マギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マギー“美腹筋”あらわな大胆ショットに反響

    「キレカワすぎ」
    「超絶美人!」



    d


    モデルのマギー(30)が、自身のインスタグラムを更新。

    美腹筋があらわになった、大胆ショットを公開した。
     
    同日発売の『anan』に登場していることを紹介したマギーは「腸活について語っています。
    日頃私が気にしている身体のあれこれ良かったら読んでみてね▼(ハート)。
    写真はオフショットなので、メインも紙面でチェックして下さい」と呼びかけた。
     

    引き締まったボディーに、ファンからは

    「キレカワすぎ」
    「美しい腹筋」
    「超絶美人!」

    などといった賛辞の声が相次いで寄せられている。


    https://www.oricon.co.jp/news/2243772/full/



    問題の画像
    https://www.instagram.com/p/Cggww9GPyKD/?utm

    割れ過ぎてるのは引くから、まぁこれぐらいがいい感じか?
    所長見解:ええやん・・・

    【【検証画像】美しすぎる腹筋女子がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    r


    モデルのマギーさんB地区が見えそう

    あくまでも「見えそう」です


    ▼画像
    https://i.imgur.com/aABJEeA.jpg
    所長見解:ないやん・・・

    【【検証画像】モデル・マギーさんのB地区がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マギー、大自然の中で完璧ビキニ姿「腹筋すごい」「ギリシャ彫刻みたい」「セクシー」


    m


    モデルのマギーが11日、自身のインスタグラムを更新し、スリムなビキニショットを公開した。

    マギーは「この数日間、広告撮影をしておりました。大自然の中にて」と記し、ビキニを着て、林の中を流れる川に入っている写真などをアップ。

    スリムで引き締まったボディが印象的だ。


    「はやくみんなに見てもらいたいな! 
    約2週間前に決まった撮影日。
    日常的にピラティスをやっているおかげで少しの調整ですみました」と、急な撮影も日頃のピラティストレーニングの成果でスムーズに進んだことを明かした。


    この投稿には、

    「ウエスト細すぎ」
    「ギリシャ彫刻みたい」
    「完璧ボディ」
    「セクシーで美しい」
    「腹筋すごい」
    「景色もマギーさんも綺麗」

    などのコメントが寄せられた。


    ▼画像
    https://hochi.news/images/2021/09/11/20210911-OHT1I51116-L.jpg

    https://hochi.news/images/2021/09/11/20210911-OHT1I51117-L.jpg

    https://hochi.news/images/2021/08/10/20210810-OHT1I51223-L.jpg

    https://hochi.news/images/2020/04/26/20200426-OHT1I50160-L.jpg
    https://hochi.news/articles/20210911-OHT1T51103.html



    所長見解:なんかな・・・

    【【検証画像】マギー、完璧ビキニ姿がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    欧米系からアジア系へ

    日本におけるハーフタレントの歴史を考えれば、E・H・エリック(1929~2000)、岡田眞澄(1935~2006)の兄弟を草分けと挙げられるだろう。
    両親のうち父親が日本人、母親がデンマーク人だった。

    その後も日本の芸能界ではハーフの俳優、歌手、タレントが活躍を続けた。
    父親がアメリカ人の草刈正雄(66)やアン・ルイス(62)。
    母親がアメリカ人の梅宮アンナ(46)、ジョン・カビラ(59)と川平慈英(56)の兄弟――。

    父親がヨーロッパ系の芸能人なら、宮沢りえ(45)はオランダ人、滝川クリステル(41)はフランス人、ホラン千秋(30)はアイルランド人、となる。
    沢尻エリカ(32)はフランス人の母親を持つ。

    このように、大半は父親か母親のどちらかが欧米人。
    日本人の白人コンプレックスが大きな影響を及ぼしていたことは言うまでもない。

    h


    その傾向は今も続いている。
    例えば、トリンドル玲奈(26)の父親はオーストリア人、マギー(26)は父親がカナダ人、という具合だ。
    しかし最近、“非欧米系”のハーフタレントも目立ってきている。

    中でも最大の人気を誇るのはローラ(28)だろう。
    キャラクターが苦手な人でも、その美貌は誰もが認めるところだ。
    そして彼女の容姿は、母親がロシア人のクォーターという側面より、父親がバングラデシュ人というインパクトの方が強い。

    美人でキュート、なおかつトーク力が高いのが特徴

    ご存知の方も多いだろうが、バングラデシュは南アジアに位置する。
    隣国のインドやミャンマーと並んで世界クラスの美人国として知られている。
    同じ美人国とされるロシアも加わって、日本人離れした、くっきりとした目鼻立ちが、ローラの魅力だ。
    しかし、どこかアジア的で優しい表情なのは、バングラデシュ=日本というアジアのDNAが流れているからだろう。

    そして同じ理由から、近年の芸能界はフィリピン系ハーフのモデルやタレントが芸能界を席巻している。
    民放キー局でバラエティ番組の制作担当者が指摘する。

    「日本人なら誰でも、『フィリピン人の美人』と聞けば、ある種のイメージが浮かぶはずです。
    我々からするとエキゾチックだけど、お高くとまった印象は与えない。
    美人なのにキュート。
    何よりも陽性の魅力に満ち、キャラが明るいんですね」

    年齢別に表を作って見たが、現在、その筆頭格として活躍中なのが高橋メアリージュン(30)だという。
    秋元才加(30)と並んで、彼女たちがフロントランナーと考えて間違いないだろう。

    「高橋メアリージュンさんと秋元才加さんの魅力で特筆すべきは、そのトーク力ですね。
    お二人とも魅力的ですから、モデル、女優という本業をしっかりこなしつつ、話がしっかりしていて面白いのでバラエティでもいけるんですね。
    フィリピンの方のサービス精神は世界的に有名だそうで、彼女たちを見ていると、さもありなんという気になります」(同・番組制作担当者)

    例えば高橋メアリージュンの出演記録を見てみると、2004年にモデルとしてデビューすると、2010年ごろまではバラエティ番組で存在感を発揮していることが分かる。
    そして2015年ころから女優にも挑戦し、今も順調に演技の仕事に臨んでいる。
    秋元才加と並び、何でも器用にこなしてしまうタイプのようだ。

    興味深いことに高橋メアリージュンを筆頭とする“高橋ファミリー”を見てみると、スポーツ界でもフィリピン人ハーフが活躍していることが分かる。
    例えば高橋メアリージュンの弟、高橋祐治(25)はJリーガーなのだ。
    現在はサガン鳥栖に所属している。

    また妹の高橋ユウ(27)はモデル・女優として活躍しているが、夫はキックボクサーの卜部弘嵩(29)。
    その弟も同じキックボクサーの卜部功也(28)で、兄弟の母親がフィリピン人だ。
     

    http://news.livedoor.com/article/detail/15518452/
    デイリー新潮


    所長見解:多いね・・・

    【【芸能界】フィリピン系ハーフ芸能人の一番人気がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気商売である芸能界では、ちょっとした不祥事も命取りになるが、幸か不幸か不祥事が世間にスルーされた芸能人も存在する。


    ●タモリ

    話題性抜群のはずなのに完全スルーされてしまったのが、タモリ(73)と脚本家・中園ミホとの不倫疑惑。

    t


    今年8月の『週刊新潮』(新潮社)がスクープしたのは、変装して中園のマンションに入るタモリの姿。
    2014年に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了した際には妻と仲睦まじく旅行に出かける姿も報じられていたタモリだけに、驚きの声が続出した。

    3月には、ビートたけし(71)の事務所移籍問題や愛人の存在が報じられ、「大物芸人では所ジョージしか信頼できない…」との声も。
    ちなみに中園は、1997年に制作された伝説の不倫ドラマ『不機嫌な果実』(TBS系)の脚本を担当している。
    今回は、不祥事が何故か大事にならなかった芸能人たちを紹介しよう。


    ●マギー

    「不倫したのに世間ではスルー」といえば、大人気バンドHi-STANDARDのボーカル・横山健(48)との不倫が報じられたモデル・マギー(26)。
    2016年の「ベッキーゲス不倫」に始まった不倫報道全盛の昨年1月に、『FRIDAY』(講談社)が不倫をスクープ。
    しかしテレビではほとんど報道されなかった。

    松本人志(55)が『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「マギーの話がしたい」と発言した際に東野幸治(51)が「怒られそう」と言って制するなど、何か裏のありそうなスルー具合。
    本人は最近、格闘家の武尊(27)との熱愛が報じられているが、「不倫の火消しじゃないの?」「世間の目をそらそうとしてるでしょ」と疑う声も少なくない。


    ●浜田雅功

    マギーのスルーされ具合に噛みついた松本だったが、ダウンタウンの相方である浜田雅功(55)にも不倫疑惑が上がっていた。
    2014年の『FRIDAY』で、浜田と元グラビアアイドル・吉川麻衣子との2ショット写真が掲載され、本人もすぐさま謝罪。
    しかし恐ろしいのは、報道直後に吉川のブログ、Twitter、事務所のプロフィールが即座に削除されてしまったことだ。
    事務所を辞め、現在はハワイに移住したとの噂もある。

    当時から「不倫を認めて謝罪までしたのにほとんど報道されなかったよね?」とツッコミが上がっていた浜田。
    ちなみに2017年に放送された『ごぶごぶ』(毎日放送系)では、「アパ不倫」で話題になった袴田吉彦(45)を「反省してねえな!?」といじりまくっていた。


    ●菜々緒

    最後に紹介するのは、現在ドラマやバラエティで大活躍中の菜々緒(29)。
    悪女役のイメージが強い菜々緒だが、2012年に発覚した「ペニーオークション」詐欺事件で同サイトの“ステマ”を働いていた芸能人のひとりとして名前が挙がっていた。

    同じくステマ疑惑のあった小森純(32)は、騒動後ブログを閉鎖。
    テレビからもすっかり姿を消し、2017年に『良かれと思って!』(フジテレビ系)で5年ぶりにテレビ出演した際には、涙ながらに騒動を謝罪している。 
    一方の菜々緒は、事務所が「落札したとは記しておらず、物品もお金も受け取っていない」として活動を継続。
    2012年の『主に泣いてます』(フジテレビ系)で初主演を務めて以来、しっかりと人気女優の座を築き上げている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1529668/


    所長見解:事務所やね・・・

    【【華麗にスルー】不祥事を起こしたのになぜか見逃された芸能人がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ