ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本中が涙した小林麻央さんの死去から2週間が経過した。
    息子の勸玄君は3日の「七月大歌舞伎」で、父親の歌舞伎俳優・市川海老蔵とともに「宙乗り」に挑戦。
    これは病床の麻央さんが最期まで見たがっていたシーンで、海老蔵は宙乗りの瞬間についてブログで「よくやった そばにママいたね、と互いに話しました」と綴った。

    一方で心配されるのは家族のメンタル面だ。
    なかでも「一卵性姉妹」とまで評された姉の小林麻耶を気に掛ける声が多い。
    麻耶は先月26日のブログで、最愛の妹を失った心境を告白。

    「正直、この現実を私は受け止めることができずにいます」
    「もっと一緒にいたかった もっと一緒に話したかった もっと一緒に笑い合いたかった」「これまで妹が教えてくれた…当たり前のことなど何ひとつない 日常の有り難さ 命の輝き、尊さ 愛に生きるということ ひとつひとつ噛み締めながら妹がいない現実とともに生きていきたいと思います」とつづっていた。

    一部週刊誌では、麻耶が麗禾ちゃんと勸玄君の母親代わりとなり、生涯面倒を見る決意を固めたとも報じられたが…。

    m


    「彼女が妹の子供2人を気にかけているのは間違いない。
    その献身ぶりから、マスコミの間では『海老蔵の再婚相手は麻耶では?』という声もチラホラ聞こえてきている。
    たしかにその見立てはわかりますが、この段階で言う話ではないですよね」(テレビ関係者)

    だが、麻央はそんなゲスマスコミの勘ぐりもすべてお見通しだった。
    生前、そうした議論が飛び出すことを予期して、姉の麻耶に「お姉ちゃんはお姉ちゃんの人生があるんだよ」という主旨の話を伝えていたという。
    「死期を悟っていた麻央さんはそこまで物事を考えていた。本当に頭が下がります」(歌舞伎関係者)

    いまもなお深い悲しみに包まれている家族たち。
    安寧とした日常生活が訪れる日が来ることを願って止まない――。

    http://tocana.jp/2017/07/post_13759_entry.html


    所長見解:ゲスいよね・・・
    【【海老蔵の再婚相手は小林麻耶?】ゲス報道を見越して小林麻央さんが残した“遺言” ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    がんで闘病中だったフリーアナウンサー・小林麻央さん(享年34)が、22日に亡くなった。

    「死亡の一報が入った22日夜から23日深夜にかけて、各社はあわただしく動いていました。しかし、裏が取れない…といった初歩的な確認作業に追われている記者も多く、『死亡ではなく重篤な状態』など、さまざまな情報が飛び交いました。
    ひたむきに病気と闘ってきた麻央さんと家族を思うからこそ、あいまいな情報を流さないよう慎重になっていましたね」(芸能記者)

    そんなピリついた空気が流れるなか、記者たちをドン引きさせた2つのネット情報があったという。

    23日0時24分、芸能情報サイト「755」にて芸能リポーターの井上公造氏が「まさか! 信じたくない」と発言。
    続いて53分には「取材は続いています。朝が来るのが怖いです」と、麻央さんの死亡をにおわす発言を続けた。
    しかし、5時間後には「おはようございます! 昨晩はお騒がせして申し訳ございません。気にしないでください。取材に怪情報はつきものですから」と更新。
    「何が起きているんだ? ガセなのか?」と、ネットは一時騒然となった。

    h


    「井上の“まさか!”発言にはネット上でもドン引きする人が続出。
    市川海老蔵さんの心境やプライバシーを無視して、嬉々として意味深発言をして世間の注目を集めようとした井上氏には業界のみならず、SNSでも『クズ・ゴミ』といった指摘と批判が集中しています」(事情通)

    もうひとつは、23日2時50分にインターネット上の情報に詳しい「法律事務所クロス」のツイッターアカウントから流れたショッキングなツイート情報だった。

    「私の姪の小林麻央、先ほど亡くなられたとの第一報。
    初めて出会ったよく泣く元気な赤ちゃんのときが昨日のよう。
    最期まで笑顔を絶やさなかったようで。
    ご冥福をお祈りいたします」

    井上公造氏の意味深情報に続いて、突如“親族”と名乗る者による訃報ツイートが流れたことでネット上はまたも騒然。
    ツイート主に対し、「親族の話をペラペラ公表して最低だ!」と批判が殺到。
    大炎上へと発展し、23日午前13時現在もHPにアクセスできなくなっている。
    これについて同事務所に問い合わせたところ、担当者がタメ息混じりに答えてくれた。

    「朝から何100件もの電話を受けているんですけれども、弊社と小林麻央さんには何の接点もありません…。親族でもありません…。
    このツイートはなりすましのツイートです。
    数年前から、こうしたなりすまし被害に遭っており、殺害予告や爆破予告に弊社の代表の名前が使用されたこともあるんです。
    そういう場合は警察に相談しているのですが、犯人の見当はついていません…。
    なぜ弊社がいやがらせを受けるのかについても、理由は不明です…」
     
    2016年10月21日に同事務所の弁護士が出演したNHKの番組「ニュースウオッチ9」では、こうした嫌がらせを受けるきっかけは、ネット掲示板で中傷された高校生からの依頼を受けて、削除依頼をネット掲示板に報告した弁護活動にあると説明しているが…。

    「同番組では、殺害予告以外にも弁護士の家族のお墓に落書きをされるなどの被害を訴えていました。
    一部情報によると、今回のなりすましは、海外からの攻撃をくらったということですが、真相は不明。
    なりすましにしては、あまりにもタイミングが合っていることから、業界関係者が犯人だとみる人もいますね」(事情通)

    23日朝、海老蔵は「人生で一番泣いた日です。マスコミの方々も お察しください」とブログを更新し、できるだけそっとしてほしい心境を吐露したが、その裏では心無いリーク情報が飛び交っていたのだった。

    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_53050/


    所長見解:これはひどいね・・・
    【【これはひどい】小林麻央さんの訃報情報を垂れ流した井上公造と「親族と名乗る者」に批判殺到ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーアナウンサーで歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻・小林麻央さんが22日夜に死去した。
    海老蔵は会見を開いて自ら知らせる意向だったが、マスコミは会見前に麻央さんの死去を報道。
    ネットでは、海老蔵の思いを無視したマスコミに非難が殺到している。

    海老蔵は23日朝に「人生で一番泣いた日です」「なるべくいつも通りに過ごします」とブログを更新。
    マスコミに対しては、「お察しください。改めてご報告させていただきますので、近隣の方々のご迷惑になるのでひとまずおかえりくださいませ」と配慮を求め、14時30分から記者会見を行うことを伝えた。

    t


    しかし、多くの大手全国紙やスポーツ紙、テレビ局は海老蔵の会見前に麻央さんの死去を報道。
    海老蔵の意向を無視した報道に、ニュースサイトのコメント欄やソーシャルメディアには、疑問や非難の声が多数寄せられている。

    (続きはソースをご覧下さい)

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0623/blnews_170623_8386256210.html 
    BIGLOBEニュース編集部



    所長見解:ブログがね・・・
    【【これはひどい】会見前に小林麻央さんの死去報道… 海老蔵の「お察しください」を無視したマスコミに非難殺到ってよ・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    海老蔵「人生で一番泣いた日です」 報道陣に呼びかけも

    e


    歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が23日7時23分に自身のブログを更新。
    「人生で一番泣いた日です」とつづり、身辺に重大な出来事が発生したことをうかがわせた。

    さらに海老蔵は「マスコミの方々もお察しください。改めてご報告させていただきますので、近隣の方々のご迷惑になるのでひとまずおかえりくださいませ、宜しくお願い致します」と報道陣に呼びかけた。

    22日、海老蔵はブログで乳がんで闘病中の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(34)との在宅医療の日々を「戦い」とし、「よくなってほしい、ただそれだけ」などとつづった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000082-spnannex-ent


    所長見解:これってまさか・・・
    【【これって・・・】市川海老蔵「人生で一番泣いた。マスコミの方々もお察しください」ってよ・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ