マツコ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    バラエティー番組で人気のマツコ・デラックス(46)に、まさかの引退話が浮上している。

    タレントを廃業し、以前から進みたかった実業家への道に入るというから驚きだ。

    m


    「周囲は必死になって止めています。理由はマツコがテレビに出るだけで視聴率が上がるからです。
    だから、事務所やテレビスタッフは大慌てなんです。
    でも、本人はすっかりその気になっている。
    もともとマツコは、芸能界は腰掛けと決めていましたからね」(テレビ事情通)

    実は、マツコにタレント廃業のきっかけを作った人物がいるという。

    なんと、世界の経済人の1人として名前が挙がる、トヨタ自動車の豊田章男代表取締役社長(62)だというのだ。

    「あくまでも噂の域を出ませんが、トヨタ自動車の名誉コンサルタントに就任するというんです。
    マツコ本人はこの話に、最初は頑なに固辞をしていたそうですが、関係者から何度も説得されたというんです。
    最終的には、その気になったそうです」(芸能プロ関係者)

    気になるコンサルタント料だが…。

    「金額はまだ噂の段階なので詳細は分かりませんが、過去の例を見るなら、週に一度くらいでも年収3000万円は下らない。
    もっと会社に出るなどすれば、数億円も夢ではないかもしれません」(同)

    そもそもマツコと豊田社長の接点は、どこにあるのか?

    「付き合いは、かれこれ10年になるそうです。
    マツコがトヨタのCMを受けた後、テレビ番組で共演してから、すっかり意気投合したんです。
    トヨタ社長の口癖は、『生まれや地位にかかわらず、心を開く』と常々言っている。
    人を肩書で判断せず、その分野に一番詳しい人と、自ら進んで話そうとするんです。
    だから、マツコと話して素晴らしい感性と頭のよさに感服したというです。
    もしかしたら将来、本当に特別役員、あるいは社員としてトヨタ自動車に迎え入れられる日が来るかもしれませんよ」(芸能事情通)

    経済界の大物のハートを鷲掴みにするマツコ・デラックス。

    そのマンパワーは底知れないようだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/53029425/


    所長見解:ないやろ・・・

    【【衝撃情報】マツコ・デラックスの芸能界引退説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マツコ・デラックスの発言が物議を醸している。

    m


    11月19日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコは政府が掲げた氷河期世代への就労支援策に持論を展開した。

    番組では、厚生労働省が「バブル崩壊後の就職氷河期で希望する仕事に就けず、現在は働いていない人の就業や自立支援を行う」という『読売新聞』の記事を取り上げて解説。

    これに対し、マツコは「もちろん、そういう時期があって苦労した人がいっぱいいるのは分かるんだけど、1つ気になったのが、『希望の職に就けなかったから腐った』的なニュアンスじゃない?」とコメント。

    非就業者になった原因が、望まない就職にあったと捉えることへの違和感を語った。

    さらに「それを言うんだったら、就職氷河期の人じゃなくたって希望する仕事に就けないで、それでも頑張った人はいるわけじゃない? だから、もうちょっと違う意味でサポートしてあげる方が、やる意義もあるし健全かなって私はちょっと思った」
    「“本人の望まない職場で”っていうのがちょっと引っかかるんだよね」と続ける。

    司会のふかわりょうから「時代によって売り手市場になったりするっていう、時代の不公平感っていうのはあるのでしょうか?」と問われると、「売り手市場のときでいろんな会社に楽に入れたとしても、結局入ってからどうなるかっていうのはその人の頑張り次第」と持論を語った。

    “向こう側”に行ったと批判の対象に…

    これに対して、ネット上では、

    《就職氷河期を全く分かってないな》
    《自分は何もしないくせに外野からいちいちうるさい》
    《就活したこともないマツコに何が分かるんだよ》
    《マツコはエントリーシート百枚書いたことあるわけ?》

    などと、マツコにとっては予想以上の反論の声が続出することに。

    「マツコは最近、好感度が急落中。先日も、木村拓哉の自宅でもてなされたことを明かし、『すっかり芸能界に染まったな…』と落胆の声が聞かれました。
    もはや“視聴者の怒りを代弁する”タイプのタレントではなくなったのかもしれません」(芸能記者)

    弱者ではなく、強者の側についたかのように見えてしまったマツコだが、本人に言わせれば「私のこと何も知らないアンタらに言われたくないわよ!」という感じだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1587822/

    所長見解:もうね・・・

    【【問題発言】マツコの「好感度」が急落問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の木村拓哉(45)が18日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。

    高校の同級生であるマツコ・デラックス(46)をゲストに迎え、ラジオ番組への思いを語った。

    m


    マツコは「ラジオの収録に作家みたいなものを置かずにやっているのはすごいと思う。
    (作家がいれば、2人だけで話すのと違って)逃げれるじゃん」とした上で、「あなたの番組やろうとした時に、キャスティングをあなたに頼るしかない。
    初めましての人を呼んで、木村拓哉とフリートークしてくださいってわけにはいかない」とスタッフ側の苦労を指摘。

    「あんたは厄介な人間なんですよ。
    本当に私たちは超厄介なのよ。
    私はごめんねって思いながら(現場に)入ってくる。
    テレビって厄介者だらけだけど、その中でも木村拓哉は厄介の中の厄介」と木村を笑わせた。

    続けて「芸能界でこの距離で話せる人、あと何人いるのよ」と問われ、木村は「さんまさん、二宮、浅野忠信、マツコ…。
    だから、この後やばいよね」とこれまでの番組ゲストを列挙して苦笑い。

    マツコは「この距離間で話せる人を全員呼んだら、それでこの番組終わりよ。
    面倒くさいのよ、あなたは」と笑った。

    さらに、ラジオを続けるモチベーションについて、木村は「ラジオしか自分の声で自分の感情で自分の思ったことを発信できることはない。
    だからやる意味がある」と説明。

    マツコも「SNSじゃなくて肉声でってことね。それは分かった。
    あんたは役者で発信しているのが役を通してのセリフだから、自身のリアルな言葉ではないわけだからね」と納得していた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15613053/
    スポニチアネックス


    所長見解:仲いいな・・・

    【【同級生】マツコ、キムタクに「あんたは厄介な人間」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の木村拓哉(45)が11日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。
    ゲストに高校の同級生であるマツコ・デラックス(46)を迎え、芸能界デビューについて語った。

    m


    マツコがテレビ出演を増やした裏に「ものすごく熱心に口説いてくれた人がいた」ことを明かすと、木村も「自分も全く一緒かな」と同調。
    「他の(メンバーの)話を聞くと自分で書類に写真貼って、全部記入して、封筒に入れてお願いしますって感じで履歴書を送るみたいな話を聞くんだけど、全然違う」とし、親戚が無断でジャニーズ事務所の選考に応募したことを明かした。

    中学2年の終わりごろの話として、「いついつに来てくださいっていうのも、アンチだったから嫌だって言って、4回ぐらいバックレて。
    5回目に『やりたくてもやれない人がいるから1回行ってみなさい』って言われて行った」といい、「『ジャニーっていうのがいるから会ってくれ』と言われて。
    ジャニーズ事務所に対してもむしろアンチだったから(知識がなくて)、ジャニーって聞いたら頭の中は外国人じゃん。
    外国人さんを探してもいないから、おじちゃんに『ジャニーさんどこにいるんですか?』って聞いたら、『僕だよ』って。
    『とりあえず踊っちゃいなよ』って言われた」と秘話を語った。

    マツコは「(学校で)『あの人ジャニーズらしいよ』みたいな噂は回るじゃん。
    今だから言えるけど、『ふーん、こんなものなのね』って最初思った」と切り出し、「あんた、だんだん顔ができてきた」と当時を回顧。

    木村が「そういう言い方するなよ。ただでさえ整形疑惑あるんだから」と笑うと、マツコが「そんなのあんの?これは加齢よ。この人いじってないです。可愛い感じだったのよ最初は。途中からキリっとしだしたの。スイッチが入ったのかなって思った」と完全否定していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15579044/


    所長見解:なんかね・・・

    【【キムタク】木村拓哉、ジャニーズ入り秘話がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHKが、禁断のキャスティングに着手する。
    平成最後となる『第69回紅白歌合戦』の総合司会に、マツコ・デラックス(45)をキャスティングすべく、動き出したというのだ。

    m


    「マツコをLGBTの象徴として捉え、開かれたNHKをPRするためです。当然、高視聴率が望めます。期待度はかなりのものですよ」(テレビ関係者)

    実はマツコの名前を決めるまでに、局内では紆余曲折があったという。
    「今年も残すところ3カ月を切ったというのに、紅白に関しては何のプランも出てこないんです。当然、方向性や演出も定まらない。
    制作を担当するスタッフ陣に、目玉演出をどう展開するのかと智恵を求めるも、まったく出ない状態に、一部幹部は自棄になって『紅白なんて止めますか』と言い出し、その場はかなりシラけた雰囲気になったというんです」(制作幹部)

    昨年も“目玉企画なし”と揶揄された紅白。
    土壇場になってお笑いコンビ『ウッチャンナンチャン』の内村光良を総合司会に据えることで、どうにか急場をしのいだが…。
    「今年も内村に司会を打診しているが、多忙を理由に、今のところ、色よい返事をもらえてはいないんですよ」(NHK関係者)

    そんな中、救世主として名前が浮上したのがマツコだったというのだ。
    「マツコは、『嵐』の相葉雅紀と、女優の有村架純が司会を務めた第67回のスペシャルゲストとしてタモリとともに出演している。
    当然、NHKに貢献しているわけで、最低限の資格は得ています」(NHK関係者)

    気になる出演料だが…。

    「当時は、リハ含め8時間拘束で80万円?だった。
    だが、総合司会となれば話は別。
    最近は民放並みにギャラを上げている。
    そうしないと誰も出演してくれないからです。
    今回は300万円?という提案があったそうです」(放送作家)

    果たしてマツコは、この条件を飲むのか要注目だ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1551626/
    週刊実話


    所長見解:嵐やろ・・・

    【【サプライズ】マツコ・デラックス『NHK紅白歌合戦』司会説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ