ミスターチルドレン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小林武史「『innocent world』の詩でまったく違う次元に行った」Mr.Children桜井和寿が“覚醒”した瞬間を語る


    放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。

    6月7日(日)の放送では、音楽プロデューサー・小林武史さんが登場しました。


    ◆桑田佳祐は“1人ビートルズ”のような人

    小林:アレンジャーデビューをしたら、評判がよくて勢いがついていったんです。

    高須:いろんな方から声がかかりましたよね。

    小林:そうですね。そして、桑田佳祐さんと仕事をすることにも繋がりました。

    高須:すごいですよね。最初の出会いはどんな感じだったのですか?

    小林:「ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)」のような、ちょっとテクノ的な曲を作っていた藤井丈司さんという方がいるのですが、YMOと関わりがある人だったんです。
    桑田さんと関わる前に、いわゆるYMOフォロワーの人たちと2年間ぐらい仕事をしていました。

    そうした経験を積んだわけですが、桑田さんはちょっとジャンルが違ったんですね。
    反骨精神やキング・オブ・ポップの要素を持った“1人ビートルズ”と言いますか。
    そこにプラスして、日本的なおふざけが入っている(笑)。
    先に走っている人にはいなかったミュージシャンなんですよ。

    高須:そういった要素をわかり合いながら、曲を作っていくのは心地いいでしょうね。

    小林:“桑田さんが何に納得するのか”を考えることが、とても面白かったです。


    c


    ◆Mr.Childrenの転換期

    高須:桑田佳祐さんと仕事をされてから、Mr.Childrenの桜井和寿さんと出会われたんですよね。
    桜井さんは、当時どんな雰囲気の方でしたか?

    小林:桑田さんは、日本のポップシーンのなかに出てきた“突然変異”のような存在でしたね。
    一方で、僕と出会ったときの桜井は、将来を嘱望されるとは程遠い、やたらニコニコ笑う人でした(笑)。
    いまいち何を考えているのかわからない部分もあったけれど、“素直でいいお兄ちゃん”って感じでしたね。

    高須:「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」(フジテレビ系列)に桜井さんが初登場したときもニコニコしていました。
    ダウンタウンがキツいことを言っても受け流していましたし、帰るときもスタッフにすごく礼儀正しかったです。

    小林:当時、僕はMr.Childrenがどんな方向性のバンドに行けばいいのか、定まりきらなかったんです。
    JUN SKY WALKER(S)みたいな勢いや、ユニコーンみたいな自由奔放さがなかったんですよね。
    あの頃は、ビジュアルなどを考えてくれていたクリエイティブディレクターの信藤三雄さんに相談していました。
    その結果、自分たちでセルフメイクをして変化していく形となりましたね。

    高須:なるほど。たしかにMr.Childrenって変化を重ねていますもんね。

    小林:4枚目のシングル「CROSS ROAD」の詩と5枚目シングルの「innocent world」の詩を比べてみると、“まったく違う次元に行った”っていうのがわかると思うんですよ。

    当時、桜井と「innocent world」の歌詞を作るときに、僕が「個人的な思いをもっと出さないと」って言ったんです。
    そうしたら、桜井に「自分の思いを出したらダメだと思っていました」と言われたんですね。
    そして次の日、「いい歌詞が書けたと思います。できればこの歌詞は変えたくないです」と言ってきました。
    そこから、1人歩きをはじめていったんですね。


    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/CjWVa04Qzd.html?showContents=detail

    所長見解:いいよな・・・

    【【暴露】Mr.Children・桜井和寿が覚醒した瞬間「『innocent world』の詩でまったく違う次元に行った」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    桜井「ミュージシャンがライブ会場などでメッセージを発信することもあるが、彼らが信頼されてるのは音楽があってこそ。
    なのに自分自身が信頼されていると勘違いし、言葉を発信するのは謙虚ではない」

    s


    所長見解:まあな・・・
    【【話題】ミスターチルドレン・桜井さん「政治的発言するミュージシャンは馬鹿」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ・親がミスチルの桜井

    ・実家が世田谷区の10億円豪邸

    ・ドラムやってて10代にしてスガシカオのサポートメンバーやってる

    ・卒業式で女と2ショット撮りまくってる

    ・男友達ももちろんいる

    ・クッッッソイケメン

    これは嫉妬じゃない

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    所長見解:ええやん・・・

    【【検証画像】ミスチル・桜井のイケメンすぎる息子がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ミスチル桜井の長男がドラマーに、タピオカ好きの好青年

    《イケメンすぎる!》
    《もうこんなに大きくなったの?》
    《お父さんにそっくり》。

    一部の音楽ファンの間で話題になっているのがミュージシャンのKaito(18才)だ。


    「彼はMr.Childrenの桜井和寿さん(49才)の長男で、音楽の道へ進んでいます。
    ただ、ボーカルではなく、ドラムを選んだことに驚きました。
    現在は高校3年生でバンドに所属することなく、サポートドラマーとして数々のライブに参加しています。
    今年4月にはスガシカオさん(53才)が『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した時に参加し、話題になりました」(音楽業界関係者)


    d

     
    本名は海音。

    桜井が2000年にタレントの吉野美佳(47才)と再婚し、その1年後に長男として生まれた。

    「穏やかな波の音をイメージして桜井さんが考えた名前です。
    芸能人の子供が多く通う幼稚園から高校までの一貫校で過ごしてきました」(桜井の知人)

     
    最初から音楽一筋、というわけではない。

    幼い頃から、サッカーにも熱中していた。

    「桜井さんは大のサッカー好きで、Jリーガーにも知り合いが多くいます。
    海音くんもその影響を受け、中学時代は東京ヴェルディのジュニアユースチームに所属し、大会でMVPに輝くなど活躍していました」(前出・桜井の知人)


    一方の音楽活動の場は、主に自宅だったという。

    「桜井さんの自宅にはスタジオが完備してあるので、物心ついた時から音楽がそばにありました。
    そこでさまざまな楽器に触れて腕を磨きました。
    現在はインディーズバンドのサポートメンバーなどとしてライブに出ることも多く、高校の文化祭でもステージに上がっています。
    ただ、ステージを下りた時の素顔は、タピオカ好きの普通の好青年です」(前出・桜井の知人)

     
    桜井といえばギター兼ボーカルだ。

    「同じパートを選べば、どうしても比較されてしまう。
    海音くんもトップミュージシャンの息子という立場に悩んだ時期もあるそうですが、音楽の楽しさ、ドラムというパートの重要さを知り、それを乗り越えてきました」(前出・音楽業界関係者)


    スガシカオのバックバンドを務めたのは、父親の“アシスト“によるものだという。

    「桜井さんとスガシカオさんは親友なので、武者修行先として最適だったのでしょう。
    海音くんはこの道で生きていくと決意していますし、腕がいいだけでなくイケメンでもあるので、これから露出は増えるでしょう」(前出・音楽業界関係者)

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    ※女性セブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20190802_1423983.html?DETAIL 

    所長見解:そんな大きい子がいるんやね・・・

    【【これはイケメン】ミスチル・桜井さんの長男がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ボーカリスト兼ギタリストの桜井は、CD総売上枚数6000万枚を誇るミスチルの楽曲のほとんどを作詞・作曲している。
     
    「引っ越しの際、ご本人が奥さんと子供たちを連れて、近所に挨拶に回っていました。
    さすが大物アーティストだと思ったのは、千疋屋のメロンを手土産に持ってきたこと。
    でも、複数の近隣の方が受け取りを拒否したそうです」(近所住民)

    東京・世田谷区のとある高級住宅街。

    この地に豪邸を建てたにもかかわらず、近隣住民にメロンを受け取ってもらえなかったのは、ミスチルこと『Mr.Children』の桜井和寿(49)である。

    昨年夏に完成した新居は地上2階地下1階、敷地は約226坪で、延べ床面積は約260坪。

    スタジオが完備された地下室も約90坪ある。

    m


    「土地の坪単価は250万円ほど、上物の建築費用は坪200万円ほどだと推定できます。
    土地と建物を合わせて、総工費は10億円以上でしょう」
    (地元不動産業者)

    この邸宅に隣接する住民は複雑な気持ちでいるという。

    周辺を取材すると、こんな不満が聞こえてきた。

    「工期は説明もなく延期され、コンクリートを大量に使っていたからか、騒音が酷かった」

    「2階の屋上部分に目隠しとして、高さ2mほどの白壁の囲いがあります。おかげで周囲の家は日当たりや風通しが悪くなったんですよ」

    「外壁の高さが5mもあり、日の光が遮られてしまうんです。周りの草木が枯れてしまいます」

    工事期間中には住民グループが工事現場に行き、担当者に書面を渡して抗議したそうだ。

    「5回ほど抗議しましたが、担当者は『桜井さんに伝えておきます』の一点張りでした。
    挨拶に来た桜井さんにも問い質しましたが、『もう建ててしまったので……』と。
    ご本人は低姿勢で丁寧に対応していただきましたが、いまも納得はいっていません」(前出とは別の近所住民)

    桜井の所属事務所はこう回答する。

    「近隣の方々からご意見をいただいたことはありますが、個別に説明してきちんと対応し、良好な関係を築いております」

    6月14日発売のFRIDAY最新号では、桜井邸の写真を掲載。

    近隣住民の抗議内容を詳しく報じている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16616360/

    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/3/e3b67_1643_ceb51f21ff77eca8137dd24eef2174fe.jpg
    所長見解:高いな・・・

    【【ミスチル】「Mr.Children」桜井さんが地元住民とトラブルの模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ