ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    マツコ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「天一」の愛称で親しまれる、京都発祥のラーメンチェーン店・天下一品。

    鶏ガラと野菜をドロドロになるまで煮込んだ独自のこってりスープで多くの中毒者を排出してきた。

    11日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、そんな天下一品に対する持論を有吉弘行が熱弁。

    同店のラーメンを未食のマツコ・デラックスを唸らせた。


    ・こってり後のお冷

    「天一のこってりを食べたあとのお冷が一番ウマい」という20代の会社員。
    熱い、濃いものを食べたあとに飲む水がウマいという主張だが、これに有吉とマツコは「水よりもお茶のほうがイイ」と、水が苦手で味のついた飲み物のほうが好きだと反論する。


    さらにここから、有吉が「こってり一強」の天一に対して、持論を展開していく。


    ・関西では「100%こってり」?

    「関西の人は『こってり以外ありえへんわ』って言う。
    例えばケンコバさんや小籔さんとかは『ありえへん!』って言うんだよ」と関西ではこってりの一強だと有吉は前置き。

    「アンケートをとったらほぼ100%がこってり。
    『あっさりのある意味がわからない』って関西の人は言う」と明かした上で「オレ、あっさり派なの」と告白。

    怯えながら「殺されるんじゃないかって怖くて(言えなかった)」とあっさり派が迫害されていると嘆いた。


    ・天一であっさりを選ぶ理由

    メニューとして「あっさり」があるのだが「ありえない」のが関西人の主張だと指摘し、「天一にはこってりを食べに行く店」と愛好者達が考えていると有吉は分析。

    「『あっさりを食べたいなら他の店もあるでしょ』って言われるけど、天一のあっさりがめちゃくちゃ好きなのよ」と、豚骨などのこってりしたラーメンも好みだとしながらも、天一ではあっさりを選ぶ理由を明かした。


    ・両派閥の意見は?

    あっさり系のラーメンが好きなマツコは天一を食べたことがないと謝罪。

    ドロドロと聞いて「食べれない」と、有吉のあっさり派に共感を寄せる。


    t


    視聴者も天一にはさまざまな感情があるのだろう。

    こってり・あっさり、両派閥から多くの意見が寄せられていた。


    有吉さんも天下一品はあっさり派なのか!
    迫害されてるあっさり派の私もなんか安心www#かりそめ天国
    saori(RN:かたはらいたし) (@saorisan) October 11, 2019

    有吉さん、天下一品はあっさり派なのか。意外。
    こってりはちょっと濃すぎて・・・(;´∀`)
    最近は「こっさり」ばかり食べてるかなー。#かりそめ天国 #天下一品
    かすみ (@ka_su_mi_0106) October 11, 2019

    有吉ええこと言うやん
    せやで、こってりを食べに来てるんやで天下一品は
    Key (@key_kun888) October 11, 2019

    有吉天下一品あっさり派は推せる
    Aカップ@夢みるバストサイズ (@ymadknpc) October 11, 2019

    有吉が天下一品はあっさりって言っててすこww
    社長 (@syatyou_mimorin) October 11, 2019


    独自の進化を遂げ、国民食とも言われるラーメン。

    多くの人が愛するメニューだけに、こだわりが強くなるのも理解できる。

    それでも店側が提示しているメニューに対して、好みを押し付ける一方的な主張は間違いと言える。

    「天一のあっさりが好き」と有吉らが胸を張って口にできる日が来ることを願うばかりだ。


    http://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20162179447/

    所長見解:こってりやわな・・・

    【【ラーメン】天下一品、こってり派 VS あっさり派 ←どっち?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『5時に夢中!』(TOKYO MX)において、筋トレブームが取り上げられた。

    『読売新聞』(読売新聞社)の記事では、24時間営業のフィットネスジムが増えているとし、筋トレはイコールボディビルといった従来のイメージから、理想の体型を目指すボディメイクの考え方が主流となりつつあると報じている。


    j


    これを受け、マツコ・デラックスは「すごいね。あっという間だったね。ますます肩身狭くなってきましたよ」とブームが加速し、デブ体型である自身の居場所が世間になくなりつつあると憂慮した。

    また今後は、「(かつての)アメリカみたいになるんじゃない。太ってるやつは人間じゃないみたいに」と未来を予測した。

    これには、ネット上で「マツコ、デブゆえに見えてくるものもあるのかな」「確かに24時間ジム増え過ぎだから、今後淘汰されそう」といった声が聞かれた。


    さらに、最近のジムは若い男女も増えているとし、かつては「ジムって昼行くと大概ババアだから」とマツコが口をすべらせる一面も。

    ただ、健康志向は悪いことではないとしながらも、「自堕落な人間にとって恐怖だと思うんですけど。
    自堕落狩りをするような方向へ行くのはやめて欲しい」と願望を語り、かつてのアメリカにおいて、太っている人間はセルフコントロールができない人物として、「会社にも入れない、仕事も振られないっていう、ちょっと自己管理狩りみたいなのが一時期あったけど、けど結局わかったのよ。
    アメリカ人は無理だって」と、今はそれほどでもないと指摘した。


    マツコは「私はいいんですよ。
    八つ裂きに遭おうが、『太っているからテレビ出られません』となっても、それはいい。
    ただ、それが蔓延しちゃうと、いろんなマイノリティに対する攻撃の土壌になっちゃうから」と憂慮した。

    これには、ネット上では「マツコ『デブ差別』に反対かよ」「社会の多様性とかいいつつ、デブ排除は良くないな」といった声が聞かれた。


    過剰な健康、筋トレブームに憂慮する部分が、マツコとしてはあるようだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16887701/

    所長見解:昼はね・・・
    【【悲報】「ジムは昼行くと大概ババア」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気タレントとしてテレビでその姿を見ない日はないというほど、相変わらずの売れっ子ぶりのマツコ・デラックスに、超ド級の仰天情報が浮上した。

    なんと、本気で芸能界引退を考えているというのだ。

    きっかけはマツコの毒舌を鈍らせることになってしまった「NHKから国民を守る党」(N国党)とのあのバトルだが、原因はほかにもあるようで――。

    m


    「なんでも最近は、1人でテレビを見られないそうなんです。
    万が一、ザッピングをしてN国党党首の立花孝志議員の顔を見てしまうと、パニック状態に陥ってしまうからだそうです。
    顔を見るのも嫌だ、っていう気持ちは分からなくはないですが…」(ある制作会社の関係者)

     
    だが、マツコが落ち込んでいるのはN国党とのバトルだけではない。

    最近、マツコ人気に明らかにカゲリが見え始めていることも原因だという。


    「以前はマツコに対しSNSなどでバッシングが起きることはまずあり得なかった。
    風向きが変わったのは、週刊文春が掲載した元SMAPの稲垣吾郎に対する発言から。
    『だってテレビは使いたくないんだもん。
    SMAPだから使われていたわけ…。
    SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか。
    SMAPにいたからこそチヤホヤされていた』などと言いたい放題、毒舌をぶっ放したんです。
    それがどうやら引き金になったみたい」(テレビ関係者)

     
    この発言により、当然マツコは元SMAPファンから猛バッシングを受けることになったのは記憶に新しい。

    「マツコは、文春の報道は『歪曲された』ものだと主張したけれど、もう後の祭りです。
    あの一件以来、明らかにミソがついてしまったことは間違いないでしょう」(同テレビ関係者)

     
    さらに、その悪い流れはマツコ最大の稼ぎ場といえるCMにも影響を及ぼしそうだ。

    「マツコのCMのギャラは1本最低2000万円からといわれています。
    現在、ナショナルクライアントが10社以上もあるので、CMだけで年収は軽く2億円は超えている計算です。
    ところが、最近マツコがMCの番組視聴率が軒並み下がっているんですよ。
    クライアントは視聴率に敏感です。
    イメージも悪化しているとなれば、減ってくるのは当然でしょう。
    来年の今ごろには半減どころか最悪3分の1になっているかもしれません」(芸能プロ関係者)

     
    自身の番組の視聴率が下がり、CMクライアントからの求心力も低下すればメディア露出もどんどん少なくなっていく。

    いわば、“マツコ全盛時代”が終わりを迎えているというわけだ。

     
    こんな状況を察したマツコは、いよいよ引退を考えているという。

    「確かにN国党との一件以来、得意の毒舌にキレがなくなった。
    自信がなくなっているんでしょう。
    最近は貯金でアパートを購入して、余生は海の見えるマンションで1人で果てたい、なんて弱音を吐いているようです。
    まあ、親友の有働由美子がそのたびにカツを入れて励ましているようですが…」(事情通)

     
    元SMAPの3人は、このところテレビ出演の機会が増えている。

    公正取引委員会が、3人を出演させないようにテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとしてジャニーズ事務所を注意した影響が出ていることは明白だ。

    そうなると、マツコの発言を思い出すファンも少なくないはずで、この逆風は当分続くことになるだろう。

     
    果たしてマツコはタレントとして再び復活することができるのか? 

    それとも本当に引退してしまうのか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000005-tospoweb-ent

    所長見解:せんやろ・・・

    【【悲報】マツコ「引退準備」の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    約10年に渡り、芸能界・テレビ界のトップランナーとして大活躍している国民的女装タレントのマツコ・デラックス(46)がついにピンチを迎えた。

    「テレビに定期的に出だしたのは05年位からだが、フジテレビの深夜で冠番組が始まった09年からブレイクし、今の国民的な地位に。
    ちょうどその頃『くりぃむしちゅー』の事務所に所属したのも大きい」(民放局プロデューサー)

    その後の活躍は言うまでもないが、今月になって急にタレント生命を追いやるようなピンチが連発しているという。


    m


    ひとつは以前、当サイトでも深堀したが、いまだ熱狂的信者が多数ついている元SMAP3人の『新しい地図』を敵に回したことだ。

    「8月1日売りの週刊文春の直撃をうけて、地図の3人を猛批判。
    常に弱者の味方のふりをしているが結局は強者であるジャニーズの飼い犬状態となっているのがバレてしまった。
    その後、週刊女性で必死の弁解をするも、マツコの弱いものイジメに批判が殺到した」(ジャニーズに詳しい女性誌デスク)

    現在も“マツコ許すまじ”の地図信者が方々で暴れており、マツコが広告契約をするスポンサーにもクレーム攻撃をしているというが……


    これだけで終われば、まだマツコの傷も浅くて済んだのかもしれない。

    しかし、もう一つのもっと厄介な案件は、実は、文春砲とほぼ同時に起きていたという。

    「マツコは文春砲の3日前の先月29日、レギュラー生出演している東京ローカル局のMXのレギュラー番組『5時に夢中!』で、あのN国党とその支持者を揶揄する発言をした。
    マツコからすれば、特にMXは通常の民放バラエティよりも好き勝手言える場所であって通常営業だった。
    しかし立花党首はそれを見逃さなかった」(前出プロデューサー)

    たしかにMXの件に関しては、演出等もありマツコからすれば濡れ衣かもしれないが、立花党首は、その翌週のマツコの出番回の生放送からMXを2週に渡って突撃、大騒動に発展した。

    「立花党首はSNSなどでもマツコを猛攻撃。
    かなり厄介な人物だが国会議員まで登りつめた行動力が売り。
    そんな立花氏にターゲットにされたマツコは番組プロデューサーに八つ当たりするしかなかった」(スポーツ紙記者)


    地図信者に、超厄介な国会議員とその政党、そんな急増しているマツコ包囲網に本人のメンタルも崩壊寸前のようだ。

    「連日、所属事務所の名物女社長に泣きついているという。
    つねづね『自分にはこの道しかない』と言っているタレント業を引退することはないでしょうけど、真剣に『しばらく休みたい』ともらしている」(同前)


    いままで突っ走ってきた、マツコもついに追い詰められて休業となるか。

    芸能界はトップのまま順風満帆に走り抜けられるほど甘くない世界ということだろう。


    https://k-knuckles.jp/1/8560/2/

    所長見解:そうね・・・
    【【休養へ】マツコ「しばらく休みたい」 ←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    独特のコメントで、出演する番組は高視聴率。

    テレビ界では引っ張りだこのマツコ・デラックスは、視聴率の女王とまで言われる。

    10月からは「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日)も深夜帯からゴールデンに昇格と向かうところ敵なしのようだが、その勢いに陰りが見えてきたという。

    一体、何が起きているのか。


    m


    それが彼女のCMの契約本数という。

    「これまで『自分はオカマだから、表に出るべき人間じゃない……』と控えめなコメントを発してきました。
    一歩引いたスタンスだからこそ、どこにも忖度することなく、大物も立てて来た。
    ところが最近では、自ら前面に出るようになってきました」(同)

     
    今年に入ってからだけでも彼女のCMはこれだけある。

    ●レノア本格消臭:プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン

    ●合組(白米):ホクレン農業協同組合連合会

    ●クロネコメンバーズ:ヤマト運輸

    ●dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー):資生堂

    ●HAKU メラノフォーカスF:資生堂

    ●FIRE ワンデイ ブラック:キリンビバレッジ

    ●鮮度生活 絹しょうゆ減塩:ヤマサ醤油

    ●薬用ピュオーラ GRAN:花王

    ●ピュオーラ 泡で出てくるハミガキ:花王

    ●グーグル


    「彼女は、かつては露出過多を嫌い、どんなに番組オファーが来ても、スペシャル番組などの出演を控えてきました。
    レギュラーも増やそうとはしなかった。
    もちろん、飽きられるのを防ぐためです。
    それはCMに関しても同様でした。
    ところが、この春からは資生堂のCMまで決まり喜んでいました。
    それが自分の商品価値を上げ、ステージを上げることに繋がると考えたのかもしれません。その結果、数多くのCMがテレビで流れることとなりました。
    まだレギュラーも少なかった頃、マツコがテレビに出演していると必ず見ていた視聴者は多かったはずですが、CMでの出演が増えたために『また出ている』と思われ、希少価値がなくなってしまったんです」(同)

     
    こうした中、彼女のレギュラー番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」が23時台からゴールデンへと昇格することが発表された。

    「未だにマツコに高視聴率が望めると信じて疑わないテレ朝にとっては、大きな誤算になるかもしれません。
    日テレとの三冠王争いに鎬を削っていますが、最後はマツコで敗れたなんてことになるかも……」(同)

     
    先に週刊文春の直撃に際し、マツコはこうも答えている。

    「テレビってそんな甘くないわよ。
    いち視聴者として冷静に考えてみてよ」
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08281131/?all=1



    所長見解:そうでもないような・・・

    【【悲報】マツコ・デラックス、失速の原因がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ