ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:プロ野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3回目の原辰徳か、現役引退させて阿部慎之助か、松井秀喜が出てくるか

    3年前に就任した高橋監督。
    初年度は2位だったが昨年は4位と低迷。
    今季も首位・広島には10ゲームほど差をつけられている

    「高橋由伸監督は経験不足です。失敗を恐れて自分から動かない。キチンと選手とコミュニケーションをとっているようにも見えません。当然、巨人のフロントでは次期監督の話も出ているでしょう」

    野球評論家の江本孟紀氏が語る。

    t


    今季の巨人はボロボロだ。
    7月22日に6点差をひっくり返され広島に逆転負けすると、早くも自力優勝の可能性が消滅。抑えのマシソンや上原浩治が相次いで二軍落ちし、Aクラス死守も危うい。

    「ベンチの雰囲気も最悪です。
    疲れの見える投手陣は、強肩の小林(誠司)に正捕手をやってもらいたい。
    その小林は村田真一ヘッドコーチと仲が悪く、干され気味なんです。
    村田さんは従順な選手を好みますが、小林は指導に納得いかなければ『ボクにはボクのやり方がありますから』と反発しますからね。
    本来なら高橋監督がうまくとり持つべきですが、コーチ陣に任せきりで口を出さないんです」(スポーツ紙巨人担当記者)

    高橋監督の任期は今季で終了する。
    2年連続Bクラスとなれば、再契約の可能性は低い。
    となれば、次期監督は誰になるのだろうか。
    前出の江本氏は、原辰徳氏の3度目の就任に期待する。

    「高橋監督と違って動きが早い。ピンチの時には自らマウンドに向かい、投手に発破をかける行動力があります」

    原氏は選手からの人気も高い。
    だが球団幹部との関係がかんばしくない。

    「GMの鹿取(義隆)さんと仲が良くないんです。
    原さんは最初の監督就任時(’01年)、自ら動いてヘッドコーチに招聘(しょうへい)した鹿取さんと、選手の起用法などで対立。
    鹿取さんはブルペン担当コーチに配置転換となり、’03年にシーズン終了を待たず退団したんです」(前出・記者)

    元巨人の投手で評論家の高橋善正氏は、阿部慎之助をおす。

    「若返りを図るなら阿部でしょう。巨人の現役選手では実績もバツグンです」

    阿部は来季40歳と、監督としてもフレッシュだ。
    欠点は人望のなさだろう。

    「一時期キャッチャー陣を厳しく指導し続けて、若手を萎縮させました。
    3年前まで長野(久義)や坂本(勇人)らとグアムで行っていた自主トレを単独でやるようになったのは、細かい練習法にまで口を出す阿部が愛想をつかされたからですよ」(巨人軍球団関係者)

    実力や実績があるにもかかわらず、自身の問題で監督候補のリストから外れそうな原と阿部。
    そこで急浮上してくるのが、あの人――。
    松井秀喜氏だ。

    「松井さんはヤンキースに移籍してから、日本の報道陣に追いかけられないニューヨークの生活に満足しています。
    巨人は春のキャンプで臨時コーチに招いたり、松井さんの野球教室にジャイアンツ球場(神奈川県川崎市)を自由に使わせるなど優遇していますが、帰国に前向きではないようです」(前出・球団関係者)

    監督就任の可能性はゼロなのだろうか。

    「松井さんは子どもが赤ん坊のうちは、住み慣れたニューヨークを離れたくないと言っています。
    長男は来年6歳。小学校に上がる年齢です。
    尊敬する長嶋茂雄さんが説得し続ければ、来季の監督就任も夢ではないかもしれません」(同前)

    はたしてゴジラは、弱い巨人軍を救うべく立ち上がるだろうか。


    FRIDAYデジタル
    http://news.livedoor.com/article/detail/15148048/


    所長見解:江川やれよ・・・

    【【候補者3名】プロ野球・巨人の次期監督はコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「あれから2年半、今もまだ、暗いトンネルの中にいるような感じです。
    それだけ薬物は恐ろしいもので、やめてからの方が壮絶なんだ、ということを今更ながら実感しています・・・・・・
    僕がいま戦っているのは、薬物依存症とその治療にともなう、うつ病です」

    no title


    使用している向精神薬の影響なのか、どこか視点の定まらない様子で、ゆっくりと言葉を探すように心境を明かしたのは、元・プロ野球選手の清原和博氏(50)だ。

    2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、5月に懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決。
    この2年半は極力メディアへの出演を控えてきたが、第100回記念大会となる夏の甲子園開催中のいま『文藝春秋』9月号に、逮捕されてから今日に至るまでの日々を告白した「手記」を寄せた。

    手記には、薬物依存症とうつ病に苦しむ現状に加え、先が見えずに何度も「自殺」を考えたことなど、衝撃的な事実が明かされている。

    さらに清原氏は「今、薬物の誘惑に負けそうになった時には、逮捕されて留置場に入れられた時のことを、今までで一番辛かったあの時のことを思い出すようにしているんです」と語る。
    自分が「清原和博」として生まれてきたことすら後悔した留置場での日々。
    「あれを思えば、次(覚醒剤を)やったら、もう終わりだなという気持ち」になるのだという。

    先の見えない日々が続く中で、今年5月には“33年ぶりの再会”があった。
    85年夏の甲子園決勝、PL学園対宇部商戦で、劇的な連続ホームランを放った時に使っていた金属バットが清原氏のもとへ帰ってきたのだ。
    もともとは甲子園歴史館に展示されていたものだが、覚せい剤事件の後に撤去。
    その後、紆余曲折を経て本人の手に戻ってきた。

    「バットが戻ってきた日、いろんな記憶がよみがえりました。
    こんな重いバットをあんなに軽々と振り回していたのかと、高校時代の自分に驚きました。
    僕は今、筋肉が落ちてしまっていて力がないので、余計にそう感じたんだと思います」

    そして清原氏はバットが戻ってきたその日からある目標を立て、現在はそこへ向かってある努力を続けているという。

    清原氏の人生において、甲子園は特別大きな存在だ。
    この夏の大会に託す「夢」と、薬物との闘いの日々。
    清原氏はそのすべてを「文藝春秋」9月号で明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15135754/


    所長見解:まゆげ・・・

    【【あの人は今】清原和博 何度も「自殺」を考えた「薬物依存症とうつ」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    近鉄などで活躍した野球評論家の金村義明氏(54)が4日放送のカンテレのバラエティー「胸いっぱいサミット!」に出演し、プロ野球界の後輩、清原和博氏について「覚醒剤のウワサはあったが、だれも注意できなかった」と無念そうに語った。

    k


    2人は同じ関西出身。
    金村氏は近鉄、清原氏は西武と同じパ・リーグ球団に在籍していたこともあり、交友があったという。
    「西武時代も巨人へ行ってから最初のころも、すごく仲良かった」と話した。
    しかし「それから(2000年ごろ)どんどん変わっていった。
    握手したら僕の手を握りつぶそうとしたり。
    明るかったり落ち込んだりで、1日のうちに四季がある。
    ずっと付いていた親友が『わけが分かりません』と言ってた」と振り返った。

    共演したタレント・東国原英夫が「そのころから覚醒剤のウワサはあった?」と尋ねると、金村氏は「あった」ときっぱり。
    東国原が「だれも注意しない?」と聞くと、金村氏は「注意できなかった」と答えた。
    そのウワサは「報道ではなく、現場でものすごく出ていた」と明かした。

    人格が変わってしまったことについて「1年目からトッププレーヤーとしてちやほやされたでしょうし。莫大(ばくだい)な年俸もね。
    そして『裏切られた』というジャイアンツへ行ってから、どんどん変わっていった」と分析。
    そして「僕は先輩としていつも(清原氏を)怒っていたのは、運転手付きの車で移動していたこと。後部座席でふんぞり返って。それを見て、マネする後輩も出てきたから」と、持ち上げられ過ぎて感覚が変わってしまった清原氏をずっと気に掛けていたという。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15112158/


    所長見解:そうやろな・・・

    【【薬物事件】金村義明氏 清原氏は「覚醒剤のウワサあったが注意できなかった」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのベッキー(34)が7日深夜、都内で月1回レギュラー出演するJFN系列FMラジオ「ミッドナイト・ダイバーシティー~正気のSaturday Night~」(土曜・深夜0時)の生放送に臨んだ。

    午後10時頃にラジオ局へ入る際には、先月26日にプロ野球・巨人の片岡治大(やすゆき)2軍内野守備走塁コーチと(35)との交際が明らかになって以降、初めて報道陣に対応。
    「交際は順調ですか?」と問われると、「ありがとうございます」と幸せ満点の笑顔で会釈した。

    放送では、「プライベートのことでお騒がせしております。ぜひとも皆さんには温かく見守っていただけたらと思います」と自らの口で初めて交際に言及した。

    b


    交際が明らかになった先月26日には、自身のインスタグラムで「朝から多くの方に温かいメッセージをいただきました。ありがとうございます。ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます」とつづっていた。

    ベッキーと片岡コーチは今年に入って共通の知人を通じて知り合い、約10年前からベッキーのファンだった片岡コーチからのアプローチが実り、5月から交際をスタートさせた。

    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180708-OHT1T50013.html


    所長見解:ベッキー・・・

    【【結婚へ】ベッキー、巨人・片岡コーチとの交際について語った結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s


    ワイは無理やと思う
    持ち上げたらいいのかバカにして良いのかMCも扱いに困りそう


    所長見解:無理やね・・・

    【【半価値王子】斎藤佑樹は引退後、長嶋一茂路線で芸能界やっていけるのか ←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ