ミスターチルドレン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ボーカリスト兼ギタリストの桜井は、CD総売上枚数6000万枚を誇るミスチルの楽曲のほとんどを作詞・作曲している。
     
    「引っ越しの際、ご本人が奥さんと子供たちを連れて、近所に挨拶に回っていました。
    さすが大物アーティストだと思ったのは、千疋屋のメロンを手土産に持ってきたこと。
    でも、複数の近隣の方が受け取りを拒否したそうです」(近所住民)

    東京・世田谷区のとある高級住宅街。

    この地に豪邸を建てたにもかかわらず、近隣住民にメロンを受け取ってもらえなかったのは、ミスチルこと『Mr.Children』の桜井和寿(49)である。

    昨年夏に完成した新居は地上2階地下1階、敷地は約226坪で、延べ床面積は約260坪。

    スタジオが完備された地下室も約90坪ある。

    m


    「土地の坪単価は250万円ほど、上物の建築費用は坪200万円ほどだと推定できます。
    土地と建物を合わせて、総工費は10億円以上でしょう」
    (地元不動産業者)

    この邸宅に隣接する住民は複雑な気持ちでいるという。

    周辺を取材すると、こんな不満が聞こえてきた。

    「工期は説明もなく延期され、コンクリートを大量に使っていたからか、騒音が酷かった」

    「2階の屋上部分に目隠しとして、高さ2mほどの白壁の囲いがあります。おかげで周囲の家は日当たりや風通しが悪くなったんですよ」

    「外壁の高さが5mもあり、日の光が遮られてしまうんです。周りの草木が枯れてしまいます」

    工事期間中には住民グループが工事現場に行き、担当者に書面を渡して抗議したそうだ。

    「5回ほど抗議しましたが、担当者は『桜井さんに伝えておきます』の一点張りでした。
    挨拶に来た桜井さんにも問い質しましたが、『もう建ててしまったので……』と。
    ご本人は低姿勢で丁寧に対応していただきましたが、いまも納得はいっていません」(前出とは別の近所住民)

    桜井の所属事務所はこう回答する。

    「近隣の方々からご意見をいただいたことはありますが、個別に説明してきちんと対応し、良好な関係を築いております」

    6月14日発売のFRIDAY最新号では、桜井邸の写真を掲載。

    近隣住民の抗議内容を詳しく報じている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16616360/

    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/3/e3b67_1643_ceb51f21ff77eca8137dd24eef2174fe.jpg
    所長見解:高いな・・・

    【【ミスチル】「Mr.Children」桜井さんが地元住民とトラブルの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    AKB48・指原莉乃ラスト作でCD総売上枚数6000万枚突破「最後に良い思い出ができた」

    「歴代1位」の「シングル総売上枚数」も、今週付で5339.9万枚とし自己記録を更新。

    さらに「女性アーティスト歴代1位」の「音楽CD(シングル・アルバム)総売上枚数」は、6004.0万枚(シングル:5339.9万枚/アルバム:664.1万枚)と今週で遂に6000万枚を突破し、こちらも自己記録更新。

    全アーティストでは「歴代3位」から「歴代2位」に順位を上げた(「音楽CD(シングル・アルバム)総売上枚数」の歴代1位はB’z)。

    https://www.oricon.co.jp/news/2131807/full/

    no title

    所長見解:すごいね・・・

    【【衝撃事実】AKB48さん、ついにCD総売上枚数でMr.Childrenを抜き全アーティスト「歴代2位」に 残す1位はB'zのみ ←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「Mr.Childrenはこれからも第一線で戦っていくんだっていう宣戦布告です」。
    新作「重力と呼吸」をリリースしたMr.Childrenの桜井和寿(48)はそう語る。
    その裏には、25周年を終えての心境の変化があった。
    桜井が考える「時代が求める歌」とは。
    そして「今自分たちが鳴らしたい音」とは。

    s


    ■「歌を歌うことは体を消費すること」

    「25周年を境に、いろんなことを考えました。いつまで歌い続けられるんだろう、叫び続けられるんだろうということを、リアルに考えるようになった」

    昨年、Mr.Childrenはデビュー25周年を記念した全国ドーム&スタジアムツアーを開催した。
    9都市15公演、観客動員数約70万人。1公演3時間半、30曲以上。
    「25年間ありがとう」の気持ちを詰め込んだ「ベストライブ的なライブ」だった。
    桜井和寿は「過去のMr.Childrenの代表曲をこれでもかっていうくらい」歌いきった。

    「ステージで歌うこと、しかもMr.Childrenの歌を歌うことは、魂を消費することではなく、体を消費することなんです。
    僕はステージを隅から隅まで走り回って、体を使って表現していくことのほうがきっと向いているし、体全部で叫びとともに音楽に変えていくことが僕たちには向いている。
    (ドーム&スタジアムツアーで)自分たちの良さを改めて確認したような気がします」

    ツアーが始まる前は「本当にやれるのだろうか」という不安もあったという。

    「あの真夏のスタジアムに向けて、まるでスポーツ選手のようにコンディションを調整していきました。
    食生活を変えることから始まり、ライブの間に口にするドリンクや栄養補給は何がいいのか考えたりもしました。
    (ドラムの)JEN(鈴木英哉)なんかもほんとに不安だったと思う。
    特に僕はボーカリストなので肉体の衰えには自覚的だし、受け入れなければいけないと思っています。
    ですが、実際にやってみると、まだ余力があった。
    ツアーが進んでいくうちに、気が付いたら不安よりも自信のほうが大きくなっていた。
    『俺らまだまだできる』って」

    ギターの田原健一、ベースの中川敬輔らとバンドを組んだのは15歳のときだ。
    鈴木英哉の加入を経て、Mr.Childrenの4人がバンドを組むことになる。
    1992年にアルバム「EVERYTHING」でメジャーデビューした。
    4枚目のシングル「CROSS ROAD」で初の100万枚を達成すると、「innocent world」「Tomorrow never knows」と立て続けにヒットを飛ばし、一気にスターダムを駆け上がった。

    その後の活躍は周知のとおりだ。
    2015年のアルバム「REFLECTION」発売後に、アルバム総売上枚数3000万枚を突破。Mr.ChildrenのほかにはB’zと松任谷由実しかいない。

    新作「重力と呼吸」を制作するに当たり、桜井にある心境の変化があったという。

    「今までは、リスナーがMr.Childrenの音楽に触れるとき、シンガーである僕の顔ですら、思い浮かばないほうがいいと思っていました。
    もっと若いころは、かっこいいとか、カリスマ性だとか、そういうものを求められていたし、それに応えようとしていたところもあった。
    だから自分たちの表現も堅苦しかったなあとも思うし、狭かったなあとも思う」

    桜井は言葉を選びながら話した後、一呼吸置いてこう言った。

    「そういう意味では今、すっごく自由ですね」


    ■「期待に半分応えて、半分裏切る」

    2014年からの4年間はMr.Childrenにとって変化の時期だった。

    デビュー以来協働して楽曲制作を行ってきたプロデューサーの小林武史と離れ、セルフプロデュースを行うようになった。

    2015年には、アルバム「REFLECTION」を、CDとともに、23曲入りの「USB」という異例のかたちでリリースした。
    通常のアルバムはCDの最長収録時間に合わせて79分、12ー14曲程度に収まっている。
    しかし「全部聴いてほしい」という思いから、USBで届けるという方法を選んだ。

    >>2以降に続く

    https://news.yahoo.co.jp/feature/1106


    所長見解:長いよね・・・

    【【Mr.Children】桜井和寿「いつまで叫び続けられるんだろう」←は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代は空前のバンドブームと言っても過言ではないほど、多くのバンドが活躍し、莫大なCDセールスを記録しました。
    ではそんなバンド戦国時代真っ只中に、特に光っていたのはどのバンドだったのでしょうか。
    そこで今回は、90年代に活躍した最高にかっこいいバンドについて探ってみました。

    m


    1位 B’z
    2位 X JAPAN
    3位 Mr.Children
    4位 L’Arc~en~Ciel
    5位 サザンオールスターズ
    6位 GLAY
    7位 米米CLUB
    8位 スピッツ
    9位 JUDY AND MARY
    10位 THE YELLOW MONKEY

    11位以下はソースをご覧下さい
    https://ranking.goo.ne.jp/column/5300/ranking/51400/

    http://news.livedoor.com/article/detail/15160422/ 


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【懐かしい】90年代に活躍したバンドランキング 3位はMr.Children 2位にX JAPAN 1位はコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■桜井和寿×GAKU-MC=“ウカスカジー”が主催するフットボールの祭典『MIFA Football Park』に、TERU(GLAY)がサプライズ登場!

    Mr.Childrenの桜井和寿とGAKU-MCの音楽ユニット“ウカスカジー”が主催するフットボールの祭典『MIFA Football Park』が2018年で4周年となり、『MIFA Football Park 4th anniversary party ~MIFA 夏祭り~』が、8月4日、東京・豊洲PITにて開催された。

    豊洲PITでは『MIFA夏祭り』として、子供から大人まで1日楽しめるフットボールコンテンツ、ワークショップ、フードエリアなどが展開。

    そしてメインとなるウカスカジーのライブで、この日いちばんの盛り上がりが起きた。
    シークレットゲストとして、まさかのGLAYのTERUが出演したのだ!

    ライブ中盤、MCでGAKU-MCによる「MIFA Football Parkの会員さんをひとり紹介しようかなと思って。僕らのサッカーのお友達です!」という紹介でTERUがステージに登場。
    もちろん会場は悲鳴のような驚きの声一色となった。

    TERUを迎えての1曲目は、GLAYの名曲「HOWEVER」を桜井和寿が参加して歌唱。
    TERU自身も「このバージョンはなかなか聴けないよね。リハーサルで鳥肌がたった」と語る、まさに奇跡のコラボレーション。
    日本を代表するボーカリスト2人の歌唱はまさに圧巻! 
    会場全員が興奮しながら聴き惚れていた。

    そして続いてもGLAYナンバー「疾走れ!ミライ」。
    こちらはGAKU-MCがラップで参加し、ジャンルを超えた夢のコラボレーションが実現した。

    最後は、再び桜井和寿が参加して、GLAYの代表ロックナンバー「誘惑」。
    度肝を抜くサプライズ連続で、会場のボルテージはピークを迎えた。
    まるで夢のような時間を、会場にいるすべての人々が目に焼き付けていた。

    アンコールでもTERUは再びステージに上がり、ウカスカジー×TERUで「勝利の笑みを 君と」を大合唱。
    6月に開催されたロシアW杯の日本代表戦で、ロシアの空に響き渡ったサッカー日本代表公式応援ソングが、この日、豊洲に響きわたった。

    音楽だけではなく、フットボールというキーワードで生まれた奇跡のコラボレーション。
    改めてフットボールのコミュニケーション能力の高さを感じさせる出来事であった。

    なお、GLAYは8月25日・26日に函館にて大型野外ライブを開催。
    この日、豊洲を熱狂に包んだTERUが、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000006-mnet-musi

    no title


    所長見解:いいな・・・

    【【ミスチル】桜井和寿がGLAYの「HOWEVER」を歌った結果wwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ