ミスターチルドレン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s

    一理ある


    所長見解:暗い・・・
    【【シーラーカンス♪】Mr.Childrenの最高傑作が深海という風潮 ←これ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小林武史、デビュー当時のMr.Childrenの印象は「地味で曲も非力だけど…」

    J-WAVEで放送中の番組『RINREI CLASSY LIVING』(ナビゲーター:村治佳織)。
    4月28日(土)のオンエアでは、音楽プロデューサー・小林武史さんが登場。
    音楽活動の遍歴や、プロデュース業から芸術祭の運営など、多岐にわたる活動についてお訊きしました。


    ■新アルバムのコンセプト

    小林さんは、スタジオミュージシャンとしてキャリアをスタート。
    作曲家、プロデューサーとして音楽業界の第一線で活躍を続けています。
    4月4日(水)には、ここ数年のプロデュースワークスを集めたアルバム『Takeshi Kobayashi meets Very Special Music Bloods』をリリースしました。


    ■音楽との出会い

    日本を代表する音楽プロデューサーである小林さん。
    音楽とは、どのように接点を持ったのでしょう。

    村治:小さい頃はどんな音楽を聴いていたのかなと。ピアノとの出会いはいつ頃だったのですか?

    小林:4歳か5歳だったんですけど、僕の母親の友だちの娘さんがピアノをやっていて、「これからは男の子も何かやったほうがいい時代」みたいな話で、やることになったんです。

    村治:自然と音楽への道を志そうと、思春期の頃に思われたんですか?

    小林:いろいろな影響があったんだけど、ちょうどスタジオミュージシャンというのが全盛の時代だったんですよね。田中康夫さんの小説『なんとなく、クリスタル』がブームで。トレンディなチャラっとした若者像を表現した作品なんですけど、主人公の女性が売れっ子モデルで、男性の主人公の職業がスタジオミュージシャンでしたから。別に憧れていたわけでもなかったんだけど、そういう時代だからそれなりに稼げるようになっていくんですよね。音楽の勉強を続けるなら、バークリー音楽大学に行きたいと思っていたんですけど、バークリーから帰ってきた先生の個人レッスンに1年くらい通っているうちに、段々と人脈ができてきて、ギャラを貰えるようになり、どんどん面白くなっていきました。


    ■新人時代のMr.Children

    m

    1980年代初頭「音楽業界はどんどん活況になっていった」と語る小林さん。
    YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が解散する頃に高橋幸宏さんや大貫妙子さんといった有名ミュージシャンに呼ばれるようになり、30歳前後で桑田佳祐さんと出会います。
    当時を振り返って、「スタジオミュージシャンの中では噂になるくらいで、ちょっと肩で風を切ってましたね(笑)」と語りました。
    さらに、新人だったMr.Childrenとの出会いも話してくれました。

    小林:「新人のバンドを手がけてみたい」と思ったんですよね。
    プロデュースをやってほしいと2つ話が来た中の、Mr.Childrenはどちらかというと地味なほうだったんです。
    曲も非力なのに、大きい相撲を取ろうとする相撲取り、若いときの千代の富士みたいな……たとえが古いけど(笑)。

    小林さんは7月14日(土/前夜祭)・15日(日)・16日(月・祝)に「ap bank fes '18」を6年ぶりに再開。
    もちろん、Mr.Children、Bank Bandが参加します。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/05/428mrchildren.html


    所長見解:才能あるよね・・・
    【【衝撃暴露】小林武史、デビュー当時のMr.Childrenは「地味で曲も非力だけど…」 ←これwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    現在、デビュー25周年記念ツアー「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」の真っただ中にあるMr.Childrenの桜井和寿。
    7月26日にはニューシングル「himawari」をリリースし、47歳になった現在も意欲的な音楽活動を送っている。

    そんな桜井に「薄毛進行」説が急浮上。
    7月15日付の「日刊ゲンダイ」では「頭頂部の髪を全部前に持ってきて、ガチガチに固められていた」というライブ会場での目撃談も報じられた。
    髪をかきあげる往年の姿を思えば衝撃的というほかないが、桜井の「薄毛進行」について業界筋に話を聞いてみると──。

    s


    「内輪では桜井さん本人も数年前から薄毛をネタにしてしゃべっているようですよ」と語るのはレコード会社関係者。
    続けてこう話す。

    「ミスチルがアルバム『Atomic Heart』や『深海』を出した90年代半ばから『いずれハゲそうな髪質』と言われていましたし、いよいよハゲたとしても驚きはありません。
    それより桜井さんの『切実な健康問題』も背景にありそうなので何とも言えない気分になりますね」

    ミスチル桜井の「切実な健康問題」とは?

    「2002年に発症した小脳梗塞です。
    『生涯ミュージシャン』を志している彼は、休養を経て後遺症なく復帰した後、再発しないように入念なケアをしてきました。
    ただ、そうなると、多くの有名歌手も服用していて薄毛改善の特効薬といわれる『ミノキシジル』という薬を飲むことができないんですよ。
    この薬は脳梗塞のリスクが高まる副作用も指摘されています。
    桜井さんは『髪より健康』を選んだのではないでしょうか」(前出・レコード会社関係者)

    いまだ創作意欲の衰えないミスチル桜井。
    彼が薄毛を気にしないでいるのは、一曲でも多く世に送り出すための「選択」だったのかもしれない。

    http://www.asagei.com/excerpt/85378


    所長見解:かぶればいい・・・

    【【ミス散る】ミスチル桜井「薄毛が進行中」の背景にあった「切実な問題」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年5月で結成25周年を迎えたロックバンド、Mr.Children(ミスターチルドレン)。
    ボーカルの桜井和寿(47)を中心に人気は世代を超えており、現在は6月10日から始まったミスチル史上最大規模の全国ツアー「Mr.Children DOME&STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving25」の真っ最中。
    どの会場もファンの熱気であふれかえっているというが、今月5日、京セラドーム大阪で行われたライブに足を運んだ女性ファンがこう嘆く。

    「1曲目の『センターオブユニバース』が流れて桜井さんが出てきた時、大歓声とともに女性ファンからのヒャ~ッ!という悲鳴が同時に上がりました。
    桜井さんの髪形が、頭頂部の髪を全部前に持ってきていて、スプレーか何かでガチガチに固められていたからです。
    以前から薄毛の噂はありましたが、まさかあんなに進んでいたとは……。
    アンガールズの田中さんと同じ状態を必死に固めて隠してる感じでした」

    no title


    ライブ中、桜井は飛んでも跳ねても汗だくになっても“御髪”は1ミリも動くことはなかったそうで、「桜井さんがサラサラの髪をかきあげるしぐさが好きだったんですが、髪に触ることもありませんでした。
    なんだか悲しい気持ちになってしまい、ミスチルが仲の良いスピッツのロビンソンを歌うなどせっかく盛り上がるいいライブだったのに、髪が気になってイマイチ耳に入ってきませんでした(涙)」。

    桜井も47歳といえばリッパな中年。
    歌声は円熟味を増して磨きがかかっているが、寄る年波には勝てず。
    リアル「ハゲしいな!桜井くん」(注・若ハゲの家系に生まれた主人公・桜井弘也の奮闘を描いた高倉あつこの人気コミック)になってしまったようだ。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/209503
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/209503/2


    所長見解:年齢的にも薄くもなるさ・・・
    【【これはハゲしいな】ミスチル桜井“頭髪変化”の衝撃 頭頂部の髪を全部前に持ってきてスプレーでガチガチに固定ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ