マラソン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女子駅伝で放送事故wwww


    e


    プリウス

    ※動画がコチラ


    所長見解:あぶな・・・

    【【これは危険】女子駅伝で放送事故ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    24


    毎夏恒例の日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ43 愛は地球を救う」(8月22、23日=東京・両国国技館)の放送中に生挑戦する大型企画が16日、「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)の番組内で発表された。

    シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(48)が中心となった「募金ラン」で、1周5キロのコースを周回するごとに10万円を寄付する。

    マラソンコースは、一般公道ではなく私有地を使用する。


    https://hochi.news/articles/20200816-OHT1T50249.html

    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】24時間テレビ、コロナ禍の今年は私有地をぐるぐる回り募金するってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    日テレ「24時間テレビ」9月5、6日に放送内定 マラソンリレー有力候補は中居正広

    内々で準備を進めている日テレ


    新型コロナウイルスの影響で制作・放送が危ぶまれていた毎夏恒例、日本テレビの看板番組「24時間テレビ」の実施がついに決まった。

    例年、8月末の土日が定番だったが、今年の放送日は9月5日(土)から6日(日)で内定したという。

    注目の24時間マラソンは昨年に続いてリレー形式となる見込みで、元SMAPの中居正広(47)らが有力候補に挙がっている。


    n


    新型コロナウイルスはテレビ局にも大きな影響を与えている。

    各地で募金活動など様々なチャリティーイベントを行う24時間テレビも当然、影響を受けないわけがない。

    3月に日テレの小杉善信社長が「どういう形になろうが、必ずやるというふうに考えております」と明言するも、「本当にやれんのか!?」と懐疑的な目を向けるテレビマンは多かった。


    そんな中、9月5~6日に放送すること、さらに番組テーマを「命 イノチ いのち」とする方向で日テレ内はまとまったという情報を本紙はキャッチした。

    気になるメインパーソナリティーは、今年いっぱいで活動休止する「嵐」が濃厚。

    ジャニーズ事務所も内諾しているという。

    またチャリティーパーソナリティーは「Sexy Zone」中島健人、「King&Prince」平野紫耀の2人で最終調整している。

    中島と平野といえば同局のドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(毎週土曜日22時~)でW主演を務めることが決まっており、初回放送は本紙既報の6月27日を予定している。

    日テレ編成関係者は「ドラマは全10話。
    ちょうど最終回が8月29日土曜日になります。
    2人の人気から高視聴率を想定しているので、ドラマ終了の翌週土曜日の9月5日に24時間テレビを放送して、そのチャリティーパーソナリティーを中島と平野にやってもらうという戦略です。
    そうなれば番組は盛り上がりますからね!」と鼻息は荒い。


    すでに局内では、「24時間テレビ」に向けての制作が始まっている。

    局内の精鋭を集めたA班。

    そして新型コロナの影響が予想よりも大きくなった時に備え、ドラマやバラエティーの再放送を担当するB班。

    「この2班に分かれて作業しています」(同)。

    いくらコロナが終息の兆しを見せようが、番組制作は例年通りとはいかない。

    各コーナーはリモート収録で行われるという。

    「『24時間テレビ』の“主役”は障害者や難病と闘っている人たちです。
    健常者よりも免疫力が落ちている人たちを危険にさらすことがないよう、細心の注意を払い、VTRを制作します」(制作関係者)



    もう一つ気になるのは、番組の代名詞的存在の24時間マラソンは実施されるかどうかだろう。

    日テレ関係者は「あくまでも現在と比べて、コロナが終息に向かっていることが絶対条件」と前置きしつつ、「現在、有力なのがリレー形式。
    テーマである“命”の大切さを訴えて、タスキをつなぐんです」と明かした。

    各世代から幅広い大物たちがリレーランナーとして候補に挙がっている。

    「現在、最有力視されているのは、ジャニーズから独立した中居正広。
    そして他にはサンドウィッチマン、マラソンを趣味と公言し毎日3キロ近くを走っている寺田心くん、そして芸人の四千頭身です」(前同)


    警戒される新型コロナの第2波が来なければ、彼らの走る姿を見られるのかもしれないが…。



    ★フジ系「27時間テレビ」は中止=フジテレビ系の恒例大型特番「FNS27時間テレビ」は、今年の放送が中止になった。
    同局と同系列のサンケイスポーツが25日に報じた。
    同紙によると8月中旬の放送を目指していたが、新型コロナ感染拡大防止のため断念した。同番組の中止は前身を含めて34年目で初めて。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1867638/ 



    所長見解:やんねや・・・

    【【朗報】今年の「24時間テレビ」のマラソンランナーは中居正広ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京マラソンを主催する財団は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月1日のレースは一般ランナー抜きで実施すると発表した。

    t


    東京マラソンの定員はフルマラソンの部と10キロの部を合わせて約3万8000人だが、大幅に規模が縮小される。

    措置内容として「翌年の大会に出場可能」とする。

    しかし、エントリーする場合は「別途参加料の入金が必要」という。

    また今大会の「参加料及びチャリティー寄付金は返金いたしません」としている。

    同財団は1月末に新型コロナウイルスに関する対策チームを立ち上げ、対応策を練ってきた。

    希望者へのマスクの配布、ゴールウエットティッシュの配布、コース途中に出す補食の見直しなどを決めていた。

    14日には中国在住のランナーに参加の自粛を呼び掛け、出場資格を持ちながら出なかった中国在住ランナーに対しては、来年の大会の出場権を与え、参加料を免除するとしていた。

    ただ国内でも新型コロナウイルスの感染者は増加の一途。

    都心に大勢の人が集まるのは、感染の拡大を招くリスクがあるとして、一般ランナーのレースは苦渋の決断に至った。

    都庁をスタートし、東京ドーム、日本橋、浅草、銀座、東京タワーなど観光名所を巡るコースは人気が高い。

    人気の芸能人やアナウンサーが走るのも定番だった。

    今年の一般申込者数は29万3275人。

    一般募集の定員は2万6370人で、抽選倍率は11・1倍だった。

    東京マラソンはエリート選手の争いだけでなく、国内最大の都市型市民マラソンでもある東京の今回の判断を受け、開催を見送る判断を下す他の市民マラソン大会が増える可能性もある。

    残り1枠の東京五輪男子マラソンの日本代表選考を兼ねたエリートランナー部門は予定通りに開催され、大迫傑(28=ナイキ)、設楽悠太(28=ホンダ)、井上大仁(27=MHPS)らが出場を予定する。

    エリートランナーの部門では男女合わせて国内外の約176人の出場が発表されている。


    https://www.nikkansports.com/m/sports/athletics/news/202002170000767_m.html

    所長見解:残念やね・・・
    【【悲報】東京マラソンさん「一般参加者は出場中止になりましたが、参加料も寄付金も返金いたしません」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ピンクの靴ばかり」と話題 記録更新支える「厚底」シューズ席巻 全国高校駅伝 
     
    全国高校駅伝のレースを観戦していた観客から、「ピンクの靴ばかり」との声が漏れた。

    国内外で多くのトップ選手が愛用し、話題を呼ぶナイキ社製の厚底シューズだ。

    日本陸上競技連盟の強化担当者も「ここまでナイキを使う選手が多いとは。衝撃を受けた」と驚きを隠せなかった。


    e


    この日は男女で優勝した仙台育英と女子2位の神村学園の全選手、男子1区で日本選手最高記録を塗り替えた八千代松陰・佐藤らが「厚底」だった。

    大会前のアンケートでは有効回答のうち男子の8割強、女子の4割近くのチームが都大路で使用するとした。

    関係者によると、昨年は男子でごく一部、女子はゼロだったという。

     
    陸上界では底が薄く軽い靴が長距離走に適しているとされてきたが、常識を覆した。

    靴底に軽くクッション性のある素材で反発力の強いカーボンファイバー(炭素繊維)のプレートを挟むことで、反発力とクッション性を両立。

    色鮮やかなピンクを選ぶ選手が多く、特に目立っている。

    9月の東京五輪マラソン代表選考会で男子1位の中村匠吾(富士通)ら多くの選手がピンクの靴を履いていたことも、高校生に影響を与えたようだ。


    詳細はリンク先をご覧ください。
    https://mainichi.jp/koukouekiden/articles/20191222/k00/00m/050/144000c

    所長見解:ええの?・・・
    【【話題】全国高校駅伝のピンクの靴問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ