ママタレ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “ゆうこりん”、いや“おぐママ”が行き詰まっている。

    第3子を妊娠し、臨月に入ったものの、歯科医の夫と離婚の危機が迫っているのだ。

    彼女は何とか関係修復したいそうだが、夫にその気はないという。

    好きなママタレントランキングで2年連続1位になり、良妻賢母で知られたはずなのに……。



     
    ご存知ない方のために言っておくと、小倉優子(36)の現在の夫は2人目である。

    最初の夫はヘアメークアーティストで、11年10月に結婚。

    翌年6月に長男を出産すると、“こりん星”から来たお姫様キャラを封印し、ママタレとしての活動に入った。

    まずは著書でも、堅実な主婦像をアピールしていった。

    ●「小倉優子の幸せごはん」(12年12月、講談社)
    ●「小倉優子のはじめてママdays」(13年6月、主婦の友社)
    ●「小倉優子の毎日ほめられ ごはん」(13年11月、講談社)
    ●「小倉優子の毎日おいしい おうちでごはん」(14年12月、扶桑社)

     
    16年6月に第2子の妊娠を報告したが、8月に夫の不倫疑惑が報じられた。

    11月に次男を出産したが、夫とは離婚。

    そのまま、ママタレとして活動をスタートした。

    小倉が2人の愛児のために、家事をこなす姿はクローズアップされ、バラエティにもひっぱりだこ。

    この年11月に発表された第2回「好きなママタレントランキング」(オリコン)では見事、1位を獲得した。

    翌年も1位で2年連続トップとなった。


    y


    なぜママタレとして小倉はウケたのか。

    彼女を知るバラエティ番組のスタッフが言う。

    「妊娠中に夫に裏切られたという同情もあるでしょうが、あのおっとりした“ゆうこりん”が、シングルマザーとして2人の息子をしっかり育てつつ、バラエティ番組などで体を張って頑張っているという姿が共感を得たんでしょう」

     
    ところが、18年夏に現在の夫となる歯科医との交際が報道されると、11月の「ママタレランキング」では2位に。

    12月25日、小倉は再婚した。

    「今年2月には、第3子妊娠を発表したのですが、3月になると昨年末から別居していることが報じられました。
    再婚するにあたり、夫が彼女に専業主婦になることを迫ったとも報じられました」(同)

     
    3月12日、小倉がInstagramで別居についてコメントを発表。

    《この度は私たち夫婦のことでお騒がせしまして大変申し訳ございません。/報道された内容には事実と異なることもありますが、夫を支える妻として私の至らない点がありました。/今は家族で穏やかに過ごせる日を心から願い、二人の子供達と新しい命を大切に守って参りたいと考えております。/主人はご来院くださる患者様のために、日夜診察にあたっております。/誠に勝手なお願いですが、主人の職場、家族への取材はお控えくださいますようお願い申し上げます。》

     
    翌日には夫が「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の取材に初めて応じた。

    姿も声も映されなかったが、「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは1度もなかったです」と発言。

    異例の釈明をしたのだ。

    「夫が取材に応じたことでかなり風向きが変わりましたね。
    番組では、『詳細を話せば、妻の仕事への悪影響もあるでしょう』とコメントするなど、小倉に非があることが示唆しています。
    彼女から『人間が小さい』と罵られたことが引き金になったとも言われていますが、まあ彼女の性格ならあり得る話だと思いますね」(同)


    つづく


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18613270/

    所長見解:なんやろね・・・

    【【閲覧注意】関係者が暴露した小倉優子の本当の性格がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 
     
    小倉優子(36)の別居第一報から2週間以上経っても、いまだ夫妻の行く末を注視する世間の目は熱い。

    それはなぜか。

    芸能デスクが解説する。

    「ひとつは小倉が第3子を妊娠中ゆえ。
    彼女は2017年、前夫と小倉の後輩タレントとの不倫が原因で離婚したが、不倫発覚時も第2子を妊娠中で、同情が集まった。
    一度ならず二度までも……というわけです」

     
    もう一点は前回とは異なり、離婚を求めているのが夫の側という意外性だ。

    「小倉は17、18年と2年連続『好きなママタレント』1位に輝いた高好感度を誇る。
    インスタグラムでも家庭生活の様子を披露していたし、当然、歯科医の夫・A氏との夫婦仲は良好と思われていた。
    しかし小倉は3月12日、インスタで『妻として私の至らない点がありました』とコメント。一体どんな事情かと、同情ばかりではない興味をかき立てている」(同前)

     
    A氏の離婚の意志は固いという。

    「グッド!モーニング」(テレ朝)にコメントを寄せ、小倉に専業主婦になってほしかったことが離婚理由のひとつという報道に対し、「引退を迫ったことは一度もない」と否定。

    また「詳細を話せば妻の仕事への悪影響もあるでしょう」と、原因は小倉にあるという主張を暗に匂わせた。

    r


    ■夫に「人間が小さい」……キツい言葉の数々


    小倉は高校在学中の01年にグラビアデビュー。

    童顔に似合わない積極的な水着グラビアを展開。

    また「こりん星」から来たお姫様を自称し、「笑っていいとも!」(フジ)などバラエティー番組でも人気者になった。

     
    しかし、20代後半にはそのキャラに徹するのも厳しくなった。

    「悪魔キャラを貫徹するデーモン閣下が『設定が甘い』と小倉を叱ったという“伝説”もありますが、後にバラエティー番組で『こりん星』キャラが辛くなっていたことを告白。
    しかし12年に前夫との間に第1子を儲けてからママタレへイメチェン。
    ブログで子育ての様子を発信し、料理本も出版するなど、堅実な主婦像を打ち出した。
    結果、新たに女性層の支持を集めたという“キャラ変”の大成功例です」(テレビ制作関係者)

     
    子供のために復縁を求めているという小倉だが……。

    「小倉はああ見えて気が強い。
    A氏を『人間が小さい』と罵ったことが別居の引き金と文春が報じたが、A氏の匂わす“詳細”には、これにとどまらないキツい言葉の数々があるという。
    暴露合戦は大きなイメージダウンだし、粛々と離婚に向かうしかないのでは。
    試練を乗り越え、次は頼もしき『お姉様』キャラで再登場かも」(前出・芸能デスク)

     
    ユーコー的な別れこそが、新生ゆうこりんへの近道。


    https://bunshun.jp/articles/-/36854?page=1

    所長見解:アレやろね・・・


    【【リコン星】小倉優子さん、ヤバすぎる離婚危機の原因がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歯科医師Aさんとの離婚危機が報じられたタレント小倉優子に逆風が吹きだした。

    小倉は7歳と3歳の子供を連れ立って、Aさんと‘18年12月に再婚。

    夫婦円満に思われたが、昨秋ごろから亀裂が生じ始めていたという。


    一報を伝えたのは3月11日発行の「サンケイスポーツ」。

    同紙によれば、歯科医を営むAさんが家業のこともあり小倉に「芸能界を辞めてほしい」と頼んだところ、ママタレとして活躍中の小倉がこれを拒否。

    昨年11月には2人の初子となる妊娠が判明したが、「ご主人は妊娠を知りつつ、結婚1周年記念日にあたる昨年のクリスマス直前に突然、家を出ていったんです」と、関係者の証言を載せている。

    今年1月には弁護士を通じて離婚と2人の息子との養子縁組解消を求める書類が届いたという。


    記事によれば、小倉は親しい知人に「夫は一生懸命、家庭に尽くしてくれたのに私が甘えてしまった。
    別居直前まで夫婦関係は良好だと思っていたのに…」と涙ながらに告白。

    「夫がこんなにも怒りっぽい人とは 思わなかった。
    でも、子供たちや生まれてくる子のためにも、元の関係に戻りたい」と話していたという。

    これを受け、ネット上では小倉に対する同情論が殺到したが……。


    3月13日放送の『グッド! モーニング』(テレビ朝日系)では、渦中のAさんが反論。

    映像も音声も流さず、夫が語ったことを読み上げる形で放送された。


    Aさんは「事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います」と切り出し、「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは一度もなかったです」と明かした。

    さらに、昨年のクリスマス直前に突然家を出たという話にも「私から一方的に家を出た事実もありません」。

    一部で小倉のお腹の中の子供に「会いたくない」と報じられたことに関しても「お腹の子に限らず子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを今も大切に思ってくれているので、流れとしては私が最も望まない形になっている」と強調した。


    y


    食い違う双方の主張。

    一体どちらが正しいのか……?

    「このネタを追っていたのは、実は『女性セブン』でした。
    ところが、週頭にセブンが小倉さんの所属事務所に事実確認の問い合わせをしたところ、なぜか先にサンスポに出てしまった。
    サンスポも同じネタを追っていた可能性はありますが、業界では『小倉の事務所がサンスポに流したんだろ』ということで通っています」(ワイドショー関係者)

    この手の“スクープ潰し”はマスコミ業界では日常茶飯事で、仕方のない部分はある。

    ただ、サンスポの記事が“ゆうこりん擁護”の内容だったため、昨年大炎上した「あの一件」を思い出した人も多かった。

    「木下優樹菜さんの“タピオカ店騒動”ですよ。
    彼女と小倉さんは同じ事務所の所属で、人気のママタレという立場も一緒。
    どうしても同じように世間に色眼鏡で見られてしまう。
    妻と夫の言い分が180度違うにもかかわらず、ネット上では木下さんの時のような逆風が小倉さんに吹き始めています」(スポーツ紙記者)


    稼ぎ頭だった木下に続いて、小倉まで潰れてしまったらシャレにならない。

    事務所が彼女の今後を心配するのは、ビジネス的にも自然な流れだ。

    「理由がどうであれ、約1年でのスピード離婚は”ママタレ”のイメージには大きなマイナスなのは間違いない。
    小倉は何とかして元サヤに戻ろうと努力しているようだし、事務所もそれも全力でバックアップしている。
    その願いが夫に通じるかは、神のみぞ知るというところでしょうかね」(テレビ局関係者)


    小倉にとっても、事務所にとっても正念場になりそうだ――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00000001-friday-ent

    所長見解:これな・・・

    【【離婚騒動】小倉優子さん、ママタレ危機の理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの安田美沙子が12月16日、自身のインスタグラムを更新。

    新幹線の車内で長男を怒鳴ってしまったことを明かした。


    安田は、《怒鳴っちゃいけない、怒鳴っちゃいけない。。そう誓ったのに、新幹線で怒鳴ってしまって自己嫌悪。人目をはばからず泣きながらパパに電話。どうしていいか分からなくなっちゃいました》と明かすと同時に、同乗していた『ノンスタイル』の石田明にベビーカーと荷物を運んでもらったことを報告した。


    i


    怒鳴っちゃいけない、怒鳴っちゃいけない。。そう誓ったのに、新幹線で怒鳴ってしまって自己嫌悪。人目をはばからず泣きながらパパに電話。どうしていいか分からなくなっちゃいました。 . . . 行きの新幹線は、ベビーカーの車輪が上がらず、乗り込むのに手こずりました。乗り込んだらノンスタイルの石田さんが何か持とうか?と、席までベビーカーと荷物を運んで下さいました。 優しすぎる双子のパパ。私も双子だから母から大変さは聞いていたから… 天使に見えて泣きそうになった。 この場を借りて、ほんとにありがとうございました。 . . . なのに、なのに、イライラしてしまう私。説得して、分かってもらう手法を取りたくとも、周りに迷惑をかけてしまうと余裕が最近なくなってしまう。 こんなに大好きなのにね。ごめんね、こんなママで。 リセットする意味で朝から豚汁を作ってみました。野菜を沢山トントン切って。また優しい気持ちからスタート出来ますように。。。

    . . . #instafood #morning #豚汁 #mama #怒りたくない #けど怒っちゃう #しかも大声で #助けてくれた方ありがとうございます

    A post shared by 安田美沙子 (@yasuda_misako) on Dec 15, 2019 at 8:32pm PST


    ネット上では、

    《小さい子供と一緒の移動は大変だよね。分かります》

    《気持ち分かります!育児大変だよね》

    《周りに迷惑を掛けちゃダメって焦って、ついついキツく言っちゃうよね。よーく分かる》

    など、子育て世代のママたちからエールが送られた。


    実は夫にイラついてる?

    しかし、一方で、

    《育児ノイローゼかな。情緒不安定だと子供に伝染しますよ》

    《別に怒鳴りつけなくても良くね? ストレスたまってるのか?》

    《この人、普段からこんなだよね。そりゃ旦那も浮気するわw》

    など、批判の声も上がってしまった。


    「安田は8月にも、息子がご飯の入ったボールを落としてしまい、朝から一騒動あったことを報告しています。
    このときは『また怒ってしまったなぁ。。。怒りたくないのになぁ。。』とコメント。
    その後、頭部や顔面に鍼治療を受けている様子を投稿したことから、『育児ノイローゼだろう』と話題になりました。
    子育てが大変なのは理解できるのですが、それは小さい子供を持った家庭なら誰もが経験すること。
    ネット上では『実は夫にイライラしているのでは?』とウワサされています」(芸能記者)


    安田は昨年6月、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際、服飾デザイナーの夫の浮気が発覚したことに激怒し、ガラステーブルをひっくり返したことを告白している。

    安田は、第1子妊娠中の2016年12月にも夫に〝ゲス不倫〟されていたことを週刊誌に暴露されており、普段からかなりストレスをためているようだ。


    「〝泣きながら夫に電話した〟とありますが、電話したところでその場がどうなるわけでもありません。
    どうやらかなりの愚痴をブチまけたようで、周囲にいた乗客も尋常とは思えない興奮ぶりだったと証言しています。
    安田は今後もママタレとして活動していきたいと考えているようですが、夫の浮気グセが直らない限り、世間のママさんたちからの支持は得られにくいでしょうね」(同・記者)


    新幹線で手助けしてくれた石田は、双子のパパとして育児に奮闘する姿が評判だ。

    安田にしてみれば、何ともうらやましいパパに見えたことだろう。


    http://dailynewsonline.jp/article/2122852/

    所長見解:大変やな・・・
    【【これはヤバい】安田美沙子さん、育児ノイローゼ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “タピオカ店恫喝騒動”が表沙汰になってから約1か月半。

    タレント木下優樹菜が11月18日に、芸能活動の無期限活動自粛を発表した。

    これにより、ようやくテレビやスポーツ紙が一斉に報道した。


    木下の姉が勤務していたタピオカドリンク店のオーナー女性と給料の支払いなどのトラブルになり、“姉思い”の木下がオーナーに《ウチら怒らせたらどうなるかわからせてやろうか?》《いい年こいたばばあ》《事務所総出でやりますね》などと恫喝めいたダイレクトメールを送信。

    それをオーナーサイドがSNSで暴露したため、木下は謝罪から謹慎状態に追い込まれたものだ。


    当初はテレビやスポーツ紙などが一切この騒動を扱わないことにより、ネット上では所属事務所やマスコミの報道の在り方に対し物議を醸していた。


    y


    ワイドショー関係者が内情を明かす。

    「11月18日に事務所サイドから連絡があり、木下が休業する旨が伝えられました。
    放送するにあたっては“木下の動画の使用は全てOK”“過去のインスタやツイッターなども全てOK”“事務所のHPも公開OK”と、今までとは180度違う対応だったのです。
    しかし、彼女の画像素材を使用して報道するには一つだけ“条件”がつきつけられました。
    それは“今回1度の放送だけで、そのあとはこのタピオカ騒動のために素材を使わない”というものでした」


    それにしても、なぜこのタイミングで突然休業を発表することになったのか。

    「事務所サイドはレギュラーの収録済み番組が2本あったので、引き続き協議を重ねていた結果、発表がこの時期になったと言っていました。
    ですが、ここまでバッシングが大きくなってしまっては、“活動休止”を発表しないことには“復帰”ができないと思ったのが正直なところでしょうね。
    沢尻エリカ容疑者の逮捕や安倍総理の『桜を見る会』など、大きなニュースがあるうちに“1度だけの条件”で報道さえすれば、最小限のダメージで禊は済ませられると踏んだのかもしれません」(スポーツ紙記者)


    レギュラー番組だけでなくCMやインスタのPR案件、さらには夫の仕事への影響を考えると“タピオカ恫喝”の代償は計り知れない。

    いまだに木下のインスタには“二度と戻ってくるな”などという厳しいコメントが多い。

    「騒動が発覚したら即座に会見を開き、記者からの質疑応答がなくなるまで長時間でも対応するという真摯な態度が復帰への一番の近道だったでしょう。
    また、テレビやスポーツ紙などがこのニュースを扱わなかったことも、ネット全盛の時代には逆効果になってしまった」(芸能リポーター)


    今回の騒動では、人気ママタレの「ウラの顔」が公になってしまった。

    復帰にはまだまだ時間がかかりそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00000002-friday-ent



    所長見解:もうな・・・

    【【暴露】木下優樹菜「タピオカ恫喝騒動」全内幕がコチラ・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ