ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ホラン千秋

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月の番組改編を控え、2019年も各局の人気アナが続々とフリー転身を表明した。

    変革期を前にした大手広告代理店は、フリーアナたちの出演番組などから、2018年度(2018年4月~2019年3月)の全ギャラを算出し、ランキング資料を作成した。

    また同時に、テレビ局や制作プロダクション関係者200人に「一緒に仕事をしたい/したくないフリーアナ」のアンケートを実施。

    本誌は、その極秘資料2つの極秘資料を入手した。

    j


    テレビ朝日の小川彩佳アナ(34)、宇賀なつみアナ(32)TBSの吉田明世アナ(30)、宇垣美里アナ(30)ら、各局のエースアナウンサーが、一気にフリー戦線に参入してきた、2019年春。

    「大型ルーキー」を迎え撃つ既存のフリーアナのなかで、2018年度トップを勝ち取ったのは、2億5500万円を稼いだホラン千秋(30)。

    「2018年のテレビ出演時間(1270時間45分)は、男女タレントを含めても1位。
    青学大卒業後に留学した、オレゴン州立大からの帰国後に挑んだ民放キー局のアナウンサー試験で、全敗した過去を帳消しにする活躍ぶりです。
    2019年2月のテレビ出演時間(111時間34分)も、男女通じて1位ですが、4月以降は、この勢いを持続するのは難しいのでは」(制作会社プロデューサー)

    最高額を稼ぎ出したものの、「一緒に仕事をしたい」ランキングでは7位と振るわず……。


    ホランに続くのが、2018年のテレビ出演本数(443本)で、女性単独タレント1位(ハリセンボンの近藤春菜が495本だが、単独出演は274本のため)、2億3000万円を稼いだ新井恵理那アナ(29)。

    こちらも青学大卒業後、フジのアナウンサー試験に不合格し、その後セント・フォースに入社した過去を持つ。

    「業界関係者からの『一緒に仕事をしたい』ランキングでは、39票で断トツ1位。
    ビートたけしさんや所ジョージさんなどの大物にかわいがられているし、これからは彼女の時代が来るでしょう」(某局編成担当)

    NHKも含む、全キー局のレギュラーをコンプリートするのも、時間の問題だ、という評判だ。


    もう1人、2018年度の全ギャラが2億円を超えたのが、2018年のテレビ出演本数(314本)で、女性タレントでも3位の夏目三久アナ。

    しかし、出演中の『あさチャン!』(TBS系)の視聴率低迷に加え、「好調時と不調時の波が激しい」(某局プロデューサー)という声もあり、4月以降は頭打ちが懸念される。
    また、「一緒に仕事をしたい」ランキングでは、4票で10位と低調。


    一方、「フリーアナの女王」として、断トツの知名度を誇るのが、元 “フジテレビの顔” 加藤綾子アナ。

    4月から、古巣フジの新報道番組『Live News it!』のキャスター就任で、大幅アップが確実視される。

    「同番組は平日帯なので、年間のギャラはこれだけで1億2500万円。
    2019年度は、2億円を超えることは間違いない。
    ただし、報道番組を持つことで縛りはキツくなる。
    本人念願の女優活動は封印でしょう」(某局編成担当)

    司会に女優にと、マルチに活躍しているカトパン、キャスター就任で一気にトップを狙う。


    【フリーアナ「年間の全ギャラ」ランキング】

    1位/ホラン千秋(30):2億5500万円
    2位/新井恵理那(29):2億3000万円
    3位/夏目三久(34):2億1000万円
    4位/滝川クリステル(41):1億5000万円
    5位/有働由美子(49):1億4000万円(※フリー転身から半年)
    6位/加藤綾子(33):1億3500万円
    7位/田中みな実(32):1億3000万円
    8位/安藤優子(60):1億2500万円
    9位/川田裕美(35):1億1000万円
    10位/高橋真麻(37):9500万円 
    ※年間の全ギャラは、2018年4月~2019年3月のギャラを算定。金額は推定

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00010000-flash-ent&p

    ホラン千秋
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20190316-00010000-flash-000-6-view.jpg

    所長見解:そんなに・・・

    【【トップは2.5億円】フリー女子アナの年収ランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月25日に放送された情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)にて、TBSアナウンサー・宇垣美里が、最近身の回りで起きている不可解な現象を明かした。

    今回番組では、宇垣アナが、東京の新大久保で話題となっている韓国グルメ「ハットグ」を取材。

    ハットグは韓国風アメリカンドッグとして若者から人気の一方、近隣ではゴミのポイ捨てや、他人の敷地内に無断で侵入し飲食する行為が問題となっており、地元住民の怒りの声を伝えた。

    そんな中、スタッフから「最近、許せなかったこと」について質問されると、宇垣アナは「許せないことというか、最近、友達が勝手に増えてるんですよね。私の知り合いとかに『宇垣さんと飲んだよ』って言っている人がいるらしいんですけど、大体私、知らない人なんですよね。誰なんだろう……?」と疑問を吐露。


    そんな彼女は今年、バラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)でも、日々の不満を明かしている。

    同番組にて「世間に誤解されスネてる女」として登場した宇垣アナは、暇さえあればエゴサーチをしていると告白。

    しかし、ネットの書き込み内容が「ぶりっ子」「あざとそう」「男好きそう」「わがままそう」「性格悪そう」「キツそう」と辛辣な意見が多く飛び交っているだけでなく、趣味のアニメ鑑賞にまで「どうせ昔の彼氏に教えてもらったんだろ!」と文句を言われるため、宇垣アナは「いやいや、逆に全部君たちの趣味は女か男の趣味なんかと、彼氏か彼女からの影響受けとんかと。自分の好きなもんくらい自分で選ぶわ! と思うんですけどね」と怒りを滲ませた。

    さらに、過去に出演したサッカー番組のラスト5秒で見せた「投げキッス」する瞬間のキャプチャー画像が紹介されると、宇垣アナは「前後の流れがあるのに、その瞬間だけを切り取る職人みたいな人がいらして、まとめにしてサイトにアップして、『はい、宇垣はぶりっ子です』って感じでまとめられるんですよね」「どの目線であそこを切り取るのというか、何様なの? って思うわけですよ」と激怒。

    g


    また本人は、ディレクターの指示で期待に応えていると真意を明かした。

    だが、この発言に、スタジオにいたホラン千秋は「ただ、唇の角度や顔の見え方とかを計算した投げキッスの写真を見ると、お仕事に応えるっていうのもあると思うんですけど、しっかり自分が可愛い角度を研究してきたなっていう風に女子は思っちゃいます!」と指摘した。

    これに宇垣アナは「だってあの5秒を頂いてるんですよ? そこで最大限のパフォーマンス、一番可愛いと思うように振る舞うのって、それがプロ根性ではないんでしょうか?」と反論すると、ホランは「それはそうだと思うんですけど、受け手側は『あ、すごい媚びてきてんな』って受け取っちゃうってことだと思います」と、2人は言い合いに。

    だが、最後は宇垣アナが「そっか、じゃあみなさん想像力がちょっと足りないのかな~」と強気の発言をし、ホランは「想像力が足りないみたいです」と苦笑しながらバトルは終了となった。

    とはいえ宇垣アナは現在、その美貌やスタイル、キャラクターなどが大ウケしており、男性支持はトップレベルの人気女子アナである。

    そんな彼女に夢中になる男性が多いことを察知し、世の女性は何かとネットで宇垣アナを叩きたくなってしまうのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15681367/


    所長見解:かわいいよね・・・

    【【不仲説】TBS宇垣アナがホラン千秋とバトった結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのホラン千秋が4日に自身のアメブロを更新。
    “独り者の宿命を感じる弁当”を公開した。

    h


    ホランは「きのこと人参とごぼうのよくわかんないやつと シャケのっけ弁。」と弁当の写真を公開、「きんぴらでもなく煮物でもなく、やっぱりよくわかんないやつ。でも美味しいのだ!」と舌鼓を打った様子。

    また、「これを常備菜にしたので次の日も同じラインナップ でもちょっと違いを出したくて…タッパーの種類を変えた。笑」と内容は全く同じであるものの違うタッパーに変えた弁当の写真も公開、「同じものを繰り返し食べるって 独り者の宿命ですよね。でも、それが日常です。」と語った。

    ブログには他にも「シャケときのこが余ってたのでお醤油のCMでやってた炒め物。」の弁当や、「鶏肉の山椒炒め。」の弁当の写真を公開、「ネギってどうしても茶色く染まってしまう。どうにかならないもんかね!!」とつづってブログを締めくくった。

    これに対してファンからは

    「とても美味しそう」
    「またホランさんの弁当楽しみにしてますね~」
    「ニンジンの解らないやつ…食べてみたい 笑」
    「身体にも良さそうな食材選びですね!」

    などのコメントが寄せられている。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/15554771/


    所長見解:見た目はね・・・

    【【閲覧注意】ホラン千秋の手作り弁当がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    欧米系からアジア系へ

    日本におけるハーフタレントの歴史を考えれば、E・H・エリック(1929~2000)、岡田眞澄(1935~2006)の兄弟を草分けと挙げられるだろう。
    両親のうち父親が日本人、母親がデンマーク人だった。

    その後も日本の芸能界ではハーフの俳優、歌手、タレントが活躍を続けた。
    父親がアメリカ人の草刈正雄(66)やアン・ルイス(62)。
    母親がアメリカ人の梅宮アンナ(46)、ジョン・カビラ(59)と川平慈英(56)の兄弟――。

    父親がヨーロッパ系の芸能人なら、宮沢りえ(45)はオランダ人、滝川クリステル(41)はフランス人、ホラン千秋(30)はアイルランド人、となる。
    沢尻エリカ(32)はフランス人の母親を持つ。

    このように、大半は父親か母親のどちらかが欧米人。
    日本人の白人コンプレックスが大きな影響を及ぼしていたことは言うまでもない。

    h


    その傾向は今も続いている。
    例えば、トリンドル玲奈(26)の父親はオーストリア人、マギー(26)は父親がカナダ人、という具合だ。
    しかし最近、“非欧米系”のハーフタレントも目立ってきている。

    中でも最大の人気を誇るのはローラ(28)だろう。
    キャラクターが苦手な人でも、その美貌は誰もが認めるところだ。
    そして彼女の容姿は、母親がロシア人のクォーターという側面より、父親がバングラデシュ人というインパクトの方が強い。

    美人でキュート、なおかつトーク力が高いのが特徴

    ご存知の方も多いだろうが、バングラデシュは南アジアに位置する。
    隣国のインドやミャンマーと並んで世界クラスの美人国として知られている。
    同じ美人国とされるロシアも加わって、日本人離れした、くっきりとした目鼻立ちが、ローラの魅力だ。
    しかし、どこかアジア的で優しい表情なのは、バングラデシュ=日本というアジアのDNAが流れているからだろう。

    そして同じ理由から、近年の芸能界はフィリピン系ハーフのモデルやタレントが芸能界を席巻している。
    民放キー局でバラエティ番組の制作担当者が指摘する。

    「日本人なら誰でも、『フィリピン人の美人』と聞けば、ある種のイメージが浮かぶはずです。
    我々からするとエキゾチックだけど、お高くとまった印象は与えない。
    美人なのにキュート。
    何よりも陽性の魅力に満ち、キャラが明るいんですね」

    年齢別に表を作って見たが、現在、その筆頭格として活躍中なのが高橋メアリージュン(30)だという。
    秋元才加(30)と並んで、彼女たちがフロントランナーと考えて間違いないだろう。

    「高橋メアリージュンさんと秋元才加さんの魅力で特筆すべきは、そのトーク力ですね。
    お二人とも魅力的ですから、モデル、女優という本業をしっかりこなしつつ、話がしっかりしていて面白いのでバラエティでもいけるんですね。
    フィリピンの方のサービス精神は世界的に有名だそうで、彼女たちを見ていると、さもありなんという気になります」(同・番組制作担当者)

    例えば高橋メアリージュンの出演記録を見てみると、2004年にモデルとしてデビューすると、2010年ごろまではバラエティ番組で存在感を発揮していることが分かる。
    そして2015年ころから女優にも挑戦し、今も順調に演技の仕事に臨んでいる。
    秋元才加と並び、何でも器用にこなしてしまうタイプのようだ。

    興味深いことに高橋メアリージュンを筆頭とする“高橋ファミリー”を見てみると、スポーツ界でもフィリピン人ハーフが活躍していることが分かる。
    例えば高橋メアリージュンの弟、高橋祐治(25)はJリーガーなのだ。
    現在はサガン鳥栖に所属している。

    また妹の高橋ユウ(27)はモデル・女優として活躍しているが、夫はキックボクサーの卜部弘嵩(29)。
    その弟も同じキックボクサーの卜部功也(28)で、兄弟の母親がフィリピン人だ。
     

    http://news.livedoor.com/article/detail/15518452/
    デイリー新潮


    所長見解:多いね・・・

    【【芸能界】フィリピン系ハーフ芸能人の一番人気がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ちょっと何、さっきの~!」

    とある民放キー局のタレント控え室付近で、マネージャーらしき人物に不満をぶちまけていたのはタレントの橋本マナミ。
    気になるのはその怒りのホコ先だ。
    現場に居合わせたテレビマンが証言する。

    「橋本がブチ切れた相手はホラン千秋です。
    その日、橋本がホランを見かけて、律儀にあいさつをしたにもかかわらず、完全無視されたそうです。
    相手は帯番組を担当する人気キャスター。
    格の違いは歴然としていますが(苦笑)、橋本も超がつくほどの売れっ子で、しかもホランより5つも年上ですからね。
    もし完全無視が本当なら怒るのも無理はありません」

    さわやかで明るいイメージが定着したホランだけに、先輩タレントを無下に扱う姿などとても想像できないが…。

    h


    「実際、ホランに無視されたというタレントの声はしょっちゅう聞きます。
    しかし、よくよく調べてみると、ホランはかなり視力が悪いんです。
    テレビに出ている時はコンタクトをしていますが、それ以外では常に裸眼。
    目が悪すぎて、あいさつに来たタレントなのか、ただ近寄ってきたファンなのかも判別しにくいようです」(前出・テレビマン)

    ホランが橋本を無視したのも錯覚だと思いたい!?

    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_112532/


    所長見解:メガネ・・・

    【【不仲】ホラン千秋と橋本マナミが「一触即発トラブル」の結果wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ