ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:マツコ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの木村拓哉が、22日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ホンマでっか!?TV』(毎週水曜21:00~)に初登場。
    公私ともに親しい明石家さんまが、木村の“女を見る目”を絶賛した。

    k


    「ホンマでっか!?人生相談」のコーナーで、木村は「さんまさんの生き方に共感できてしまう自分ってどうでしょうか?」と相談。
    せっかちなさんまの行動が理解できると打ち明けた。

    心理評論家の植木理恵氏から「ものの考え方も、答えをすぐに出したいせっかちさがあるか?」と聞かれると、「直観的な部分で『これやめた方がいい』とか『そっちじゃない』とか…」とすぐに判断すると答えた。

    するとさんまが「その能力すごいの。女性に対して、『やめた方がいいですよ』、『あの女ヤバイですよ』とか」と、“女を見る目”を絶賛。
    「変な女を見抜く目はすごい! 警戒して生きてきたからやと思うけど」と語った。

    https://news.mynavi.jp/article/20180822-682579/ 


    所長見解:これやね・・・

    【【キムタク伝説】明石家さんま、木村拓哉の「女を見る目」を絶賛した結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレント・マツコ・デラックス(45)が23日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。
    電車の中で化粧をする女性をバッシングする世間の風潮に苦言を呈した。

    m


    番組では電車内でメイクする女性を「盛り鉄女子」と名付けた記事を紹介。
    こうした女性に「人前でみっともない」など批判が集まっているという世間の声を紹介した。

    これに対し、意見を求められたマツコは「化粧だって、自分のヒザの上でそっとやっているだけでしょ。それだったら、(電車の中で)酒盛りしているジジイとか、ミカン食べながら、ワーワーやっているババアの方が迷惑じゃないの?」と問題提起。

    「女性の化粧を批判するなら、スマホも新聞を読むのも禁止にして、電車の中では直立不動でヒザの上に手を置いて、周りに迷惑かけないようにって決めないと平等じゃないでしょ」と続けた。

    マツコの厳しい口調にMCのふかわりょう(43)が「男性みんなが(化粧がみっともないと)思っているわけじゃないですからね」とフォローすると、マツコは「だって、ふかわさんはフェミニンだから」と微笑んでいた。

    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180723-OHT1T50150.html

    所長見解:そんな人いる?・・・
    【【問題提起】マツコ、電車で化粧する女性を擁護した結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k


    誰やろ?

    所長見解:いろいろいるよな・・・

    【【誰?】早死すると思う芸能人の結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    水面下での激しい争奪戦を経て、マツコ・デラックス(45)らが所属する中堅芸能事務所「ナチュラルエイト」の所属となった有働由美子アナ(49)。

    日本テレビ系の夜の報道番組「NEWS ZERO」のメインキャスターに就任することも明らかになったが、その余波とも思える動きがテレビ関係者の間でささやかれている。

    有働アナ獲得をめぐり、いくつかの芸能プロが獲得に名乗りを上げたが、その中で有利とみられていたのは、複数の有名歌手を抱える大手芸能事務所だった。

    「このプロダクションは有働アナと接触し始めた当初から社内に“専従チーム”をつくり、
    彼女が民放に出演するにあたって『どんな番組がふさわしいか』『何社くらいのスポンサーがバックアップしてくれるか』について詳しく調査を進めてきたといいます。

    ところが契約の最終確認をする段階になって有働アナが選んだのはナチュラルエイト。
    万全を期して受け入れ態勢を整えていたこの大手芸能プロに激震が走ったのは言うまでもありません」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

    そして有働アナは今年3月にNHKを退局。
    その日からこの大手芸能プロの“意趣返し”が始まったという。
    そのターゲットといわれているのがマツコ。
    有働アナが所属事務所を決める際に親身にアドバイスをしたり、背中を押したとも伝えられる。

    m


    「結果的にマツコに有働アナをさらわれることになった大手芸能プロの社内には、“マツコ潰し”に闘志を燃やす空気が漂っているそうです。
    今、具体的な方法として取り沙汰されているのが、“共演NG作戦”です。
    マツコのタレントとしての得意技は“共演者転がし”であり、その持ち味を存分に引き出すには良質の共演者が欠かせません。
    この大手芸能プロが本気で所属タレントとの共演NGを言い出したら、マツコはあっという間にテレビから姿を消してしまうことになるでしょう」

    実際、マツコがMCを務めるいくつかの番組で具体的な動きも出始めているという。

    さすがのマツコもこうした不穏な空気を察知したのか、13日に放送された「マツコ&有吉かりそめ天国」(テレビ朝日系)では、「私は(有働アナを)全然誘っていない。私はずっとNHKにいなさいと。NHKが合ってると(言っていた)」と懸命に否定した。

    本来なら有働アナの獲得はマツコにとってお手柄のはず。
    それがアダとなり、消滅危機に立たされているとしたら気の毒な話である。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/231395


    所長見解:大丈夫だろ・・・

    【【トラブル】 大手芸能プロがマツコを干す模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コラムニストでタレントのマツコ・デラックスの“女子アナ嫌い”は有名だ。
    マツコの女子アナ批判は、もはや“お家芸”ともなっている。

    m


    今年1月31日放送のバラエティ番組「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)では、フリーアナウンサーの加藤綾子を痛烈に批判。
    この日のテーマは音楽で、出演者たちは自分が一番好きな曲を書いたカードを胸につけて登場。加藤は中島みゆきの名曲「糸」を選曲したが、マツコは「いやもう、ホントすごい。アンタって本当に汚い女!」とバッサリ。
    万人受けを狙って、誰からも嫌われない曲を選んだ加藤を“あざとい”と見たようだ。

    内面だけではなく、外見にも手厳しい。
    昨年4月19日に放送されたバラエティ番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)でマツコは、進行役の同局アナウンサー・久保田直子に「年なんだから(カラコンを)やめたほうがいいよ」とアドバイス。
    しかし久保田アナは「1ミリでも盛りたいじゃないですか」と反論すると、マツコは「ババァが盛ってどうすんのよ」と突き放した。

    そのマツコが大絶賛したのが、テレビ東京アナウンサーの松丸友紀だ。
    松丸アナは2010年の「日経トレンディ」の連載記事で、マツコからモデルと間違えられ、「女子アナの中で一番美人」だと言われたことを告白している。

    y


    「松丸アナは現在育休中ですが、同局のバラエティ番組『ゴッドタン』では、アナウンサーらしからぬ大胆発言や、コマネチなどの芸で人気を博していました。
    美貌だけでなく、お高くとまらないところも、マツコは気に入っていると思います」(テレビ誌記者)

    辛口のマツコからも一目置かれる松丸アナの復帰が楽しみだ。


    アサジョ 
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_50103/

    所長見解:おもしろいよね・・・
    【【女子穴】マツコが「いちばん美人」と絶賛した女子アナがコチラwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ