になるでしょう」(同・関係者)

    若い世代は理解できないが、バブル世代にとってはたまらない番組になりそうだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-48839/


    所長見解:どうなんだろうね・・・
    【【新番組】30代以下完全無視!『石橋貴明のたいむとんねる』←これwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ